« ふつうに良い音がするプリアンプ | トップページ | 天ノ視点 NO,103 »

2007年9月25日 (火)

MIMESIS330ME & TELOS150L☆比較試聴

こんばんは。
本日、5年8ヶ月使い続けた携帯がとうとう壊れ、近くの某量販店へ買いに参りました所、契約書に「超長期」と書かれていた・・・宮川です。

さて、今月初旬に展示を始めたGOLDMUND「TELOS 150L」ですが、先だってお伝え致しました通り、現在エージングの真っ最中です。本日もずっと鳴らしております。

Mm330telos150l ←プリメインアンプ「MIMESIS 330ME」を“H.A.L.3特別仕様”にして使用中なのですが、この形ですと、「プリメインのみ」と「プリメイン+ステレオパワーアンプ」で鳴らす、比較試聴が出来ます。
まだ、お目覚め前のTELOS 150Lとでは、分が悪いかもしれませんが・・・

始めに、「MIMESIS 330ME+TELOS150L」コンビで試聴。
展示当初よりは大分こなれて来た印象です。やはりセパレートにした分だけ、分離は良いようです。ステージは全体的に奥に広がる感じでしょうか。GOLDMUNDの音色、というイメージよりは、やはり少し落ち着いていて、温かみのある音色です。低域の厚みはこちらの方があるように感じます。
次は「MIMESIS330ME」のみで試聴。
こちらは、華やかで鮮明、GOLDMUNDの音色のイメージはこちらの方が強い感じがします。横へ広がりつつ、割と前にも出てくる感じで、響きが豊かです。立ち上がりなども、こちらの方が早いように感じました。

GOLDMUNDでも、この「MIMESIS 330ME」と「TELOS 150L」は、音色の方向性が少し異なっているのかもしれません。聴いている音楽の雰囲気が違う感じがしました。

070925 ←今回、試聴に使用したディスク。いつもの、という感じです。

Photo ←こちらは、私が以前買い求めた「ヨーヨー・マ プレイズ モリコーネ」のCDのみの輸入版です。当時はこれしかなかった気がします。その後にSACD国内盤が出ました。「GOLD」と同じ様な感じですね・・・

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« ふつうに良い音がするプリアンプ | トップページ | 天ノ視点 NO,103 »