« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »

2007年11月10日 (土)

もう二度とはないであろう、フォノイコライザー比較試聴

こんばんは。
地元で雰囲気の良いイタリア料理のお店を発見し、喜んでいる、宮川です。

071110071110_4 さて、アナログに関しては、やや控えめ感のある、当フロアですが、取材の関係で、本日はアナログの名機、LINN「LP12 SE」システムとフォノイコライザー4機種!揃っております。

TrigonlinnPassgoldmund ≪フォノイコライザー≫
写真左上から順に
・TRIGON 「VANGUARD Ⅱ(左の小さい箱)」(\84,000)
・LINN 「LINTO」(\294,000)
・PASS 「X ONO」(\630,000)
・GOLDMUND 「MIMESIS PH3」(\1,491,000)
※価格は全て税込表示

フォノイコライザーとは、アナログレコードを聴く際、プリアンプにフォノ機能が付いていない場合等に必要になります。カートリッジが読み取る微小な信号を増幅させ、アナログの特殊な録音(低域を小さく、高域を大きく録音されています)を変換して元に戻す、という役割をする機器です。

この4機種も、それぞれブランドの音色を出して、個性を発揮しております。
高級フォノイコライザーの中にあって、一番小型でリーズナブルなTRIGON「VANGUARD Ⅱ」は、すっきりとしていて癖が無く、しかし仕事をきっちりこなしている感じです。LINN「LINTO」とPASS「X ONO」は、「濃い」という所で一致しておりますが「LINTO」はより深い厚み・温かみがあって、これぞアナログサウンド!という感じです。「X ONO」は、厚み+スピード感や歯切れがあり、少しシャキッと聴けます。GOLDMUND「MIMESIS PH3」は、アナログでもGOLDMUND色を発揮、貫けるような透明感があって、綺麗な音色です。現代風アナログという感じでしょうか?

取材時間や準備もあり、じっくりと聴けた訳では無かったのですが、それでも違いは歴然で、面白かったです。アナログは、やはり音楽を肌で感じる様な感触が強く、そこが魅力的だと思いました。

アナログに針を落とすという最初の動作が、上手く行かないのですが・・・

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

マラソン試聴会!?

せっかくの週末だというのに今日は天気が悪いですね。
こんな日は家でゆっくりとオーディオーを聴きたいものです。
そういえば、先月のマラソン試聴会のときもひどい天候でした。
同じような週末になってしまいましたが、今回 H.A.L.II ではマラソン試聴会並に気合の入ったセッティングをしてお待ちしております。

手前の小部屋
P1010120



マラソン試聴会でもお披露目しました Pawel Acoustics の "ARABELLA" です。税込価格\2,625,000(ペア)。
初めて聴くスピーカーですが、これはなるほど他にない音のするスピーカーです。当然ながらこの部屋にセッティングされてるので、自身を持ってオススメできるスピーカーです。
CDはMETRONOME TECHNOLOGY "KALISTA" 、アナログはLINN "LP12" で試聴可能です。

奥の部屋
P1010119



なんとも贅沢にJBL Project EVEREST DD66000 のためにセッティングしてあります。
ROLF KELCH "The Reference DD Turntable" も試聴可能です。

試聴の際にはよく聴きなれたソフトをお持ち下さい。

5555 H.A.L.II  小山(03-3253-5555)

|

2007年11月 9日 (金)

天ノ視点 NO,117

天ノ視点 NO,117

連日、ブログで皆様に少しずつお知らせしています。

Mg20arc 「Wilson benesch / ARC」(アルミフィニッシュ)

標準価格¥724,500(ペア)込。

7階H.A.L.1の数百万~数千万の機材がある中、定価¥700,000のESOTERIC MG-20の試聴ブースがあります。そこに姿を表した彼。元は他のフロア―にて展示してあったものを同価格帯比較として移動してきました。性格は両者、まったく違います。この違いを楽しんでいただき、双方の良いところを見つけやすくするのが今回の狙いです!

大きな違いとして、まず、トールボーイ型のMG-20に対しARCはブックシェル型。
バスレフポートが下についている為、専用スタンドがあります。そして、この下についているポートがARCの独得の低域を鳴らしています。

次に目に付く違いは木材とカーボン材。
MG-20の外装はチェリー材の綺麗なリアルウッドに仕上がっています。エンクロージャーの材質はバーチ(樺)材の高密度積層合板を採用。かのタンノイ社の音響テクノロジーが仕上げた純粋なスピーカーの装いを見せています。
対し、ARCは先端素材を巧みに使った仕上げ。それは、創業時からこだわりを持っているカーボン材をキャビネットに使用。アルミや金属よりも柔らかく、木材よりも制振性にすぐれ、カーボンならではの響きが特徴的。スタンドにはアルミを採用。スピーカーとはナットで強固に固定できます。

ユニットの違い。
MG-20が鳴らす弦の響きは価格に比例せず、まるでより上位クラスの音色を引き出します。ツイーターユニットのマグネットには強力なドライブ能力を誇るネオジウムマグネットを採用。マグネシウムダイヤフラムのドライバーユニットは音楽をスムーズに皆様の耳にお届けします。
対しウイルソン・ベネッシュが自社開発したドライバーユニット“TACTICドライバー”をウーファーに搭載。強力なネオジウムマグネットが新素材振動板をストレス無く強力にドライブし、ツインダクト構造と相まって、サイズからは考えられない強靭な低音を実現しています。

天野個人の感想。
両者の良いところは別にあり、甲乙つけ難いのが本音。
NG-20ではアコギの響きやヴォーカルの締り、ヴァイオリンの独奏が価格以上のパフォーマンスを魅せています。
ARCは特徴ある低域から迫力のサウンド。ホールで演奏されたオーケストラや、カーボン素材を活かした響きからスタジオ録音のポップスやクラブミュージックを聞いても面白いです。
価格も定価\724,500(込)から代理店が在庫最後の取り扱いという事で特価価格になっております。詳しくはお問い合わせください。
お客様の好みや、よく聞かれるジャンルと照らし合わせればお客様の今後の機材選びにも参考になるのではないでしょうか?

amano@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1 天野

|

2007年11月 7日 (水)

ナチュラル。

TINO DERADO: Trio 「Trio」 Tino Derado

一ヶ月も待ってやっと買えました。
ピアニスト、ティノ・デラードのトリオ。
彼はアコーディオン奏者でもあるみたいです。
そっちが本業かもしれないけど。
僕は、スウェーデンのシンガー、リグモア・グスタフソンのバックでデラードが弾いていたのを聴いて好きになりました。
どっちかというと、
強いダイナミクスやアーティキュレーションをかけて弾くというよりは、
一貫して淡々と弾いている感じの人です。
そういう方が好きなんです。
自然だし、嘘っぽくなくて。

本当の日常とか不幸や幸福は、
案外、淡々としてるものだし。
だから音楽も、
無理にドラマティックになる必要はないんじゃないかな、
と、思うわけです。
現実に起こってることと、
音楽の中で起こってることとの間に、
温度差がないからこそ、
すっと心に入ってきて、
かたい部分をほぐしてくれる気がするんです、
僕の場合。

seki@dynamicaudio.co.jp
                                                                                                        セキ

|

2007年11月 6日 (火)

試聴会以降変更になりました。

いつもご利用有り難うございます。
当フロアは昨日より、レイアウトの変更がございました。
ホームページにも案内が出ておりますが、BDP-LX80やDMR-BW800などのブルーレイを中心に、Higher Qualityな映像とサウンド提供したいと考えております。

Photo L Photo_2         

週末はお気に入りのソフトを持参してみてはいかがでしょうか。

ダイナミックオーディオ 5555 2F 田中
03-3253-5555
tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

2007年11月 5日 (月)

新製品紹介。

ようやくセッティングも落ち着きましたので、新製品を紹介することになりました。

P1010110 Lansche Audio No.4.1
税込価格 \4,998,000(ペア)



これは少し変わったユニットを持つセミアクティブ・スピーカーです。
1)ツイーターにはCORONAプラズマ・イオン・ツイーターを搭載。
2)質量8gの超軽量振動系からなるミッドレンジ。
3)両サイドに搭載された2基のベースドライバー(ウーファー)
詳しくは、、、輸入もとのHigh-End Ltd.の HPへ。

P1010111 ツイーターには振動板が無く、またミッドレンジも超軽量なので、音のエッジをかっちり描かず、自然な感じに鳴ります。
興味のある方はぜひこの機会にご来店くださいませ。



P1010112 B&W Signature Diamond
税込価格 \2,730,000(ペア)


Signature Diamond も試聴可能です。
ご予約お待ちしております。

6F 小山(03-3253-5555)

|

マラソン試聴会・島使用ソフトのご紹介&本日の試聴室☆07/11/5

こんにちは。
最近、歯ブラシを電動に変えて快適な、宮川です。

さて、マラソン試聴会から大分日にちも経っておりますが、当フロア担当・島の使用致しましたソフトについて、お問合わせを頂く事が多いので、ここでご紹介させて頂きたいと思います。
_1【アンプ比較試聴の使用ソフト】
写真左上より
・A SONG FOR YOU KAREN / FIM SACD 036 (\4,200)
・ベートーヴェン序曲集 / TDGD-90013(\3,300)
・処女航海 / VRCL 18831 (\2,835)
・TREASURE FOR THE VIOLIN / 4428836(\3,885)
・MONDAY NIGHT IN NEW ORLEANS / TM-SACD7011.2(\4,200)
・四季 / 005 SACD
_2 【小型スピーカー試聴の使用ソフト】
写真左上より
・HEARING THE SING LISTENING THE SILENCE
/ TM-SACD9010.2(\4,200)
・ALL SINGLES BEST / WPZL-30049-51(\3,500)
・GOLDEN BEST / FLCF 3761(\3,800)
・DEAR / SRGL 619(\3,360)

