« 天ノ視点 NO,88 | トップページ | 天ノ視点 NO,89 »

2007年8月19日 (日)

「私のコーナー(仮)」のルームチューニング紹介・QRD「DIGIWAVE」

こんばんは。
お寿司のネタでは、穴子が一番好きな、宮川です。

さて、「私のコーナー(仮)」ルームチューニング紹介の第三弾、今回は渋めの「Autograph Mini&LUX」システムの方で使用しております、QRD「DIGIWAVE」をご紹介致します。

DigiwaveDigiwave_←QRD「DIGIWAVE
600×875×100 ㎜
\102,900(税込)

こちらは、最初にご紹介させて頂きましたハイブリッド拡散パネル「BAD」を、表面に波型の成形を施したものです。壁掛け用の穴が背面に開いている点、型紙や金具が付属されている点などは、BADと同様です。

表面が波状になっていますので、BADよりも、より一層の拡散効果が期待出来ます。「Autograph Mini」は、元々小型でもスケール感の出るスピーカーですが、これを使用する事によって、より広がりを持った音楽を楽しめます。離れた所で聴いていても、とても、こんな小さな筐体のスピーカーから出ているとは思えない感じです。また、音像・定位もしっかりして来て、ほど良い吸音効果もあるので、ハーモニーは失わずに、立体感も出て来ます。BADよりも拡散出来て、Diffractal ほどは散り過ぎない、外見もスッキリしている、優秀ルームチューニング製品です。壁にポンと掛けていても、普通にオブジェの様に見える所も嬉しいです。

Photo ←BAD コーナー、DIGIWAVE、BAD(エクストラカラー)のカラーサンプル。壁と同じような色味にしても良し、敢えて違う色味にして、さりげなくオブジェ風にしても良し、という感じの色が揃っております。

「私のコーナー(仮)」では、小さくてお洒落な感じですが、追い込んで行くと、驚くほど良く鳴ってくれるシステムが揃っております。「何もここまで・・・」という事でポンと置くだけでも良いですが、ルームチューニングやアクセサリー等で、少しずつ自分風味を付けてあげると、より愛着の沸くものになって行くと思います!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« 天ノ視点 NO,88 | トップページ | 天ノ視点 NO,89 »