« 1Fアクセサリー特価最新情報!!! | トップページ | プログレイベントレポート »

2007年7月10日 (火)

「私のコーナー(仮)」NEOCLASSICOシリーズで比較試聴~オーディオボード編~

こんばんは。
昨晩作ったじゃがいものニョッキが、しょっぱい上にソースの味が濃くなり、塩分過多の体に悪そうな食事になってしまった、宮川です。

さて、「私のコーナー(仮)」渋めの方ですが、またまた色々、試行錯誤を重ねております。
070710 まず、スピーカーの位置を再び変えてみました。間隔を少し広げて、後ろに下げております。後ろに下げる事で、音色に厚みが出るだろうなと思い、スタンドを横向きに使用して奥行を減らして、より後方へセット出来るようにしてみました。良い感じになって来た気がします。

もう少し温かい感じがでないかな・・・と考えて、ふと、我が上司の「(プレーヤーとアンプに敷いてある)大理石の音色が乗ってるなぁ」という言葉を思い出しました。
・・と、言う訳で、プレーヤーとアンプのボードを色々変えて、試してみる事にしました。

Neoclassico_hayami ←まずは、HAYAMIのスピーカーベース「SB-123
スピーカーの下に置くブロックなので、分厚いです・・・目に入ったので使ってみました。サイズが物語るかの様に、物凄く分厚い音色になりました。弾力があって膨らんでいる感じです。高域は落ち着いて来ますが、少し、低域が目立ち過ぎ、の印象です。

Neoclassico_j1 ←J1 PROJECT「J1B3040」。
こちらは、隣のDALIに使用しているものです。これも、大理石と比較すると、ゴリッと力強い感じです。SB-123は、ブワッと膨らむ音色でしたが、こちらはもう少しストレートです。ザラッとした感じもあって、骨太なサウンドという印象を受けました。

Neoclassico_ ←イルンゴ「GRANDEZZA TAP45&60
ショウケースの中にあったものと、試聴室の電源タップに使用していたものを拝借してしまいました・・・しっかりと引き締まった低域ですが、木の音色の温かみもあって、バランスが良い感じがしました。

大理石は華やかで繊細な音色で、これはこれで良かったのですが、「私のコーナー(仮)」現代的な方(一体型システムの方)とは一味違ったものを目指しておりますので、試してみた次第です。

と、このような小さなシステムでも、ボードの違いによる変化が出ます。
試聴室ならば尚更・・・そこで、H.A.L.3では今週土曜日、14日にアクセサリーの比較試聴イベントを、午後6時より行います。この日は午後1時より評論家、柳沢 功力氏によるイベントも開催、2本立てです。

まだお席の方は若干余裕がございますので、興味を持たれた方は是非、メールまたはお電話にて、お申し込み下さいませ!!

詳しくはこちらまで。

4F H.A.L.3 宮川 いより

|

« 1Fアクセサリー特価最新情報!!! | トップページ | プログレイベントレポート »