« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »

2007年6月23日 (土)

LP12 SE System イベントレポート

外は晴天、梅雨はどこへやらって感じですが、
本日はイベントのレポートを致します。

Lp12lp12se





今回のイベント、目的はといいますと、
LP12アップグレードキットの効果検証、
旧タイプLP12(旧とはいっても良いプレーヤーです)と、
KEEL+EKOS SE搭載LP12 SE Systemを用いまして比較を行いました。

皆様が驚かれたのは、旧タイプのLP12からEKOSを外し、
KEEL搭載のLP12に載せ変えた時でしょう。
お客様から一言「アンプ同じものですか?」
との質問が出るほどの変わりよう。
アップグレードにも色々ありまして、
悪くなる事もまれにありますが、
(あんまり大きな声では言えませんが)
今回のアップグレードは確実に
良い方向に行っていると思います。

イベント開始時に東の言った、
「今回のアップグレードは静けさが違う。
ノイズにまみれていた音が、今回のアップグレードによって、
出てきた音を聞いた時の驚きを感じて欲しい。」
との言葉を再度思い出していました。

最後はEKOSをEKOS SEに取り替えまして、
皆様とLP12 SE Systemを思う存分視聴しまして、
イベントは終了いたしました。

LP12 SE Systemは常時展示しておりますので、
今回日程が合わなかったお客様も是非視聴に御来店ください。
旧タイプの物も数日置いてありますので、
聞き比べしたいお客様は御申し出ください。

東郷

|

天ノ視点 NO,46

天ノ視点 NO,46

behold

皆様はこのブランドをご存知でしょうか?

正直なところ、僕は7H.A.L.1に転属してくるまで知りませんでした。

beholdはオーディオ帯域はもちろん、通信帯域からDSPテクノロジーに至るまで最新の測定技術を装備し、開発におけるすべての段階でこれをフルに活用しています。

beholdは文化的遺産である音楽はコストを無視しても最良の方法で保存され、再現されるべきであるという信念のもとに設立されました。また、最新テクノロジーと設計思想によって実現したbehold製品は、家庭における音楽再生のクオリティを著しく改善するものと確信しています。音楽を本物のように再生することに常にこだわり続け、その根底となる理念は、精密な測定器のように製造された。behold製品はアナログ・レコード、CDSACDDVD、などのメディアに保存された音楽データをデリケートなニュアンスに至るまで生々しく引き出すことができなければならないということです。」

webより

Cdplayer CD-player630,000

Apu768_s APU768    ¥2,650,000

Bpa768_s BPA768×2  ¥9,400,000

現在、7H.A.L.1では先日ご紹介したYG Acoustics / Voyager」とご一緒に楽しんで頂けます。奮ってご試聴ください。

amano@dynamicaudio.co.jp  7階 天野

|

2007年6月22日 (金)

イベント告知

久々の雨ですが、微妙な降りかた、
おもいきってドバーッと降ってくれますと、涼しくて良いのですが。
それはさておき明日のイベント、最終の告知になります。

-----------------<イベント情報>-----------------

■LINN LP12 SE Systemによる音楽鑑賞会■

日時6月23日(土曜日) PM1:00~PM2:30
場所 6F HAL2
進行 私とLINN JAPAN 山口氏と楽しくLPを聴いて頂く。
定員 10名位。

一番の興味はKEEL+TRAMPOLIN2による期待度。
当日は、LP12+EKOSを1台用意致します。
もう一台は、LP12(KEEL+TRAMPOLIN2装着)にEKOSを取り付けて
一聴して判断できるものと思います。
特に、LP12オーナーはこの機会に体験されてみてはいかがでしょうか?
メールにてご連絡をお待ちしております。

連絡は東までお願いいたします。
mailto:azuma@dynamicaudio.co.jp

--------------------------------------------------

先日イベント用のLP12が店に来まして、
その時にLINN JAPAN 山口氏より、
明日はEKOS、EKOS SE、KEEL有、無し
それぞれの効果を実際に試せますし。
中々出来ないイベントだと思いますので、
期待してくださいとの事。
楽しいイベントになるとおもいます。期待大でお待ちください。
また明日はそれ以外にも、山口氏オススメ。
ちょっとした裏技披露も出来たらなーとの事です。
お楽しみに。

