« piega TC50入荷 | トップページ | GrimmAudio CC1 »

2008年3月19日 (水)

Today's lunch!! Vol.64

   思いっきりご無沙汰しております(^^ゞ 何をいまさら…、と思わないでください。昨年の夏からの10か月余りは以前ご紹介したランチスポットに日々通うだけで、特にこれはご紹介しなくっちゃ~というお店と巡り合いがなかったのと午後のビジネスに追われていました…、なんて言い訳ですが^_^; 

200831901それは二日前のランチタイムでした。このDyna5555を出てから一軒目「う~ん、いまいち」二軒目「ちょっとさびれた店だな~」行きつけの三軒目「あら~、準備中かい!!」ということで、あてどなく裏通りをさまよっていると、ふと目についたのがこのお店。 外観からはなんだかよくわからないが、ランチタイムの小さなスタンド看板がある。視力の悪い私はかがみこんで読ん200831903でいると「どうぞいらっしゃいませ。たらこチャーハンがお勧めですよ!!」と白衣姿の若い男性に声をかけられた。まあ、四軒目を探しに行くのもなんだな~、じゃあ、試してみるか!! と中には行ってみることにしました。店内は外観と同じくほんとに小さいお店(いや、失礼!!)私は入口正面に座って外を見ると、真向かいにはカウンターだけのラーメン屋さん。正確には何というのか忘れてしまいましたが、麺を小刀で削って大なべに放り込む、あの本場の中華そばのお店なのです。私も一度だけ食べましたが、スープに酢が入っていて、どうしても好きになれませんでした。その目の前にこんなお店ができたとは!!2008年3月11日にオープンしたばかりでした!!

200831904

そして、店内は本当に狭いのだけど、ソファーはゆったりしていて座り心地よくくつろげます。そして、私がドキッとしたほど驚いた笑顔のおもてなしをしてくれた女性がこの方!! いいですね~(^^ゞ楚々として清潔感にあふれ、いまどきのアキバでは珍しい? おじさん好み(笑)いや、またまた失礼!! 笑顔の素敵な女性が迎えてくれました。実は、この初日はカメラを持って200831907いなかった(つまり、このブログの更新をするつもりはなかった)ので、この写真は本日二回目にうかがった時に撮影したもの。「あの~、お名前聞いてもいいかな~?」と、厚かましいおじさんの注文に笑顔で「轟です!!」と答えて頂いた。ついでに、写真をブログに載せてもいいかな~? と聞くと、「写真写りがよかったらにしてくださいね!!」と、これも笑顔でおっしゃるので、慎重に画質調整もして、違う表情でフラッシュを使ったもので二枚目の写真も誤解なきようにと掲載しました(^^ゞこうして二枚も写真を載せておけば轟さんに怒られなくてすむかも~(^^ゞ

なんだなんだ~!!いつになったら料理の話しになるのかって~^_^; (笑)はい~すみません。

200831905Chinese dining KIICHI(キイチ)という一風変わった屋号です。聞くと店長のお名前が“貴田”さんとおっしゃる苗字で、その最初の一号店ということでキイチというつづりにされたとか。本当に小さい店なので、キッチンに声をかければ、あら~店長がお出ましになりました!! 「あら~、お若いのね~」というのが私の第一声。その時店内に流れていたのはエリック・クラプトンでしたが、貴田店長のこだわりがインテリアと料理に表れているんでしょう。今まではどこにいたの? と私は好奇心にかられて聞いてみると、なんと銀座の北斗で店長をやっていました、というご返事。皆さんでユニホームもきっちりされていてとても好感が持てますね~。今日二回目の訪問でも私のことを覚えていてくれたのか、スタッフ三名の皆さんから「こんにちはー!!」というご挨拶を頂く。「今日は遅いですね~」と轟さんに声をかけてもらえば既にご機嫌もよくなっていました。さあ、そろそろランチの話しに進まなければ(^^ゞ

200831902さて、ランチメニューはご覧のとおりシンプルそのもの。前回はお勧めの「たらこチャーハン」と「ミニ坦々麺」のセットを注文しました。まず、この「たらこチャーハン」がうまかった!! 私も過去のToday's lunch!!で何回もチャーハンのネタをご紹介してきましたが、このたらこチャーハンはイケてました。和風の中華と称したら貴田さんに怒られてしまうかもしれませんが、本場の中国人のシェフが作るチャーハンとは違って、味付け、熱の入り方、ご飯のパラパラ感など本当に家庭料理という感じのあっさり控え目な出来栄えで好ましいものでした。これは私からも推薦致します!!では、二回目の今日は何を注文したのか!? やはりチャーハンのスタンダードは五目チャー200831906ハンでしょう!! ということで、100円を割増しで大盛りで「ミニ坦々麺」とのセットを注文しました。 五目の具材は何だろうか、と楽しみにしていましたが、卵、ネギ、中華ハム、細かいチャーシュー、グリーンピース、そして塩ゆでした海老、というもので食べ飽きないものばかり。これらかあっさりした塩味でまとめられていて、特にこれといった香辛料を感じることなく正に中国家庭料理という感じでおいしく頂きました。大盛りでちょうど良かったかな~というところです。そして、坦々麺がおいしかった!! 本場のシェフが作る坦々麺も他のお店で何回か食べましたが、黒ゴマにしても白ゴマにしても、すりつぶしたゴマがたっぷり入っている濃厚なスープと独特の香辛料が私にはきつく感じられ、どうもリピートしようとは思えなかったものです。でも、ここの坦々麺はあっさりした口当たりでありながらゴマのうま味と風味が適度な密度感でスープに溶け込み、鷹の爪の半かけを一本だけ入れてある程度。湯通しした青梗菜が歯ごたえもよく、細めんに絡むスープはすべて飲みほしてしまうほどおいしい!!   そして、食後にはジャスミン茶を轟さんが笑顔で出してくれるので締めくくりもよし!! 夜のメニューも見せてもらいましたが、少しお値段が安いのでは、と思うような価格でお酒を飲みながらも楽しめそうでした。ちなみに、夜は轟さんではない他の女性が勤務されているとか。ですから、今度夜に行く時には轟さんを予約していきますね~(^^ゞというおじさんのご愛想を振りまいて失礼してきました。(笑)

このChinese dining KIICHI(キイチ)は、まだぐるなびにも紹介されておらず、webの検索でもなかなかヒットしません。だって、お店のホームページそのものがまだありませんので(^^ゞ それでお店の情報は手書きで下記にご紹介しておきますね。

Chinese dining KIICHI(キイチ) tel 03-3256-3988   東京都千代田区外神田3-9-3

私のブログを見てやってきました!! と言うと…轟さんの笑顔がサービスで付いてきます(笑)

|

« piega TC50入荷 | トップページ | GrimmAudio CC1 »