« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »

2007年6月 9日 (土)

天ノ視点 NO,35

天ノ視点 No,35

本日、H.A.L.1に例の彼らがやってきました!!

そうdCS / Scarlatti!!

しかも、Trans port / DAC / ClockScarlatti一式!!

本日はお客様が多く見えられていて僕自身、まだ音をしっかり聞いてない状態です…。しかし、お客様や店長の反応は上々ということで楽しみにしています。

Photo_546

Photo_547

Photo_548

さて、話は変わりますが、僕もそろそろオーディオをしっかり始めようかなと空想を立てている今日この頃です。…といっても、もちろんH.A.L.1にあるような機材は買えませんが、オーディオショップの店員になってから得た知識と先輩や上司のアドバイスを聞きながら試聴に試聴を重ねて吟味していこうかなっと考えているわけですよ…。

そして、いくつか候補が上がっているんですが…

Mg20_pair_1ESOTERIC / MG-20

これまでの天ノ視点でも触れてきたここ7H.A.L.1にも展示してあるMG-20ですが、

この音は\700,000の音ではないっすよ。これが自宅にあったら寄り道しないで帰れそうですよね。しかし\ 700,000ですからねぇ…

    

TANNOY / Autogrh mini

Autograph_3言わずと知れたAutogrh:nの小さいモデル。彼らが展示してある頃に一度試聴したことがあります。そのサイズからは想像できない幅の広い音を僕に聞かせてくれました。

…っと悩んでいるわけですが、まだまだ僕の知らない機材があるはずだ!!オーディオ探しの旅に出ている天野でした。

|

夜配レポート☆SYSTEM7&GOLDMUNDシステムを聴きに・・・

こんばんは。
先日、久々に美味しい日本酒と泡盛を堪能致しました、宮川です。

何故、日本酒と泡盛を堪能する事が出来たか・・・。
当フロアのお得意様・練馬区のO様宅へ、我が上司がサウンドチェックにお伺いするとの事で、私も勉強の為&「聴いてみたい・・・」という訳で、連れて行って貰ったのですが、その時に、O様がお持て成し下さり、ご馳走になったという訳です。(もちろん電車で行きました。)

O_1_5 ←O様のシステムです。
O様は、当フロアHPのお客様訪問記「ちょっとおじゃましま~す」にも、過去2回、ご登場頂いております。その頃との大きな変更点は、「イルンゴのボードが、ラックとパワーアンプの下に追加してある」という点と、「スピーカーとの間にQRD・DIGIWAVEを設置してある」という点です。

Osystem7 O_4 私は、以前の音を聴いていなかったのですが、イルンゴで足回りを固めた事で低域の量感と厚みが増して、スピーカー中央のルームチューニングが加わったという事で音が上手くほぐれて耳辺りも良く、立体感が出て来た、という様な変化ではないのでしょうか?QUADRASPIERのラックのポール部分も、あまり締め付けないようにして、開放感を出している、との事です。

ややもすれば、「綺麗だけれども少しキツめ」という傾向になりがちなシステムだと思うのですが、高域は品良く響き、低域はほど良くシッカリと、とてもエレガントなシステムにまとまっていた印象がありました。LP12で聴かせて頂いたアナログは、本当に心地良い音楽でした。

O_2_1 美味しいお酒とお食事の後、デザートまで頂きながら、明かりを落としてムーディーな雰囲気の中、最後に聴かせて頂いたのが、お馴染みの徳永英明の「VOCALIST」。 Ocd
この日は本当に、五感フル稼働で、楽しませて頂いてしまいました・・・
O様、今回は誠に有難うございました。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

Today's lunch!! Vol.52

一週間ぶりの更新です(^^ゞその間は以前にご紹介した店ばかり行っていたので新ネタがなかったような…。まあ、同じ店でもよほど感動的な料理があればいいのですが、ちょっとその気力が起きなかったようで…<m(__)m> 最近は早起きしてウォーキングしているので朝食が美味しく、勢いランチタイムの空腹感も健康的になってきました(笑)何も考えずに食事に出かけると、店の前の歩道に出てから右に行こうか左に行こうかと考えてしまうこともままあり、土曜日の今日はどこに行こうか、と出かける前に情報収集をしました。で、何か今まで味わったことのない味はないものかとwebで探して…そうだ!!と思いついたのがこの店。ちゃぶ屋 とんこつラーメン CHABUTONです。ランチ前のウォーキングとばかり駅の向こうまで歩くことにしました。入梅前の曇り空ですが、相変わらず人出が多いアキバです。ヨドバシカメラの8Fに行くには5号エレベーターがお薦め。なぜかと言うと、他のエレベーターは地下6階まで含めて往復しているので待ち時間が長い。でも5号6号のふたつは1Fから8Fまでの専用運転なのです。そして、この店はエレベーターを降りて左手に直ぐあります。店員さんに一人です、というと食券を買ってくださいと言われ、webで調べておいたので注文は決まっていました。普通のラーメンとチャーシュー丼の二つに即決!! そして、案内されたカウンターへ。しかし、さすがにここはインターナショナルですね~(^^ゞとなりに座った若い女性ふたりは中国語、目の前のカウンターには白人と日本人が英語のやり取り。となりのテーブルでは外国人の団体さん。エレベーターの中では恐らくベトナム人のカップル、などなど。そうこうしていると、注文の品が出てきました!!200769 まずスープから…、うんいける!!美味い!! 私はラーメンは好きですが、そればかり食べ歩きして色々な店との比較でどうこう言うほどのことはないのですが、この店のスープは美味しかったです。トッピングも数種類ありましたが、初めての店であれこれ乗っかったものを食べてもオリジナルな味がわからないので最初はスタンダードな選択で。麺は細麺でちょっと固めの茹で具合。トンコツながらあっさりめのスープにマッチしています。チャーシューは見た目大きくても薄切りの方でとろける感じで淡白な味付け。右側にあるのは「チャーシュー丼」で特製のタレがかかっているというもの。麺だけでは物足りないので追加しましたが、まあこちらはほどほどというか想像の範囲内でした。そして、ふと見ると隣の中国人の女性二人は私と同じラーメンを注文したものの、見ているとカウンターにあった餃子用のラー油をどと~と入れてスープが見えないくらいに真っ赤にして食べていました^_^;まあ好き好きですが、若い女性でもお国柄があるんだな~と思ってしまいました。アキバにもラーメン屋さんは数ありますが、豚の背脂を振り掛けるようなところはちょっと濃厚すぎるので好きではありませんが、この店のスープはいいです!! でも、夕方にはお腹かが空いてしまいました(笑)消化がいいということでしょうか。ではまた次回にご期待下さい。

|

2007年6月 8日 (金)

天ノ視点 NO,34

天ノ視点 NO,34

季節の香りがします。食べ物や花々ではなく…(影響はあるかもしれませんが…)家から出た時や、街中を歩っている時にふと感じる香りってありますよね?

それがもう夏の香りになりましたね。嬉しいやら悲しいやら…

最近、一日が早く感じます。気が付けば日が落ちている…なんて日が多々。気が付けば一週間が過ぎ…一ヶ月が過ぎ…。もっと一日を大切に過ごさねば!!と一人、思っている天野です。

Goldmund_1

オーディオの世界も日々進化です。常に良い音を求めて次々に商品開発が繰り返されています。ですが、急いだからといって良い製品が作られるわけではなく…H.A.L.1にも展示してある「MIMESIS 24ME」や「TELOS 2500」などを作り出した「GOLD MUND」では開発に少なくとも三年はかかるそうです。つまり、今日開発がスタートした製品は皆様の手に渡るまで三年以上かかるということです。三年あれば、今年高校に入学した方は大学生や専門学校生に、早い方は社会人になっているかもしれません…汗。

それだけ手間をかけた機材が悪いはずがありません!!

といっても、オーディオの世界ではなにも新しいモノがすべて良いわけではなく過去の名機として今でもファンの心を虜にして止まない機材も有ります。「TANNOY / Autograph

モノーラル時代の1950年代に誕生したコーナー型スピーカーの象徴的存在。コンパウンドホーンと呼ばれる特殊なエンクロージャー構造をもつシステム。誕生から半世紀以上経った現在も多くのユーザーがおり、その人気は衰えない。  -Stereo sound NO,160より

22autograph

|

H.A.L.3・本日の試聴室☆07/6/8

こんにちは。
いつご来店頂いても、新鮮さを失わないフロアを目指しているH.A.L.3。新展示品やルームチューニングの変化など、日々変わるフロアの様子をなるべくリアルタイムでお伝えすべく、何か有る度にこのブログ上で、お知らせしたいと思います。

070608 ←現在の試聴室です。大分スッキリとしていると思いませんか?
以前までは正面後ろに展示しておりましたスピーカー達を、両サイドに並べております。メイン・スピーカー背面のQRD効果が絶大である、という事は、そこにある他のスピーカーの影響も受けるに違いない、という事で、思い切って片付けてみました。

音もスッキリとして、広いステージを感じることが出来ます。

070608_1 ←メイン・スピーカー背面の上部。
こちらも、スカイラインとBADの位置を入れ替えながら、ベストポイントを探っています。この部分は、本当に意外な事に、何かを変える事による変化率は非常に高い様です。本日は端のBADとスカイラインを入れ替えてあります。

Hegelcdcdp2amk2Hegelh200←後日談になってしまいましたが、昨日まで展示しておりましたHEGELのCDプレーヤー「CDP2A mk2 」とプリメイン「H200」。 軽やかで粒立ちの良い、厚みのある音色、という印象でした。新製品の様で、詳細はまだ分からないのですが・・・

Lindemann820s ←LINDEMANN「820S」(\2,079,000 / 税込)。新製品のSACDプレーヤーです。本日までの展示となっております(明日以降は3Fにて展示しています)。スッと落ち着いていながら透明感のある、「大人な雰囲気」の音色を感じます。

また、どこか変更している点もあるかもしれませんが・・・週末のご来店、お待ちしております。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年6月 7日 (木)

イベントに向けて

日曜日に行うイベントに向けて、使用機器が搬入されました。

*STRATOS*
Dsc00725_4

本当はもっと美しい色合いなのですが、残念ながら
私の写真をとる技術が無い為、3割減の見た目で写っています。
個人的に好きな色なので、間接照明の中に置いて
ぼんやり眺めたいなぁ…なんて思ったり思わなかったり。

肝心な音はといいますと、メーカー担当者曰く
『3時間くらいは期待はずれの音しか出ないよ~』
との事。……3時間は待てない…。
という事で1時間半程で聴いてみました。
暖かさと強さが共存しているような印象でしたが
アンプが温まればもう少し優しさが出るのでは・・と
思います。(あくまで予想ですが)
どんな音になるのか乞うご期待!!

ちなみに、イベントは予約制となっておりますので
参加ご希望の方はコチラまで♪

3階 末廣

|

天ノ視点 NO,33

天ノ視点 NO,33

朝方の雨が嘘のように良い天気ですね。少し蒸し暑くなってきそうですね…。

今日はお勧めソフトのご紹介です。

JENNIFPhoto_3ER HUDSON / AND I AM TELLING YOU I’M NOT GOING

DREM GIRLS」と言う映画をご存知ですか?

女性三人組が紆余曲折しながら夢を追いかけていく感動ストーリー。その中でBEYONCE KNOWLESEDDY MURPHYなどそうそうたる出演者がいる中、一際その歌唱力が輝いていたのが「JENNIFER HUDSON」。彼女の肉厚のある歌声が無くてはこの映画はB級映画だったかもしれません。とても、新人には思えない存在感。これからの彼女に期待大です!!

そして、彼女のソロ曲「AND I AM TELLING YOU I’M NOT GOING」。

DREM GIRLS」のサウンドトラックに収録されているこの曲は、彼氏、はたまたパートナーに見捨てられるシーン、彼女が「待って…」「行かないで…」「あなた無しでは生きていけないの」と醜くも心の底から愛を歌うバラードナンバー。ハンカチ無しではスクリーンが見えなくなってしまうかもしれません。

…といっても、実際、映画館で観た僕は泣きませんでした…汗。しかし、H.A.L.1にてこの曲を聞きました。

彼女の気持ちや音楽が作り上げた彼女の表情は、僕の中に流れ込んできて、思わず涙腺が弛んでしまいました…。恐るべしピュアオーディオ!!

|

2007年6月 6日 (水)

達人の声を聴く

「徳川夢声」をご存知だろうか?

と僕が言うのも変な話で、というのも僕が生まれたころにはもうとっくに亡くなってしまっていた人物なんですよね。

徳川夢声(1894~1971)

島根県出身。

無声映画時代の弁士であり、漫談師であり、俳優としても知られている夢声は、

日本で公共電波にその声をのせた最も古いひとりです。

その話術における、独自の“間”は聴くものを幻想の世界へと誘います。

夢声のライフワークであったのが、吉川英治原作の「宮本武蔵」の朗読です。

5Fでは新潮社によるこの朗読のCD全集(全20巻・CD77枚・¥228,000)をご用意しました。http://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/830121/ 

今回はその中から

第十巻「霧風」

第十四巻「仮名がき経典」

などを選びとって聴いていただこうと思っております。

Tm_ms_2

616日(土)17日(日)の二日間

17:00~18:00 5555 5Fにて

「達人の話芸を聴く」

戦闘シーンの緊張感はもちろんのこと、

人情溢れる場面でも「声の力」を思い知らされます。

最新の機器はこの達人の技をどう表現するでしょうか。

当日はAVANTGARDE「NANO」を中心とした組み合わせで再生する予定です。

みなさんお気軽に覗いてみてください。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

天ノ視点 NO,32

天ノ視点 NO,32

暖かくなりましたね。もう、ジャケットはクローゼットの中にしまいっぱなしでよろしいでしょうか?昨日、お風呂からあがると暑かったのでエアコンをかけました。そして…そのまま極寒の夢の中へ…

こんな過ちは二度と繰り返したくないものです。皆様もお気をつけください。これからの季節これが原因で体調を崩される方が多いようですから…。

H.A.L.1に明日、待ちに待ったあの機材がやってきます!!

dCSScarlatti」!!

H.A.L.1の「H.A.L.’s Brief News」でもご紹介のとおり、金曜日のイベント「Friday concert」にて使用する機材です。店長がイベントまでやってしまうこのシリーズはまたきっと僕の度肝を抜いてくれることだと思います。(過去何度も抜かれたように…)

しかし、明日はまだ音が聞けないんです…涙…と言いますのも、シェフ川又が明日はお休みを頂いてる関係で調理することができないんです…。楽しみは後にとっておきますか…

http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/scarlatti-transport/

http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/scarlatti-dac/

http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/scarlatti-clock/

と、この頃、新しい機材が少しずつ入ってきます、その度に心躍らせている天野です。

すごいですね!!…世界中にこんなにオーディオを楽しんでいる人がいて、それ以上に機材の種類があって、それでも満足できない人たちがより良い音を求めつ続けるかぎりH.A.L.1は…オーディオの世界は進化し続けるんですね…。

天ノ視点のカテゴリーができました。嬉しいかぎりです。ですが、より皆さんにH.A.L.1をお伝えしなくては!!と、自分を奮い立たせている天野でした。

amano@dynamicaudio.co.jp  7階 H.A.L.1 アシスタント 天野

|

1Fアクセサリー情報

07bedtx50b_a001どうも、こんにちは。今回は、ダイナ5555 1Fより、インナータイプ・ヘッドフォンで注目商品のご紹介です。それは、beyerdynamic DTX 50 です。IPOD、mp3などのポータブル機器などに最適な密閉型インナータイプ・ヘッドフォンです。 確かbeyerdynamicは、戦前からの古いメーカーさんで、ことヘッドフォンに関しては長い歴史と伝統があり、記憶にも懐かしい2002日韓W杯で使用されたとも聞いています。そういった世界規模の大会で使用が認可許可されるには、それなりの信用と信頼性と音質の良さがあります。この密閉型インナーもイヤーパッドが、シリコン製となっており、通勤、通学の間にも、耳に密着し周囲の環境音を遮断してくれ、装着感の快適なタイプです(イヤーパッドも大中小あり)。独自の筐体設計により 重低音の再現力を高め、力強く量感ある低域から繊細な高域まで充分な性能と音場を誇っています。色も写真のようにブラックとホワイトの2種類あります。07bedtx50b_a002                                            ぜひ、一度お気軽に遊びに来る感覚で御試聴にいらしてください。お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

イベントのお知らせ

これから夏にかけましてHAL2では折を見て、
イベントを行っていこうと考えております。
本日は第一弾、先日もお伝えしました
LP12 SE Systemの視聴会になります。

-----------------<イベント情報>-----------------

6月23日(土曜日) PM1:00~PM2:30 開催致します。

■LINN LP12 SE Systemによる音楽鑑賞会■

一番の興味はKEEL+TRAMPOLIN2による期待度。
当日は、LP12+EKOSを1台用意致します。
もう一台は、LP12(KEEL+TRAMPOLIN2装着)にEKOSを取り付けて
一聴して判断できるものと思います。

日時6月23日(土曜日) PM1:00~PM2:30
場所 6F HAL2
進行 私とLINN JAPAN 山口氏と楽しくLPを聴いて頂く。
定員 10名位。

特に、LP12オーナーはこの機会に体験されてみてはいかがでしょうか?
メールにてご連絡をお待ちしております。

使用機器予定
JBL     DD66000MA
Boulder   2008
Boulder    1050 or GlassMaster SD2.0
GOLDMUND   MM22SIG
LINN         LP12 SE System or LP12 System

連絡は東までお願いいたします。
mailto:azuma@dynamicaudio.co.jp

--------------------------------------------------

まだ始動して日の浅いLP12ですが、日に日に機械が馴染み
その性能を発揮しつつ感じます。
イベント開催時には最高のコンディションで
お客様をお迎えできると思います。

東郷

|

2007年6月 5日 (火)

H.A.L.3試聴室これで良いのか・・・~ルームチューニング編・part3~

こんにちは。
関東地方の入梅がいつ頃かが気になり始めている、宮川です。(梅雨は湿気で髪がうねるので・・・)

さて、細かい所を微調整しながら、見た目・音色共に日々変化を続ける、当フロア試聴室ですが、今回も細かく変化しております。

Photo_542 _2_13 070605 ←ここ最近の修正点は、主にこの正面上部です。写真は、左側より古い順で並んでいます。一見、そう大きな変化では無い様に思えますが、聴いてみると驚きです。

背面の、更に上となると、そう大きな影響も無さそうに思えるのですが、実際はこの部分で大きく左右されていたものが、「臨場感」「ステージ感」です。
中央にスカイラインを持って来た場合と、BADを持って来た場合では、音場の広がりが全く違っていました。現在はスカイラインが中央に来ておりますが、こちらの方が、音が左右まで回り込んで来るステージ感がある様です。BADですと、平面的に広がり、落ち着いた感じになりますが、スカイラインでは立体感が増す、という所でしょうか・・?面白みが出るのがこちらかな、という感じで、今の所、この様な形で落ち着いております。

最初にディフラクタルを一枚追加した時は、情報量が圧倒的に増え、スケールも広がりましたが、その分温かみが減って、中低域が抜けている感じになってしまいました。パッと聴きは華やかなのですが、長時間聴くと疲れてしまう感じだったのでしょう。しかしながら、このルームチューニングにピタッとはまる音楽やシステムもあったりして、非常に面白かったです。この辺りは、意外な発見の連続でした。

今有るスケール感を保ちつつ、前後の奥行や温かい音色、もう少し貫ける高域・・・などという様に、段階的に課題をクリアしつつ、今だ試行錯誤の最中ですが、何となく、私にも、我が上司がどの様な音色を作り出したいのか、分かって来た気がします(・・・なんて言うと、偉そうですね)。

ルームチューニング、恐るべし、です。

今回、このQRDも絡めたイベントも行います。大場商事様ご協力の下、評論家の小原由夫氏にご講演頂く予定です。
まだ、お席には余裕がございますので、興味のある方は是非!試聴室がどの様になっているかを実際にご確認頂いて、多くの方のご意見を伺いたい、とも思っておりますので・・・

厳しいご意見を頂戴したい所存で御座います。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年6月 4日 (月)

H.A.L.3☆イベント情報・pat1

こんばんは。
髪を切ってさっぱりしている、宮川です。

さて、H.A.L.3では、これから夏に向けて、イベントを企画中でございます。
まだ構想中のものもございますが、決定次第、順次ご報告致しますので、興味のある方は奮ってご参加下さいませ。

早速、イベント第一弾のお知らせです。

◆WILSON AUDIO「SYSTEM8」とQRDの魅力◆

・日時:6月30日(土) / 午後1時~午後3時
・場所 : 5555 4F【H.A.L.3】試聴室
・進行:オーディオ評論家 小原由夫 氏
・定員:20名様(先着順とさせて頂きます。)

当フロアの王様 WILSON AUDIO「SYSTEM 8」と、ルームチューニングはこの存在無しでは語れない「QRD」。
実力・魅力共に、当フロアでは十二分に認められているこの両製品ですが、今回は、輸入代理店・大場商事様のご協力の下、オーディオ評論家の小原 由夫氏をお迎えして、新たな観点から語って頂こうと思います。

小原氏は、元々ヴィジュアルの評論で著名な方でしたが、最近ではピュア・オーディオの方でもご活躍されており、また違った視点でのお話が伺えるのではないでしょうか。

お問合わせ、お申し込みはメール、またはお電話にてお願い致します。
ダイナミックオーディオ5555:03-3253-5555(4F 島宛て)
メールアドレス:shima@dynamicaudio.co.jp

皆様のお申し込み、心よりお待ち申し上げます。奮ってご参加下さいませ!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 NO,31

天ノ視点 NO,31

ESOTERIC

日本が生んだ世界に誇るオーディオブランド。言わずと知れたその名前は、「奥義」や「秘伝」

また、文学などでは「深遠な…」「難解で…」の意味を持ちます。その名の通り、最先端と技術と鮮麗されたデザイン、音への果てしない探究心は聞き手の心を掴んで放しません。

事実、世界中のHi-END機器が集うここ7H.A.L.1でも「ESTERIC」ブランドは外国の機器と並んでもまったく見劣りしません。それどころか、専用ブースができてしまうほどですから…。その「ESOTERIC」が二十周年記念モデルとして出したスピーカーがMG-20」。

価格こそ¥700.000ですが、奏でる音は一級品。是非、ご試聴を…。

過去、日本のブランドが成し得なかった領域を越えた「ESOTERIC」を日本人として誇りに思うと共に、これからもオーディオ界の向上、お客様の満足の為に進化して行くことを、不束者の僕が言うのも恐れ多いですが、期待して止まないです。

話は変わりますが、今回「天ノ視点」は三十一回目になりました。

「31」という数字を聞いて何か思い浮かぶものはありますか?掛布雅之の阪神タイガース現役時代の背番号(僕が阪神タイガースファンという事ではありません)

他にも三十一文字(みそじひともじ)と言って、短歌の五七五七七をたした数字なんです。

そこで一歌。

「はかなくも心に響くは音の道、長きを歩むオーディオイズム」

お粗末様でした。

amano@dynamicaudio.co.jp   7階H.A.L.1  天野

|

巨礫

806 Boulderの新型パワーアンプ「860」が5Fにやってきました。

期間限定の展示です。

Boulderはコロラド州にある都市の名前ですが、

どうもboulder〔巨大な岩〕のイメージがあるのです。

しばらくこのアンプの素性を探っていこうと思います。

つづく

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2007年6月 3日 (日)

FIRST EVENT 告知

S.A.HALL初☆イベントを開催いたします。

『STRADIVARI  meets  STRATOS』

Stradivarihomage_2使用予定機器
スピーカー sonus faber Stradivari Homage 税別定価 \5,500,000
パワーアンプ HOVLAND STRATOS 税別定価 \5,500,000
プリアンプ HOVLAND HP200 税別定価 \1,280,000
SACDプレーヤー LINDEMANN 820S 税別定価 \1,980,000
アコースティックパネル LABORATORIUM Flexum 税別定価 \250,000(1枚)

日時:6/10(日) 15時~17時Image_2
場所:ダイナミックオーディオ 5555 3階 S.A.HALL
解説:(有)アッカ 木村氏

尚、今回のイベントは予約制とさせていただきますので
ご希望の方は担当:野田までお申し込みください。

今回のラインナップでのイベントは、予てから当HALL オーナー・野田と
メーカー担当の間でやってみたい!と思われていたもので
遂に実現する事となりました。どんなイベントになるのか??

イベントの予約・お問い合わせは3階 野田宛にお願い致します。
TEL 03-3253-5555 mail:noda@dynamicaudio.co.jp

3階 末廣

|

天ノ視点 NO,30

昨日、自家製カレーの話を書きました。昨晩、食べました。一晩…二晩寝かせたわけですが、作りたてには出せないまろやかさがたまりませんでした。

しかし、少し怪しい香りも…汗。

Photo_1Photo_2

H.A.L.1の機材にも一晩エージングをとった機材があります。

ESOTERIC X-01 / G-0s / MG-20 

Acoustic Plan  Siter

上記のシステムを昨日新たに組みましたので、昨夜は一晩中エンハンサーディスクをかけていました。一つ一つを馴らして…全体を馴らして…じっくりことことと…耳に入る瞬間を楽しみに。オーディオのそういうアナログ的な所が好きです。手間ひまかけるとより良い音になる。そして、自分の音にしていく。

そして、今日、早速聞いてみました!

個々の特徴は崩さず、全体のまとまりが出ました。小さな変化ですが、この小さな変化にかける手間がオーディオの醍醐味ですね。

「天ノ視点」が30回目を迎えました。毎回、新人天野からみたH.A.L.15555、オーディオの世界をつたない文章でなんとなく皆さんに伝えています。これからも…いえ…これからはもっと深くこの世界を皆様に伝えていければ幸いです。よろしくお願いします。

amino@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1 天野

|

LP12 SE System

LINNのアームとサブシャーシアームボードが、
アップグレードしました。EKOS/SE KEEL
先日より新たに入荷したLP12を、ほんとにこれで良いのかいな?
(KEEL取り付けに本体を結構バラバラにします。)
とか言いながら東がセットアップしておりましたが、
針を落とした瞬間、何だこれは???みたいな
LP12ファンからすれば激変に近いものがありますが、
良い!盤に針を落として、片面聞き入ってしまいました。

Lp121 Lp122 Akiva_1




LINN LP12 SE System Total \2,840,250

EastPassive(小部屋)に展示してありますが、
エベレスト(JBL DD66000)でも聞きたいなと東が言ってましたので、
不定期でEastActive(大部屋)にあるかもしれません。
とにもかくにも、とりあえずはこの音を体験してみてください。

東郷

|

Today's lunch!! Vol.51

2007634  この週末は好天に恵まれた東京です。中央通りの歩行者天国は大変な賑わいで、色々な人達がお出ましになっていました。ドラえもんの着ぐるみを着ているおじさんもいましたが、さすがに写真を撮る気持ちにはなれませんでしたね~(笑)どこへ行こうかと悩む日曜日ですが、結局あれこれ選べるUDX・クロスフィールドに向かうことにしました。すると…2007631何やらイベントをやっているらしい。KONDOとは何ぞや!? どうやらロボット屋さんらしい。面白そうだとのぞいてみたら大の大人たちが一杯。というより子供より大人ばかり(^^ゞまあ、私も自宅ではこんなロボットを作っているので人のことは言えませんが^_^; 二足歩行のロボットがホビーとして盛んになってきましたが、専門店も増えてきたようです。そのロボットを持ち寄ってのサッカーもやってましたね。2007632 ラジコンのプロポを手にした人たちが真剣な表情で競い合っていましたが、ロボットの動きはユーモラスでありながら中々思うようには行かないようで、やはり動作を人工知能がコントロールできるようにならないと人間の小手先だけでは中々自然な動きにはならないようです。私が作っているロボットはアクションよりもコミュニケーションが出来るのが特徴で二足歩行ではなく三つの車輪で動くもの。温度センサー、赤外線センサー、音波センサーなどが搭載されていて自立走行したり会話をしたり出来ます。まだ完成は遠いですが、まあ余暇の楽しみとしてちまちま作っています。そんなイベントの人だかりを眺めていると、ある異様なものが…!!2007633 これはロボットではないです(笑)男性が持つリードの先でちょろちょろと動く動物が。あっという間に女の子たちに取り囲まれて「かわいい~!!」の連呼(笑)飼い主の男性は、これがご満悦というか関心を引くことが楽しいのでしょうか。これなんでしょうね~? おこじょ、テン、ミンク、のどれかと思いますが、可愛いのは私も認めます。でも、万一首輪が取れたり暴れて逃げ出したりしたら絶対につかまりませんよね~。ロボットと小動物にめぐり合った珍しいランチタイムです。そうそう、肝心なランチはどうするのか!? と上を見上げて… 。2007634_12007635このアキバスクエアから見上げるとモダンな外観の一角がありますが、そこの二階部分は外観と全く逆のイメージのレストランが入っています。 下町の洋食屋“須田町食堂”です。なんともレトロという入り口ですが、中に入るとモダンな外観の壁面ガラスと大きな窓になっていてインテリアはちぐはぐした感じ。実は、この店は以前にも一度入ったことがありますが、今日は日曜日にしては珍しく他の店が満席というところが多く、空腹も手伝ってボリュームのあるものを食べたいと思ってしまいました。案内されたテーブルの隣では私が注文しようかと思っていたカツカレーライスを食べている若者がいて、その料理を横目で見ていたら食べたい気持ちが薄れてしまいました。(^^ゞ2007636 それでメニューとにらめっこして決めたのが「地鶏のソテー」とランチセット。スープとサラダとライスが付いて1,480円というもの。まあ、いいか~、ということで出てきたのがこれ。最初の一口目でソースの甘さに参ったな~、と思っていたら、食べていくうちに次第に気にならなくなってきました。独特なソースでしたね~。でも感動した、というほどではなく、つつがなくランチを食べ終えたという感じ。でもな~、価格対比で言うと神田の裏通りにある古くて小さな店構えの洋食屋さんの方が安くて美味しかったような気がするな~。ということで、リピーターになりたいという気持ちにはなりませんでした。明日はどうしようかな~(笑)

|

« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »