« 特権 | トップページ | 天ノ視点 NO,113 »

2007年10月30日 (火)

ブーガルー

「Rashida」 Jon Lucien

車で遠出をするのが好きな父は、
僕が小さかったころ、いろんなところに連れて行ってくれました。
太陽の光が差し込む後部座席に、
音楽が流れ込んできて、
車に揺られながら眠る。
今思い出してみてもそれは気持ちいい居場所でした。

メロウ・ソウルなシンガー、ジョン・ルシアン。
といっても、ブラジリアンとソウルが混ざったような
ちょっとブーガルーみたいな感じ。
なんにしてもかなり海辺っぽいアルバムです。
本人もアメリカ領のどっかの島の出身だとか。
でもメロディはブラジルのミナスっぽかったりして。
とにかく、太陽と海と風と人が伝わってくる作品。
フリーソウルのコンピなんかではもうお馴染みです。

音楽を物語にして、
好きな名前をつけて遊びましょう。
自分の居場所を失いやすいすべての人へ。


seki@dynamicaudio.co.jp
                                                                                                   セキ

|

« 特権 | トップページ | 天ノ視点 NO,113 »