« Nu Force入荷です。 | トップページ | Joseph + LUXMAN »

2008年3月29日 (土)

Today's lunch!! Vol.67

cherryblossomが満開という週末は人出が多いですね~。今朝の上野駅の公園口改札は押し寄せる人の波で大変な賑わいでした。そんな上野からすぐ近くの秋葉原も花曇りという陽気に誘われてか駅前は人の洪水という感じでしたね~(^^ゞそんな土曜日ですが、今日のランチはどうしようか…、と必然的に混んでいない行きつけの店ということで、Today's lunch!! Vol.55でもご紹介した火楽 ~Karaku~ 秋葉原に行くことにしました。実はこの店は週に一、二回は必ず行くというお気に入りの店。200832901 さて、今回のご紹介は先ず“塩”から始まります!!店長にこだわりを聞けば、この塩はちょっとお高いもので天草の藻塩と言うそうな。私もついぞ知らなかったものですが、普通は海水を煮詰めて塩を作りますが、これは海藻も一緒に煮詰めて作る古代製法の塩ということでミネラルたっぷりでうま味とコクがあるという。そんな塩をどうして私がご紹介するのかというと…。200832902 このランチメニューに「牛の炙りステーキ定食」というのがありますが、それを最初に注文したのが昨年6月のVol.55でした。普通は甘辛のステーキのたれが小皿で付いてくるのですが、どうも私の口に合わず塩をもらって食べたものですが、ずっと行きつけていると…いつからか最初から塩の小皿が付いてくるようになりました。私は何も言っていないのに客の好みを覚えて自動的に対応してくれるようになったこの店に私は大変好感を持ったものです。以来、私が注文するとこの塩が付いてくるのですが、今回初めて店長にうかがったところで特殊な塩の正体がわかったというものでした。凝ってますね~(^^ゞ焼きあがったステーキにこの藻塩を指先でつまんでパラパラとかけると、す~と溶けていっ200832903てお肉になじみます。これがうまい!! 最近になってステーキのお肉の種類が変わって以前よりもおいしくなりました。店の真ん中に焼き場があって、ご覧のように大きな備長炭を使って色々な食材を炙り焼きにしている。私はここで焼き魚定食も頼んだことがありますが、大きな鮭の切り身をたまり醤油に付け込んで焼き上げたものもお勧めです(^^ゞ大体私は焼き場を200832904とり囲むカウンターが好きなので、いつもそこに座ることが多く、おかわりを頼むにも声をかけやすいので(笑) さあ、出来てきました!!さあ、「牛の炙りステーキ定食」の完成でーす!!(笑) これで1000円ですよ~!! ご飯のおかわり自由、味噌汁もおかわりできます。光線の加減で写りがよくありませんが左奥のお茶のとなりは山盛りのおしんこで、これもおかわりできます。こ200832905のおしんこはキャベツ、きゅうり、カブ、ニンジンなどをあっさりと塩で一晩漬けたものでさっぱりした塩味で噛むと野菜の甘みが出てきていけます!! おしんこの右隣にあるのは自然薯で、ダシでのばして味噌を加えて味付けしたもの。味噌汁の具材も野菜が中心で白味噌のあっさりしたもの。この店は女性客が多いのもうなづけるところ。そして、お膳の手前にあるカードがお楽しみというもの。土日と祝日だけのサービスでドリンク一杯無料というチケットです。これは1Fの店舗紹介の看板のところに数十枚が置いてあり、なくなり次第におしまいという限定サービスだという。最近は私も利用するようにしています。そのドリンクは生ビール、オレンジジュース、グレープフルーツジュースから選べますが、生ビールと行きたいところですが(笑)これはもう少し200832906暑くなってきたらということで、今日はオレンジジュースをお願いしました。  さて、ここのランチにはもれなく「高濃度カテキン茶」が付いてきます。これが食後にさっぱりしていて実にいい気配りと言えますね~。そして、サービスのオレンジジュースもご覧のように大きなグラスにたっぷりということで大満足!!それから、このお店は焼き物が中心であるせいか、天井も3メートル近くあり換気がいいのでどのテーブルでも喫煙できます。愛煙家の皆さんにはありがたいところでしょう。私も食後の一服…、いや、おいしいジュースとお茶があったので二本も吸ってしまいました。野菜が多く健全な満腹感が気持ちいいのですが、必ず夕方になるとお腹が空いてきます。消化がいいということなのでしょうね。きっと…。最後に、この店員さんたちは皆きびきびして笑顔で気持ちのいい接客が実に好感が持てます。ちなみに私は夜も何回か利用したことがありますが、夜のお料理とお酒もいけますよ~happy01このお店お勧めです!!

|

« Nu Force入荷です。 | トップページ | Joseph + LUXMAN »