« Joseph + LUXMAN | トップページ | 天ノ視点 NO,168 »

2008年3月31日 (月)

「GOLDMUND新製品試聴会」☆少しだけレポート

こんにちは。
開花宣言後すぐに桜が満開になったと思ったら、今朝は冷たい「花散らしの雨」となってしまい、今年の桜も短いかなぁ・・・と残念な、宮川です。

080329__1080329_2 さて、先週土曜日ですが、こちらでもお知らせしておりました「GOLDMUND新製品試聴会」イベントを開催致しました。当日は14名のお客様が、休日の混みあう秋葉原へと足をお運び下さいました。
ご参加頂きましたお客様、またイベントの開催・進行にご協力下さいましたステラボックス・ジャパン㈱堀川氏には、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

G_pre Goldmund_ Eidos18cdg20aこのイベントはGOLDMUNDの新製品を一挙お披露目、という事がメインでしたが、ただそれぞれで音楽を流してお聴き頂く、というだけでは芸がない(?)という事で、ハイエンドシリーズの新旧製品を織り交ぜて、まとめて比較試聴出来る様なプログラムに致しました。

まずは「プレーヤー:EIDOS18CD-G+プリメイン:MIMESI330L」の組合せに始まり、プリメインを「TELOS390」に変え、更にアンプを「プリ:MIMESIOS27.3L+パワー:TELOS150L」のセパレートに変え、次にパワーをモノラル「TELOS200」へ・・・という感じで、システムを段階的にグレードアップさせながら、そこに新製品の紹介も含めての比較試聴を行いました。
途中、休憩を5分程挟みましたが、かなり詰め込んだ内容となりましたので、お客様には充実感と共に、多少の?疲労感もあったのではないでしょうか・・・

それぞれの変化や新製品の音色等につきましては、長くなりますので省略いたしますが、楽しんで頂けたのではないでしょうか!

400pre ←RGPCの「400 PRO」ですが、こちらの有無の試聴も行いました。この「400PRO」をまず先行発売するとの事です。こういうものを通すと、通常ですとキレイになり過ぎて線の細い音になるものが多いのですが、これはスッキリもしますが、力強い音色になります。価格は \174,300(税込) となります。

今回主役の新製品、プレーヤー「EIDOS20A」、プリアンプ「MIMESIS37 Signature」、プリメイン「TELOS390」はこちらに常設になります。試聴会で聴いてみて、確かにクオリティはアップしているのを感じました。
興味のある方は是非、一度ご試聴頂ければ!と思います。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp

|

« Joseph + LUXMAN | トップページ | 天ノ視点 NO,168 »