本日の試聴室、商品の入替がございました。

Amati_anvAmati_omge

新旧ダブルamati。どちらがどちかでしょう・・・
←写真左)amati anniversario
(\3,780,000 / 税込)
こちらが現行商品の「アニバーサリオ」です。guarneri同様、少し上を向いております。
←写真右)amati omage
こちらは昔の「オマージュ」。以前中古品として出てきたものですが、ご成約商品ですので、ご試聴は承れません。眺める感じで、お願い致します・・・

これと入替に、YG ACOUSTICS「KIPOD」は3階へと移動になりました。当フロアとは、また違った鳴らし方でお楽しみ頂けると思います!

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

2007年11月 4日 (日)

期間限定展示~PIEGA「TC 10X」~

こんばんは。
先日、友人がこのフロアに遊びに来たのですが、色々な意味で仰天して帰って行った・・・宮川です。

さて、当フロアに、期間限定にて、新しい展示品が入りました。

Tc10x__2 ←PIEGA 「TC 10X」 (\1,134,000 / 税込)
3ウェイシステム・ブックシェルフスピーカー
※専用スピーカースタンドは参考商品です。

PIEGAらしい、スッキリスマート、スタイリッシュなブックシェルフスピーカーです。専用スタンドは、現時点では製品化されていないのですが、写真と同様な製品を、近々ご用意したい、との事でした。

Tc10x Tc10x_2 PIEGAと言えば!という感じでトレードマークになっているツィーター、「LDRリボンツィーター」(写真左)。アルミニウムキャビネットと相まって、非常に美しい作りです。このユニットが同軸になっており、中高域を担っています。
スピーカーターミナルはバイワイヤリング対応となっております。

リボンツィーターの音色は独特です。リボンツィーターを搭載しているブランドは多数あり、それぞれの音色を持っていますが、どのブランドも、根底にある音の肌触りの様なものが、「リボンツィーター」の感じかなぁ・・・と分かる気がします。さらりと、乾いている様な感じでしょうか・・・暗さや湿度はあまり感じない気がします。

この「TC 10X」ですが、肌理の細かい音色で、爽やかな感じと言う第一印象です。ステージの現れ方もしっかりしていて、サイズ以上のものを感じる事が出来ます。横に広く優しく響きます。
ただ、どちらかと言えば、難しい類のスピーカーに入るかもしれません。ポンと置いて、すぐに良く鳴ってくれる感じではなさそうな・・・アンプも、出来れば、より力強い方が良さそうです。ちなみに、試聴システムは、HALCROのステレオパワーアンプ「MC20」とOCTAVEの真空管プリアンプ「HP300 MKⅡ」です。ここにある中で、色々繋いでみて一番良いな!と思った組合せです。

Tc10x_3 追い込み甲斐のあるスピーカーですね。
展示期間は未定ですが、ショウやイベントの関係ですぐにいなくなってしまうかもしれません。ご試聴希望の方はお早めに!

ちなみに、サランネットは取った方が開放感が出て良いと思いますが、フロアでは少し危険なので、普段はネット付きです。メーカーさんに、お借りしている大事な商品ですので・・・

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

天ノ視点 NO,116

天ノ視点 NO,116

本領発揮!!

「GTE / TRINITY DAC&AMP SYSTEM」

メーカーサイト↓↓↓
http://www.gte-audio.com/en_fla.htm
H.A.L.1 BRIEF NEWS↓↓↓
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/551.html

彼はやっぱり凄いヤツでした。
展示開始から数日、試聴にいらっしゃったお客様からはあまり良い評価を受けれず、店長川又も「ん~ん」と唸るようで…
昨日、店長から「セッティング変えたから聞いてごらん」と言われたのは閉店2時間前の事。
これは…この音は…納得!!
凄いです。感動です。さっきまでの音はなんだったんですか?!
音場がこれまでに感じた事のないほどリアル!
一つ一つの楽器に、奏者の表情が加わって、コンサートホールの静かな熱気が、試聴室を包みます。
時間を忘れ、もう一曲、次はこの曲と試聴DISCが増えます。

お客様がいらっしゃったので、他のジャンルの試聴は出来ませんでしたが、今日はじっくり聞いてみたいと思います!!

忘れてはいけない!!
Arc 「Wilson benesch / ARC」
一昨日、ESOTERIC MG-20と同価格帯のSPという事で展示しています彼。
彼も気持ちよさそうに歌っています!!
ヴォーカルがいい!クラッシックがいい!!
ヴァイオリンが滑らかに透き通り、濃厚なベースが足元から腹の底に響きます!!
カーボン素材が木材とは違った味を引き出します!!
……特価やってます!!

amano@dynamicaudio.co.jp    7階H.A.L.1  天野

|

« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »