« 地獄のヒーロー | トップページ | 1F特価品情報!!PART2!! »

2007年10月 3日 (水)

惑星

Tooties Tempo 

「Tootie's Tempo」 Tete Montoliu

僕やあなたやその他の人々は、
一つの直線上に立っているのではなく、
空気中を惑星のように漂っているはずです。
山脈地帯の上空写真を見ると、
頂上から流れる川の形状は人間の血管にそっくりだし、
海溝はまるで切り傷みたいに見えます。
人間も自然の一部なんだな、と思いました。
そもそも人は自然から切り離されては生きていけないはずです。
といっても自然は我々の都合に合わせてはくれません。
だとすれば我々が彼らの都合に合わせるしかないんですね。

盲目のスペイン人ピアニスト、テテ・モントリュー。
ベースはペデルセン。
ドラムはアルバート・トゥーティー・ヒース。
タイトルは彼の名前からきています。
ピアノトリオは、誰か一人が突出していてもだめです。
三者のバランスが最も大事だと思います。
それはキース・ジャレットやブラッド・メルドーを聴いても明らかです。
例えばピアノの人が「俺について来い」とばかりにグイグイ引っ張っても、
客観的に聴いたらちょっとダサい。
その点彼らはちゃんと流れを読みながら、
その場に応じた音を出していくから、
それは素晴らしい音楽になります。

人種間をつなぐ最短距離の架け橋が、音楽だと思います。
では、人間と自然とをつなぐ最短距離の架け橋は、
いったいどこにあるのでしょう。
 

seki@dynamicaudio.co.jp
                                                                                                         セキ

|

« 地獄のヒーロー | トップページ | 1F特価品情報!!PART2!! »