« 天ノ視点 NO,151 | トップページ | 「聖櫃」も「新星」も »

2008年2月18日 (月)

どこまでもつながっているのだよ。

ジャケット写真

「A Bossa Muito Moderna」 Joao Donato

オレンジ色の海辺にぴったりな音楽。
ドナートのブラジリアン・ピアノトリオです。
僕は軽い音楽が大好きです。
ボッサ系のピアノトリオは、大抵小鳥のように軽いですね。
その軽いリズムを耳で追ってるだけで、
なんだかこっちの気持ちまで軽くなってしまいます。

いわゆる昔のバップ系のジャズが好きな人の中には、
こういう軽いリズムを持った音楽が物足りないって人も
いるみたいです。
だけど、音楽の内容さえ重ければ、
それをサラっと伝えるドナートのようなピアノのほうが
めちゃくちゃクールでかっこいいと思うのです。

さらに、
彼の音楽は波のようです。
小さい波、大きい波
短い波、長い波
さまざまな形をした波を意識して表現しています。
それは海であり、
自然であり、
胎内でもあり、
音楽でもあります。

すべてはつながっているから気持ちよく、
気持ちいいからつながっているのです。


seki@dynamicaudio.co.jp

                                                                                                           セキ



|

« 天ノ視点 NO,151 | トップページ | 「聖櫃」も「新星」も »