« 天ノ視点 NO.150 | トップページ | 40年前の未来 »

2008年2月16日 (土)

GOLDMUND「TELOS390」☆期間限定展示!

こんにちは。
先日、弟の部屋の模様替えを手伝い、ホコリまみれになったあげく、指を切ってしまった・・・宮川です。

さて、新製品が続々登場のGOLDMUNDですが、最近お問い合わせが特に多いプリメインアンプを、只今期間限定で展示中です!

Telos390 ←GOLDMUND
プリメインアンプ 「TELOS390
定価:\1,134,000(税込)
※専用リモコン付属

当フロアの人気モデルでありました「MIMESIS330L」の後継、という感覚がありますが、“TELOS”の名を冠している通り、従来のJOBサーキットからTELOSサーキットへ、回路が変更されております。

Telos390_ ←また、プリアウト端子(背面一番左の端子)も標準装備されており、デジタル入力端子も同軸RCAを3系統(一番上の3つ)、搭載しております。アナログ・デジタルの両伝送を楽しめる他、パワーアンプを増設してのグレードアップも可能!ユーザーフレンドリー設計!!

Mm330ltelos390 ←ラック上段が「MIMESIS330L」、下段に「TELOS390」を置いてみました。
「TELOS390」の筐体は、上位ラインのMIMESIS24等と同じと言う事ですので、「MIMESIS330L」と比較しますとがっしりと大きめです。そのしっかりとした外見が反映してか、音色もTELOSシリーズ共通の、力強い感じがあります。来たばかりの時点で、ポンと繋いでみたのですが、しっかりと鳴らしてくれている感があり、なかなか良い感じがします。デジタル伝送ですと透明感が増し、アナログでは厚みが出るような印象を持ちました。

今の時点では、TELOS390では、「これまでのGOLDMUNDサウンドを行く」と言うよりは、これまで不足しがちと言われていた低域や厚みを加えて、バランスの良くなった、という感じがしました。しかし、美音はやっぱり美音です!

390 ←今回、TELOS390のプレートは金色ではなく「銀」になっています。(写真では分かりづらいですが・・・)かつてのSRシリーズを思い出されるかもしれませんが、SRのものとは素材が違うとの事です。今後、ハイエンドシリーズは、このシルバープレートになるそうです。

展示期間は未定ですが、37のように、いつ引上げになってしまうか分りませんので、ご試聴希望の方はお早めに!MIMESIS330Lとの比較も、今でしたら可能です。
MIMESIS330Lですが、メーカーの方にまだ若干在庫があるようです。華やかでキレのある方がお好みでしたら、こちらもお勧めです。お問い合せ、お気軽にどうぞ!

4F H.A.L.3  宮川 いより  <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

« 天ノ視点 NO.150 | トップページ | 40年前の未来 »