« ジャイケル・マクソン(?) | トップページ | 天ノ視点 NO,116 »

2007年11月 3日 (土)

「盗まれた街」

ハリウッド映画の定石といえばリメイク作品です。
これもすでに 4作目のリメイク作品だとか・・・
先週封切りで観てきました。

T0005566 THE INVASION 「インベージョン」

監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
主演 二コール・キッドマン/ダニエル・クレイグ

ジャック・フィニィ 原作の傑作古典SF「盗まれた街」の4度目の
映画化。監督は「es」エス、「ヒトラー最後の12日間」で注目
された、どこか厳格な表現が感じられるドイツ人監督です。
内容的には二コール・キッドマンが全てのような映画で、
007のNEWジェームス・ボンド役で話題だったダニエル・
クレイグはいまひとつ控えめな演技でしたね。
もともと宇宙からきた生命体に人の体が乗っ取られる(侵略)
話なので、人間関係の信頼や不安の表現演技が問われます。
物語のなかで「世界から戦争が無くなるには人間でなくなる
しかない」というくだりがあって、う~ん一理あるかもと・・・

D110491014 個人的には1978年公開版された、
この「SF/ボディースナッチャー」が強烈な
ラストのインパクトでなんともいえない憂鬱感
に浸ったのが印象的な作品でオススメ!
俳優陣も個性派ばかりで、「24」でおなじみ
キーファー・サザーランドの父親 ドナルド・
サザーランド、「ザ・フライ」のジェフ・ゴールド
ブラム、「スタートレック」スポック役こと

レナード・ニモイ、「エイリアン」のヴェロニカ・カートライトこの人
の絶叫が凄いですね。新作にもオマージュ的に出演してますが
さすがに月日が感じられます。イイおば様になってます。

お問い合わせ

ダイナミックオーディオ5555 2F 茂呂
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

« ジャイケル・マクソン(?) | トップページ | 天ノ視点 NO,116 »