« ALLEGRIA | トップページ | 天ノ視点 NO,127 »

2007年11月30日 (金)

天ノ視点 NO,126

天ノ視点

本日の日経産業新聞にこんな記事がありました。
「オーディオ 復活の足音」-団塊世代など対象に新製品続々-

ご存知の通り、第一期オーディオブームがありました。
私が生まれてくる前の話ですが…

私の父がそうであったように、その世代の方はオーディオに関してとても詳しく、オーディオを愛している方が多いです。
今回の記事にによれば、「ipodの人気に伴い~」ということ。
「ipod」といえば、若い世代の方を中心に人気のあるポータブルミュージックプレーヤー。
このipodに関するオーディオが増えてきて、若い世代の方が少しでもHi-ENDオーディオに興味を持っていただけたら嬉しい事ですね。と思いました。

話は変わります。
驚きの変化をお手軽にご家庭で!!
Skex SFC / SK-EX(帯電イレーサー)

これまでに、DISCの不要な静電気を除去するという商品はありましたが、私が身を持ってここまで変化を感じたのは、初めてでした。

使用前と使用後を比べていただければ、一聴瞭然!!
洗い立てのタオルを使ったような爽快感。音が軽やかに、イキイキと聞こえます。
出だしのピアノで変化に気が付き、ボーカルがセンターで心地よく歌い出し、PANの振られたアコースティックギターが静かに背景を作り出します。
同じDISCでこれほどに変化が…!!

これは一度使うと癖になってしまうかもしれませんよ!!

レコードもCDも共に変化が大!!

特に今の時期は乾燥が激しく、静電気が発生しやすくなっています。おもいのほかDISCに悪影響を及ぼしているようです…。

使い方はだだ置くだけというシンプルなもの。機械的な要素は一切必要ありません。

これで、皆様のDISCも蘇ります!!

amano@dynamicaudio.co.jp   7階H.A.L.1  天野

|

« ALLEGRIA | トップページ | 天ノ視点 NO,127 »