« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | トップページ | 2007年11月25日 - 2007年12月1日 »

2007年11月24日 (土)

天ノ視点 NO,125

天ノ視点 NO,125

AUDIO MACHINA / The PURE System

Audio_machina このスピーカーのドライバーユニットはFOSTEX社製を使用しています。
過去に、私は業務音響の世界にいた頃、FOSTEXのスピーカーをモニターとして使用していました。
なので、同じような音がするものだと思い込んでいました。

しかし、実際の音は当時の記憶とはまったく違い、温かみがあり、味わいがあり…音楽を楽しめる雰囲気があります。

同じドライバーユニットを使用していても、作り手の理念が違えばこうも音に変化があるのかと痛感しているここ数日です。

面白いのは、FOSTEXのストレートで素直な音はそのままに、広がりや深みが増していること。
これはアルミ合金ブロックから削り出したエンクロージャーで鳴らしているからなのでしょうか?
それとも、一見には奇怪ともとれる容姿は計算され尽くした末の形だからでしょうか?

Audio_machina2 色々なジャンルを聞いて、私が一番心躍ったのはパーカッションでした。
ボンゴの軽快なリズムはFOSTEXの素直な音にとてもマッチしていて、叩いた後の余韻が気持ちいいです。少し広めに間隔を開けてセッティングしているにも関わらず音像が崩れる事は無く。定位もはっきりしています。これが、オーケストラを聴いても前に出るだけでなく周辺全体をコンサートホールのように仕上げるアビリティーの高さです。

少し、この音に聞き惚れてみようと思う天野でした。

amano@dynamicaudio.co.jp    7階H.A.L.1  天野

|

2007年11月23日 (金)

天ノ視点 NO,124

天ノ視点 NO,123

三連休のご予定にいかがですか?
今週末もやってきました!!

Morel5 AUDIO MACHINA / The PURE System

やはり、皆様の目を引くようです。
それだけ注目されているという事でしょうか?

ESOTERIC X-01D2

Audio Analogue  Class A

The PURE System

上記のシステムで現在は鳴らしています。
何度かH.A.L.1に姿を表し、その度にセッティングをしてきた事もあるのか、
彼の良い鳴らし方が掴めてきたように思います。

そして、隣には先日よりご紹介させて頂いてます。

「morel / OCTWIN5.2Corian」

彼も価格差に負けない音を披露してくれています。

amano@dynamicaudio.co.jp    7階H.A.L.1   天野

|

2007年11月22日 (木)

tangentブランド入荷です。

Photo 本日2回目の配信です。イギリスで1996年創立されたtangentは2年後ELTAX社に引き継がれ、今現在デンマークにおいて慎重にデザインと製造を行なっております。リーズナブルな価格も魅力ながら、ヨーロッパでの評価も高く10月より輸入が開始されました。
Photo_2 今回5.1chとしても視聴可能です。
またステレオでの再生は、同じデンマークのDALI HELIKON300/2との比較。このような配置となっております。
http://www.porcaro-line.co.jp/clarity.htm
Clarity4 \84,000 ペア  小型2ウェイスピーカー
Clarity8 \197,400 ペア トールボーイ型スピーカー
Clarity Centre \42,000 1本 センタースピーカー
Clarity Subwoofer \147,000 1本 サブウーハー
全て合計しても¥470,400税込みです。

メインアンプはVSA-LX70\235,000 です。
http://pioneer.jp/components/avamp/ax4ah/index.html

新製品としての期待もあります。 いち早く視聴できるチャンスです。
この週末、HDオーディオやDVDなど、お好きなソフト持参で体験してみませんか。

㈱ダイナミックオーディオ 5555 2F 田中
tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

期間限定展示☆LINDEMANN「830」&「855」

こんばんは。
最近フロアの乾燥がひどく、機器を触る時の静電気が怖い、宮川です。

さて、期間限定で新しい展示品がやって参りました!

830 855←LINDEMANN
プリアンプ「830」 (\1,312,500 / 税込)
ステレオパワーアンプ「855」(\1,890,000 / 税込)

新製品のステレオパワーアンプを含む、LINDEMANNシステムです。プリの出力、パワーの入力は共にバランスのみとなっております。常に、緻密で正確な製品を産み出す、ドイツのメーカーです。

「落ち着いた音色」という第一印象は、以前試聴した時と変わらないのですが、今回はより艶っぽさが乗っている様な気がします。パワーアンプは、低域にはグッと厚みがあるのですが、迫力!と言うよりは締める所はきちんと締めるという感じがして、制動力のあるアンプという感じがします。ここの辺りがドイツらしいというか・・・全体的に深みと艶が増した、という印象です。

只今、年末に向けてイベントを色々企画中なのですが、このLINDEMANNにも、ご参加頂こうと計画中です。年末のH.A.L.3に乞うご期待!!

4F H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

「有機ELテレビ」展示しております。

Sony1 SONYの有機ELテレビの展示をいたしました。
小型で画面も薄く、ソニーらしさが凝縮されております。
高コントラスト、ピーク輝度、色再現。 忠実に描きだすテレビ「XEL-1」
話題の商品に触れたい方、ご来店お待ちしております。

Sony2 商品の入荷が極端に少ないため予約となっております。
これからのTVにふさわしいデザインです。


㈱ダイナミックオーディオ5555 2F 田中
tanaka@dynamicaudio,co,jp

|

3Fにある展示品なのです。

こちらの面々です。

4428 JBL
4428
税込定価¥514,500
¥お問い合わせください。


986 EMT
986
税込定価¥787,500
¥お問い合わせください。


Ampzilla2000 AMPZILLA
Ampzilla2000
税込定価¥945,000
¥お問い合わせください。


S143mk JBL
S143mkⅡ(スタンド付き)
税込定価¥718,200(スタンド付)
¥お問い合わせください。



予約試聴なども承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ダイナミックオーディオ5555
TEL 03-3253-5555
             3F  担当  赤塚  akatsuka@dynamicaudio.co.jp
                               関   seki@dynamicaudio.co.jp



















|

2007年11月21日 (水)

水と砂糖とレモン。

Affinity

「Affinity」 Bill Evans   

その音楽がもつ性格の70%以上は、
リズムによって決まると思っています。
(ここでの性格とは、雰囲気のことではありません)
次に大きな割合を占めるのが、ハーモニーで約25%。
で、残りはメロディになります。
おおざっぱに分類すると。

ただ、これはあくまで音楽が音楽になるまでの成り立ちの上での話。
いざ完成された商品としての、聴くための音楽になった時点で、
そんなことは知ったこっちゃないってわけです。

リズムが重要だってことはもちろんなんですが、
注目すべきはハーモニーの25%っていうところ。
僕の考えでは、メロディはハーモニーの一部であり、
リズムの力を借りて存在しているものです。
それぞれを別個に考えるならそうなります。
ハーモニー(和音)はくちずさんだりできませんので、
普段の生活からは少し遠い場所にありますが、
音楽におけるハーモニーの役割は多大です。
[音楽-リズム=ハーモニー]
と言っても過言ではないくらいだと思います。
「魂」とか「薬」とかはとりあえずおいといて。

ハーモニーの天才といえばエヴァンス。
ヴォイシングはオープンでもクローズでも、
決して濁ることはないですね。
リズム、ハーモニー、メロディが一つになっています。
水と砂糖とレモンでジュースができますが、
僕が言いたいのはその割合。
これ大事。
あとは適当に遊んでいればできあがり。

このアルバムには「Sno' Peas」っていう
三拍子のいい感じの曲があります。
エヴァンスはやっぱり三拍子がやたら上手い。

この音楽を包み込む空気は、
真冬のそれのように透き通っています。


seki@dynamicaudio.co.jp
                                                                                                       セキ

        

|

1Fアクセサリー特選中古品情報!!

どうも、こんにちは。                                                今回は、ダイナ5555 1Fアクセサリーコーナー特選中古品のお知らせです。

Pk14

「 KIMBER KABLE PK14/4ft(1.2m) 」
メーカー定価¥33,600(税込)販売済みです。
¥16,590(税込)、SHC会員価格¥15,800(税込)

②「 KIMBER KABLE PK14/6ft(1.8m) 」                        メーカー定価¥35,700(税込)販売済みです。
¥17,640(税込)、SHC会員価格¥16,800(税込)

このケーブル、JAZZとの相性の良さを感じるところもありますが、幅広いジャンルにも問題なく対応出来ます。手軽にプレーヤー、ヘッドフォンアンプなど標準メーカーケーブルとチェンジしてレベルアップしてみて下さい。音は、KIMBERらしく滑らか艶やか聴きやすくしっかり低域も充分鳴り、音の静寂感も良く、音楽のみクオリティを上げてくれ、音楽を楽しくさせてくれるケーブルです。メーカー定価3万円代では、リファレンスになる、ベーシックなバランスの良い電源ケーブルです。

WIREWORLD SHH5 HDMI/9.0m                       HDMIケーブル
メーカー定価¥131,250(税込)
¥46,200(税込)SHC会員価格¥44,000(税込)                    →販売済みです。

以上、特選中古品情報でした。

どうぞ、気になるお客様は、ぜひ、当店、ダイナ5555までご来店ください。

お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

1Fヘッドフォン新製品情報!!

Sr007a_400_2どうも、こんにちは。今回は、ダイナ5555 1FアクセサリーコーナーからSTAXファンに向けて、朗報です!! あのSTAX SR-007の新型後継機が、新発売されます! 旧型SR-007は、年内いっぱいの生産、ご予約になります。この新型SR-007Aには、スペイン産ラム羊採用パッドが新採用されています。来月の12/20前くらいには、完成品の試聴機をダイナ5555 1Fの店に準備する予定です。このスペイン産ラム羊採用パッドの違いとヘッドフォンケーブルの出だしの1部分を変更したことにより、私自身メーカー様の配慮にて先に試聴させていただきましたが…

①まずヘッドフォンの密着性向上。                                      ②低域の明遼度、引き締まり度の向上。                                   ③音量も少し大きくなっています。                                                 

このポイントが,前商品「SR-007」との違いだと思います。明らかに密着性、定位、音量、低域の改善が見られます。                            さらに至高の逸品となりました。

この「 新型SR-007A 」 ご予約も受け付け中!!です!

Sgy3849_1そして新たに、お取り扱い始めた商品のご紹介です。以前からお問い合わせも度々あり、同じSONYのモニターヘッドフォン「CD900ST」と迷っていた方にこちらも嬉しい朗報だと思います。。

「 SONY MDR-7506 」 です。                                   

CD900ST同様クリアでストレート、力強いな音色です。
このヘッドフォンのポイントとして音声の伝達ロスを抑え、しなやかなOFCリッツ線を使用した片出しカールコード採用と金メッキ2ウェイプラグステレオ標準ジャックとステレオミニジャックにした点です。他にも携帯、収納に便利な折りたたみ式なところや折りたたみ式であるところ。付属でキャリングポーチもあります。

下記が主なスペックです。↓

型式 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型
ドライバーユニット 口径40mm、ドーム型
音圧感度 106dB/mW
再生周波数帯域 10-20KMHz
インピーダンス 63Ω(1kHz)
最大入力 1,000mW(IEC)
コード 約1.2m(伸長時:約3m)
入力プラグ 金メッキステレオ2ウェイプラグ
質量 約230g

さらにオーディオテクニカさんの下記の新製品も続々11/22より発売開始です!!  今後も来年の春にかけてテクニカさんも新作ヘッドフォンをいろいろとリリース予定です。女性の音楽フアンに対して、かなりデザインセンスの良さを感じるモデルもあります。

Athsq5 Athfc700 Athdwl5000 Athckm50

上記の商品が、気になる方は、ダイナ5555まで、ご来店をお待ちしております。。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

新入荷しました。

いつもご利用有難うございます。
22日木曜日VSA-LX70と輸入が開始されたばかりのTangentブランドclarityシリーズ(10月8日のブログでも紹介したメーカーです。)が入荷します。
フルラインナップ(スピーカのみ)5.1chも体験できます。tangent(タンジェント)は入門モデルとして、これから期待できる商品です。また、LX70は、おかげさまでご要望も多くお届けまで時間が掛かっており、ご迷惑をお掛けしております。
マラソン試聴会でも好評だったので、展示導入いたしました。
Vsalx702 http://pioneer.jp/components/avamp/ax4ah/quality.html
http://www.porcaro-line.co.jp/clarity.htm

23日24日は、2chや5.1chどちらも体験可能です。ご予約も承っております。
ご希望ございましたら、田中までお問い合わせ願います。

ダイナミックオーディオ 5555 2F田中
tanaka@dynamicaudio.co.jo

|

2007年11月20日 (火)

天ノ視点 MO,122

天ノ視点 NO,122

これも一つの面白い試聴会のような…

ダイナミックオーディオ5555の2~7階の全フロアーで聞けるスピーカーがあります。

「morel」

ここ連日、各フロアーのブログに登場する彼を7階から…もしくは2階からそのフロアーがセッティングしたコンポーネントを順に眺めてみるのもダイナ5555を楽しむ一つの方法かもしれません。
一つのスピーカーを色々な機材で試してみれば、そのスピーカーの良し悪しや、接続している機器の傾向も見えてくるのではないでしょうか?

少し、ワクワクしてきませんか?

もちろん、セッティングしてある機器以外にも、ご希望があれば繋ぎ変えも可能です!

面白いもので、色々周辺に手を加えてみたくなるんですよ…
繋ぎ方を変えてみたり…ボードを敷いてみたり…
そう…ボード敷いてみました!!

Morel4 これが、またいいんですよ!!
いつも7階で使用しているZ-BoardではなくてJ1プロジェクトのボードですが、これは面白い!
元々、スペックの高いスピーカーだけあってセッティング一つでこうも新しい表情を見ててくれるのかと…今は、J1ボードですが、これをZ-BoardやILUNGOのボードに変えてみても違う色の音を楽しませてくれるのではないでしょうか?

amano@dynamicaudio.co.jp   7階H.A.L.1  天野

|

☆3Fの☆展示品☆だす☆

3Fにありますよ~
展示品いっぱい。

K5xe Ayre
K-5xe
税込定価¥504,000
¥お問い合わせください。


V5xe Ayre
V-5xe
税込定価¥756,000

¥お問い合わせください。


No432l Mark Levinson
No.432L
税込定価¥1,732,500

¥お問い合わせください。



Ls60 JBL
LS60
税込定価¥399,000
¥お問い合わせください。


Ls80 JBL
LS80
税込定価¥504,000
¥お問い合わせください。



はい、いっぱいでました、展示品。
お気軽にお問い合わせくだしゃい。
はい、試聴もオーケーです、もちろん。

ダイナミックオーディオ5555
TEL 03-3253-5555
       3F  担当 赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
                      関     seki@dynamicaudio.co.jp










 

|

2007年11月19日 (月)

冬がやってきました

冬といえば鍋で決定!というわけで、鍋の話。

鍋を行き着く先を大きくふたつの方向に分けたならば、

その両極端にあるのは「湯豆腐」と「闇鍋」です。

限られた食材をゆっくりダシで温めて味わうのが湯豆腐型。

多彩な食材をぐつぐつ混ぜ合わせて味わうのが闇鍋型。

友人たちと集まると、それぞれの好みでついつい色んなものを入れたくなってしまいますが、どんな味になるかは運任せだし、結局最終的には何の味だか分からなくなってしまうんですよね。(奇跡的に美味いこともあるけど…)

コストも結局高くつくことが多いです。

「闇鍋型」もそれはそれで楽しいのですが、味を楽しむなら断然「湯豆腐型」です。

メインの食材はできれば3、多くても5種類に厳選したいところ。

例えば常夜鍋なら「豚肉+ほうれん草+油揚げ」

鴨鍋なら「鴨+葱+せり(+ごぼう)」

どれかがおいしいのではなくて、

それぞれが出会った時に最大の旨味を出すような組み合わせにしたいですね。

食材の種類も少なくてすむのでその分それぞれちょっといいものが買えます。

つけダレや薬味も重要です。

市販のポン酢やゴマダレもおいしいのですが、ダシの強い、

「それ自体の旨味の強すぎる」ものが多くあります。

乱用すると具の味が分からなくなってしまいますね。

醤油、カボス、万能葱、大根おろし、ゆずこしょう、かんずり等を利用して、

その鍋の具の味を活かすタレをチマチマ作るのが楽しいのです。

できれば鍋やお椀などの食器にもこだわりたいですね。

美しい食器はそれだけで食欲をそそります。

そのうちガスコンロの火にまでこだわりだす人もいるかもしれません。

ん?オーディオの話みたいですね。

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

MOREL「OCTAVE 5.2」 IN H.A.L.3!

こんにちは。
先日、月島にもんじゃ焼きを食べに出掛け、大満足だった、宮川です。

Morel_oct52 ←morel 「Octave 5.2 Corian White
(\714,000 / 税込)
専用スピーカースタンド 「ST-51 STAND
(\89,250 / 税込)

ダイナミックオーディオ限定販売!のスピーカーです。只今、5555の各フロアにて展示しております。ここ4F「H.A.L.3」でも、コーナーを設けております。

キャビネットはコーリアンという人口大理石、密閉かと思いきや、後ろにバスレフポートがついております。
姿からイメージすると、わりとシャキシャキ鳴りそうな感じですが、しっとりと落ち着いた音色です。温かみのある中域と豊かな低域で、ゆったりと聴かせてくれそうです。

Morel_ ←スッキリとしたフォルムのスピーカーに相応しく、シンプルな組合せ、しかし合わせたシステムは、実に贅沢です。
Sony_←SONY
SACDプレーヤー「SCD-DR1
デジタルプリメインアンプ「TA-DR1A
ニュートラルな中にも音楽性を充分に持たせた、中々出せない「普通に良い音色」システムで演奏中です。背後にはQRD「BAD」&「BADスタンド」で、ルームチューニングも怠りません。

各フロアもそれぞれ、個性的なシステムで展開中です。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

多数ご来店有難うございました。

先週末はPIONEER、DENON両アンプの体験商談会に多数ご来店いただき有難うございました。12月の週末は、DENON AVP-A1HD、YAMAHA DSP-Z11、体験商談会を予定しております。
日程が取れ次第ブログにてお伝えいたします。

話は変わりますが、デンマークのSP特集としてDALI HELICON800/2と輸入が開始されたばかりのtangentブランドをコーナーを設けまして、23、24日は随時試聴可能にいたします。
http://www.porcaro-line.co.jp/clarity.htm
タンジェントは入門機としてお勧めするブランドです。
またSPの個性は違いますが、MORELとの比較も出来ます。見聴きするのは、初めてという方、ご来店お待ちしております。

㈱ダイナミックオーディオ 5555 2F 田中
tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

2007年11月18日 (日)

3F 展示品情報です。

52cw morel
OCTAVE 5.2




3Fでも展示しております。
ルックスに似合わず低音もかなり出るし、
出た音も甘く、
やわらかい、女性的な印象をうけました。

52c





まだ展示したばかりなので、
これからどう化けるか楽しみです。


予約試聴承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ダイナミックオーディオ5555
tel 03-3253-5555
       3F  担当  赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
                        関    seki@dynamicaudio.co.jp






|

AudioMachina「The PURE System」& AESTHETIX「ATLAS」試聴会☆少しだけレポート

こんばんは。
髪を短く切って洗髪が楽になった、宮川です。

Pure_system_2 さて、昨日は、このブログでもお知らせしておりました『AudioMachina「The PURE System」& AESTHETIX「ATLAS」試聴会』を行いました。予約状況は、あまり盛況とは言えない寂しいものでしたが、当日は満席!という嬉しい結果となりました。

お寒い中ご来店下さいましたお客様、また、このイベントの準備から当日の解説まで、ご協力頂きました㈱ゼファン安藤氏には、この場をお借りしまして、御礼申し上げます。

The_pure_system1116 ←AudioMachina「The PURE System
(\4,410,000 / 税込)
本日の主役です。
Pure_system_3 ←遠目で見ると分からないのですが、このキャビネットは上下に分かれております。
Pure_system_←一見するとツィーターとスコーカーの2ウェイの様に見えますが、この部分で一つのフルレンジとなっており、この金色に輝くユニットが「このスピーカーの全て!」との事です。

この風変わりな姿からして、何となく「VIVID AUDIO」みたいな感じだろうか・・・??という先入観もあったのですが、結構違う印象を持ちました。
「The PURE System」は音色自体にあまり色付けをしている感じは受けず、ニュートラルな印象です。「音色」よりは、「鳴らし方」に凄く特徴のあるスピーカーという感じがしました。広くステージを作り出すというよりは、定位や音像がリアルな感じです。ヴォーカルなどは非常に生々しく、驚きです。楽器の一つ一つも見えるかのようです。かと言って、うるさい感じは全く無く、落着きのある鳴らし方のスピーカー、という感じがします。輸入代理店の担当者曰く「このスピーカーの開発者は位相命!で作っている」そうなのですが、なるほど・・・。

Pure_system_ ただ、このスピーカーの持ち味を引き出すには、かなりシビアなセッティングが必要な気がします。この足元のオーディオボードの角のR部分が5ミリ上下にずれるだけで、ヴォーカルがかなりずれてしまったり(ソフトにもよりますが)。音的にも、使いこなし的にも、じっくり取り組みたい本格派向けのスピーカーかも・・・

試聴会ではAESTHETIXで鳴らしましたが、GOLDMUNDで試した所、音色の感じは結構変わりましたので、アンプの組合せでも楽しめるスピーカーです。
展示は明日のお昼頃まで、じっくり聴きたい方は本日ご来店頂ければと思います。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

VIVID Audio

P1010149VIVID Audio
'V1.5(パールホワイト)'
\945,000(ペア・税込)



もうお馴染みとなった、VIVID Audioのスピーカーを展示しました。そのユニークな姿が注目されますが、ユニットも大変気合の入った設計となってます。四角くないエンクロージャーは、音の反射が少ないためスムーズに音が出てきます。アルミの振動板を使ったユニットは、透明感のあるニュートラルな音がします。写真からわかるように、今までサランネットがついていませんでしたが、ユニット破損防止のため、つくようになりました。

試聴をご希望の方は、セッティングいたしますので予約をお願いします。

6F H.A.L. II 小山(03-3253-5555)

|

« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | トップページ | 2007年11月25日 - 2007年12月1日 »