東郷

|

Today's lunch!! Vol.59

やっと梅雨時らしい雨模様の東京です。こんな日は近場にしようと思いつつ、これはというお店が浮かばない時もあるもの。特にここ!! という思いもなくUDX・クロスフィールドに向かってみることにしました。そうしたら、紹介したつもりが今まで掲載したことがない店で一度食べていたことが…、というよりも他の店のおまけとしてToday's lunch!! Vol.10で紹介していたのがここでした。「鳥つね」です。前回のエピソードはVol.10でも述べていますが、今日は久しぶりに入ってみました。あれから新メニューも出来ているようで、平日限定の「鳥カツ丼」というものに心惹かれました。2007622 BGMも一切なしという老舗を思わせる雰囲気で、相変わらず特上親子丼の注文を若い客たちが平然とするのだから私よりリッチだな~、と思ってしまいます。(笑)で、しばらく待たされて出てきたのがこれ。要は鶏肉料理なのだから、と思っていても印象はちょっと新鮮なものでした。卵の閉じ方がお上手で割り下もさっぱりしたもので、甘いものが苦手な私も難なく食べられました。お吸い物は鳥のダシでシンプルそのもの。割り下の甘みを時折お吸い物で口直しして短時間で食べてしまいました。まあ、老舗だけに本店の方がいい味だというご意見も耳にしますが、私はまだ本店の方には言ったことがないもので(^^ゞ客を呼ぶのは看板だ!! とでも言いたそうな頑固者の店ということでまずますではないでしょうか? でも積極的にリピートしたい気持ちにはなれなかったかな~。また思い出した頃にでも行ってみましょう~(^^)v

|

天ノ視点 NO,45

天ノ視点 NO,45

本格的に梅雨入りしましたか…。まだまだ晴れの日はこの後も続くのでしょうか…。

雨が降らないことによって水不足になることがとても心配です。どっと一雨ほしいところです。

Pqs402GERMAN PHYSIKS」 PQS402

ジャーマンフィシックスのフラグシップモデル。

H.A.L.1の中でも存在感は抜群!後部にある低音用エンクロージュアとジャーマンフィシックスのこだわりであるDDDユニットを二基搭載した姿は初めて見る方にとってはとても音を発する機器には見えないのでは?(事実、僕は初めて観たとき半信半疑でした)

上記にも書きましたがジャーマンの一つのこだわりである「DDD」。

DDD=「ディックス」「ダイポール」「ドライバー」の略。

水平方向完全無指向のユニットから奏でられるのはまるで草原の真中にいるような透き通った壮大感。

25cm口径のコーン型ウーファー1基と20cm口径のパッシブラジエーター2基から作られる迫力の低音は草原にしっかりと足をつけている事を認識させてくれます。

この音を始めてお聞きになった方が一聴でほれ込んでしまうのも納得行くかも!!

http://www.zephyrn.com/products/germanphysiks/pqs402.html

amano@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1  天野

|

2nd EVENT

sonus faber 新製品『Elipsa』試聴会の詳細が Elipsa_1
決定いたしましたのでお知らせします。

** 使用機器 **

ターンテーブル THORENS TD350
ユニバーサルプレーヤー BLADELIUS Gondul
プリアンプ Burmester 808 Mk5
パワーアンプ Burmester 911 Mk3
スピーカー sonus faber Elipsa

日時:7/1(日) 15:00~17:00
場所:ダイナミックオーディオ 55553階 S.A.HALL
解説:株式会社ノア 成田氏

今回はアナログプレーヤも使い
色んなソースでELIPSAの魅力を引き出そう!!
という流れで行う予定です。
アナログプレーヤーをちゃんと聴いた事がないので
いい経験が出来そう…と、個人的には思っております。

前回、ちょっとだけ展示していましたが
聴き逃した!!という方も、そうでない方も
奮ってご参加ください♪

ご予約・お問い合わせは担当:野田までお願いいたします。

3階 末廣

|

2007年6月21日 (木)

フランスの空気

どんな匂いがするんでしょうね。フランスの空気。

Aero audio Aeroは1997年フランスで産まれたオーディオメーカーです。

今、その最上位機種であるところの「Prestige SACD」が5Fにあります。

グノー?ビゼー?サティ?それともポルナレフ?ピアフ?ヴァルタン?

