« 2007年6月3日 - 2007年6月9日 | トップページ | 2007年6月17日 - 2007年6月23日 »

2007年6月16日 (土)

天ノ視点 NO,40

天ノ視点 NO,40

昨日は、店長川又によります「エフコン」こと「Friday Concert」が催されました。

今回の「エフコン」は…

◇“Friday concert”Vol.25 dCS vs ESOTERIC Comparison system Vol.1◇

と題しまして、「dCS Scarlatti」を主賓に迎えての比較試聴になりました。

Dcs_4 やはり、話題の機種ということもあり総勢23名と沢山のお客様にお越しいただきました。

目玉は、元祖にして「Scarlatti」と同じくVRDS-NEOを搭載したESOTERIC / P-01との比較!!同じドライヴを搭載した機種でもこれほどの音の違いが現れるとは…!!

もちろん、どちらが優れているという表現はしかねる両名機ですので、皆様の耳でP01_1 お確かめください。

CSVerdi Encore」「Elgar plus」「Verona」との比較や、G-0sを用いての検証…etc盛り沢山の2時間にお客様はご満足の様子。今回も僕は例のごとく、お客様に混じって店長のプレゼンを聞き入ってしまいました。

Encool_1Scarlatti」は引き続きH.A.L.1にてご試聴いただけます。

本日は30度を越える夏日となりました。「梅雨ってもう明けたの?」「いやいや、昨日入ったばかりですよ」この会話を本日3回ほどしました。確かに、今日は暑かったですね!!

そして、天ノ視点が40回目になりました。こんなブログを40回も書いていたと思うと…。精進します…。

amino@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1 天野

|

Today's lunch!! Vol.57

梅雨入りしたのに晴天続き…(^^ゞ猛暑の夏という予報で水不足が予想されるという今年は適当な雨が降ってもらわなければ困るのですが、こればかりはどうにもなりません。土曜日のアキバは日中から強い日差しで食欲減退のシーズン? いや、「腹が減っては戦はできぬ」のたとえ通りランチは重要です!! と言いつつ、何を食べようか迷ってしまうのが常。リピーターになってもいいなと思っていたToday's lunch!! Vol.55でご紹介した秋葉原駅前プラザビルの入り口まで来て、数日前と同じランチメニューを見上げてどうしようか~? と迷うことしきり…。このビルのテナントで入ったことのない店は…? そうだ、ここにしよう、ということで6Fへ。20076164本格派四川料理の店“天府”ここのランチメニューが目新しく見えて入ってみることにしました。 週末だというのにがらがら(笑)いや、これは失礼。秋葉原の街中はえらい人出なのに、大きなビルの中に限ってこんなに空いているというのはUDX・クロスフィールドと同じ現象なのでしょうか? 入ってみると、窓際の半個室で円卓を囲む英語圏のツーリストの団体さんがいて、20076161私の座ったテーブルの隣では中国語で話しているのだからインターナショナルなことは間違いない。座ってメニューを見ていると注文もしていないのに蒸し器に入ったシューマイがサービスです、ということでいきなり出てきた。 メニューは豊富で興味深い料理もいくつかありましたが、ここは四川料理の王道「陳麻婆豆腐」の定食を注文してみました。サラダ・スープ、ザーサイがついてライスはお代わり自由というのがうれしいです。20076162で、甘めのドレッシングのかかったサラダとサービスのシューマイがこれ。実は、このサービスだというシューマイが中々美味しい。 夜だったら間違いなく単品で注文したくなるような味でした。私は地元の中国料理の店で昔「料理の鉄人」に登場したシェフがいる“知味斎”には休日に家内といっしょにランチを食べに行くことが多く、麻婆豆腐といえばこの店の味が一番気に入っているもの。そして以前にもToday's lunch!! Vol.30では土鍋麻婆豆腐というのを食べたことがありました。果たして、陳建民の伝統の味とはいかなるものか!? と待っていると出てきました!! ぐつぐつと音がする大きな土鍋というか土皿!?20076163 いや~、この大きさと真っ赤なラー油がぐつぐつと音を立てている迫力はーに私はちょっとたじろいでしまいました。凄いボリューム、しかも辛そう^_^; これにご飯とスープが付いてきました。スープはコーンスープにかき卵が入っているもので甘さもありしょっぱさもあるという感じ。しかし、今回は完食できるだろうか、とさすがの私も心配になってきました。地元のお店“知味斎”では家内とランチを二つ注文して二種類の料理を分け合って食べるので麻婆豆腐も半分ずつなので適量なのですが、このボリュームは私にとっても大変なもの。一口食べると美味い!!しかし、辛いー!! (T_T) 麻婆豆腐の辛さをご飯で薄めて食べているような感じで、とてもこれだけは食べていられません。まあ、ビールがあったらそうではないでしょうが(^^ゞ ご飯もお代わりをもらい、何と水のお代わりは四杯も頼んでしまいました(笑)いや~、満腹です!!ここではランチメニューで目新しいものもあり、リピートしてもいいかな~と思いました。でも、麻婆豆腐はもういいかな~(笑)

|

本日開催です

Tm_ms_3 パブロ・カザルスのチェロ

バーデン・パウエルのギター

徳川夢声の語り

今日と明日の17:00~18:00

ダイナミックオーディオ5555の5Fにて開催しております。

ご予約は必要ありません。どうぞお気軽に覗いて行ってください。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

ユニバーサルアームの情報です。

ハイエンドショウにて参考出品しておりました。
GyroDecのアーム情報が入りましたのでご連絡です。
REGAのテクノアームとは別に7月頃予定で、
ユニバーサルアーム換装タイプの発売予定との事。
写真は下記になります。

Gd001
Gd002_2 Gd003



Gyro SE/UNV(ユニバーサルアーム)
*アームは最終形ではございませんので、
多少変更の可能性ありとの事です。

型番:ポールスター・PS-UNV(仮称)
スタティックバランス型トーンアーム
全長:約305mm
実効長:228mm
有効長:212mm
オーバーハング:16mm
オフセットアングル:23°
針圧調整範囲(直読):0~3g
アームベース取り付け中心径:Φ21~22mm
付属ヘッドシェル重量:15g
総重量:約600g

インサイドフォース、アームリフター付き、

価格:予価¥16万前後(本体価格、税抜き)
発売予定:H19年6月末~7月上旬

製品価格(PS-UNV搭載モデル)
 GyroDec/UNV 予価¥53万~54万(本体価格)
 GyroSE/UNV 予価¥46万~47万(本体価格)

またこちら、アームだけの単売可能との事です。
最近現行のユニバーサルアームのラインナップが
あまり有りませんでしたので探していた方は御一考されてはいかがでしょうか、
製品に付きましての詳細は上記しか判っておりませんので、
詳細判りましたら追々ご連絡いたします。

東郷

|

2007年6月15日 (金)

天ノ視点 NO,39

天ノ視点 NO,39

本日、ここ7H.A.L.1では、店長川又によります「エフコン」こと、「Friday Concert」が開催されます。今回も、僕はアシスタントとして参加させていただきます。

今回は…

◇“Friday concert”Vol.25 dCS vs ESOTERIC Comparison system Vol.1◇

と題しまして、あの「dCS Scarlatti」を主賓にお迎えしての公演となります。

H.A.L.1でも導入以来、試聴希望の方が後を絶たないほど注目されているこの「Scarlatti」をシェフ川又がどのように調理し仕上げたのか!今回のメインタイトルとなっております「Scarlatti Transport」と同じく、また、店長川又が名づけたVRDS-NEOを搭載した「ESOTERIC P-01」との比較!こちらも見どころとなっております。

加えて!同じく、「dCS」のリファレンス機種である「Verdi Encore」「Elgar plus」「Verona」。この三機種との比較もあるとか…。…楽しみです…。

しかも、今回の「エフコン」はこれだけでは終わらないみたいですよ!!後日の天ノ視点にてレポートしたいと思います!!

http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/

http://www.teac.co.jp/av/esoteric/p01_d01/index.html

今回は仕事を忘れないように集中してアシスタントしたいと思います!!毎回、演奏を聞き入ってしまってしまうんですが…。

最近、暑くなってきましたね。先日、お休みを頂いた際に、千葉の浦安にある某テーマパークに遊びに行ってきました。一日中外にいたせいで腕や顔が日焼けで真っ赤になりました。最近、店内にこもりっきりなので余計に…。

それでは、また。

amino@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1 天野

|

1F特選ヘッドフォン新着中古品情報!!

26ce5297f26de2bd2881   2209b78ff3f314188a20 どうも、こんにちは。本日入荷仕立て、新着中古情報です。まずは、「ULTRASONE PROLINE 750」です。1台限りの入荷です! こういった中古良品は、すぐ2、3日で売れてしまうので、本当に、早いもの勝ちの世界です。少し前に、Edition9がリリースされ注目され、気にかかったお客様も数多くいらっしゃったと思いますが、このPROLINE 750は、そのEdition9の前作Edition7の技術を投入した完全密閉型のヘッドフォンです。

メーカー定価¥42,000(税込)→                                中古価格¥19,800(税込)SHC会員価格¥18,857(税込) 販売済 

つづいては、コンデンサー型タイプ 一般の音楽ファンから、海外のスタジオ、放送局等のエンジニアさんからチェロ、ヴァイオリン等のアーティストに至るまでたくさんの支持ファンを持つ「STAX」の中古情報です。007s  

STAX SR-007 (OMEGAⅡ)                    究極の繊細感、力強さでは、世界一のヘッドフォンかもしれません。

メーカー定価¥194,250(税込)                                 中古価格¥115,500(税込)    販売済                       SHC価格¥110,000(税込)    

Srm717_1

STAX SRM-717                           A級動作、ピュアバランスDCアンプのドライバーです。 

メーカー定価¥126,000(税込)                     中古価格¥59,800(税込)    販売済                               

       SHC価格¥56,952(税込)

にてご提供中です!! 今でも昔、この組み合わせで、初めてSTAXを聴いた時の驚きと音の感動は、消えず残ってます。そんな素晴らしいめったに出ないこのSTAXの組み合わせを見逃す手は、ありませんよ。父の日のプレゼントにも良いかもしれません。

追記 ※ 上記、中古3点の商品は、即日完売致しました。 

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

イベントのご連絡です。

イベント第二弾の概要が決まりました。
コンダクト上田社長と「音楽を楽しむ」を目的に、
前回の「ビートルズ」に続き、今回は「プログレ」となりました。
最新のハイエンド機器でプログレをとことん聞こうとの事
セッティングも機材もとことんやります。日程は7月8日
詳細が決まりましたら、再度ご連絡いたします。

話は変わりますが、コンダクト上田社長
鎌倉のラジオで企画を組み、プロデューサー兼DJで、
1時間ほど番組をやられているとの事、
明日の特集は「プログレ」、御興味がある方は是非とも、
面白いおぢさんですので。

で今日、話をしていましたら、
上田社長、北九州の某所での先輩だったことが発覚。
今回であそこの出身者に会うの3人目だよーとの事。
ものすごくピンポイントな場所なので、かなり驚きました。
今日はおかしな昼下がりでしたが、
第2弾イベントもお楽しみに。詳細は後日。

東郷

|

Today's lunch!! Vol.56

休み明けの金曜日はメールが溜まっているので何かと忙しく、また今日はエフコンの準備もあったりしてランチタイムはついつい遅くなってしまいました。で、どこに行こうかと思っていたら、一昨日に食べた炒飯が事の他美味しかったので、今日は手早く済まそうとあまり考えずに上海バールへと向かい、さっさと注文したのが「ネギとひき肉チャーハン」でした。一昨日と同じものを食べに行くなんて…、と思いつつも実はそれだけ美味しかったという事。チャーハン対決としてはToday's lunch!! Vol.16で“万豚記”とここをよく比較しますが、“万豚記”でのネギチャーハンは本当にネギとご飯が同量ではないかと思わせるほどネギがたくさん入っていました。2007615 そして、“万豚記”ではワケギというか万能ネギというのか細いネギが濃厚な風味でしが、今日のチャーハンは長ネギを千切りにしたものが入っていて程よい風味でした。そして、ひき肉というのが凝っていて、少し甘辛に煮込んで味付けしてあるようでした。それがチャーハン本来の塩加減と相反する旨味が口の中で交じり合って食をそそります。一昨日はとても美味しかったので今日は大盛りで頼んでしまいました。(^^ゞリピートしている店でもメニューによって感動あり、ということで速攻の更新でした。さあ、今夜のイベントに備えてエネルギーが充電できました!! がんばらなくっちゃ~(^^ゞ

|

2007年6月14日 (木)

セッティングさらに変更中

先日のブログに付いて、何したの?
と、若干反響がありまして、聞かれるとじらしたくなる性分ですが、
あまりじらしてもしょうがないので、詳細をお伝えいたします。

先日、単線の細いスピーカーケーブル(BlackRhodume:T-90)

T90




を見つけましてSONICS Allegriaにサブウーファーを足してみました。
元々サブウーファー用の細い線を探していたってのもありまして、
東、推奨は細い単線のケーブルが一番との事、
そそくさと、お客様が少ないのを良いことに、作業を進めまして、
(暇なのはあまり良くないのですが、天気が天気ですし。)
セットアップ完了しております。
サブウーファーはAcustik-Lab Stella Novusを使用
以前、東にセットアップのコツを伺いましたところ、
要約すると、エロい音との事でした。←勝手な解釈です。
ゴメンナサイ判らないですね。
つまるところ、低音を追加する機械ですが、
サブウーファーが鳴っております的なセッティングではなく、
そこにサブウーファーがあると感じさせずに、
無いと寂しい、そんなセッティングがベストとの事。
要約すると、そう言う事です。

いつも驚かされますが、ちょちょいとセッティングを決め。
「聞いてみて」の一言、これが経験の差なんだなと思いつつ、
いつもながらスゲーです。

イベントが近づいてきましたので、再度告知です。

-----------------<イベント情報>-----------------

■LINN LP12 SE Systemによる音楽鑑賞会■

日時6月23日(土曜日) PM1:00~PM2:30
場所 6F HAL2
進行 私とLINN JAPAN 山口氏と楽しくLPを聴いて頂く。
定員 10名位。

一番の興味はKEEL+TRAMPOLIN2による期待度。
当日は、LP12+EKOSを1台用意致します。
もう一台は、LP12(KEEL+TRAMPOLIN2装着)にEKOSを取り付けて
一聴して判断できるものと思います。
特に、LP12オーナーはこの機会に体験されてみてはいかがでしょうか?
メールにてご連絡をお待ちしております。

連絡は東までお願いいたします。
mailto:azuma@dynamicaudio.co.jp

--------------------------------------------------

東郷

|

天ノ視点 NO,38

天ノ視点 NO,38

以前にも書きましたが、オーディオのあり方について。

最近、オーディオをインテリアとして考える人が増えているそうです。

特に若年層(20代)の方に…。家具をそろえるように、オーディオを揃える。

ご自宅の雰囲気に合わせたコーディネートを。

実際、僕も最近オーディオを本格的に始めようと考えている所ですが、今ひとつピンとくるものが無く…というのも、もちろん予算の関係はありますし、音でもなるべく良いものを選びたい。そして、部屋の雰囲気を崩さずに…。

例えば、マッキントッシュ / MVP861→マッキントッッシュ / MA2275JBL / 4428

ウッドスタイルのお部屋と合わせて80年代USAを思い浮かべるようなイメージで…

http://www.mcintoshlabs.jp/

http://www.harman-japan.co.jp/product/jblhome/4428.html

例えば、ESOTERIC / SZ-1ESOTERIC / AZ-1PIEGA / C3.

メタルで近未来な雰囲気を演出。

http://www.teac.co.jp/av/esoteric/sz1_uz1_az1/index.html

http://www.piega.jp/products/pro_ts3.html

…しかし、僕は、ここ7H.A.L.1に展示してあるESOTERIC / MG-20を何とか低コストで使いこなしてみたいと思っているんですが…。 

悩みますね…。

梅雨に入りましたね。これからこんな雨の日が続くわけです。洗濯物が干せないですね。

梅雨が明ければ、夏本番!!ですよ!!皆様、心と体の準備はよろしいですか?(僕はまだできていません)

では、今日はこの辺で…。

amino@dynamicaudio.co.jp 7階 H.A.L.1 天野

|

2007年6月13日 (水)

セッティング変更中

九州は梅雨に入ったそうですが、先日電話がありまして、
梅雨入り宣言の後、一度も雨が降ってないそうです。
そしてこちらは、強烈な雨と、猛烈な暑さ、
環境がーどうとか言い出しそうなネタですが、
そんな年もありますって事で、行きましょう。

以前お伝えしましたSONICS Allegria大変好調ですが、
不在時にまたセッティング若干変更になっておりました。
不在の度に微妙に判るか判らないかの変更に対して、
音が格段に良くなる為、毎回驚かされます。

Pas002Pas001_1




左が現在、右が以前のセッティングになりますが、
お判りになりますでしょうか?
今回は若干前に出し内振りに、それだけ。
スピーカーが消え、音の抜けがスッキリと、
前回と比較しますと、音像の広がりはタイトに、
低音の量感が出過ぎていた所が納まり、
中低域がスッキリとストレス無く出てくるようになりました。
部屋に対して最適な位置にスピーカーがあるんだなと感じております。
さらにちょっとしたイタズラもしてますので、詳細は後日。

東郷

|

1F最新ヘッドフォン情報!!

K414p_ph どうも、こんにちは。今回は、前シリーズも好評だったAKGのK26PをベースにしたNEWモデル「AKG K414」のご紹介です。基本的にベースになったヨーロピアンなデザインは変わらず、試聴にて再生した音の感じも、このミニヘッドフォンタイプのこの価格帯では、バイオリン、チェロなどの弦楽器を美しく、ジャズヴォーカルなんかも色気のある表情をしてくれます。SOUL、ROCKなどを再生しても力強いエネルギーある低域を鳴らしてくれます。気になる方は、ぜひ!一度ご来店にて御試聴ください。

07bedt440e_a001   07bedt660e_a001   07bedt860e_a001_1 今度は、beyerdynamic Headphone の2007年NEWモデルのご紹介です。写真左からDT-440、DT-660、DT-860Edition2007モデルは、デザインも,前シリーズを、さらに一新したNEWデザインとなっています。高いインピーダンスだった今までのモデルと比べ、インピーダンスも35Ωに設定されており(NEWモデル全機種)ポータブルでも充分な駆動力と音を再生してくれます。試聴した感じでは、DT-440Edition2007が、力強いエネルギーを持った低域が特徴に感じました。その上のDT-660Edition2007は、もう少し密度が濃く、音場感も1ランク上がり、低域も強めではないですが、充分な力感を持っているのが特徴です。最後のDT-860Edition2007は、DT-440とDT-660のモデルの特徴の良さを集約した素晴らしい音場感を創り、音楽の世界に引き入れてくれます。古くからのbeyerdynamicのHeadphoneのデザインを知っているものにとっては、以前の古く、味のあるクラシックなデザインもとても懐かしいですが…。

ぜひ、一度お気軽に遊びに来る感覚で御試聴にいらしてください。お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

2007年6月12日 (火)

perfume

オーディオとは一切関係ありませんが
最近『この部屋、良い匂いするけど何か使ってるの?』
とお客様に聴かれることが多いので、使用してるものを
ちょっとだけ紹介します。

O_fs_eivy_l2_1

いわゆる匂い袋というやつですね。
私はフレグランス雑貨が好きで、部屋に置いたり
集めたりしているのですが、その中の一つを持ってきて
使っています。
香りの系統は一言で表すとフローラル系なのですが
調べてみたところジャスミンとすすらんのブレンドとの事。

香りはかなり強めなので香りに敏感な方にはお勧めできませんが
香水などが好きな方は一度試していただきたい一品です。

好きな香りに包まれて、好きな音楽をお気に入りのオーディオで
聴く。なんていうのも素敵だなって思います。
ちょっと、こじつけっぽいですかね…?
でも、自分にとって心地よい空間で聴く音楽はまた格別だという
思いは本物ですので。。。

興味のある方は『サシェ』で検索すると
色々な種類の物が見れますのでお試しくださいネ。

3階 末廣

|

期間限定展示☆ESOTERIC「MG-10」

こんばんは。
本日は珍しく二度目の更新をしている、宮川です。

Mg10 さて、先程のブログにてお知らせしておりました、新しく届いた展示スピーカーというのは、こちら。
←ESOTERIC「MG-10」(\420,000 / 税込)
専用スタンド「STD-MG10」(\210,000 / 税込)

ブランド創立20周年記念モデルであり、ESOTERIC初のスピーカーシステムです。 最大の特徴は、新開発のマグネシウム振動板を搭載している、という事です。

Mg10_1 Mg10_2←背面の円形スピーカーターミナル部分。バイワイヤリング対応で 、中央下の端子はアース線を接続する場合に使用します。ジャンパーケーブルは付属品です。Yラグ・バナナ両方に対応していますが、Yラグは内径8ミリのものをお使い下さい。
シングルで接続する場合は、メーカー推奨の方法としては写真の様な、HF(高域用)端子での接続です。(VIVID「B1」と同じですね。)

Mg10_3 ←セッティング後の比較試聴エリア。
本日は悲しい事に、お客様が少なかった為、セッティングには非常に専念する事が出来ました・・・・
試聴しては動かして・・・を繰り返し、タイムリミットも迫り、「ここの辺りかな・・・」という微妙な感じが、写真の位置です。後程、我が上司に手直しして貰う箇所が多々有るでしょう・・・

ESOTERICのスピーカーだけあって、スピード感や解像度はさすが!という感じです。一音一音がクッキリハッキリとクリアで明るく、定位もしっかりしています。濃厚さや湿度感はあまり無いのですが、透明感あふれる、活きの良い音色、という感じがしました。

金曜日までの、期間限定展示となっております。
日本が誇るプレーヤーブランドの雄、ESOTERICのスピーカー、ご試聴希望の方はお早めに!

4F H.A.L.3  宮川 いより.

|

Today's lunch!! Vol.55

梅雨入りが例年よりも遅くなるというニュースもあり、今日の東京は本当にいい天気です。今朝は恒例のウォーキング、まあ~散歩ですが一時間ほど歩いてきたのでランチタイムには健康的な空腹感が…。昨日の反動ではないですが、こんな日はご飯をしっかり食べたいと思いながら、頭の中であれこれ考えてもここだ、という店が浮かばない。では、今まで一番行ったことのないところを目指そうということでJR秋葉原駅前まで出かけました。どこ20076124かというとここ、Today's lunch!! Vol.1で紹介した秋葉原駅前プラザビルという飲食だけの建物。ここは久しぶりです。入り口の各フロアーの案内を眺めていると「牛の炙りステーキ定食」ご飯のお代わり自由!! というのが目に付きました。早速エレベーターで9階までノンストップで上がると… と、いきなり夜景の写真ですが、これはリンクのために貼り付けたものです(^^ゞそこは私も初めて入りました火楽 ~Karaku~ 秋葉原店とな。20076121 どどーんと景観が開けましたが、こちらの方が昼下がりのアキバというもの。数日前にはお向かいのヨドバシカメラまで行ったな~なんてことを考えながらメニューを念のために確認していました。しかし、ここの女性スタッフは皆さんハキハキしていて、接客態度もいいし容姿も中々いいし気に入ってしまいました(^^ゞ私が行くのはランチタイムのピークを過ぎた頃なので、客数はそれほど多くなかったで20076123すが、私の二つとなりのテーブルにいたOL三人組の一人が中々の美人で、どうしても視線がちらちらと行ってしまうのには困ったものです^_^;  夜のメニューも見せてもらいましたが、シンプルな料理が適度な価格で飲みに行っても良さそうな感じです。さて、注文してから最初に出てきたのは山盛りのおしんこと何やらとろろ芋のような小鉢。そして「牛の炙りステーキ定食」の本体が^_^;が別のお盆で運ばれてきました。つまり、一度に盆に乗せられないということか。さて、この写真の左上が山盛りのおしんこ。あっさりと塩もみした程度でキャベツ、きゅうり、カブなどがたっぷりで、20076122おしゃれで上品なサラダよりも食べ応えがあるものです。右上の小鉢は何かと尋ねるとご飯にかけて召し上がってくださいという。これは何ですか~と尋ねると若くてチャーミングな女性スタッフが「自然薯です」という答え。でも自然薯はもっと粘りが強いはずだけどな~、と私が言うと後ろからちょっぴり年上の女性が「ダシとミソでのばしてあるんですよ」というフォローが入る。なるほど~。さて、味噌汁もご覧のように大振りのお椀でたっぷり、これを最初に頂いた。わかめ、油揚げ、もやしが入っていて白味噌仕立てであっさりしたもの。出足は中々。そして、ステーキ…。でも脂がしたたるという感じではなく「炙り焼き」ということで淡白な食感で味付けはほとんどなし。小鉢に大根おろしが入ったタレがあったのですが、これがまた甘口で私にはどうも…^_^;で、女性スタッフに塩をもらって自分で味付けして食べてしまいました。しかし、この山盛りおしんこはいいですね~。ご飯を食べる合間に口に運ぶとさっぱりして食が進みます。お肉が半分も残っているのに一杯目のご飯はなくなってしまい即お代わり~(笑)二杯目には自然薯をかけて二度美味しい!! お腹にもたれる脂分で満腹というものではなく、野菜が多く全部食べ終わったらさすがの私もお腹一杯です。そして、この店はBGMに中国の楽器、二胡の演奏が流れていますが、食事中にロックグラスに氷といっしょに注がれた濃い緑のお茶が出てきました。これはなに? と尋ねると「中国の茶葉茶です」ということで、濃厚な緑茶を冷たく頂いてお口直しとなりました。そして、ありがたいことにテーブルには灰皿もあり、久々に新規開拓で当たりの店を見つけました。自然食で健康的な満腹感というか、しっかり落ち着けるランチでしたね~。ここはリピーターになってもいいです!!(^。^)

|

H.A.L.3・本日の試聴室☆07/06/12

こんにちは。

何だか今日は、梅雨は本当にやって来るのだろうか・・・と思わせる様な気候です。水不足は困りますが、子供の頃から、夏の到来はわくわくして来ます。

この様な日は、スカッとしたサイダーの様な、あの音色が聴きたくなります。
070612←VIVID AUDIO「B1」 。GOLDMUNDのプリ・パワーとSONYのプレーヤーで鳴らしています。
かけるソフトは、透明感のあるヴォーカル「EDEN」。外の暑さを忘れさせてくれます。

つい先程、新しい展示スピーカーが届きました。(実は、本体の方は週末に到着していたのですが、スタンドが無くて展示が出来なかったのです)
これから、組み立てとセッティングをしようと思っております。メーカーさん曰く、なかなか曲者のようなのですが・・・頑張ってみます。

時間が間に合えば、本日中にまた、ご報告出来ればと思います!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年6月11日 (月)

天ノ視点 NO,35

天ノ視点 NO,37

「オーディオラックの必要性」

良い音にする為の人間の探究心は果てが無い。トランスポートやアンプ、はたまた、DACやマスタークロック、ケーブル、そしてスピーカー。音に直接かかわるこれらの重要性が高いことはほぼ素人の自分が見てもわかります。まだ、この世界に足を踏み入れて間もないわけですが、彼らは僕に価値観を180度変えてしまうほどの驚きを体験させてくれたからです。それこそケーブル一本にしても何千円~何百万円の違い。材料や技術、情熱に雲泥の差があり、良いケーブルで音を鳴らしたときの幸福感はオーディオの面白さを僕に教えてくれました。

そして、先日、上司の手伝いでお客様のご自宅に配達&セッティングに伺いました。以前にも一度お邪魔させていただいたお宅でした。今回は、オーディオボードのセッティングということでした。

例のごとく、アクセサリーによる音質の変化に対する疑心暗鬼を抱きつつ…。

以前よりお客様はQUADRASPIREの横に長い二段のラックをお使いでした。今回は同じくQUADRASPIREの横に短い四段のラックに変更。そして、パワーアンプの下にMUSIC TOOLS/ISOstatic floorampを新規導入。作業は順調に終わったものの、セッティングにお客様、上司ともども必死のご様子。僕の入り込む余地はありませんでした。そして、全作業終了。

まず、見た目にも美しいMUSIC TOOLS/ISOstatic floorampを導入したことで、高級感が以前より格段にでて、横長のラックに比べて、すっきりとして無駄が無い!!これぞ、機能美!!そして音も、以前の印象より低音にしまりがでて、音像がはっきりと聞こえて、トランペットの音色がなんとも気持ちよかったです!!またしても仕事を忘れて音楽に聞き入ってしまう天野でした。

ラック一つとっても種類の数は数え切れないほどあり、それぞれに特徴があり(一つ一つを聞き比べしたわけではありませんが…)より良い音を生み出そうとして、オーディオボードにこだわる皆様の気持ちがわかったような気がします。

amano@dynamicaudio.co.jp  7階 H.A.L.1 天野天ノ視点 NO,37

|

Today's lunch!! Vol.54

20076111今日は朝から曇り、そして小雨模様、昼過ぎには快晴というめまぐるしい天気の東京です。さて、今日はどうしようか?このメニューを見て、もうお解かりのように久しぶりにosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へ行ってみました。ご飯をしっかり食べたいという日が続きましたので、この辺で馴染みではあれど20076115未体験の料理を食してみたいという思いで雨の中を歩いていきました。さすがに今日はランチタイムが一段落する一時過ぎと言えども空いていましたね~。cameriera大枝さんに言うと私が近場のとんかつ屋さんに行っていた昨日はもっとお客様が少なかったということでしたが、アキバの繁華街からちょっと離れていますから雨の日は大変ですね~。さて、今日は何にするか? ペペロンチーノも良さそうだが、お肉料理のCセットにしよう!!と早々に注文は決まりました。前菜は「豆とチコーリアのフリッタータ」でした。これ前にも食べた覚えがあるな~、と思ったいたらToday's lunch!! Vol.48で以前にもご紹介していました。20076112 さっぱりしている、というよりもお料理そのものには味付けは殆んどしていないので、ひんやりしたフリッタータをソースに絡めて頂くというもの。チーズとトマトベースのソースが何とも涼感がありさらっと食べてしまいました。東京ではこれから入梅というシーズンでイタリア料理での季節感というと展開がなかなか想像出来ませんが、出てきたお肉料理「地鶏胸肉のポリート」を先ず20076113 見た瞬間になるほどね~、と感心してしまいました。ツナソースということは大枝さんから聞いていましたが、まさかこんなお料理とは予想していなかったのですが、一口食べて直ぐにわかりました(^^ゞ中華料理でもありますが、これ俗に言う“蒸し鶏”のイタリア版というもの。蒸した鶏の胸肉を冷やしてソースをかけたものでした。しかし、このツナソースがぴったりで食欲をそそり、バージンオイルをからめて頂くと正に未体験の味!! いいですね~、これからのシーズンにぴったりです!! 結局パンもお代わりしてお皿に残ったソースをきれいにパンで拭き取るようにして完食しちゃいましたー!! (^^ゞ20076114 こうなるとデザートの季節感はどうなるんだ!? と楽しみにしていると出てきました!!「マスカルポーネのセミフレッド」というもの。平たく言えばアイスケーキか!? セミフレッド? 半凍結? デザートなのにナイフとフォークが添えられました。では…と、ほんのちょっぴりフォークでこそぎ落として口に入れると…。お~、そういうことですか!!(^。^)これは多分カップかセルクルに中身を詰めて凍らせてから型抜きしたものでしょうが、お皿との間にはビターチョコレート、上半分にはコーヒーの風味がありシャキシャキっとして半分凍っています。これはナイフがないと切れないほどですが、下半分のマスカルポーネのほんのりした甘さを辛口チョコとシャーベット状のコーヒー風味が混じり合ったところをカラメルソースと一緒に食べると「あ~、幸せ~」(^^ゞという感じ。なるほど!!これから本格的な夏場に向けてもイタリア料理のお楽しみはいっぱいというランチでした(^。^)

|

2007年6月10日 (日)

天ノ視点 NO,36

天ノ視点 NO,36

湿気が多いですね…じめじめしますね…布団が干せなくて困ってます。すぐにカビが生えてしまいますから…。

さて、H.A.L.1 Brief Newsや天ノ視点で少しご紹介した。製品です。

dCS / Scarlatti   Transport  ¥4,150,000

                         DAC          ¥2,930,000

           ・Clook         ¥1,350,000

その金額もさる事ながら奏でる音は7階H.A.L1のスピーカーとベストマッチ!!ちなみに今はMOSQUITO NEOにて演奏していますが、ご要望がございましたら、事前にご連絡いただければコンホーネントのセッティングを変更いたします。お気軽にご連絡ください。

Photo_549

Photo_75  オウムガイとオリジナルノーチラス。

  

 お恥ずかしい話なんですが、未だにオリジナルノーチラスの音

 を聞いたことが無いんです……。

 

 N800シリーズやDシリーズは何本か試聴したことがあるんです

 けど…。配達やセッティングそお手伝いの際、お客様に聞かし

 てください!!…の一言がなかなか…汗。

 

 …というよりH.A.L.1にもあるんですよね…今度、機会があっ

 ったら店長にお願いしてみよう!と前向きな天野です。

 

来たる6・15(金)は上記したdCS / Scarlattiを用いたイベント「エフコン」こと、「Friday concert」があります。今回も恒例のごとく僕もアシスタントとして参加させていただきます。

店長がdCS / Scarlattiをどのように鳴らし、他の機材との比較にどんなコメントをするのか!!

楽しみですね!!

さて、本日は夕方から上司のお手伝いでお客様のご自宅にセッティングに出かけてきます。以前にもお邪魔させていただいたお客様なのですが、本日はどんな音を聞かせてくださるのか、こちらも楽しみです。では、本日はこの辺で!!

amano@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1 天野

|

Today's lunch!! Vol.53

今日は天気予報が見事に当たって昼ごろから雷雨になった東京です。こんな日は近場で済ませようと思いつつ、デスクワークが長引いてランチタイムが遅くなってしまい空腹の絶頂(^^ゞ今日はしっかり飯を食いたい!!(笑)ということで、ご飯が美味しい店でボリュームのあるものを食べようと思い立ったのがこの店。Today's lunch!! Vol.2で紹介している“とんかつ冨貴”に行くことにしました。もう、この店とは15年目のお付き合いで、新規開拓で失敗するよりはなじみのアレを食べたいという時に行きます。創業何十年などと看板の歴史を語るにはちょっと庶民的過ぎるかな~(笑)という雰囲気ですが、何と今年で開店40周年だとか!!今日は二人の女将さんの妹さんのお嬢さんがお店を手伝いに来ていました。お年頃のお嬢さんですが、ずっと前に私が行ったことを覚えていて下さったとか。今日のランチもブログにアップしますから、前回のもいっしょに見てくださいね~と名刺をお渡ししてきました。で、今日は何を注文しようかということは前もって決めてありました。何といっても、この店のメニューは全部食べ尽くしているので行く前から食べたいものが決まっています。近場のとんかつ屋さんでもう一軒、良く行くのがToday's lunch!! Vol.12Today's lunch!! Vol.45でご紹介した「まる五」ですが、このVol.12で紹介していた「ロースソテー」と同じソテーがこちらにもあります。お値段は1,550円と庶民的ながらボリューム満点。2007610 さあ、出てきたのがこれです!! 味付けは昔から知っているので今更感動ものということはありませんが、お袋の味という感じて早速ばくばく食べ始めました(^^ゞ昔はこのソテーでどんぶりめしをお代わりしたものですが、さすがに近年はほどほどに…(笑)でも、しっかり満腹になって幸せ~という感じ。さて、話は変わって話し好きな女将さんですが、開店以来の40年間で無銭飲食、食い逃げはあったのかと質問してみました。「あら~、そう言えばそんなお客さんはいなかったわね~」と泰然としたお答え(^^ゞそうでしょうね~、この雰囲気だったら悪いお客さんは来ないだろうな~と、Vol.12の最後に述べていることを思い出しました。そうです、友達のお母さんにご馳走になってしまったようなものですから(^。^)

|

« 2007年6月3日 - 2007年6月9日 | トップページ | 2007年6月17日 - 2007年6月23日 »