« 革で操る | トップページ | 久しぶりのお買い得情報。 »

2008年4月 5日 (土)

迷宮の花

少し前にSFXメイクアップの雑誌に話題となっていた
ファンタジー映画。レンタルされたので観てみました。

326294_02_01_02 EL LABERINTO DEL FAUNO/
PAN'S LABYRINTH

「パンズ・ラビリンス」
監督 ギレルモ・デルトロ

1944年内戦終結後のスペイン、ゲリラと
圧政の中に生きる少女のダークファンタジー。
現実と空想の対比がファンタジーの醍醐味である。
現実逃避の戒めとして表裏一体であるから試練もあるのだが、
あまりに陰惨な表現にお姫様気分で観ると辛い目にあいます。
それにしても、ラストの物悲しい現実に意味があるのだろうか?

326294_01_02_02少女が見る 牧神「パン」は悪魔とも天使ともとれる。
SFXメイクアップはグロさが強調されてます。
「ミミック」の監督だからあの擬態昆虫ホラー映画と
一緒であります。チェックしてみてね!

お問い合わせ

ダイナミックオーディオ5555
2F Casual Theater 5555 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

« 革で操る | トップページ | 久しぶりのお買い得情報。 »