期間限定ですので、ご試聴はどうぞお早めに!

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 NO,44

天ノ視点 NO,44

少し個人的な話になります。

今年で僕は24歳になる若輩者です。

先日、父の日がありました。以前の「天ノ視点」でも書いた通り、僕の父はオーディオが好きです。…というより音楽が好きです。自分でギター弾きながらビートルズやサイモン&ガーファンクル、カーペンターズなんかよく歌ってくれたような気がします(小さい頃なのでうろ覚えですが)

もちろん洋楽だけではなく邦楽も歌ってくれました。時代が、フォーク全盛期なだけにかぐや姫やフォーク・クルセイダーズなど70年代の曲ばかり。今聞いてもすばらしい曲が多いです。これは、父の影響もあるでしょう。そして、これらの曲を今の録音機器と、技術でレコーディングしなおしたらどんな音楽になるのか興味を持ったことはありませんか?

この曲録音がもう少し良かったらなぁ…なんてことが!!

そんな方には、ハイこちら↓

Uuch1055 福山雅治 / FUYAMA ENGINEERIG GOLDEN OLUB BAND

僕らが子供の頃に聞いたことがあるような懐かしい名曲を福山雅治が今の録音で歌い上げます。

http://www.universal-music.co.jp/fukuyama/

|

2007年6月20日 (水)

「私のコーナー(仮)」☆TANNOY「Autograph Mini」期間限定展示

こんばんは。
先日、友人がめでたく可愛い男の子を出産し、お祝いは何にしようかと考えている、宮川です。

さて、「私のコーナー(仮)」にお洒落に渋く仲間入り致しましたLUXMAN「Neo Classico シリーズ」ですが、このシステムに、まさに打って付けのスピーカーを合わせてみました。

Autograph_mini ←TANNOY 「Autograph Mini」 (\315,000 / 税込)
私が「インターナショナル・オーディオショウ」なるものに初めて行った一昨年、その会場でデビューを飾ったスピーカーです。ティアックのブースで、小さいながらも、大勢のお客様を前に、頑張って鳴っていた印象があります。
エンクロージャーのフォルムと言い、同軸2ウェイのユニットと言い、コンパクトでもしっかり「TANNOY」です。

Area_2070620_1 ←部屋の隅に置くTANNOYならではのセッティングをイメージして置いてみました。
背面のQRD「DIGIWAVE」の効果も相当あるとは思いますが、スピーカーの存在を全く感じさせない、見事な鳴りっぷりです。こんなに小さいのに!
ギタースピーカー「D-TK10」との組合せでは、素朴な落ち着きが魅力でしたが、「Autograph Mini」の場合は、この落着きや温かみに、更に上品な艶が乗った様に感じます。ステージ感もかなり広がります。さすが、mini でもAutograph!!
このシステムは、温かく品良くまとまっています。貴婦人の音色。

TANNOYのスピーカーに、LUXの真空管アンプ・・・何だか、古き良き、ではないですが、オーディオ全盛時代の、往年の名コンビ復活、という感じです。しかしながら、このコンパクトさと、お洒落さは現代的。オーディオの今と昔の、見事な結晶です。

この「Autograph Mini」ですが、24日(日)までの、期間限定展示となっております。
またまた全く違う魅力のある、コンパクト・システムが出来上がりました。是非一度、ご試聴にいらしてみて下さい!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 NO,43

天ノ視点 NO,43

本日は、Reference CDのご紹介。

41nwzmldf5lAUDIOPHILE / VOCAL RECORDINGS

このアルバムは男女Vo.が多彩に録音されているコンフィレーションアルバム。Vo,好きにはたまらない一枚です。

特にこの中で試聴に使う曲が…

Livingston Taylor / Isn’t She Lovely

沢山のアーティストがカバーしているこの曲。歌い手の表現の仕方でどんな表情も見せてくれます。原曲は「STEVIE WONDER」。最初の娘、アイシャのことを歌ったらしい。この歌は某飲料水メーカーのCMに使われています。カバー曲も某自動車メーカーのCMに使用されるなど、とてもポピュラーなナンバー。

Livmonthphoto2 そして、Livingston Taylorが歌うと、なんともやさしく力強い!そして、どことなく寂しげな歌声に何度心動かされたことか…。

それもやはり、H.A.L.1で聞くと、Livingston Taylorの感情がそのまま入り込んでくるよう。曲の冒頭に入っているピン!と一瞬の口笛が頭の後ろ側に抜けていく感覚はたまりません。少しクールなAGのキレとノビ(リバーブ)。あくまでやさしく、しかし、曲をしっかり支えているBassの低音。比較要素が所々にあって毎回楽しませてくれる一曲です。

他にもこのアルバムには多数の名曲が入っています。どうぞお試しください。

このCDHYBRID CDです。

amano@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1 天野

|

2007年6月19日 (火)

1F特選アクセサリー中古品情報!!

Akgk1000 どうも、こんにちは。この商品をよくご存知のお客様方々より、1Fにて飾ってある展示品を御覧になって「あれは、販売してないの?」と、ご質問を受けていましたが…大変お待たせ致しました。

AKGのフラッグシップモデル AKG K1000                            販売済です。           

        特選中古品      

入荷しました!! 価格、商品の状態など、お気軽に5555 1Fまでお問い合わせください。めったに入荷しない貴重なAKGのフラッグシップモデルです。簡単にご説明いたしますと、アンプ等のスピーカー端子に直接接続するタイプです。真空管タイプのアンプと組み合わせると面白いかもしれません。とにかく他とまったく違う開放的なエネルギッシュな透明感ある音を奏でてくれるAKG K1000です。独特な音場感を創りだしてくれます。

気になった方は、こちらまでお問い合わせください。                        → shimizu@dynamicaudio.co.jp

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

2007年6月18日 (月)

H.A.L.3ショウケースより☆お勧めアクセサリー

こんにちは。
今日、昼食をとりに行きました所、注文した品がどうやら忘れられていた様で中々出て来ず、悲しい思いをしました、宮川です。(最近こういう事が多いです・・・)

さて、本日はお勧めアクセサリーのご紹介です。

beginS 「CP-1( 内径14mm×25mm / 2個1組・\5,250 / 税込)
「カーボンアクセサリー」と言うと高価なイメージがありますが、リーズナブルな価格と、多彩なラインナップが魅力のアクセサリーブランド「beginS」より、H.A.L.3お勧めの一品をご紹介致します。
Cp1Cp1_1  「ピンコードシールドカバー」。RCAプラグの先端に被せて使います。写真は試聴室での実際の使用例。プレーヤー・プリアンプ間のケーブルに使用しています。前段機器に使用した方が、効果が分かり易い様です。

そして、その効果の程は、と申しますと、これが驚くほどハッキリと違いが出ました。CP-1有り・無しの比較試聴をしてみましたが、曲のほんのさわりの部分だけで「あっ」と分かる程です。音がスッキリとして、丁度良い感じで落ち着きます。「大人しくなる」というのではなく、伸びやかな所はそのままに、綺麗過ぎて「火花」みたいだった部分が無くなった様なイメージでしょうか・・・
「ノイズが排除される、無駄な振動を防ぐ、S/Nが良くなる」というのは、なるほど、こういう感じを言うのでしょう。驚きです。

Photo_553 そういえば、当フロアではお馴染みGOLDMUNDも、カーボントップになっているものがあります。大まかには、こういった効果を狙っているのでしょう。納得。

「綺麗だけど、少し耳について、きつい部分があるな~」という時に、お試し頂きたい一品です。
お問合わせ・ご注文はメール、またはお電話にて、お気軽にどうぞ!

4F H.A.L.3  宮川 いより < iyori@dynamicaudio.co.jp >

|

VPIその後

梅雨なのに雨が降りませんね。
暑くてじめじめとした日が続いております。
明日は休みですので、明日も晴れて欲しいです。
暑いのは結構大丈夫ですので。

先日お伝えいたしましたVPI本日暇が出来まして
じっくりと視聴してみました。
感想は、情報量はしっかりしているなと、
アームも非常に動きが滑らか。
ふと見ますとアームにNordostの文字。

Photo_552




内部配線Nordostかー、と情報量の多さを納得しました。
とは言っても、詳細伺っておりませんので判りませんが、
全体的には音が厚いです。
また、こちら視聴しておりましたところ、
営業の方が来られまして、今日明日で引き上げるとの事、
次いつ会えるかは判りませんが、特徴の有る音ですので、
一度はどこかで聞いてみるのも良いかもしれません。

------------------- 中古情報 -------------------

 H.A.L.2ではHPにて中古情報をご連絡しております。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/6f/value.html

NO.311に記載ありますVerity Audio Fidelio
本日より値下げしております。

詳細はHP及び、メールにて御問い合わせください。

------------------------------------------------

東郷

|

天ノ視点 NO,42

天ノ視点 NO,42

先日の、店長川又によります「エフコン」ことFriday concert Vol,25が盛況のうちに幕を閉じました。有難うございました。次回のエフコンでは店長川又がどんなプレゼンをするのか、アシスタントながらに楽しみにしています。

G0s そして、今回のエフコンで僕が驚いたことの一つにESOTERIC / G-0sの存在。

もちろん、dCSの新製品scarlattiの基本性能はお伝えするまでもなくすばらしいものですが、イベントの進行の中に店長が見せた裏技、「Scarlatti clock」にESOTERIC G-0sRubidiumモジュール、超高精度の発振信号を入力するというもの!!

これによる音質の変化には僕だけではなく、お客様も驚きを隠せないご様子!!

思い起せばESOTERIC二十周年モデルSPの「MG-20H.A.L.1に導入したときも、彼の存在は大きかった。全体が締り、音像はよりリアルに!!まるで歌い手の口元まで見えるかのよう。マスタークロックという存在が半信半疑だった僕にとって革命的な瞬間でした。

それを今回、「Scarlatti clock」に…!!

Rubidium恐るべし!!

…結果はH.A.L.1にて皆様の耳でご確認ください!!

amano@dynamicaudio.co.jp  7H.A.L.1 天野

|

Today's lunch!! Vol.58

リピーターになるには次に食べてみたいものが見つかっているという理由もあり。前回ご紹介した本格派四川料理の店“天府”ここのランチメニューで試してみたかったのがこれ「生ホタテと青しそのふわふわ卵炒め」というもの。今日は入ってみて驚きました。お客さんがいっぱい(笑)いや、これは失礼(^^ゞ前回と打って変わって近隣の勤め人がどどっとランチにやって来るのですから当然でしょう。で、前回同様にサービスの点心が先ず出て20076162きました。このシューマイがホントに美味しい。そして、何と200円の追加で「ハーフ坦々麺」が食べられるというので、それも頼んでしまいました。 ということでランチメニュー900円に200円を加算してのランチですが、結果的には出てきた品数はご覧の通り。納得のボリュームです!! 先ず坦々麺のスープを2007618レンゲで頂きましたが、何と微妙に黒酢が入っていてちょっぴり酸味が感じられ、見た目の濃厚なイメージとはちょっと違います。そして、トッピングの青梗菜も青々して新鮮、更にチャーシューも200円メニューとは思えない本格的なもの。細麺で食べやすく、あっさりしたスープにも合います。本当に同じ坦々麺でも店によって大分違いますね~。これまでにご紹介した中では上海バール万豚記はとっても濃厚でこってりしていましたが、本場四川料理という看板のここは意外にあっさりしてスープだけでも美味しく頂けます。でも、麺はハーフというだけあって少量でしたが、その後の展開を考えるとそれでよかったかも(笑)というのは、写真の見た目よりも炒め卵のボリュームが凄いのです。生ホタテは確かに風味豊かで美味しかったですね~。今日もお代わりしましたが、二杯目のご飯を食べきれるかどうか心配になってしまいました。こんな満腹感は久しぶりです。今日は賑やかな店内で中国人の団体が大声で盛り上がっているかと思えば、私が座ったカウンターには一人で来たOL風の女性が二人も隣同士になって、年頃の女性をちらちらと視界の中に納めてランチするのも乙なもの(^^ゞあ~、おじさんですね~^_^;ということで、今日も味良しボリューム良しで満腹のランチでした!!

|

2007年6月17日 (日)

再生完了

5Fのイベント「達人の話芸を聴く」無事に終了いたしました。

Photo_551

いわゆる「オーディオ店らしく」ないイベントであり、

結構無茶かもな…と自分でも思っていたのですが、

最後までお付き合いいただいたお客様。

まことにありがとうございました。

「間」のつくりだす緊張感。

擬音の面白さ。

個々の技術が築き上げる世界。

聴くことで見えてくるものがあります。

また催し物の際にはこのブログでお知らせいたします。

最後にもう一度。

ご静聴ありがとうございました!

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

天ノ視点 NO,41

天ノ視点 NO,41

こんにちは皆様、梅雨入りが伸びたそうですね。これだけ天気がいいと気分も明るくなりますよね。

本日はご試聴希望のお客様が多く来店されました。有難うございました。中でもやはり、先日導入しましたdCS / Scarlattiはやはり皆様気になるご様子。VDRS-NEOを搭載した初の海外モデルと、元祖VDRS-NEO搭載ブランドにして日本が世界に誇るHi-End機種ESOTERIC / P-01との比較試聴は一聴の価値ありです!!

http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/496.html

Anat_ii さらに、”YG Acoustics”Voyager」。

このスピーカーはYG Acousticsがプロフェッショナル用スピーカーとして開発したもの。これまでのYG Acousticsはアルミの美しいボディーをイメージする方が多いのでは?しかし、このスピーカーはプロ用ということで黒く凹凸のある表面は7階H.A.L.1の中でも異端を感じます。しかし、音は透き通り、音源に忠実。試聴してくださったお客様の反応も上々でした。

しかも、この「Voyager」、名づけ親が、なんと、7階H.A.L.1店長川又なんです!!

元々、このスピーカーにはAnet2という名前がついていましたが、店長川又とYG Acoustics社長Yoav氏の意向で変更されることに!!詳しくはH.A.L.’s Brief Newsをご覧ください。

試聴できるのは世界中でH.A.L.1だけです。皆様、ふるってご試聴ください。

7階H.A.L.1では他にも沢山のHi-End機器が皆様のご試聴をお待ちしております。

amano@dynamicaudio.co.jp 7階 H.A.L.1 天野

|

VPI Super Scoutmaster

レコードクリーナでおなじみのVPIがこの春より、
Esoteric取り扱いになりました。
それに際し、アナログプレーヤも扱う事になりました。
現在、期間未定でVPIのアナログプレーヤを展示しております。

Vpi




VPI Super Scoutmaster 価格 1,155,000円(税込)
トーンアーム JMW-9 Signature 付属/カートリジ別売り
http://www.teac.co.jp/av/import/vpi_indu/vpi_att0705.html

EastPassiveにてデモを行っております。
カートリッジはマイソニックラボ、エミネント
不定期ですので、気になっていましたお客様は御早めに。
モーター部分が独特の構造になっております。

TEAC Esoteric:VPI

-----------------<イベント情報>-----------------

■LINN LP12 SE Systemによる音楽鑑賞会■

日時6月23日(土曜日) PM1:00~PM2:30
場所 6F HAL2
進行 私とLINN JAPAN 山口氏と楽しくLPを聴いて頂く。
定員 10名位。

一番の興味はKEEL+TRAMPOLIN2による期待度。
当日は、LP12+EKOSを1台用意致します。
もう一台は、LP12(KEEL+TRAMPOLIN2装着)にEKOSを取り付けて
一聴して判断できるものと思います。
特に、LP12オーナーはこの機会に体験されてみてはいかがでしょうか?
メールにてご連絡をお待ちしております。

連絡は東までお願いいたします。
mailto:azuma@dynamicaudio.co.jp

--------------------------------------------------

東郷

|

「私のコーナー(仮)」☆真空管オーディオシステム「NEO CLASSCOシリーズ」展示開始!

こんにちは。
まるで真夏の様な暑さの週末の秋葉原、こんな日は海にでも出掛けたくなってしまう、宮川です。

さて、「私のコーナー(仮)」に久し振りに新製品が仲間入り致しました。

Neo_classico←LUXMAN 「Neo Classicoシリーズ」
CDプレーヤー「D-N100」(\126,000)
真空管プリメインアンプ「SQ-N100」(\189,000)
※価格は全て税込

LUXMANより、コンパクトでお洒落なオーディオシステムの登場です。
ここ最近、各メーカーは小型システムを続々リリースして来ておりますが、ここはさすがLUXMAN、真空管プリメインでのシステムになっております。時流に乗り、スタイリッシュでコンパクトなシステムを提案しつつも、長年携わって来た「真空管」を採用する辺りが、オーディオメーカーとしての心意気を感じます。

Sq_n100 プリメインアンプには、MM対応のフォノ入力が搭載されており、トーンコントロール機能もございます。写真はアンプのフロント部分ですが、右側の二つがトーンコントロールのつまみ、その下のボタンはラインストレート・スイッチです。左側は入力切替のセレクター。デザイン的にも、シンプルでカッコイイです。
プレーヤーはCD専用機となっており、30曲までのプログラム演奏が可能です。

Area_2070616_2 真空管らしい、優しく落ち着いた、陰影を感じる音色です。弦や女性ヴォーカル等を、ゆったりと静かに、深く聴きたい、という感じでしょうか。「私のコーナー(仮)」では、右側のスペースで、DALI「TOWER」やオンキョーのギタースピーカー「T-DK10」と合わせてしっとりと鳴らしております。一体型の方は、どちらかと言うと、シャキッと元気な現代っ子システムですが、こちらは少し渋めな大人の音、という感じです。タンノイの「Autograph mini」などを合わせても、良さそうです。
トーンコントロールもついていますので、曲によって調節が可能なのも嬉しい機能です。

聴いていると、心が穏やかになりそうな癒し系システム。雨の続きそうなこれからの季節は、こんな音楽と共にお部屋で過ごす、というのもアリなのではないでしょうか。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

お買い得品情報

買って半年も経たないパソコンが急に壊れました。
心優しい上司がノートパソコンを貸して下さったので
何とかこうしてブログを書けるわけですが…。

今日はお買い得品の情報をお伝えしたいと思います。

Qavl
QUADRASPIRE QAV-L   
旧タイプのモデルなので奥行きがあります。
中古品なので状態の気になる方はお問い合わせ下さい。

S400
JBL S400WG+STAND
こちらは展示品です。生産完了品なので
これを逃すと買えないかも…?!

Turnberryse
TANNOY TURNBERRY/SE
こちらも展示品ですが、展示してからの日が浅く
状態も良いと思います。

Ps1500
ESOTERIC PS-1500
こちらも展示品となります。

気になるお値段と他の商品達はコチラでCheck!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/3f/okaidoku.html

その他、お探しの中古品などございましたらコチラまで
お問い合わせください。

3階 末廣

|

« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »