« MOREL「OCTAVE 5.2」 IN H.A.L.3! | トップページ | ☆3Fの☆展示品☆だす☆ »

2007年11月19日 (月)

冬がやってきました

冬といえば鍋で決定!というわけで、鍋の話。

鍋を行き着く先を大きくふたつの方向に分けたならば、

その両極端にあるのは「湯豆腐」と「闇鍋」です。

限られた食材をゆっくりダシで温めて味わうのが湯豆腐型。

多彩な食材をぐつぐつ混ぜ合わせて味わうのが闇鍋型。

友人たちと集まると、それぞれの好みでついつい色んなものを入れたくなってしまいますが、どんな味になるかは運任せだし、結局最終的には何の味だか分からなくなってしまうんですよね。(奇跡的に美味いこともあるけど…)

コストも結局高くつくことが多いです。

「闇鍋型」もそれはそれで楽しいのですが、味を楽しむなら断然「湯豆腐型」です。

メインの食材はできれば3、多くても5種類に厳選したいところ。

例えば常夜鍋なら「豚肉+ほうれん草+油揚げ」

鴨鍋なら「鴨+葱+せり(+ごぼう)」

どれかがおいしいのではなくて、

それぞれが出会った時に最大の旨味を出すような組み合わせにしたいですね。

食材の種類も少なくてすむのでその分それぞれちょっといいものが買えます。

つけダレや薬味も重要です。

市販のポン酢やゴマダレもおいしいのですが、ダシの強い、

「それ自体の旨味の強すぎる」ものが多くあります。

乱用すると具の味が分からなくなってしまいますね。

醤油、カボス、万能葱、大根おろし、ゆずこしょう、かんずり等を利用して、

その鍋の具の味を活かすタレをチマチマ作るのが楽しいのです。

できれば鍋やお椀などの食器にもこだわりたいですね。

美しい食器はそれだけで食欲をそそります。

そのうちガスコンロの火にまでこだわりだす人もいるかもしれません。

ん?オーディオの話みたいですね。

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

« MOREL「OCTAVE 5.2」 IN H.A.L.3! | トップページ | ☆3Fの☆展示品☆だす☆ »