« 「シアターとピュアオーディオの融合」イベント★少しだけレポート | トップページ | 天ノ視点 NO,74 »

2007年7月30日 (月)

ESOTERIC「X-03SE」&「UX-3PI」比較試聴

こんばんは。
ゲームセンターのUFOキャッチャーに、今更ながらはまっている、宮川です。

さて、本日は朝からシアターイベントの片付けをしておりました。試聴室もいつもの様子に戻り・・・イベントの為お借りした、ESOTERIC「UX-3PI」を試聴室外の「比較試聴エリア」へセット、折角ですので、「X-03SE」との比較をしてみる事に致しました。

X03seUx3pi 写真左) 「X-03SE」(\735,000 / 税込)
写真右)「UX-3PI」(\840,000 / 税込)

ユニバーサルとSACD/CDプレーヤー・・・用途が違うものと言えばそうなのですが、音色の雰囲気が、やはり違います。
「X-03SE」は、どこまでも透き通っていて、とにかく鮮明です。迷い無く、聴き手まで一直線に届いてくる音色、という感じがします。「ESOTERIC」と聞いて、イメージする音色です。
「UX-3PI」の方は、音の鮮やかさはありつつ、もう少し柔らかです。音の伝わり方に丸みがある様な感じです。
ESOTERICのプレーヤーをもう少し甘くしたくて、DACを足す・・・という方は多いと思いますが、そういう場合は、このユニバーサルプレーヤーも選択肢に入れてみても良いのではないでしょうか?

「UX-3PI」の映像面での実力は、イベントでのデモを見た印象のみで申し上げると、かなり良いと思います。ブルーレイを使ってのデモの時と比較しても、思ったより大きな差は感じませんでした。プロジェクターの実力もかなりのものでしたし、部屋も完全に暗くは出来なかったのもあるとは思うのですが、DVDとブルーレイの解像度の違いからすれば、かなり健闘したのでは・・・と思います。

ちなみに、GOLDMUNDのプリメイン「MIMESIS330ME」、スピーカーは「guarneri memento」というシステムでの比較試聴でした。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« 「シアターとピュアオーディオの融合」イベント★少しだけレポート | トップページ | 天ノ視点 NO,74 »