« ひとつS-3EXを鳴らしてみよう | トップページ | さてS-3exを鳴らしてみよう »

2008年1月25日 (金)

天ノ視点 NO,145

天ノ視点 NO,145

今日のようにお日様が顔を出し、陽気な時間が流れる日もあれば、
雪が降り、どこかもの悲しく、でも、どこかワクワクする日もあって、
冷たい風が強く、もう一枚、シャツを着てくればよかったと後悔する日だってある。

そんな一日一日は装いこそ違うけれど、毎日、朝から夜まで時間か流れている。

軽快に足踏みを始めれば、一日が始まり、コーヒーを飲んで、煙草を吸って、書類の整理や昼寝だってしてしまうかも知れない。地下鉄の階段を下って、踵の鳴る音が音符になったり、シャワーを浴びるとなんとも言えない爽快感。寝る前に読む小説にちょっとドキドキして、ベットライトを消す。

ね?だから楽しいでしょ?って感じさせてくれる一曲です。↓↓

I Wish I Knew How It Would Feel To Be / Billy Taylor

YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=brBtTluod_w&feature=related

ピアニストです。トリオです。
オーディオ屋としていいのか悪いのか…毎日のようにMP3プレーヤーで聴いています。
行きに聴けば一日の活力になって、
帰りに聴けば、今日も一日お疲れ様と語りかけてくれます。
そんなピアノです。

Billy_taylor

amano@dynamicaudio.co.jp    H.A.L.1  アシスタント天野

|

« ひとつS-3EXを鳴らしてみよう | トップページ | さてS-3exを鳴らしてみよう »