« 天ノ視点 NO,137 | トップページ | H.A.L.3より、年末のご挨拶 »

2007年12月30日 (日)

思い出すということの価値

ダイナミックオーディオ5555の5Fを担当しております、佐藤です。

今年も大変お世話になりました。

2007年も色々な出会いと別れがありました。

音楽界ではルチアーノ・パバロッティや、

最近ではオスカー・ピーターソンといった人々が去っていきました。

音楽は彼らの魂を再生することができます。

再生される場所はもちろんあなたの心の中です。

時が流れるということが、延々と「さよなら」を繰り返していくということならば、

ふと立ち止まり耳を傾けて、むしろ「さよなら」を噛み締めてみたい。

思い出すということが持っている価値を改めて思うのです。

20072008

良いお年をお迎え下さい。

今年の営業は明日の午後4時までです。

来年は5日からの営業いたします。

また元気でお会いできることを楽しみにしております。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

« 天ノ視点 NO,137 | トップページ | H.A.L.3より、年末のご挨拶 »