« 天ノ視点 NO,56 | トップページ | 天ノ視点 NO,57 »

2007年7月 6日 (金)

H.A.L.3・本日の試聴室☆07/07/06

こんにちは。
先日、高層ビルからの夜景を目の前に、甘めの白ワインを堪能し、セレブな気分に浸ってしまいました、宮川です。

さて、本日の試聴室です。

070706本日は、予約試聴が入っているようで、お客様のリクエストにより、珍しくアナログプレーヤーが入っております。
・アナログ・プレーヤー:marantz「TT-15S1」(\262,500/税込)
・フォノイコライザー:TRIGON「VANGUARD Ⅱ」(\84,000/税込)
・フォノ専用バッテリー:TRIGON「VOLCANO Ⅱ」(\84,000/税込)

Photo_559 CD/SACDの出現から、楽曲のダウンロード、PCトランスポート・・・という時代になりつつある今、アナログ・レコードは徐々に下火になるかもしれませんが、消えてしまう事は、ないのだろうと思います。(そう願いたいものです・・・)

アナログは、厚みと温かみがあって、私などは、馴染みは薄いはずなのですが、何故か懐かしくホッとする音色です。低域の分厚さが、CDのそれとは、また違う感触がします。しっかりと手ごたえ、というか、触り心地があるような感じがします。考えようによっては、音は空気を振動させて伝わるもので、肌に直に触れると言えば触れるものなので、聴覚プラスアルファの快感があるのかもしれません。
なんでも簡便化・効率化の現代に、一手間二手間かけて音楽を聴くというのも、心にゆとりを与えてくれるような気がします。

Photo_560 また、発売以来、Ayreユーザーの方を中心に、ご好評頂いております「アイソレーション・ブロック」ですが、試聴室でも使用しております。音質面の改善はもちろんなのですが、見た目もスッキリして美しいです。
セットしている最中、昔、弟と電車の玩具で遊ぶ時、レールを敷いている感覚を思い出してしまいました・・・

4F HAL3  宮川 いより

|

« 天ノ視点 NO,56 | トップページ | 天ノ視点 NO,57 »