« AMP(増幅)の音を聴くという倒錯 | トップページ | Morelがイイ音している »

2008年1月10日 (木)

H.A.L.3展示品情報&LINN「CLASSIK MUSIC」仕様変更

こんにちは。
今年も神田明神へお参りし、御札を買って「商売繁盛」を祈願して参りました、宮川です。

本日最初のお知らせは展示情報です。

Tc70x ←PIEGA 「TC 70X
3ウェイバスレフ型スピーカー
\1,680,000 (税込)

休み明けで出勤して参りましたら、「TC 10X」から成長して「TC 70X」へと入れ替わっておりました。一目見て「PIEGA!」な感じの、スタイリッシュなフォルム。

そのクールな外見からすると少し予想外と思われるほど、豊かな低域を持っております。(それだけに、そのコントロールに少し技が必要かもしれませんが・・・)ピアノや弦、ヴォーカルの響き、余韻も美しく、しっとりと落ち着く、と言うよりは、粒が細かくて、明るい透明感とやや乾いた音色、と言う感じがしました。

Com_left080110_2 もう少し、広々とした所に置いてあげれば、ブックシェルフ型だった「TC 10X」とのスケール感の違いも分かり易く、本領を発揮出来るのではないかと思うのですが、それでも音色は美しく、頑張って鳴っております。
プリメインアンプSONY「TA-DR1A」の能力の高さもあると思いますが。

Classik_music_fin ←そして・・・悲報になるのか吉報になるのか・・・
長年この可愛らしい姿で愛されて参りましたLINN「CLASSIK MUSIC」がモデルチェンジを致します。サイズは今のAKURATEやMAJIKシリーズと同じ位になるとの事です。横長&奥深になりますので、「私のコーナー(仮)」のラックには、もう入らない・・・(涙)
思えば、「私のコーナー(仮)」は、この「CLASSIK MUSIC」の導入から始まったのでした。

現時点で日本割り当て分の台数は決まっており、無くなり次第終了、との事です。
このコンパクトさからは想像出来ないクオリティの音色。ご検討中の方はお早めに!!

新しいCLASSIK MUSICに期待を込めつつ・・・・

4F  H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

« AMP(増幅)の音を聴くという倒錯 | トップページ | Morelがイイ音している »