« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »

2007年6月 2日 (土)

天ノ視点 其ノ弐拾九 …TEN-NO-SITEN NO,29…

天ノ視点 其ノ弐拾九 …TEN-NO-SITEN No,29

一昨日作ったカレーがそろそろ良い感じに熟成されているわけです…楽しみなんです。

あぁ…今日は水道水ではなくミネラルウォーターで米を炊きますか!!少し硬めにしてみましょう。あ…らっきょうを忘れずに。オプションにサラダがよろしいですかね?お酒は…置いといて…。後は相方がいればパーフェクトなんですが…。

と、こだわっていると何かに似ているような…。

オーディオですよ!!

先日より、鳴らしているESOTERICシステムのブースに変化がありました。

ESOTERIC / X-01 Limited

   

ESOTERIC / G-0s

Acoustic Plan / Siter

ESOTERIC / MG-20

     ケーブルは引き続きESOTERIC製品を使ってます。

MG-20以外はすべて変わっています。アンプもESOTERIC / AZ-1Acousic Plan / Siterに変えてみました。こちらもかなり調子良く歌っています。全体の広がりや音像の定位は以前より増しているように感じました。加えて、今回は豪華にもESOTERIC / G-0sの導入です。G-0sはマスタークロックのHi-END機器ですね。お恥ずかしながらG-0sの効果を今日、初めて体感しました!!こんなにも変わるものなんですね…機器のワールドシンクを精密に合わせえる機材と…正直?でしたが体験してしまいましたから…。

音楽全体がぐっと締まり、より生々しさがでました。特にボーカルに変化がありました。(あくまで天ノ視点ですので…)G-0s恐るべし!!ですよ。

是非、ご試聴ください。                  

天野でした。

|

生産完了になります。

sonus faberがお好きな方に悲しいお知らせが…。


『CREMONA』

Cremona_4   

『CREMONA auditor』

Cremona_auditor_1

『CREMONA』と『CREMONA auditor』が生産完了になります。
現在メーカーにある在庫がなくなってしまったら新たには手に入りません。
CREMONAい~な~と思っていた方、いつかは…とお考えだった方。

迷ってる暇はありません。

迷ってしまったらコチラまでご連絡を…。

後になって「あの時買っておけば・・・」とならないようにお気をつけくださいネ。

因みにセンターとサブウーファーは無くなりません。

3階 末廣

|

2007年6月 1日 (金)

縁の下の力持ち

本日は概ね晴天みたいです。
先日は帰宅時に大雨と、ビチャビチャになりまして。
最近何かと天気の話題が増え、季節の変わり目なんだなと考えつつ
ネタが無いのがバレナイものかヒヤヒヤですが、
それはさておき、EastPassiveのご紹介。

Kalista_1




KalistaのオプションSilentBaseが届きまた。
(Kalista専用ベース)
セットアップ完了しております。
オプション扱いになっておりますが、
基本セットだよこれは、ってのが感想で、
まさに縁の下の的な、驚きました。
あまり大げさに書くと嘘っぽくなりますので、
是非とも視聴に訪れてください。低音が違います。

東郷

|

天ノ視点 其ノ弐拾九 …TEN-NO-SITEN No,29…

天ノ視点 其ノ弐拾九 …TEN-NO-SITEN No,29

本日、僕は5F CS5555の佐藤が休みをいただいてる関係で5Fを担当させていただいております。なかなかない経験なので、この際、5Fのシステムを存分に楽しんでみようと思っているわけですよ…。

5F CS5555はトールボーイ形&ブックシェル形スピーカー主体、これらを複数の機材にてご試聴いただけるフロアーになっています。入って右手奥には5F佐藤のrecommendedスペースがあり、JBL / 4338Avantgard / NANO等が元気よくなっています。

実は、本日は7階H.A.L.1のイベントFriday concert vol,26の開催日です。今回もアシスタントとして参加します。

『アナログの可能性はどこまで行くのか!!

先日、展示を始めましたSpial Groove System SG1GrahamEngineering Phantomを使って川又店長がどんなプレゼンをしてくれるのか!!とても楽しみですね!!

