« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »

2007年5月26日 (土)

同じラインを聴いてみる。

昨日CREMONAを入荷し、今日から4機種の比較試聴が
出来る様になりました!

やっぱり、上級機種と比べるのはELIPSAが可愛そう…
ということで、同じラインのCREMONAと比較してみることにしました。

Dsc00721

CREMONAの方が明るめな感じがします。
ヴォーカルの後ろに聞こえるホーンセクションなんかは
コチラのほうがしっかりしてて、いい感じ。。

ELIPSAは大きさもあるのでたっぷりとした量感が楽しめます。
CREMONAと比べると若干優しい感じでしょうか。。

どちらが良い、悪い、ではなく後は個人の好みといったところでしょうか…。

是非一度確かめに、足をお運びいただければと思います。

3階 末廣

|

美しい言葉

フランス語が世界で最も美しいだなんて

どうせフランス人が言ってるだけだろ

…と思ってました。

Tétéの歌を聴くまでは…。

Tete_

Tété [A la faveur de L'automne]

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 其ノ弐拾四 …TEN-no-SITEN No,24…

天ノ視点 其ノ弐拾四 …TEN-no-SITEN No,24

今日、朝、電車に乗っていると男子高校生が、妊婦の方に席を譲っていました。

それを見ていた、男性のヘッドフォンの音量が小さくなったのを感じて、まだまだ日本人も捨てたもんじゃないな!と密かに思った天野です。小さなことですが、人間としてのマナーを守れる人を見れて嬉しくなりました。

7階H.A.L.1について…。

皆様は音楽をどのような環境でお楽しみ頂いておりますか?オーディオルームを作ると言っても、設計段階から…とはいかないと思います。ご自分の自室にコンポーネントを作りオーディオアクセサリーを購入なさって、それらを駆使し、理想の音に近づけていく。という方が多いと思います。

今回、僕がH.A.L.1にて感じたことは…というより、視聴室に入ると必ず気づくボコボコしたもの。QRD / Sky Lineですよ!

ご存知ですよね…。僕はこの世界に入るまで知りませんでした…汗。

知った後も、その効果は信じられませんでした。「板置いただけで…」

「あれ?」その効果を知ったときは思わず「すげぇ」といってしまいました。汚い言葉ですみません。

根数理論に基づいた全方向2次元ディフューザーです。…といっても正直よくわかりません…汗。勉強…勉強…。少々お時間をください…謝。…しかし、その効果は身をもって体験してしまったわけですから、信じるしかありません。皆様にも是非、ご体験していただきたいです!

H.A.L.1にはSky Lineが計65枚と贅沢に使ってあります。他にも、DigiWaveDiffactal

QRD BaseBADなどが所せましと実演展示してあります。

是非、ご閲覧ください。天野でした。

|

VanDenHul値上がり残り僅か

HPのNEWS、NO.133でもお伝えしておりましたが、
6月1日よりVanDenHulが値上がります。(凄いです。)

Bbspx





VanDenHul BlackBeauty-SPX

VanDenHul値上げ詳細

*BB-SPX  旧価格\560,000 新価格\740,000
 COLIBRI 旧価格\600,000 新価格\820,000
*FROG   旧価格\250,000 新価格\330,000
 MC-10S  旧価格\135,000 新価格\185,000

HAL.2ではBlackBeauty-SPX FROGの2つをお勧めしております。
両方とも視聴可能です、31日までは大丈夫ですので、
是非とも愛聴盤と共に視聴に訪れてください。

VanDenHul

東郷

|

H.A.L.3試聴室これで良いのか・・・~ルームチューニング編・part2~

こんにちは。
弟が生け花を習い始めたので、対抗してお茶を習おうかと思っている、宮川です。

さて、奥の試聴室のルームチューニング&セッティングですが、ここ最近ずっと手を加え続けています。昨日も、少し大掛かりな改造を施しました。

05180526←写真 左)改造前、右)改造後
どこが変わっているか、お分かりになりますでしょうか・・・?今回手を加えた所は、色々と試聴を繰り返し、試行錯誤の上、どうしても変えたかった箇所です。

Photo_540_2_11 ←正面の壁一面ディフラクタルの上部、 こちらを改造しました。実は後ろに吸音のグラスファイバーが貼ってあったのですが、それを剥がして、分厚いカーテンも取り外しました。そこにスカイラインとBADを嵌め込みました。割と大変な作業でした・・・

QRDに関しては、その変化率にはいつも驚かされますが、今回のこの試聴室のルームチューニングは、意外な方向への変化の連続で、本当に面白いです。

今回、改造したこの上の部分に、相当吸音されていた様です。ディフラクタルで拡散した音が、廻り回って溜まっていた所を吸われていたのでしょうか・・?そこの吸音材を剥がした事により、低域の量感が増えて、開放感と温かみが出て来ました。これは、良い方向に行きそうな見通しが出て来た様に感じられます。次はもう少し、ヴォーカルがフッと浮いてくる様な、奥行感が欲しい所なのですが・・・まだ、先は長そうです。

こうして、ルームチューニングをしていると、実はこれで、幾らでも音を造る事が出来るのではないかと感じてしまいます。機器を一切変えなくても、部屋を変えると、そこから奏でられる音楽は、雰囲気が一変してしまうのです。奥が深いです・・・

0522 しかしながら!オーディオは、こんな風にシビアに追い込む事も、非常に楽しいですが、手軽に良い音で、出来ればカッコイイシステムで、大好きな音楽を聴く・・という楽しみ方も大有りです!!
入口には、そういう提案のシステムがございます。「私のコーナー(仮)」。
小さくても、良く鳴っております。

オーディオの、色々な楽しみ方を提案して行きたいと思っておりますので、ご来店、お待ちしております。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

Today's lunch!! Vol.46

昨日の雨模様から一転して今日の東京は初夏のいい天気です。こんな土曜日はアキバもたくさんの人出で賑わっていますが、毎度ランチをどうしようかと考えてしまいます。しかし、新規開拓は今日は止めておこうということで馴染みの店へ。Vol.4とVol.24でも紹介しToday's lunch!! Vol.35でも食べに行った“DELI  BROWNIE”に直行しました。20055261 で、やっぱり手書きのメニューが日々入れ替わっていて、今日はパスタにしようかな~、ということで「ベーコン・ホーレン草とゴマの塩味」というのを大盛りで注文した。Today's lunch!! Vol.39Today's lunch!! Vol.44で紹介した本場仕込みのパスタもいいですが、日本人のためにアレンジされた庶民的なパスタもありがたいもの。他のメニューにもあるように醤油味などはお薦めのパスタです。あんな小さな厨房でよく短時間で色々な料理を出すものだと感心しますが、週末はマドンナは休みなのでマスターの奥さんが手伝いに来ています。8人しか座れない店なので毎回隣には色々な客が座りますが、今日は若い男女のカップルで女の20055262_1子はいささかミーハー調の舌足らずの話し方。まあ、人間観察もほどほどに本を読んでいると出来てきました。これです!!  ゴマのかかったパスタというのは珍しいものですが、風味がいいのでバクバクと食べてしまいました(^^ ペペロンチーノとは違ってオイルはほとんど使っていないので、あっさり目の塩味でベーコンを一緒に食べてちょうどいいくらい。お代は大盛りにしても700円と庶民的。日曜日は休みの店なので土曜日にここで済ませ、明日は明日の風が吹く~ということで次回もお楽しみに。さあ、仕事だ~(^^ゞ

|

天ノ視点 其ノ弐拾参 …TEN-no-SITEN No,23…

天ノ視点 其ノ弐拾参 …TEN-no-SITEN No,23

先日、点検の為、入院していたUZ-1AS-1×2が戻ってきました。再び、MG-20と組み合わせて鳴らしています。このESOTERICシステムを少し掘り下げてみました。

UZ-1           

8N-PC8100(生産終了)               

7N-DA6000(RCA 1.5m)    

AZ-1    ×2               

8N-PC8100(生産終了)

Stressfree 8Ncu(I link)   

7N-S9000 (2m)        

MG-20           

     Zoethecus×2

     Z-board ×2

昨日は、戻ってきた彼らをいろいろなCDで視聴して一日が終わってしまった感じですね…汗。そして、この音楽を耳に焼き付けてから、5555の他のフロアを視聴しに行こうかなぁなんて贅沢な事を考えている天野です。

7階H.A.L.1のニュース「H.A.L's Brief News」にてより深く記載されています。

他にも7階には新しい機材が導入されています。…といっても、実は他のフロアでも展示してありますNagra CDC(プリアンプ機能付きCDプレーヤー)です。

入ってすぐ左に展示してあります。お立ち寄りの際は是非、ご視聴いただきたく思います。

天野でした。

|

2007年5月25日 (金)

Today's lunch!! Vol.45

今朝は早朝会議があった私は自宅で朝食を食べてきたものの空腹では頭が回らないということで、開店前にドトールコーヒーでデニッシュ一個とコーヒーを補充しておきました。(^^ゞでも、やっぱりきちんと昼時にはお腹が空いてしまうものですね~。せっかくの給料日(笑)なのに雨降りの東京です。こんな日には近場で済まそうとしましたが、結局この店に(^^)v 既にToday's lunch!! Vol.12で紹介したことのある有名なとんかつ屋「まる五」に入ってみました。20075251 前回は「ロースソテー」を注文しましたが、今回はオーソドックスにひれかつ定食にしました。ここも店主のこだわりが強い店で、まずご飯は美味しい、赤出汁も美味い、付け合わせのおしんこもさっぱりして美味い、更に刻んだキャベツはとんかつソース以外にも独自のドレッシングがあるので美味しく頂けるというもの。客に出している味がわからない店がよくありますが、伝統ある店は基本がしっかりしているものですね。さて、私はもうおなじみなので、ひれかつで感動した!?ということはないのですが美味かった~という満足感はいつものこと。この写真を見てのとおり、分厚いひれかつはジューシーに仕上がっています。コーンサラダ油九割にごま油一割という配合の揚げ油で、なんと130℃という低めの温度でゆっくり時間をかけて揚げるのが特徴。お肉の中央にかすかに赤いところが残っているのですが、不思議なことに食べていく間に余熱で火が通り均一になってしまうもので、それだけじっくりとゆっくりと火を通すというのがミソ。揚げ物は俗に言う“キツネ色”の揚げ加減が良いなどと言われますが、とんかつは火加減が強いとパン粉が揚がりすぎて苦味が出てしまうし、第一芯まで火が通らないこともあります。私は、このお店の火加減には大賛成です!! 私はこれにたっぷりとレモン汁を振りかけて塩をかけて食べるのが好み。偶然にもカウンターの私の隣に座った紳士は特上ロースを注文しお酒も…、興が乗ったのかおちょうし三本もお代わりしてゆったりとお食事を楽しんでいました。いいですね~、私もあやかりたいです~(^^ゞ 私も対抗してご飯をお代わりしましたが…(笑)では、また次回をお楽しみに!!

|

天ノ視点

天ノ視点 其ノ弐拾弐

九月に兄に三人目の子供が生まれます。まだ男の子か女の子かきいてませんけど、今から楽しみです。兄はオーディオには興味ないみたいですが…小さい頃からいじめられてばかりでしたが、よく兄の部屋に侵入してCDを借りたのを覚えています。返し忘れてまた怒られるわけですが…笑。

少し昔話に付き合って頂けますか?

小さい頃、僕は、いわゆるわんぱく少年でした。遊びに出かけては夕方暗くなるまで遊んでいました。その頃は何に対しても興味を持っていました。だから、父の大事にしていたオーディオも僕にかかれば秘密基地のコンピュータに早変わりでした。そんなに精密な機械だとは知らず…。

いつものように父の真空管アンプやカセットプレーヤー(当時は何も知りません)を通信機器にして遊んでいると…「パキッ」…とてもとても小さい音でした。

腕の下を見てみるとレコードの針が…でも、見た目はなにも変わらずいつもの通信用スイッチでした。夕食後に、よく父はアコギを弾いてくれたりレコードをかけてくれたのを覚えています。父はいつものようにレコードをかけようとしました。しかし、音楽は流れません。針が折れているんですもの。

僕はなんてことをしてしまったのでしょう…ただただ悔いるばかりです。

しかし、小さい子はいたずら好きです。お父様方、くれぐれもお気をつけください。

天野でした。

|

ELAC「FS 609X-PI」☆期間限定展示!

こんにちは。
今朝は生憎の雨ですが、「水不足」という噂もあり、恵の雨になれば・・・と思っている、宮川です。

さて、期待の新製品、期間限定展示のお知らせです。

Fs609xpi ←ELAC 「FS609 X-PI
4.5ウェイバスレフ型 / \2,310,000(税込)
昨年、創立80周年を迎えましたドイツのスピーカーブランド・ELAC社の、81年目のスタートを飾る、新フラッグシップ・モデルの登場です。
ELACと言えば、無指向性リボンツィーター「4Pi」、同軸ユニット「X-JET Coax」、アルミとパルプのハイブリッド・ウーハーユニット「LLD」という、一目見ればすぐそれと分かる、斬新なユニットを次々開発し、それぞれを組合せて、多数のモデルを送り出して来ました。
今回、新たに発売される、この「FS609 X-PI」は、これら全てを搭載した、まさにフラッグシップ・モデルに相応しい製品です。

Fs609xpi_1 ←ツィーター&ミッドレンジ部の「4PI」と「X-JET Coax」。
上に帽子の様に乗っているのが「4PI」、そのすぐ下の同心円状のユニットがツィーターとミッドレンジを兼ねている同軸ユニット「X-JET Coax」です。繊細な音色のリボンツィーターは、無指向性になる事で、自然な広がりを持ち、耳当たりの良い聴き易さが出るようです。それぞれのユニットが、独自の技術でしっかり役割を果たして、あまり装飾的な音楽では無く、きちんと鳴らしている、という印象です。解像度が高く、楽器一つ一つが明確で、定位もしっかりしています。それぞれ個性的なものの集まりですが、バラバラにはならずにまとまっている辺りは、「さすがドイツ!」という所でしょうか?スピード感があって、シャープでクールな音色の、現代的なスピーカーという感じがしました。

Fs609xpi_gaincross ←背面には「4PI」のゲインやクロスオーバーの設定が出来る、切替スイッチが装備されています。

Fs609xpi_2 ←スピーカー端子はこれまで同様の、バイワイヤリング・ターミナルとなっています。Van Den Hal製のジャンパーケーブルも付属しております。

6月中旬までの展示予定となっております。
ご試聴希望の方は、お早めに。

ご来店お待ちしております。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年5月24日 (木)

NEW FACE

昨日ココ、S.A.HALLに到着したNew Face elipsa。
cremonaラインの上級機種です。
形はstradivariのミニチュアといった感じですが
色や質感はcremonaと一緒。

3機種並べてみました↓↓↓(右端がelipsaです。)

Sonuselipsa

肝心の音はといいますと、homage collectionと比べてしまうと
響きが少ないように感じますが、音色は明るく陽気な感じで
ボサノヴァやBGM的なジャズなんかが気持ちよく聴けちゃいます♪
sonus faber=クラシックというイメージを持っていたので
意外な気もしましたが…。

今週の土日はcremonaも導入されますので
4機種の比較試聴が可能です!!

滅多に無い機会ですので、是非お気に入りのCDを持って
遊びに来てくださいネ☆

3階 末廣

|

天ノ視点 其ノ弐拾壱

天ノ視点 其ノ弐拾壱

今日は、暑かったですね。しかし、これからもっと暑くなるんでしょうね…。まだ心と体の準備ができてませんよ…。

今年の夏は例年以上に暑くなると小耳に挟んだような…汗。しかし、その猛暑の中にいても美白を保っていこうと心に決めた天野です。

本日は、開店前と閉店後に二度、違うお客様ですが配達の手伝いに行ってきました。

お客様の数だけオーディオがあり「音」があるというおもしろさを改めて実感しました。実際、使用なさっているオーディオの価格は甲乙つけがたかったですが「音」に個性があってとても良い体験をさせていただきました。

先日、ある言い争いに遭遇しました。というのは「自分の好きなジャンルが世界一だ」というものでした。かたや、ロック。

かたや、ヒップポップ。双方ゆずらず、相手の音楽に罵声をかわしていました。とても悲しい思いでした。確かに、自分の好きな音楽はその人の中では世界一なのかもしれません。が、人の音楽を愚弄することは許されるのでしょうか…。

とはいえ、それだけ音楽を愛しているが故の言葉なのかもしれませんね……難しい……。

すべての音楽に良い所はあるんでしょうね。お客様がご視聴用に持参なされたCDを聞いていると面白いです。ジャズやクラシックはもちろんのこと、ロックやポップスや歌謡曲…etc

何が良い、何が悪い、と僕には語れないなぁ…と思う一日でした。

というわけで皆様の心に響いた音楽を是非、H.A.L.1にてご視聴ください。申し訳ありませんが、僕もご一緒させていただくかもしれません…願。

では、陽の光に負けないで良いオーディオライフを…。

|

2007年5月23日 (水)

H.A.L.3 ☆ 5月23日新着情報

いつもご愛顧頂き、有難うございます.

VOL.1 「価格改定情報」

フューレンコーディネート取り扱いブランドOVTAVE、PIEGA、TRIGON 、QUADRASPIERですが、6月1日より一斉値上げいたします。QUADRASPIREに関しましては割引率も変わってきますので、かなりの値上げとなりますのでご検討中のお客様はお急ぎください。

新しい価格はこちらをご覧ください。

ご検討中のお客様はお急ぎください。

OCTAVE HP300に関しましては展示処分品もございます。価格はこちらをご覧ください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////

    4F H.A.L.3 

   島 健悟(火曜定休) mailto:shima@dynamicaudio.co.jp

     宮川 いより      iyori@dynamicaudio.co.jp

////////////////////////////////////////////////////////////////// 

|

Allegria

新しいスピーカー情報を見まして

東「このスピーカ試しに入れてみるけどどう思う?」
私「あ、これ気になってたんです、何か良さそうですよね。」
東「そう?このイカニモってところが怪しいんじゃない」
私「そうですけど、このイカニモってところが良いじゃないですか。」

先日から展示しております。

Allegria






SONICS Allegria

代理店HPにはまだ情報がございませんが、
そのうち詳細出てくると思いますので、

もすこし馴染ませないとって感じですが、良いです。
週末にでも是非視聴に訪れてください。

スキャンテック販売:SONICS

東郷

|

1F 新着アクセサリー情報!!

Inter252087_1今回は、入荷したて展示したて「WIRE WORLD 新シリーズ」SILVER ECLIPSE 5-2 インターコネクトケーブルSEI5-2(アンバランス)/SBI5-2(バランス)のご紹介です。ご存知、ゴールドエクリプスに次ぐモデルです。ケーブルの構造を、前シリーズの同軸構造から、平行フラット導体構造に変更になり、さらに音楽の再現性を向上させ引き立てています。構造が変わっても、WIRE WORLDの音のキャラクターをうしなわず、密度が濃い透明感のある厚み、ハイスピード、力強いエネルギー感など、スケール感の大きい色づけのない音楽性を再現してくれます。そしてお持ちの機器の能力を最大限に引き出します。オールジャンルに対応してくれますが、JAZZやROCKなどのベース、ドラムなどは、気持ち良くグルーヴしてくれますよ。ぜひ一度ご来店お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

Today's lunch!! Vol.44

今日の東京は最高気温は28℃という予報で夏日になるという。半袖シャツを着るのは今シーズン二回目ですが、今日は大丈夫そうです。さて、今回は予告の上でのランチなので、前置きなしにosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」 に向かいました。20075231 このお店は道路から幅1メートルちょっとの小道を入っていく、いわばビルとビルの中間に挟まれた奥まったところにあります。路面に面していた方が商売としては有利なのに惜しいな~、と思っていたのですが、今日はそのイメージを撤回しなくてはと思いました。今日案内されたテーブルは初めてのところですが、このように玄関先で窓を開け放したテーブルがあります。天井もガラス張りになっていて上からも光が入り、ビルの狭間にあるということを忘れさせてくれます。そして、今日の席に座ってみて改めて感じたこと…!? そう!! 静かなんです!! 車の騒音も遠くに聞こえるだけで、会話を楽しむにはちょうど良い雰囲気。もしも路面店の軒先をこのようにオープンにしていたら、車の排気ガスと騒音でこんな静かなお店にはならないでしょう。これもいいですね~(^^ゞ20075233 さて、今日は予告通りチョリソーと春キャベツのペペロンチーノをBセットで注文して、先ずはサラダ。「おいおい、野菜だけのサラダなんかいちいち写真撮るなよ~」というご意見もあるでしょうが、今日はドレッシングが変わっていたのと海草が添えられ、かつ野菜の種類も変わっていて女性には関心があるのではとバッチリ撮影してきました。(^^ゞで、今回のサラダもおいしく頂いてきました。さあ、大盛りパスタが早く来ないかな~^_^;20075232 私がチョリソなる辛いソーセージを初めて食べたのは多分25年位前のことだったような。当時は世田谷に一人暮らしをしていて外食ばかり。今ではすっかり街の風景も変わってしまった渋谷の駅の近くにあったステーキ屋さんで初めて食べたことを思い出します。それまではチョリソなんてへんてこな名前のソーセージは食品店にも売っていなかったものです。キャベツとチョリソが豪勢に盛られたペペロンチーノは私の期待通り!! 美味しいので黙々と食べることに専念してしまいました。まあ、いつもたいていランチは一人なので、てきぱき食べて自分のデスクに早く戻らなくてはという心理がついつい食べるペースを早くしてしまいます。(^^ゞこの美味しさと満腹感で980円なのですから、リピーターになってしまうのも無理はないでしょう。週の半分はここで、あとの三日間は他の店というペース。明日の木曜日は定休日を頂きますので、金曜日からの展開にご期待下さい。ちなみに、このお店はランチは平日だけですが土日もやってますよ~!! どうぞご利用下さいませ!! お腹が一杯になったら次は私のフロアーへどうぞ!! ご来店お待ちしております<m(__)m>

|

2007年5月22日 (火)

5月27日までEB1展示してます

田中です。 今日は待望の新製品 PMC EB1のデモ機が到着しました。スタジオでも使用されることの多いIB1Sをベースにしたフロアスタンディングスピーカーです。 Eb1 写真で判りにくいも知れませんが、意外と大きさがあります。 音はまだまだエージング途中という感じです。 音質は思ったより直進してくる感じで、定位感は良いです。 奥行き感もあり、MB2やオリジナルのIB1Sと比べると違ったメーカーの音色に思えてきます。 27日まで展示予定ですが期間の延長もあるかもしれません。週末までにエージングが進み、音色が変わるとも思えませんが、できる限りセッティングをつめていきたいと思います。 

Eb1_1 サイズの比較にならないかもしれませんが、奥のパイオニアS-1EXと比べても高さや大きさに関しては引けをとりません。 標準定価¥1,974,000税込みで色はチェリーのみです。PMCに興味のある方は、OB1やFB1も展示中ですので、比較も可能です。一度体験してみてはいかがです。 同じモニタースピーカーでも違いがかなりあります。今でしたら、SHARP SM-SX300でドライブしております。 今後中古のSM-SX200も入荷があるかもしれません。 200と300の比較も検討中、興味がございましたら、田中まで問い合わせ願います。

なお6月よりヴィジュアル、PMC スピーカー、アナログレコードなどのイベントを行う予定です。

5555 2F 田中 tanaka@dynamicaudio.co.jp

 

|

BLUE BOSSA

先日紹介したSTINGのENGLISHMAN IN NEW YORK。
どちらかというとちょっと冷たい感じのする曲調だと思うのですが
コレをボサノヴァアレンジで演奏している人たちが居ます。

Blue_bossa

私は管楽器が好きなせいか、どうも聴く曲もそちらの方に偏りがち…。
騒がしい曲が苦手な方にはお勧めできませんが、個人的には初夏を感じられるこのアルバムが一押しです。
1曲目はうっすら聞き覚えがあったので、おそらく吹奏楽でも演奏されているのでは??
9曲目のWAVEは個人的に思い入れのある曲で最近しょっちゅう聴いています。
そのせいか、上司がなんとな~く口笛で吹いていたりいなかったり…。

最近、自分の好きなCDをちゃんとしたシステムで聴ける環境があるって
凄い事だなぁとしみじみ感じるようになりました。
気付くの遅すぎですが…。

3階 末廣

|

Today's lunch!! Vol.43

20075221 今日行ったお店の玄関の壁にはこのような額が掲げられていました。なにやら「il Presidente italia」のサインがある認定書らしきもの。イタリア大統領のサインですと~^_^; この店のシェフであり料理長の木下春男氏の名前が読み取れました。聞けば、あのフレンチの鉄人 坂井宏行氏 のお弟子さんの一人ということで多方面で期待され活躍しておられるとか。「えー!! そんなシェフのお店がアキバにあるの~?」というのも無理のないことで、アキバの街中よりは御茶ノ水との中間点にあるのがこの店!!osteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」 なんだ~、またあの店か~(^^ゞはい確かにその通り。昨日は980円のお薦めランチを食して新規開拓に失敗した? 私は同じお金を払うんだったらやっぱり美味しいところに行かなくっちゃ損だ!!ということで、安心できるここにやって来ました。今日は10人くらいの団体客もいてかなり込み合っています。大丈夫かな~、待っているといつものcameriera 大枝さんが奥の方のテーブルに案内してくれました。20075222 で、メニューを見て…^_^;いや~悩みましたね~今日は。チョリソーと春キャベツのペペロンチーノがおいしそうだ!! しかし、お肉料理にも気が引かれる。「特大」の文字が食いしん坊の私には魅力的でした。パスタは一週間ほど変わらないのですが、お肉とお魚料理はいつメニューが変わってしまうかわからない。今日食べておかないと明日は変わってしまうかも知れないので「特大ロールキャベツ玉子入り」をCセットで注文しました。20075223 前菜はメニューには書かれていないので、出てきてから初めてわかるお楽しみ。今日は「こちのエスカベッシュ」というお料理でした。お魚こちを細切りにして衣を着けて揚げたものをマリネにした感じというお料理。まあ日本で言えば南蛮漬けというもので、揚げたお魚をタレに漬け込んでゆっくりと時間をかけて冷ましながら味をしみこませたもの。いけますね~、これ!!美味しく頂き、メインへのつなぎとして食欲をそそってくれました。20075224 ほぼ満席なので少し待たされるかな~、と思っていたら前菜を食べ終わって入れ替わりのようにメインのお料理が出てきました。おっとー!! 特大というふれこみは伊達ではありません。このロールキャベツの厚みというか高さは10センチくらいはありました。どこから箸をつけようか…、いやナイフを入れようか、と考えて「どっちの料理ショーでやっている“断面ショー”というのをやってみるか!!」と思いつく。シェフの盛り付けを壊さないように卵がどこに入っているのか、真ん中にナイフをぐぐっと入れてみました!!20075225 おー!! ということで思わずカメラを近づけて撮影したのがこれ。見た目で期待できそうもないものはここまでやりませんから、目の前で湯気を立ち上らせているコイツは相当期待してのこと。「もう写真はいいだろう、早く食べさせろ!!」と内心で舌なめずりしながら、とにかく最初の一口を…(^^ゞ 実は、私の家内はロールキャベツをコンソメスープで作ることが多く、独身時代に彼女の部屋でそれを食べた時には感激したものでした。(これで騙されたのかもしれませんが(-_-;)…)ですから、私は外食のロールキャベツがトマトベースなのが不思議というかなれていないというか…。ですから今日も注文するときにスープはトマトベースですか~? と尋ねていたものです。ところが、今日のスープはトマトベースではありますが、これがまたあっさりしてコクがあり、塩加減はほどほどなので単品のスープとしても頂けそうな美味しさ!! これはいい!! そして、キャベツの柔らかさも程よく、これほど大きく包んでいるのに破けていないテクニックと神経の使いようもお見事。で、玉子を少しずつ崩してお肉とスープと一緒に食べると、トマトベースの酸味がほんのりまろやかになって美味い!! そして、このボリュームは満腹を保証してくれます。最後に崩したキャベツと玉子とお肉にスープを馴染ませて、残しておいたパンにじっくりしみこませてお皿を拭き取るように白くなるまで食べてしまいました(^^ゞ20075226 さあ、次ぎのお楽しみはデザートです!! 今日のケーキは「マスカルポーネチーズケーキのアマレット(アーモンド)風味」という私も初めてのもの。初めてなのに名前をよく覚えられたな~って!? ^_^; はい、二回聞き直しましたが、覚えられないので大枝さんに紙に書いてもらってきました。当然これも美味しい!! チーズケーキといっても、チーズの香りと風味がツンとくるようなことはなく、アーモンドを散らして焼いた表面の風味と中身が交じり合って程よいバランス。そして、甘さも控えめで口の中でゆっくり溶かして頂く。このデザートは今までで一番長持ちしました(笑)

しかし、私は考えました。一昨日ご紹介した炒飯は中に入れる具を次々に一つの皿に集め、中華鍋にご飯と一緒に放り込んで鍋をあおるだけというシンプルで短時間で調理してしまうもの。昨日のお薦めランチも作り溜めた料理を加熱して出していたような雰囲気もあったかな~。いずれにしても千円以下の御代でした。しかし、今日のロールキャベツにかけた手間ひまとこだわりが単品で850円で食べられるというのは何なのでしょうか。ランチタイムは宣伝効果と夜の客層を獲得するためのサービス効果を期待してのもの、という割り切った考え方もあるでしょうが「オステリア・ラ・ピリカ」 のランチはこだわりの極地でしょうね~。だから私も通ってしまうのでしょう。だって、明日のランチは早くもチョリソーと春キャベツのペペロンチーノにしようと心に決めているのですから(^^ゞ&(笑)

|

2007年5月21日 (月)

天ノ視点 其ノ弐拾

天ノ視点 其ノ弐拾

コーヒーについてこだわりはありますか?豆から水や、コーヒーメーカー、温度や時間にこだわって煎れたコーヒーはどんな味がするのでしょう。今度こだわってみようかなとちょっと考えている庶民派新人天野です。

今日は、システム変更してのご視聴のお客様が多くご来店されました。僕としては、普段あまり体験しない事だったのでとても楽しかったです。

スピーカー以外のシステムをGOLDMUNDで組んでパワーアンプを変えてみたり、先日、展示を始めたMG-20を移動して同じくESOTERICP-01HALCROMG-20のシステムで鳴らしてみたりと驚き()の連発でした!いやぁ…よかったっすねぇ…悦。それで、やっぱり音が変わりお客様のお顔から笑顔がうかがえると最高ですね!

突然のシステム変更はご遠慮いただいておりますが、事前のご予約を入れていただければ喜んでセッティングさせていただきます。どうぞお気軽にご連絡ください。

そして、僕もお客様の斜め後ろでご一緒させていたただきました。申し訳ありませんが、一人の世界に入り込んでしまい、曲が流れている間、感動しっぱなしの新人天野でした…。

と、本日は色々な事を体験してブログに何を書こうかまとまってない天野でした…。

おっと…忘れていました。今回でこの「天ノ視点」も20回目を迎えました。ありがとうございます。

これからも僕からみたH.A.L.1をなるべく楽しく伝えればと思い続けさせていただきます。

これからもよろしくお願いします。

|

Today's lunch!! Vol.42

今日の東京もいい天気。開店一番から試聴のお客様がおみえになり、初物としてESOTERIC MG-20のご注文を頂戴しランチの前に売上げが上がって気持ちいい~(^^ゞで、どこに行こうかな~、と思いつつ何でもありのUDX・クロスフィールドにとにかく行ってみよう…ということに。この中も私の好みの店には結構入ったので、今日は初物にちなんで新規開拓をということで、足が止まったのがここ。20075211 980円のお薦めランチというPOPを見20075212て、まあいいか~(^^ゞというノリで入ってみることに。 入るとアキバの町並みが見下ろせる開放感ある店構え。内装は店名American Diner Bar&Grillのようにモダンアメリカンという雰囲気ですが、どうもデニーズのようなファミレスを連想してしまいそうな感じ。そして、注文したのは店頭にあったPOPのお薦めランチというもの。20075213 パンとライスは大盛り、お代わり自由というのはちょっぴり救いかな~。チキンはまあまあという感じで、黒豚のスパイス煮込みというのはほとんどカレーという感じ。特に感動的なものはなく、インテリアも落ち着ける感じではないので、いそいそと食べてしまった^_^;最後にフライドポテトまで残さず食べましたが、どうもこの付け合せは私の好みではないかな~(笑)リピーターになりたいか? と聞かれたら、もういいです~(-_-;)と答えてしまいそうなランチでした。やっぱり新規開拓は当たり外れがありますね~。ではまた~

|

2007年5月20日 (日)

H.A.L.3☆5/20新着中古情報

こんばんは。
最近、ブログの内容がマニアックになって来たと良く言われ、少し焦っている、宮川です。

さて、本日はあまりマニアックではない、新着中古情報です。

Witt←WILSON AUDIO 「WITT」 / 3ウェイ3スピーカー
税込定価 :\1,680,000
販売価格 : \650,000(税込 /送料別)
・エンクロージャー:バスレフ・フロアスタンディング型
・ドライバーユニット:ウーファー 30cmコーン/スコーカー 15cmコーン/トゥイーター 2.5cmドーム型
・能率:90dB ・インピーダンス:8Ω
・外形寸法:W40.0×H107.5×D42.5cm
・重量:107kg  ・ブラックカラーペイント仕上げ

当フロアの王様「SYSTEM 8」の先輩、「SYSTEM 5」と同時期に発売されていたモデルです。今で言うと「SYSTEM8に対するSOPHIA」という位置づけではないでしょうか。

Systen8witt←SYSTEM 8との2ショット。
並べて見ると、ウーファーの大きさの違いが良く分かります。 この大きなユニットから送り出される低域の迫力は圧巻です。音がグンと前に出て来て、音圧を体で感じる心地良さがあります。かといって、中低域で落ち着いている、という感じでは無く、高い所も伸びやかでノリが良く、聴いていて楽しくなってくるアメリカンサウンド、という感じでしょうか。ざらついた感じもあまり無く、適度に洗練されている印象を受けました。

Witt_1←サランネットは、目の粗いウレタンシートの様な感じです。本体とはマジックテープで留める形になります。

Witt4Witt_2_1

←古い製品の為、本体の継ぎ目のペイントが白くなっております。両サイドの、ピアノフィニッシュになっている部分は目立った傷は特にありません。

SYSTEM 8 とは、また違った魅力のWILSON AUDIO「WITT」。
ロックやジャズを、気持ち良く体に浴びて聴きたい方には、特にお勧めです。

お問合わせは、電話またはメールにてお願い致します。
ダイナミックオーディオ5555:03-3253-5555(4F 島宛て)
メールアドレス:shima@dynamicaudio.co.jp

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 其ノ拾九

天ノ視点 其ノ拾九

暖かいですねぇ。洗濯物が良く乾きそうでうれしいですね。お一人暮らしを経験なさったことのある方や、主婦の皆様はこの気持ちを解って下さるとおもいます。洗濯物がなかなか乾かないと大変なんですよ。

7H.A.L.1のシステムは本日も良い音で歌っていますよ。IsisMOSQUITO NEOetcはもちろん、先日新たに展示を始めたアナログプレーヤー「SPIRALGROOVE /System SG1Phantom」や、すべてをESOTERICでそろえた「ESOTERIC reference booth()」も好評頂いております。しかし、後者に致しましては展示期間がまもなく終了してしまいます(予定)。ご希望の方はお早めにご来店ください。

さて、先日、とあるお客様がご来店の際にLPCDの聞き比べを行いたいとご希望なさいました。音楽ソースはお客様がご持参なさってくださいました。

お客様曰く、「学生時代に買ったこのレコードのリメイク版がCDで出たからH.A.L.1にて比較したい」との事でした。

僕も、興味はあったものの試したことが無かったもので…とても、楽しみでした。

お客様が軍配上げたのはLPでした。

その理由は「CDの音もよかった。最新の処理が行われていて聞きやすかった。が、心に響いたのはレコードでした。」

もちろん再生した機材はもちろん。マスターは同じであれ、録音時期、環境、エンジニア…違いはありますから、音に変化があっても納得できますが…当時より進化したレコーディングを行っているのに実際にお客様が感動したのはLPだったという事実をとても興味深く感じました。

「アナログを始めようかなぁ…やっぱり、親父のプレーヤーを拝借してこようかなぁ…」

と、考える天野でした。

|

Today's lunch!! Vol.41

五月晴れの東京、そしてアキバは中央通りの歩行者天国で大変な人出で賑わっています。今日は、どこへ行こうかと考えながら、ふと先日のランチを思い出した。Vol.37でご紹介したあの「タコイカにんにく唐辛子炒飯」です。にんにくと唐辛子入りの炒飯は結構美味いぞ、という発見と同時に思いついたのが、この上海バールと炒飯対決で比較したあの店。当店を出てから気持ちいい風に吹かれて私の足で7分程度でたどり着きました。Vol.16でご紹介したヨドバシカメラの8Fにある万豚記です。5312今日は一人なのでカウンターに座りましたが、とにかくこの厨房は忙しい、というか賑やかです。私の頭越しに中国語の大きな声が飛び交い、中華鍋を振るう音、それを叩く甲高い音、オーダーをとった店員の大声などなど活気ある店内は日曜日ということで客も大入りでテンションも高くなっていました。で、私が同様なものはないかとメニューを探すと、ありました!!「にんにく唐辛子炒飯」 で20075201す。タコイカは入っていませんが、比べてみるにはこれしかない。注文すると私の目の前で調理が始まった。 中華料理は炎の料理と言われるように、この厨房は専用コンロが四台くらいずらっと並んでいて、威勢のいいコックさんが次々に注文を裁いていく。その様子が私の座ったカウンターからちょうど見られたので、豪快な火の勢いと中華鍋の扱いを眺めていると、あっと言う間に出来上がってしまった。さすが本場の職人は違うな~、と思っていると厨房から運ばれてきた皿が私の前に…おおー!! この店で大盛りを注文して懲りている私はボリューム感には満足しているが、久し20075202ぶりに来てみると見ただけで満腹という感じの盛り付けが目を引く。レンゲでご飯をすくうとパラパラとした仕上がりはさすが。火力がものを言う本場の炒飯はこれが魅力。上海バールの炒飯は唐辛子の色がご飯を赤く染めていましたが、こちらはそれほど赤くない。しかし、口に入れて噛みしめると次第に辛さと旨味が広がって良し!! そして、こちらの方が唐辛子の辛さは後からぴりっと来るようで、口の中は次第にひりひりしてきました^_^;そして、ご覧のようにニンニクがたくさん入っていて、食感をそそりあっという間に完食。俗に言うラーメン屋さんの炒飯は日本人に合わせて独自の料理になっていますが、本場のコックさんが中華鍋をあの火力であおって作る炒飯はやはりどこか違う。ご飯も唐辛子もニンニクもみんなたっぷりという大陸的豪華さの炒飯で満腹でした。このお店は麺類の味付けはとても濃厚なのですが、炒飯は逆に薄味で食べやすいのがお薦め。アキバで炒飯が美味しい店が他にあったら教えてください~(^^ゞ ではまた次回にご期待下さい。

|

« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »