« すっきりしたね | トップページ | 本日の「私のコーナー(仮)」&試聴室☆07/10/24 »

2007年10月23日 (火)

血液

「Who Is This Bitch Anyway」 Marlena Shaw

ハーモニーについて。
三つの音で構成されるハーモニーを、
二桁の数字に置き換える、という方法があります。
たとえば、「33」。
前の数字は一音目と二音目のインターヴァル(音程)を、
後の数字は二音目と三音目のインターヴァルを、
それぞれ示しています。
だから「33」は、ドミソ、レファラ、ミソシ、ファラド などのトライアド。
「26」は、ドレシ、ミファレなどの半音でぶつかるクラスター。
「44」だと、ドファシ、レソドなど調性があいまいなクォータル。
この方法を使う理由は、
ハーモニーがスケール上で把握でき、
演奏を簡略化すると同時に、音楽をより柔軟に表現できる点にあります。
人間の頭脳や反射神経には限界がありますから、
「楽をするために知恵をしぼる」
ということです。
何を「楽」とするかは、ひとそれぞれとして。

そんなつまらないことよりも、
「Feel Like Makin' Love」によって、
僕の血液は温められるのです。


seki@dynamicaudio.co.jp
                                                                                                      セキ

|

« すっきりしたね | トップページ | 本日の「私のコーナー(仮)」&試聴室☆07/10/24 »