6月1日という事で本日より衣替えですね。普段から室内にいる僕はあまり変化ありませんが、学生の皆様や制服を着ている方々は気分一転して半袖ですね。爽やかに初夏のやさしい穀風をお楽しみ下さい。

昨日、家に帰ってからカレーを作りました。夏野菜のかぼちゃや茄子などをふんだんに入れて…と思ったんですが…なんだかんだ迷っていたら普通のカレーになってしまいました…泣。つ…次こそは!!http://mogu.pupu.jp/natusin.htm

7階 H.A.L.1 天野

|

Today's lunch!! Vol.50

Today's lunch!! Vol.48でもご紹介しているosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へはわけあってしばらくは行けそうにないので、今週最後のお楽しみということで行ってみました。いや~、その甲斐あって新メニューが登場していましたね~(^^ゞ2007611 パスタは食べていましたがお肉料理の「仔羊のソテー」を早速注文しました。すると、cameriera大枝さんが「こちらのお客様がまた来てくれましたよ」ととなりのテーブルを示されると、お~、Vol.48でご紹介したお客様とまたまた偶然に同席となってしまいました。前回は食後に当店にお越し頂き、7Fの演奏とこの進化?真価?神歌?というスピーカーも試聴して頂き、大変気に入って頂いたということでした。まだ、オーディオを初めて間もないので…とおっしゃっていましたが、料理もオーディオもおいしいものをたくさん食べることが重要ですよ~、と私からのアドバイス。今日は当店の4Fに展示しているPAWEL ACOUSTICS「ELEKTRAを聴きたいので行ってみますとのことでした。どうぞ楽しんでくださいね~。2007612 さあ、いよいよ出てきました!! 見た目も鮮やかなルッコラが乗せられ、付け合わせはサラダ油でからっと上げた野菜の天ぷら(^^ゞ赤ピーマンに黄色いパプリカ、それにサツマイモとズッキーニとアスパラが豪勢に盛り付けられていました。特にアスパラが美味しかったな~(^^)vで、早速骨付きの仔羊にナイフを入れると当然の事ながら柔らかい。パン粉を散らしてソテーしてありますが、それにビンゴットとグリーンマスタードのソースが添えられています。甘酸っぱいソースはぶどうの風味がいやみのない甘さで、これがまたお肉によく合います!! 満足のお味が今日も楽しめました。さあ、今夜は私の所でもエフコンがあります。皆様に美味しい演奏を楽しんで頂かなくては、と張り切って戻.ることにしました!!

|

2007年5月31日 (木)

天ノ視点 其ノ弐拾八 …TEN-NO-SITEN NO,28…

天ノ視点 其ノ弐拾八 …TEN-NO-SITEN NO,28

今日の秋葉原は、今朝方の雨が嘘のように晴天に恵まれていました(夕方から雨ですが…)。まだ早いかも知れませんが、梅雨の前の雨を「走り梅雨」と言うらしいです。そして、今朝の雨のように、晴れているにもかかわらず降る雨のことを「狐雨」といいます。ご存知でしたか?なぜ狐雨かといいますと、まるで狐に化かされているような天気。から由来しているようです。昔は雨や風や自然現象に色々な名前を付けていたそうです。なんてロマンチストなんでしょう…!!

http://www2.cosmo-oil.co.jp/dagian/42/05.html

本日はS.H.W(サウンド・ヒヤリング・ウォーキング)最終日ということでご試聴希望のお客様が大勢いらっしゃいました。中にはCDをご持参される方もいて、楽しい時間でした。

S.H.W.対象機器の他にも、先日入った、SPIRAL GROOVEConnoisseur 3.0ESOTERICシステムも合わせてご試聴いただきましてありがとうございました。もちろん、S.H.W.終了後もご試聴いただけます。

話は戻りますが、梅雨の時期になるとオーディオ機器にも良くありません。湿気や夜露は精密機器の大敵です。末永くご愛用いただく為にも、除湿機や毛布などを活用して、万全の体制で梅雨をお迎えください。

梅雨が過ぎるとあっという間に夏がきます。夏といえば何かとアクティブになる季節ですので、今からハラハラドキドキしています。海に山に…花火にスイカ…楽しみですね!!

加えて、先日、知人にゴルフクラブを一式もらいました。今年の夏から、また一歩、大人の階段を上ろうとしている天野でした。

|

しばし熟成まち

昼の3時過ぎ頃から御来店いただきました
お客様には大変申し訳ございませんでした。
いつも御来店いただいておりますお客様ですと
すぐにお分かりになるかと思いますが、

Eastactive_1




JBL DD66000 EVERESTの展示が入れ替わりっております。
ローズウッドからメープルに
雰囲気も変わりまして、少し違和感がありますが、
音と共に馴染んでいくことでしょう。

御来店いただいたお客様には
つい今しがた出したばかりの新品ですので、
新品の音が聞けるんだ、ぐらいの気持ちで
楽しんでいただけますと幸いです。

また本日でサウンドヒアリングウオークが終了になります。
会員のお客様には、別のフロアには中々来ないので、
この機会に色々な音が楽しめたと大変好評でした。
キャンペーンは終わりましたが、
明日からも変わらぬ音でお待ちしております。

東郷

|

2007年5月30日 (水)

天ノ視点 其ノ弐拾七 …TEN-NO-SITEN NO,27…

天ノ視点 其ノ弐拾七 …TEN-NO-SITEN No,27

本日は、あいにくの雨模様ですね。…明日も雨らしいですけど…凹。もう、梅雨ですか?

まだですよね…。以前、天野視点で書いたかもしれませんが、雨の情景というのは嫌いではなく、雨の日にしかできないすごし方があり、実は好きなほうなんです。しかし、切実な悩みとして洗濯物や部屋の中の湿気などを考えると、正直なところ、梅雨まで晴れていてほしいと願う天野でした。

今日の7階H.A.L.1にすごい機材が入ってきました()。というより僕が入る前にはあったようですが…。

LYRA  / Connoisseur 3.0

すごいっす!!LPってすごいんですね!?この迫力!!今までいい音だなぁ…って思っていたのに…底が知れません!!残念ながら、生産終了してしまったとの事です。

もちろんご試聴いただけます。期間は定かではありませんが…。

先日、入ったSPIRAL GROOVE / System SG1 Phantomとご一緒にお楽しみください。

実は、今日もお客様がいらっしゃらない時にH.A.L.1のシステムで視聴していました。そして、本日の僕はそれでは終わりませんでした。6階のシステムも同じCDを持っていきました。機材のことや音に関しては僕が語るより、皆様に聞いていただいた方が良いと思いますので語りませんが、僕は…なんて…贅沢な環境に身を置いているのだろうと…すみません…汗。

思わずにやけてしまう天野でした。

|

Today's lunch!! Vol.49

連続でイタリア料理を楽しんだが、さすがに三日目はご飯が食べたくなりました。しかも、お代わりが出来てお腹一杯になるお店に行きたい!! ということで、小雨そぼ降るアキバの中央通りを末広町方向へと歩いていきました。すると…20075301 なんだ~、このおばさんは!?いや、失礼(^^ゞこんなご婦人から声をかけられました。何と早口なことか!!「ビールのアンケートです、お時間10分ほど、おいくつですか、食事はしましたか、このあと運転しますか?」と、立て続けの質問に「あ~、う~ん、そうですね~」と答えると、こちらへと連れて行かれたのはすぐ近くのビルの地下室。そこには折りたたみテーブルと椅子が並べられ、数人の人たちがアンケート用紙に記入している。「では、この用紙に…」と違う女性があれこれと説明に現れ、一杯のビールを飲むことに…。まあ、食前酒としてちょうどいいか~、というノリでちびちび飲みながらアンケートに記入していきました。「まずい、香りは良くない、キレはまあまあ、コクなんてないでしょ、」と私の採点はひどいもの。だって美味しくないから(笑)アンケート用紙は裏面もあって、よく飲んでいるビールの銘柄を書け…、う~ん近年はアサヒが多いかな~。何々一週間で何リットル飲むか? 毎日缶ビールは飲むけどリットルで聞かれても(笑) 缶のままかグラスについで飲むか? そりゃ~、グラスに注ぎますね~。一ヶ月間に自由に使える金額はいくらか? おいおい~、そんな質問って酒代のことか~? (笑) と、さんざん悪い評価を書いて謝礼の図書券をもらって出てきました(^^ゞ でも、どこかのメーカーさんがやっているんでしょうね~、かなりシビアなことを書きましたけどやっぱり味が勝負。それは私のビジネスも同じですから(^^ゞ さて、私がご飯を目的に行こうとしたのはToday's lunch!! Vol.820075302でも一度紹介している「新宿ねぎし」です(^^ゞその入り口のとなりに何と新しい店が!!カレー屋さんだが、かなりお安くメニューが豊富。食べたことがない種類まであって「トリカワ・カレー」なんていう焼き鳥屋さんみたいなものまである。どうしようかな~、としばらく迷っていると、中からインド人らしい女性が呼び込みの声を上げた。だめです、そう呼び込みされるとしり込みしちゃって逆に入れない私です。ということで当初の目的地「新宿ねぎし」に行きました。おや、今日は空いているな~(^^ゞ20075303 牛タンと麦とろの店なのにBGMはいつもジャズヴォーカルがかかっていて、この店のスタッフはかなり教育されていて対応がいい。麦飯はお代わり自由で、時には四杯、五杯とお代わりしている豪傑もいる。注文したのは前回と同じ「ねぎし定食」最近は価格も安定して1,200円ということと、他のお肉の味付けが濃いので今日はあっさり塩焼きの牛タンにしました。20075304 前回とは写真の出来が違うので再度ご覧下さい。少ない量でも脂っこいと胃がもたれますが、ここではどんなに大食いしても夕方になると不思議とお腹がすいてしまう。店内にも自然と健康という額縁があり、健康食を意識したもので消化が良いのでしょう。もうすぐ閉店という時間帯にやっと本日の更新をしていますが、そろそろお腹が空いてきました(笑)そうか~、食事前にビールを飲んだせいか!! (笑) またアンケートに行って食前酒を飲んじゃおうかな~^_^; 

|

1F 中古&新着アクセサリー情報!!

Interconnect CARDAS 「Neutral Reference」 中古

アメリカハイエンドケーブルの御三家のひとつ、CARDAS のRCA インターコネクトケーブル1.0mペアです。高域もキツクなく、つくり出す音場感の良さに特徴があり、高い評価を得ているケーブルです。

メーカー定価 ¥84,000(税込)⇒¥44,100(税込)                   

               ¥42,000(SHC会員価格)

そして今回は、CSEの電源ボックス関連の新製品入荷情報です!!                  

①CSE C-6                                          ボディのイタリアンレッドカラーが、眩しいNOISE FILTER付コンセントボックスです。低損失3.5スケアケーブル2m付きです。

②C-66R                                          同じくボディのイタリアンレッドカラーが、眩しいNOISE FILTER付コンセントボックス。超低損失銅板結線プラグインクレット固定金具付き、ロジウムメッキコンセント仕様です。

③C-2N                                           スタンダードタイプのNOISE FILTER付コンセントボックスです。

ぜひ一度新製品、中古アクセサリーを御覧に、ご来店下さい。お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田                                 

|

2007年5月29日 (火)

「私のコーナー(仮)」☆お勧めシステム・part1

こんばんは。
そろそろ髪の毛を切りたい、宮川です。

さて、今回は「私のコーナー(仮)」より、手軽に楽しめるシステムのご提案という事で、話題の一体型レシーバー・Aura「note」と色々な小型スピーカーの組合せをご紹介致します。

Note_4←Aura「note」(\283,500 / 税込)
これ一台をスピーカーに繋ぐだけで、音楽が聴けます。 一体型レシーバーの中では、特にパソコンとの接続に特化しております。USBポートにメモリーカードを差し込んで、録音・再生が可能です。パソコンでの音質も、癖のない、透明感のあるスッキリとした音色です。

Notecm1note+B&W「CM1」 トータル価格:\405,300(税込)
オーディオ雑誌でも「推奨システム」として、良く取り上げられる組合せ。解像度も高く、量感も豊かなCM1との組合せですと、中低域はしっかりと、高域は元気良く、音楽を「楽しく」聴けます。ジャンルを選ばない、オールマイティーなシステムです。

Notebs203anote+ELAC「BS 203A」 トータル価格:\441,000(税込)
こちらも小型ながら充分な低域と、繊細で綺麗な高域のスピーカーです。CM1と比較すると、少しタイトな印象でしょうか。音離れが良く、澄んだ音色のシステムです。ポップスやフュージョンも気持ち良く聴けそうですが、弦やピアノも美しいです。

Notedtk10note+onkyo「D-TK10」 トータル価格:\451,500(税込)
楽器メーカーとのコラボで生まれた、変り種スピーカーです。ギターと同じ素材・工程で作られております。筐体を思いっ切り響かせて鳴る、このスピーカーとの組合せは、落ち着いていて、温かみと渋みを持ち合わせた音色です。アコースティック楽器を、しっとりと聴きたい感じです。

コンパクトなシステムですが、それぞれ異なった音楽性を発揮して、しっかりと鳴ってくれます。小さいけれど、ステージを感じる音楽は、ラジカセやミニコンポ、携帯型プレーヤーとは一味違った、より豊かな感動を与えてくれると思いますよ!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

Today's lunch!! Vol.48

昨日はバタバタしていて更新できませんでした(^^ゞ今日は二日分のランチをまとめてご紹介します。でも、行った店は同じところ(笑)ここです!! osteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」 でした。20075291 というのもメニューを見て、あれこれ食べたいが一日では食べることは出来ないので…。先ず昨日は好物のペペロンチーノ、それも「手長エビと青マメのペペロンチーノ」を注文しました。思えば最初にこの店で食べたのもペペロンチーノでToday's lunch!! Vol.28 Today's lunch!! Vol.32 Today's lunch!! Vol.39 Today's lunch!! Vol.44と、もう四種類も食べてきたことになります。私も好きですね~(^^ゞこの店のペペロンチーノはニンニクの利かせ方がさほど強くないので食材の風味がきちんと表現されて美味しいのです!!そんなことを考えていたら、ふと私の隣の席にかけられた方から「あの~、失礼ですがダイナの川又さんですか~?」という声をかけられてしまいました。はい、とご返事すると「川又さんのBlogを見て食べに来たんです。今日で二回目です。」という。あら~、これはこれはありがとうございます<m(__)m>オーディオも食べ物もこだわりがなくっちゃ~、やっぱり美味しいところがいいですね~、などと最近のお薦めスピーカーなどのお話しもして食後には当店に試聴に来て頂きました。いや~、驚きました(^^ゞ20075292 さて、これが手長エビのペペロンチーノです。想像よりもたくさんエビと青マメが入っていて、相変わらずの大盛りのボリューム感はいいですね~。エビの下味も上品でプリプリした食感はさすが。そして、この青マメが逆にもちもちっとした食感で自然な甘さが口の中に広がりエビと好対照でありながら味わいとしてはマッチングしています。う~ん、いいね~とバクバク食べてしまいました。するとご近所にある取引先の営業マンも現れたり、仕舞いにはこの店を私に教えてくれた当店の東までもがやってきて賑やかに。東はまだ二回目ということで、私の方がリピーターになってしまいました。さて、パスタもいいですが、もう一つ気になったメニューがお肉料理。「お肉と野菜のポリトーミスト」というメニューです。それを今日は食べてきました!!20075293 今日は一階は満席なので二階へ案内されました。支配人とおぼしき男性が階段から二階に向かって大声でイタリア語で指示を出していました。多分日本的に言えば「ご新規さんお一人ご案内いいですか~」という感じ。二階に上がったのは二回目ですが、ご覧のように他のお客様が引けてしまったので私一人で貸しきり状態。窓辺に飾られた植物は本物でしたね~(^^ゞで、確認のためにcamerieraに「お肉と野菜のポリトーミスト」のスープはトマトベースですかドミグラスかコンソメですか、と質問したらどれでもないという。素材のダシで煮込んだものだとか。ではお肉とは牛肉ですか豚肉ですか? と尋ねたら色々なお肉が入っていますという。う~ん、ますます想像できない(^^ゞでも、結局は注文しました。今日は給料日あとなので奮発して(^^ゞ Cセットです!!20075294 おー!! この前菜は何なんだ!? ウエイターさんが「…でございます」と言って給仕してくれましたが「すみません、もう一度言ってくれますか」と思わず聞き返してしまいました。“フリッタータ”というお料理でイタリア風のオムレツだとか。でも卵料理とは思えず、ひんやりしていてパスタも入っていて、それ自体には味はなくあっさりしたトマトソースで頂くものでした。私がイメージしたのは和食で言う「にこごり」という感じ。ただしゼラチンは全く使っていないものですが雰囲気がそんな連想をさせました。さっぱりした料理で、これからのシーズンにはいいですね~。しかし、二階に一人きりというのは落ち着けます。このお店に来てからランチを楽しむということが出来るようになりました。パパッと食べて急いで帰るというランチから、ちょっぴりゆとりが出来たような。なんてことを考えていると出てきました!!20075295 おー!! これか~。ポトフのようなものですよ、と説明されましたがなるほど。お肉はベーコンとチキンのレッグ、それに卵まで入っていますね~。皆好物ばかりです(^^)v で、最初に口に運んだのはベーコン。おー!! これは柔らかい!! とろけるようなベーコンを食べたのは初めてのことです。そしてチキンも簡単にほぐれて美味しい!!スープは、なるほど食材のダシが引き出されていてこれも美味い!! これはお代わりしたいな~(^^ゞ キャベツとジャガイモも美味しくて文句なし。うっすらとした塩味だけで食材の旨味がミックスされたスープがたまりません!! (^。^) で、最後は卵ですね~(笑) 我が家の家庭料理でおでんを作ると卵はごろごろと入っています。同じように味のしみた卵は最後にとっておきました!! イタリア料理は濃厚なものが多いというイメージがありましたが、こんなシンプルで繊細かつ私の好みにぴったりの料理に大満足です。しかし、こんな手間のかかるランチを出す店は他にはないですよ!! 20075296 お後はデザートです。この写真に見覚えがあるぞ、という方には毎度ご愛読ありがとうございますと申し上げなくてはいけませんね。二回目の登場となる…「クレマ・ディ・コッタ」でした。このデザートはクセになりそうです(^^ゞ ちなみにイタリア語ではデザート(dessert)のことをドルチェ(dolce)というらしいです。「Uno dolce」とキッチンにオーダーを入れているので覚えてしまいました。(^^ゞ 今日のランチメニューをレシートの裏に書いて下さい、とお願いしたらキッチンでシェフがわざわざ直筆で書いてくれました。イタリア語で!! そのフォントがカッコイイー!! こんな字体ですらすらと書けたら、しかも達筆というか横文字メニューを自筆で書いて様になる文字です。へ~、本格的だ!! さて、余談ですが、支払いをしようと年配のご婦人がお二人レジの前に来て…「二人いっしょでいいわ」と、そしてcameriera大枝さんが「2,400円です」と言うとご婦人は、「だから二人分ですって!!」再度大枝さんが「はい、お二人で2,400円です」と言うと「あら、こんなに美味しかったのに、それでいいの?」というやり取り。お見受けしたところ60代後半と思われる上品なご婦人はメニューの値段はあまり気にされていなかったご様子。それもそうでしょうね~、と思っていると二人のレディーは私に微笑みかけてお帰りになりました。このお店は夜のメニューではどんな世界を味わわせてくれることでしょうか!! 私もきっといつかは!! と誓うのでした(笑)&(^^ゞ

|

2007年5月28日 (月)

天ノ視点 其ノ弐拾六 …TEN-no-SITEN No,26…

天ノ視点 其ノ弐拾六 …TEN-no-SITEN No,26

H.A.L.1で聞くクラブミュージック。

お客様のご持参なさらたCDを後ろで聞かしていただきました。

クラブミュージック。俗に言うところの「ダンスホール」のナンバーでした。

失礼かと存じましたがご一緒させていただきました。普段、僕も良く聞く音楽でしたので、大変興味が湧きまして…汗

H.A.L.1の可能性。

やはり、低音を重視して録音している事もあり迫力満点!かつ、中高域に関しても鮮明で、上品に聞こえました。良くも悪くもその音楽のイメージが覆された感じです。こういうH.A.L.1の聞き方もいいなぁと感じるひと時でした。

JAZZclassicは普段からH.A.L.1のシステムにて視聴していてすばらしい音で演奏してくれるのは知っています。ですが、本日聞いたような音楽はあまり演奏しないので貴重な体験になりました。

そして、H.A.L.1のようなHi-ENDの機材をお使いの人にも、こういう音楽を聞くお客様がいらっしゃる事に少し嬉しく思いました。

7階 H.A.L.1 アシスタント 天野

|

2007年5月27日 (日)

進化?真価?神歌?

Allegria_1









SONICS Allegriaが入りましてはや5日、
最初の心配はドコ吹く風、良いです。
これは今年の新製品の中でもピカイチです。
バランス、浸透力、奥行きの深さ、表現力。
ジャンルを問わず、クラシック、ソウル、何でもこなしますし。
圧巻なのは、大音量で眠れます。

でも良さの反面、セッティングの重要性も再認、
3日目に東が微調整を行っておりましたが、
その後、激的に音の抜け、バランスが良くなり、
恥ずかしくも、あまりの良さに、
思わず何をしたのか聞いてみましたら、
「ん~トータルで5mmかな」
詳細はお店で聞いてくださいな。

東郷

|

天ノ視点 其ノ弐拾五 …TEN-no-SITEN No,25…

天ノ視点 其ノ弐拾五 …TEN-no-SITEN No,25

「スピーカーの存在が消えてしまうほど音がスムーズ。音楽だけがそこにある」

                        ―Stereo sound No,160より

H.A.L.1にはHi-ENDスピーカーが展示してあります(あたりまえですが…)

その中で一際、美しさを放っているスピーカーといえばAVARON / Isis

その木目の美しさもさることながら、まるで抽象像を思わせるような容姿。

完璧なまでの面取りは先代に「Diamond」と名のつくスピーカーがあるのもうなずけます。

(Diamond」はダイヤモンドダイアフラムツィーターからきているようですが…)

加えて、ステレオの2本ペアの外板までも模様合わせされているらしいです。

もちろん釘などは使わず接着剤のみで組み合わせられるほどの精巧な作りになっている。

日本の木工職人の技術は世界的に評価が高いが、米国の職人も確かな職人魂を持っていることがわかります。

Isis(イシス)は古代エジプトの豊饒の女神の名前。音の豊饒を聞き手にもたらしてくれます。

上記のStereo sound誌のコメントにもありますように、目を閉じるとそこに映るのはコンサートホール、もしくはライブハウスの情景。Hi-ENDならではのリアリズムをお楽しみください。

http://www.ohbashoji.co.jp/products/avalon/

と…今回の「天ノ視点」はなんだか少しまじめになりました…怪。しかし、本日、感動した事と言えばコンビニで買ったプリンがとてもおいしかったことです…。最近のコンビニのスィーツは少しお高めですが、品質の良いものが多いですね!甘いモノ好きの僕としてはとてもありがたいことです。

天野でした。

|

Today's lunch!! Vol.47

好天に恵まれた東京は初夏の日差しでうっすら汗ばむほどです。今年は水不足が懸念されるというニュースを耳にして、これからの梅雨時には降るべき雨に恵まれますようにと逆の思いがあります。さあ、混み合う歩行者天国を目の前にして今日はどこへ行こうかと考えてしまいましたが、結局あれこれ選べるUDX・クロスフィールドに向かうことにしました。最近はランチタイムにはカメラを持っていくのが習慣になっていますが、それだけにどの店に行こうかとこのブログを意識してしまうものです。で、週替りメニューが新しくなっているのを見つけてこの店に!! Today's lunch!! Vol.26で紹介した「築地越一」にしました。ビルの中のサラリーマンで平日は混み合うものの日曜日は逆に空いているのが助かります。今日の注文は「牛ハラミ肉のスタミナ焼き定食」というもの。20075272 このような焼肉のメニューで私がいつも躊躇するのはタレが決まって甘すぎること。スーパーマーケットで売っている家庭用の焼肉のタレに近い味が多いので、ちょっと私の好みではない。ちょっぴり心配していましたが、出てきたものは…!?あら汁が美味しかった店ですが、今日の味噌汁はあっさりとしたダシと味付けで板さんが変わったのかと思わせるもの。薄切り大根と豆腐という具のおつゆはさっぱりしてよかったです。そして気になっていたお肉の味付け。これは当然のことながら和風の自家製という感じで醤油ベースにちょっぴりミリンの隠し味でぴりっとした口当たりと塩加減でまずまず。ハラミという部位の牛肉はその昔には焼肉屋でもなかったものですが、牛の横隔膜というのを知った時にはちょっと驚いたものです。でも、10年以上たつとハラミも当たり前になってきたようでスーパーでも売られるようになってきました。そのハラミも前歯で噛み切れるような柔らかさと焼き加減で中々のもの。しっかりお代わりをして付け合せの野菜もたいらげて腹八分目という感じ。無難にこなしたランチでした!!

|

音楽を聴きたくなる

…のはどんな時ですか?

お酒を呑んだとき?

素敵な女の子に出会ったとき?

その娘にふられたとき?

ひたすら疲れ果てたとき?

家族でのひととき?

仲間が集まったとき?

やっとひとりになれたとき?

僕は目覚めた直後に聴く音楽が好きです。

何も考えていない寝ぼけたあたまに、妙に沁みてくるんですよね。

Nujabes

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »