« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

2007年5月19日 (土)

2F中古品新着情報!

田中です。 本日LINNのUNIDISK1.1が入荷しましたので、お伝えします。今現在の定価は¥1,764,000税込みで、Unidisk11 リアの写真を見ていただければ判る通りDVI出力です。現在はHDMI出力です。映像にこだわりが無ければ、トータル面でよく出来たプレーヤーだと思います。 11 最近中古で、販売するのは珍しいと思いますし本体の程度もまあまあ良好といった具合です。 ただしリモコンは裏の部分に傷が多いのでご了承を。価格については、お問い合わせ願います。

続いて、DENON DVD-A1XVA 定価¥451,500税込み販売価格¥258,000となっております。Dvda1 程度良好です。 買い替えですが、あまり使用していないと思います。 画質音質共にこだわったモデルです。  ご成約済みです。

詳しくは田中まで宜しくお願いします。  03-3253-5555 tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 其ノ拾八

天ノ視点 其ノ拾八

晴れたり、曇ったり、時々雨になったり…気まぐれですね!天気は。振り回されっぱなしですよ。こんな日はご自宅でゆっくりとオーディオですね。

「アメリカ製造版と日本国内製造版のCDの音の違いはあるのか。」

今日、7H.A.L.1のシステムにて上記の検証をしてみました。

あくまで僕の見解ですのであしからず…。

使用したディスクは…

THE BEATLES / “LOVE”

COME TOGETHER

まず、僕が聞いたのは国内版。全体的に綺麗にまとまっていてとても聞きやすい印象でした。低音も出すぎることなく、しかし、存在感があり曲の中での役割をしっかり果たしていました。

そして、海外版。低・中・高が一つ一つはっきりしていて、迫力が伝わってきました。特に低域の強みは海外版の特徴なのでしょうか?

海外製造版と国内製造版。双方によいところがありはっきりとどちらが良いとは、とうてい言えません。

マスター音源は同じであってもマスタリングのエンジニアや工場が違えば音は変わりますね。

といっても、僕の文才が乏しいこともあり、詳しい違いについて述べてません。

やはり、皆様がおこし下さってご視聴なさるのが一番です。

「百聞は一聴にしかず」です。

皆様のおこしを心よりお待ち申し上げている天野でした

|

伝説の再来

天気が悪く朝油断してましたら、急な大雨
ビショビショになり駅に着き、
到着駅の階段を上がっていましたら
同じくビショ濡れ頭の方と対面で目が合いました。
何事にも備えあればって事です。

入荷の滞りにより、御連絡が遅れておりましたが、
NAGRA CDCが聞けます。ボーカルが良いです。

Cdc




NAGRA CDC(プリ内蔵CDプレーヤ)

先日より常時展示となりましたが、
事情により無い場合もございます。
御了承ください。

大場商事:NAGRA CDC

東郷

|

2007年5月18日 (金)

2F中古品新着情報!

田中です。 中古のスピーカーが入荷しましたので、新着情報としてお伝えします。Elac_1 ELAC BS203.2B定価¥126,000(ペア) 販売価格は¥63,000税込みです。本体の角に傷があります。ブラックは今現在販売しておりません。貴重なモデルだと思います。N803_5 N803定価¥840,000(ペア) 販売価格\350,000税込みです。 オリジナルの箱がないため、送料等は別途相談いたします。 N803は適度な大きさとクウォリティーの高いサウンドが人気でした。今現在のモデルと比べると音色が明るいので、派手なサウンド求める方にお薦めです。 次にNHT VT1.4 定価¥315,000(ペア)Vt14_1  販売価格¥69,800税込みです。オーディオ用とヴィジュアル用としてフロントに切り替えスイッチがついており、ウーハーの出力等を変更でき、 立ち上がりが良いスピーカーです。  これからオーディオを楽しむ為には、丁度良い商品だと思います。 1点しかない為、お早めにご連絡願います。 また、商品の取り置きは行っておりませんので、ご理解いただければと思います。  以上、田中でした。

tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 其ノ拾七

天ノ視点 其ノ拾七

今日は、とても過ごしやすい天気でしたね。暑くも寒くもなく。

しかし、なにかと動き回ることが多くて僕は汗ばんでしまう天野です。…一ッ風呂浴びたい気分です。

なので、今日は視聴室でゆっくり音楽は聞けないかなぁと…思いきや!夕方頃にお客様のご来店がない時に店長より視聴室に呼ばれてある体験しました。

その体験とは、スピーカーの上にウエイトを乗せると音は変わるのか?というもの。

行う前の僕の予想は特に変わりはない…というのもウエイトを乗せたからといってスピーカーの本質は変わらないわけですし…。

し…しかし…またしても……甘かった!!浅はかでした!!!

もう、本当、オーディオとはわからないものですね。音が変わってしまうのですから驚きですよ!!

今回僕が視聴に使った機材は、先日のブログでも少し書いたESOTERICシステムです。

UZ-1 AZ-1×2 MG-20

視聴ディスクmichael buble / feve

全体的により締りがでます。(もっとも表れたのは低音でした。)

中・高域は輪郭をくっきりと感じました。

さらに、残響感は色合いを強めました。もともとリバーブの強い曲でしたが…。

と僕の中では良い事だらけだったんですが、逆になぜ皆さんがやらないのか考えてみました。

あまり見栄えがよろしくありません。

音ははっきりしていましたが、滑らかさが弱くなってしまった印象があり長い時間聞くのであれば…また、お部屋のBGMのような鳴らし方をするのであれば、ウエイトをのさせない方が聞き疲れしないように感じました。

と、今日も改めて感じましたオーディオの奥深さ。まさかウエイトをスピーカーの上に乗せるだけで…

しかし、考えてみれば、オーディオボードを設置するだけで音は変わりますし…そう思えばなんとなく納得できますが…汗

これは、勉強してみる価値あり!

今後の天野視点にて…汗苦笑。

では、また次回の天ノ視点を…。

P.S.「天ノ視点」←は「テンノシテン」と読みます。

|

Today's lunch!! Vol.40

今日は夏日になるという予報なので今シーズン初めて半袖シャツを着てきたら何だか風が冷たく感じる東京です。さて、一昨日もランチはとりましたが感動しなかったのでお休み20075181していましたが、やっぱり今日はここへ行こうかとosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へ!!  メニューを見るとお肉料理が新しくなっていたので「豚肩ロースのカツレツ」というのをCセットで注文しました。今日は結構にぎわっていて女性客が多いのも特徴でしょうか。一人でも静かに食事が出来てお値段も手頃で美味しいということであれば人気が出るのもうなづけますね。もっと通りに面した店構えだったら良かったのに、と思う反面目立たないところが穴場として面白いところかもしれません。20075182 そして、前菜は「自家製の野菜ピクルス」ということで、アスパラ、玉ねぎ、人参、カブなどが酸味の効いた漬け込みでさっぱりした涼感があり、これからのシーズンには良いマッチングでしょう。このお店の接客は大変優れたもので、camerieraの皆さんは客のテーブルに絶えず視線を飛ばして次はどうするか、何を客が求めているかを正確に把握しておられるので感心してしまいます。人材教育もお店の実力のうちということでしょうか。20075183 さてさて、お待ちかねのメインが出てきました。カツレツということで想像の範囲内のお料理でしたが、盛り付けがご覧のように大変きれいで豪華な印象です。見たところソースがかけられている気配はないので、見えるところからお肉に手をつけてみました。で、下味だけで、やはりソースが必要な感じですが…。盛り付けられた野菜は以前から述べているようにちょっぴり岩塩がかけられているようです。大きなサイズのカツレツは二枚あり、ランチはたっぷり食べたい私にはうれしいところ。あっという間に一枚を食べてしまいました。すると、皿とカツレツの間にトマトベースのソースがありました。これが美味しかった~(^^ゞカツレツの衣であるパン粉とソースが混じって馴染み、それを野菜と一緒に食べると二度美味しい。でも、贅沢を言えば最初からこのソースがお肉の上にかかっているとうれしかったな~^_^;20075184 さあ、今日もCセットにしたお楽しみはデザート。いつも今日のデザートは何かをcamerieraさんが教えてくれるのですが、今日は思わず名前を聞き返してしまいました。最初は覚えたつもりでも、また忘れてしまって、最後には紙に書いてもらってきました(^^ゞ&(笑)そうなんです、今日のデザートは正確にご紹介しなければ…「クレマ・ディ・コッタ」と言うそうな…(^^ゞパンナコッタのもっと濃厚なもの…、という説明でしたが、いや~、これがまた美味しかった~(^^)v確かに濃厚なのですが、いつまでも口の中に残ることはなく、トロ~と舌に絡んで溶けていってしまう後味さっぱりで濃厚な味わいは相反する表現ながら私のようなおじさんでも食べやすく美味しい!! 矛盾した表現なので“なんのコッタ~”ということで、お後がよろしいようで~<m(__)m>

|

2007年5月17日 (木)

H.A.L.3☆最新展示情報

こんばんは。
試聴室のルームチューニングにはまっている、宮川です。

さて、本日は、来るもの・去るもの入り乱れの、展示情報です。

Comp0517 お待たせ致しました!
PAWEL ACOUSTICS「ELEKTRA」、ようやく展示開始する事が出来ました。恐らく、しばらくは居てくれる予定ですので、前回聴き逃した方、もう一度聴きたい方、是非この週末に、この、包み込まれる快感・麻薬的音色をご堪能下さいませ。
只今ですと、当フロア中央エリアにて、Sonus Faber「guarneri memento」、ACUSTIK-LAB「BOLERO NUVO」との比較試聴をお楽しみ頂けます。

奥の試聴室には、新製品のプレーヤーがお目見えです。Emmlindemann
←写真上段より
Emm Labs 「CDSA SE」 \1,680,000(税込)
LINDEMANN 「822」 \1,459,500(税込)
これで、試聴室では、ほぼ同価格帯のSACDプレーヤー、SONY「SCD-DR1」・ESOTERIC「X-01D2」との、比較が可能となりました。(5月20日まで)

どうしてこんなにそれぞれ違った音楽を奏でるのか。
聴いていて楽しくなってしまいます。

TRIGON「ENERGY」とPIEGA「TS 3」は、本日引上げと相成りました・・・

そして、奥の試聴室のセッティングですが、とても凄い事になっています。
詳細は、我が上司のメールマガジン&次あたりのブログで・・・お届けできたら、と思います。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 其ノ拾六

天ノ視点 其ノ拾六

はっきりしない天気ですね…あ…もう晴れてますね。

このまま晴れていてくれれば良いですね。

以前、僕はコンサート音響をやっていました。いわゆるPA(Public Address=音を拡声する)ですね。

いろんなイベントやライブのPAをやりました。室内もあれば野外も…やはり野外のコンサートでは天気が大きく左右します。

もちろん養生などしてなんとか音を出しますが、コネクターもしくは機材が濡れると、とても厄介です。最悪、音が出ない…なんてことも…。今のこの民生のオーディオの世界からするとまったく信じられないことですよね。スピーカーを雨ざらしにしておくなんて!いくら拭いたとしてもユニットはどんどん壊れていきます。機材はラック(ハードケース)に入っていても修理品が後を絶ちません。加えて、「搬入」「搬出」時は気を使っているものの扱いは荒くなります。毎日帰ってくるとチェックが欠かせません。

風が吹けばマイクは倒れますから…。

そして、僕はPAをやっていた頃、この民生の世界をなめていました。やっぱり…って。とんでもない!!

業務的に仕事をしているよりよっぽど楽しいですね!奥が深いし、なにより音楽を愛している。

実は、音楽が好きでPAの世界に飛び込んだものの、少しずつ不信感を抱くようになっていました。

ですが、あるきっかけで5555に入りお客様やスタッフと接しているうちに、再び、音楽に対する喜びを感じました。

…感想文でした。天野でした。

|

2007年5月16日 (水)

天ノ視点 其ノ拾五

天ノ視点 其ノ拾五

もう初夏っすね!いろいろ行動範囲が広くなる季節ですね。私も昨日、お休みを頂きましたので久しぶりにお買い物(日用品)と散歩と洗濯とお買い物(食品)と…。いろいろアクティブに動いてみました。午前中は小雨が降っていましたが、正午あたりから晴れ間も見え始めて、なかなかの休日になりました。

本日は、視聴室に新しいシステムが入りました。川又店長からもお知らせがあるかと思いますが、簡単にかかせていただきます。

ESOTERIC / UZ-1

      

ESOTERIC / AZ-1×2

   ↓

ESOTERIC / MG-20

ESOTERICづくしです。電源やラインケーブルに至るまで…(SPケーブルは明日)

価格は店長よりお知らせがあると思います。

「いい音出してますよ」(ニヒルな笑顔と共に…)  メーカーさん談

正直な所、ここ三週間ほどH.A.L.1にいるせいか、価格的なところで判断していました。すみません。

P-01等と比べると価格も下がるし…(といっても僕にはすぐに手が出る価格ではありませんが…)

とんでもない!覆ります!考えを改めさせていただきました!!

是非、ご視聴にお越しください。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げている天野でした。

|

1Fアクセサリー掘り出し物情報!!

8147a

どうも、こんにちは、1Fアクセサリーフロアーより  特選中古情報!のお知らせです! 

オーディオ銘機賞受賞モデル 

山本音響工芸 HA-01 販売済みです。

Vacaum Tube Headphone(真空管タイプのヘッドフォンアンプ真空管独特の深みと響きを奏でてくれます。そして、さすがに山本音響工芸さんだけに、インシュレーターも凝っていて素晴らしい作りです。)

メーカー定価¥71,400(税込)                               ⇒¥31,290(税込)¥29,800(SHC会員価格)                                                                 

【SPEC】●定格出力:180mW ●周波数特性:30~50kHz ●残留ノイズ:0.1mV以下 ●適合ヘッドホンインピーダンス:30~200Ω ●感度:0.26V入力で1mW出力(50Ω負荷) ●外形寸法:136W×53H×268Dmm ●質量:1.6kg

Kingcobra次は、ハイスピード、ニュートラル、キレ、力強さ、透明感など抜群のコストパフォーマンスを誇るケーブル。                        

audioquest KING COBRA」です。

メーカー定価¥24,150(税込)                     ⇒¥14,700(税込)¥14,000(SHC会員価格)

ぜひご来店ください! お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田 

|

H.A.L.3 ☆ 5月16日新着情報

いつもご愛顧頂き、有難うございます.

VOL.1 「新製品情報」

SONUS FABERの新製品の情報がはいりましたのでご連絡いたします。

SONUS FABER 「elipsa(エリプサ)」
        3WAY・3スピーカー
        定価 ¥2,730,000(税込)
        発売日 2007年7月10日 発売開始

詳細は「elipsa.pdf」をダウンロード をご覧ください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////

    4F H.A.L.3 

   島 健悟(火曜定休) mailto:shima@dynamicaudio.co.jp

     宮川 いより      iyori@dynamicaudio.co.jp

////////////////////////////////////////////////////////////////// 

|

2007年5月15日 (火)

Today's lunch!! Vol.39

今日の東京はちょうど昼時に雷雨に見舞われ、めまぐるしい天気でした。さて、昨日見たメニューで食べたいものがあり、やっぱりosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へ!! どうも月曜日から水曜日までがこの店で金曜日から日曜日にかけては他の店というペースになりつつあります(^^ゞ「なぜリピーターになるのか?」というと、それは“飽きないから” というのが私の答え(笑)B型の私は、どうも凝り出すと飽きるまで一筋になってしまう悪癖があるようです(笑)20075151  さあ、今回は写真は一枚だけ(笑)昨日のメニューにもあった「エビと水菜のペペロンチーノ」が食べたかった。しかも、大盛りで…。いや~、当たりでした!! 最初の一口で美味い!! と内心で喝采しています。エビはブラックタイガーというから、ランチの価格を考えれば当然のコストのものだろうが、その新鮮さと食感は素晴らしい!! 近所の中華屋さんでもエビの料理は色々ありますが、このプリプリ感と下味のほんのりした塩加減は絶妙です!! やっぱり名人が調理すると素材を生かすというものでしょうか。そして、エピの数がたっぷりあるので、パスタと毎回のように一緒に食べてもまだまだあるという満足感。最後の一口のパスタが残ったときにもエビはまだ二つありました(笑)しかし、ここの大盛りはほんとにボリューム満点です。私がリピートする理由の一つかも(^^ゞ で、明日は魚料理か~(笑) そうそう、今日のエピソード。cameriera 大枝さんが、このblogをキッチンの女性スタッフに見せたところ…「これって、女の人が書いてるんですか~」と言われたそうな(^^ゞなぜって聞いたら「可愛いから…」というコメントありとか。どうでしょうね~、私のblogは可愛いかな~(笑) イメージが壊れるといけないので、次回からは厨房から見えないように隠れて行かなくっちゃ~^_^; ではまた次回にご期待下さい<m(__)m>

|

H.A.L.3試聴室これで良いのか・・・~セッティング編・PART1~

こんばんは。
先週末に開催されていた「神田祭」を、ベランダから眺めて楽しんでいた、宮川です。

さて、QRDを追加して、スケール感・開放感は申し分無く、これでもかという程の美音系試聴室となった訳ですが、新たな課題も見えて参りました・・・本当にシビアな、誤魔化しの効きそうにない部屋です。

拡散効果により音が明瞭になった分、システムやソフトによっては、多少きつく感じられたり、量感が物足りなくなる、という問題が出て来ました。
しかしながら、これで手に入れた広く奥行のあるステージ感や、透き通る様な美音も捨て難く、どうにかならないか・・と悩んでしまいます。
我が上司曰く、「セッティングに問題があるのでは?」との事。部屋が変われば、当然、セッティングも変更しなくてはならない、という訳です。

そして昨日、取り敢えず一次段階、という事で、「試聴室のセッティングをしてみる」という課題を我が上司より頂き、大まかな順序や方法を教えて貰い、試聴室に籠もる事となりました。

0514 ←取り敢えず、セッティング後の試聴室。
まず、広いスケール感はそのまま残す事を頭に置いて、低域の量感を増やす事を考えました。その次に角度を決めて、奥行や立体感の調整。我が上司より教わったコツを色々試し、動かしては聴いて、そしてまた動かして・・・の繰り返しです。この部屋は少し何かを変えるだけで、すぐ音となって現れます。

Cd_13←今回、セッティングに使用したソフトの一部です。
いつも以上に、何枚も取り替えて試聴しました。このソフトは良いけどこちらはダメ、とか、このプレーヤーは良いけどこちらはダメ・・・というのが何回もあります。

3、4時間程、籠もっておりましたが、限界が来ました・・・「もうココ」という場所で一旦、我が上司の意見を仰ぐ事にしました。何故か、物凄くドライアイになっていました・・・

Photo_535「今足りないものは何か、次はどうしたいか」という事を整理して、我が上司は次々と対策を施して行きます。電源ケーブルを変えたり、TAP45を使ってみたり・・・
Photo_537Photo_538←ラックのデカップラーの位置を変更したり、プリアンプの下に敷いていたインシュレーターを外してみたり・・・

と、色々試していたら時間はあっという間に過ぎ、閉店時刻となっていました。

難しい!難しいです!!
しかしながら、「こうするとこう変わる」という様な事が少しずつ、摑めて来た感じがします。疲れましたが、何だか充実感を感じました。

Bad←最後に、ディフラクタルベースをBADで覆ってみて、少し落ち着きを持たせてみました。 (他のスピーカーの位置も、若干変えてあります。)取り敢えずの第一段階の終了です。しかし、すぐに次の課題が出て来てしまいました。
またすぐ、どこかが変わっていると思います。発展途上です。

セッティングの難しさと楽しさを、実感した一日でした。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

1F 新着アクセサリー&中古情報!!

どうも、こんにちは。5555 1Fアクセサリーフロアーから                  新着アクセサリー情報です!

超スピード、高解像度、低歪率、優れた位相特性、抜群のS/Nの良さとノンカラーレーションのナチュラルな音楽を奏で、最大限に機器の能力を引き出すことのかけては、他に追随を許さない「WIRE WORLD」のシリーズ5-2の新スピーカーケーブル入荷致しました!! ソリスタス、オアシス、エクリプス、エクイノックスなどのモデルです。

(シングル、バイアリング共に対応ケーブル入荷してます。)

Dp352060_1 Sp452059 Sp552060_1

Sp652060_1

               ※ 新着特選中古品情報もお知らせします!

上記、同メーカー「WIRE WORLD」のエクリプスシリーズ5

ECI5RCA1.0m   ¥32,000(SHC会員価格)

       ¥33,600(税込)

お気軽に遊びに来店する感覚で、ぜひご来店ください!                   お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

お勧めセット

田中です。今日はセット販売の提案です。 まずSHARPのSM-SX10、PMCのFB1-BK、マランツのDV9600、以上の3点セット。 i-linkやデジタルケーブルを上質にするだけで、CDやDVDを小音量から大音量まで楽しめます。展示処分の特別価格です。 次にSHARP、SM-SX300とマランツSA-7S1に、スピーカーがPMCのMB2もしくはPIEGAのTC70Xのセット。PIEGAとPMCとの組み合わせは、去年のマラソン試聴会でもおなじみです。こちらもそれぞれ特別価格にて案内中、どちらも1点しかございません。またご予算があれば、ヨルマデザインのデジタルケーブルとのセットが特にお勧めです。 このケーブルは、歪み感が少なく、音場を正確に再生すると思います。このSM-SX300はアナログやデジタル入力でも十分、格の違いやケーブルの良さが判ると思います。  それぞれのアンプやスピーカーなど、少しづつ変えていくのもオーディオの楽しみの一つかもしれませんが、思い切って今回のセットのようにすべて変えてしまうという考えはいかがですか? もちろん機器の下取りも行ってますので、いつでも相談承ります。  問い合わせについては、電話03-3253-5555 2階の田中もしくは中村に、もしくはメールにて問い合わせお願いします。

tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

2007年5月14日 (月)

NO TITLE

期間限定でLeft side HALLにSYMPHONYが2台置いてあり
ブリッジ接続でAmati anniversarioを鳴らしております。

3froom2_1

以前McIntoshが置いてあった時もそういう接続が出来るんだよ
と、当時の上司に聞いていましたが実際に聴いた事は無く
せっかくの機会なので聴いてみる事に。

試聴ディスクはコレ↓↓

Jmxr24013_1

スペイン奇想曲の2曲目Variazioniは弦や木管が活躍する
非常に穏やかな曲です。雰囲気的にスピーカーに似合っているかな
と、思っていたのでコレで聴き比べてみることにしました。

結果は、ブリッジ接続のほうが気持ちの伝わる演奏だったように感じました。
迫り来る感じ、というと大袈裟になってしまいますが音の厚みも増し、より滑らかに。
しかし、傾向が変わるわけではないので一番簡単なグレードアップ方法の様です。
アイデア次第で色々な変化が楽しめるのだな、と実感しました。

いつ居なくなってしまうのか分かりませんので、試聴ご希望のお客様は
お早目のご来店をお勧めいたします。

3階 末廣

|

天ノ視点 其ノ拾四

天ノ視点 其ノ拾四

本日、3F野田の手伝いで午前中~正午までお客様のご自宅に機材の配達にいってきました。

これまで配達のお手伝いは何度か経験しているものの、本日のお客様は圧倒しました。

ソフトの数に!

もちろんご使用なさっている機材もすばらしかったのですが、それ以上にソフトの数に圧倒されました。LP盤の枚数はもちろんのことCDDVDがところ狭しと並べられており、すべてのソフトを聞いたら何年かかってしまうのだろうと思いました。そして、これだけオーディオや映像に情熱をかけられる環境をうらやましく思いました。

話は変わりますが、「音」「音響」は兵器になり得る事を皆さんご存知ですか?「音響兵器」は外部的なダメージではなく、内部…つまり聴覚、もしくは精神的なダメージを与える目的としているらしいです。戦闘意欲を軽減させ暴動などの鎮圧に使われている。催涙ガスなどでは呼吸器官などに障害を与えてしまうため導入されたとか。しかし、「音」はご存知のとおり空気の振動なわけで耳に障害が残ってしまいそうな気がしますが…。その他にも、潜水艦のソナーは音を発信し、反射してきた音で物体の位置を把握するもの。また、近年では、豪華客船が海賊に襲われた際、設置してあった非殺戮兵器「LRAD」の活躍で海賊を撃退したそうです。最大音量は約150dB。飛行機のエンジン音を間近で計ると約120dBらしく、想像を絶する音が発せられたことになりますね。

実はこの「音響兵器」が身近なところに存在するようになってしまうかも知れないみたいです。

夜のコンビ二。若者(10)が深夜のコンビ二に集まっている光景をご覧になったことがありますか?とても威圧感があって、気楽に買い物もできない雰囲気を作り出しています。

そこで、Howard Stapletonという方が開発したのが「十代にだけ聞こえる音撃兵器Mosquito」奇しくもH.A.L.1にある「MOSQUITO NEO」と似ている名前ですが、まったく違う代物で高周波ノイズを発生させて止まっていることを不快にさせることが目的らしいです。人間の聴覚は年齢を重ねると比例して衰えていき、十代の人にしか聞き取れない帯域があります。その音を流し続けると耐え切れないという理屈、実際にその音に対し若者が不快に感じコンビ二の前に集まらなくなったとか、しかし、聴覚の衰えには個人差があり年齢を重ねても聞こえる人もいます。そのことに対して発明者は「その年齢の人は店頭に居座ったりしないので大丈夫」との事。確かに!

僕らも安心してコンビ二にいける日が音響兵器によって訪れるのでしょうか。

「音」もしくは「音響」とはいろいろなところにあります。もちろん、音楽の本質は純粋に楽しむものだと思います。

しかし、音が及ぼす危険性というものもあるということも事実。実際、以前僕はコンサート音響の世界に身を投じていましたが、そこで突然の大音量に驚いたスタッフが足を滑らせ落下事故なんてこともありました。

やはり、きちんと機材のことを把握して音楽ライフを楽しむ事が大事なんだと考えさせられました。

今回の「天ノ視点」は「音」「音響兵器」について考えてみました。

|

Today's lunch!! Vol.38

初めて口にしたもの、生まれて初めて食べたもの。新鮮であり未知の味に遭遇すると感動もひとしおというもの。そして、本当に美味しいものを食べると幸せな気分になれるというのはオーディオと同じかもしれない。仕事の合い間のランチタイムという限られた時間とご予算(^^ゞの中で、こんな出会いがあろうとは…。「感動の大きさと文章量は比例する」という私の法則に照らして、またまた平日のランチが始まる月曜日はやっぱりここに行かなくっちゃ~、と初体験の味を求めてosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へ!!20075141 昨日の神田祭の喧騒が嘘のような秋葉原は今日もいい天気。予報によると東京地方の気温は17-24℃ということで、シャツ一枚で出かけられる。すると、これまでと違って更に一階のもう一面の窓もご覧のように開け放たれ、間近に草花を見ながら食事が出来る雰囲気が気持ちいい。で、早速今日のメニューを見せて頂くと…20075142 、好物のペペロンチーノもおいしそうだか、「地鶏胸肉のモッツァレラチーズ詰め」というのが興味を引いた。鶏肉の料理ではソテーしたものがランチでは普通で、他の店でも見かけるが、あくまでもご飯のおかずというもので一品料理という雰囲気ではない。それを、ここのシェフはどうやって料理するのかが気になった。この段階ではお肉料理でのボリューム感はあまり期待していなかったものでした。20075143 で、今回もデザートが食べたくなったので1,200円のCセットを奮発した。その前菜がこれ。「野菜のマリネ」ということで、まるで果物かと思える色鮮やかな野菜が程よい酸味と甘さでしゃきっとした食感で美味しい。むしろ、今日のメニューとのバランスを考えたものか、あっさりとした前菜が後に続く期待感を募らせる。20075145_2  20075144_1   さあ、メインがきました!! この見た目の第一印象があまりにも意外であり驚いてしまった。まだ口にしていないのに、ちょっぴり興奮さえ覚える光景に思わずアングルを変えて写真を二枚撮ってしまった(笑) cameriera 大枝さんが「温泉卵を割って、絡めて食べてください」という。でも、最初は卵のまろやかさは後のお楽しみにとっておいて、写真の左側にナイフを当てた。たいして力を入れずとも、すんなり切れる柔らかさで、ソースだけで食べてみた。「これは美味い!!」胸のうちで唸り、次はパルミジャーノ・レッジャーノがかけられている写真の右端にフォークを刺してまた一口。薄い衣をつけてオーブンで焼いたものだろうが、端の方でも柔らかい。そして、トマトベースのソースがなんとも美味しい。写真では解りづらいが、このお肉の厚みはゆうに5センチ以上はあってボリューム満点。いつものように最初からパンは二つ出してくれるので、料理のボリューム感と相まって満腹コースで食が進む。そして、温泉卵とソースを混ぜて食べ始めると新たな感動が!! ソースの酸味をまろやかに変化させ、脂身のない胸肉の味わいを奥深いものにしてくれる。そして、お肉と野菜を同時に口に運ぶと新たな食感と野菜の風味が加味されて新たな美味しさが広がる。「いいね~、でも詰めてあるはずのモッツァレラチーズはどこにあるのかな?」と、思いつつ次第にお肉が小さくなっていくと…「あ~、これだ!!」チーズだから黄色か白か、という見方をしていましたがグレーのパテ状のものが出てきました。お~、そういうことですか!! モッツァレラチーズをそのまま詰めたのではなく、マッシュルームとからめて下味をつけたものがじわっとこぼれ出てきました。このパテだけをそのまま食べてみると、これがまたなんとも美味しい。これをパンに乗せて食べて、あ~幸せ~(^^ゞという感じ。鶏肉料理で、しかもランチでこんなに手の込んだ料理を食べたのは初めてでした!!20075146 いいですね~、満足感・満腹感というのは単純に量的なものではないですね。美味しいものだと量感を気にしなくても心が満たされる感じです。さあ、デザートですね~(^。^) 前回はデザートの内容を確認するために、会社に戻ってから大枝さんに電話して色々と問い合わせしてしまいましたが、今日は大枝さんに「これ何だかわかりますか?」と逆に言われてしまいました。「え~、とスイカですよね、これ」と間の抜けた答えをして、スィーツにうとい私は降参してしまいました。(笑)「有機人参のババロアです」と大枝さんから教えられて、へえ~人参ね~? と半信半疑でまずスイカを食べて…、あっ、このスイカがまたまた美味しかった(笑)プルプルしたババロアを一口舌に乗せたら…「えー!! これは!!」濃厚でさっぱりしていて、果物のように酸味はなく、かつ乳製品のようなしつこさもなく、この甘さがとろける時間が終わって欲しくないと願うほど美味しい!! こんな美味しいデザート、いや意外性というか、クリームたっぷりのケーキもいいですが、人参ベースのババロアとはこんなにもオジサンを感動させてくれるのかと参ってしまいました(^^ゞ オードブルにメイン、そしてデザートと三回も未知との遭遇で大満足のランチでした!! 私も皆さんに美味しい音楽をお出しするようにがんばらなくっちゃ!! と元気を出して会社に戻りましょう!! ご馳走様でした~<m(__)m>

|

2007年5月13日 (日)

天ノ視点 其ノ拾参

天ノ視点 其ノ拾参

神田祭、最終日となりました。お店の中にいると祭囃子(まつりばやし)が聞こえてきます。

お祭り好きの僕としては、なんともむず痒い思いですが…。

世界各地にお祭りやフェスティバルはありますが、やはり、太鼓や笛に音を聞くと心踊るのは日本人だからでしょうか。

僕が住んでいる千葉の浦安には浦安三社祭という四年に一度の大きな祭りがあります。前回、僕は参加できなかったのですが、今回は是非とも担ぎたいです…。次回の開催は来年の夏ですが、すでに準備が始まっています。

足袋をはき、ねじり鉢巻を頭に巻き、半被にそでを通す。「まいだ、まいだ」の掛け声とともにゆれる神輿を今からとても楽しみに想像している天野です!ちなみに「まいだ」(もしくは「まえだ」)の掛け声は浦安三社祭の特有だそうです。地域によって変わるみたいですね。※なぜ「まいだ」なのかはわかりません…

祭囃子(まつりばやし)は祭りの際に演奏される音楽で、邦楽のジャンルのひとつ。単に「はやし」と呼ばれることも多いが、この場合歌舞伎神楽などの舞台芸術に付随する音楽的要素としての「囃子」は含まれず、祭りに付随した音楽をさす。  …Wikipedeより

古来より、音楽は神に僕らの声を届ける唯一の通信手段だったそうです。それが脈々と受け継がれ、新しい楽器や奏法が増えていき世界中の文化が(話が大ききなりすぎですが…)国境なく入り混じり、今の時代の「音楽」ができあがったのでしょう。

そして、その音楽をH.A.L.1にて聞く!…このすばらしい流れが出来上がるわけです!

今回はH.A.L.1についてではなく、お祭りを通して日本の音楽文化について少し勉強してみました。

|

Today's lunch!! Vol.37

20075131 祭りだ、祭りだー!! という今日のアキバはもう大変な人出。ご覧のように当店の前を本当に多数の神輿が練り歩く神田祭は今日が「神輿の宮入」ということで、朝から晩まで大変な賑わい。七階のここまで祭囃子の掛け声が響いてきて、毎年の事ながら落ち着かない^_^; 神田明神の境内に入る順番待ちで、多数の神輿が明神下の交差点に至る各道路で渋滞が続く。各町内から集まってきた神輿の担ぎ手は、そんな時には粋な褌姿で酒やビールを飲みながらの休憩を繰り返し、周辺の店はどこも一杯。当店にはトイレを借りに来る男たちが後を絶たないというのが恒例。こんな日にはどこも混んでいるので、やはりUDX・クロスフィールドにと足が向いてしまう。

20075132 今日はお客様が待っているので、早く戻らなければと行き先を考えるのももどかしく、Vol.5で紹介している“上海バール”に飛び込んだ。それにしても駅の周辺も凄い人出で、この店の前には屋外にテーブルを出していますが、祭り装束の人々がたくさん。で、もう今日は美味くなかったらやめようと思いつつ、頼んだのが「タコイカにんにく唐辛子炒飯」という初物。出てきたのがこれ!! 唐辛子色がほんのり赤くご飯を染めた炒飯で食欲をそそる。で、一口ほおばると、これがまた美味かった!! イカの食感とタコの食感がこんなに違うものかと改めて感じ、唐辛子の辛さとニンニクの風味が食が進み、あっという間に完食!!今日のランチは三時過ぎで空腹の絶頂ということもあったし時間もなかったが、これはレポートせずにはいられない美味さでした!!

|

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »