« VIVID Audio | トップページ | 3F 展示品情報です。 »

2007年11月18日 (日)

AudioMachina「The PURE System」& AESTHETIX「ATLAS」試聴会☆少しだけレポート

こんばんは。
髪を短く切って洗髪が楽になった、宮川です。

Pure_system_2 さて、昨日は、このブログでもお知らせしておりました『AudioMachina「The PURE System」& AESTHETIX「ATLAS」試聴会』を行いました。予約状況は、あまり盛況とは言えない寂しいものでしたが、当日は満席!という嬉しい結果となりました。

お寒い中ご来店下さいましたお客様、また、このイベントの準備から当日の解説まで、ご協力頂きました㈱ゼファン安藤氏には、この場をお借りしまして、御礼申し上げます。

The_pure_system1116 ←AudioMachina「The PURE System
(\4,410,000 / 税込)
本日の主役です。
Pure_system_3 ←遠目で見ると分からないのですが、このキャビネットは上下に分かれております。
Pure_system_←一見するとツィーターとスコーカーの2ウェイの様に見えますが、この部分で一つのフルレンジとなっており、この金色に輝くユニットが「このスピーカーの全て!」との事です。

この風変わりな姿からして、何となく「VIVID AUDIO」みたいな感じだろうか・・・??という先入観もあったのですが、結構違う印象を持ちました。
「The PURE System」は音色自体にあまり色付けをしている感じは受けず、ニュートラルな印象です。「音色」よりは、「鳴らし方」に凄く特徴のあるスピーカーという感じがしました。広くステージを作り出すというよりは、定位や音像がリアルな感じです。ヴォーカルなどは非常に生々しく、驚きです。楽器の一つ一つも見えるかのようです。かと言って、うるさい感じは全く無く、落着きのある鳴らし方のスピーカー、という感じがします。輸入代理店の担当者曰く「このスピーカーの開発者は位相命!で作っている」そうなのですが、なるほど・・・。

Pure_system_ ただ、このスピーカーの持ち味を引き出すには、かなりシビアなセッティングが必要な気がします。この足元のオーディオボードの角のR部分が5ミリ上下にずれるだけで、ヴォーカルがかなりずれてしまったり(ソフトにもよりますが)。音的にも、使いこなし的にも、じっくり取り組みたい本格派向けのスピーカーかも・・・

試聴会ではAESTHETIXで鳴らしましたが、GOLDMUNDで試した所、音色の感じは結構変わりましたので、アンプの組合せでも楽しめるスピーカーです。
展示は明日のお昼頃まで、じっくり聴きたい方は本日ご来店頂ければと思います。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

« VIVID Audio | トップページ | 3F 展示品情報です。 »