« 天ノ視点 NO,43 | トップページ | 天ノ視点 NO,44 »

2007年6月20日 (水)

「私のコーナー(仮)」☆TANNOY「Autograph Mini」期間限定展示

こんばんは。
先日、友人がめでたく可愛い男の子を出産し、お祝いは何にしようかと考えている、宮川です。

さて、「私のコーナー(仮)」にお洒落に渋く仲間入り致しましたLUXMAN「Neo Classico シリーズ」ですが、このシステムに、まさに打って付けのスピーカーを合わせてみました。

Autograph_mini ←TANNOY 「Autograph Mini」 (\315,000 / 税込)
私が「インターナショナル・オーディオショウ」なるものに初めて行った一昨年、その会場でデビューを飾ったスピーカーです。ティアックのブースで、小さいながらも、大勢のお客様を前に、頑張って鳴っていた印象があります。
エンクロージャーのフォルムと言い、同軸2ウェイのユニットと言い、コンパクトでもしっかり「TANNOY」です。

Area_2070620_1 ←部屋の隅に置くTANNOYならではのセッティングをイメージして置いてみました。
背面のQRD「DIGIWAVE」の効果も相当あるとは思いますが、スピーカーの存在を全く感じさせない、見事な鳴りっぷりです。こんなに小さいのに!
ギタースピーカー「D-TK10」との組合せでは、素朴な落ち着きが魅力でしたが、「Autograph Mini」の場合は、この落着きや温かみに、更に上品な艶が乗った様に感じます。ステージ感もかなり広がります。さすが、mini でもAutograph!!
このシステムは、温かく品良くまとまっています。貴婦人の音色。

TANNOYのスピーカーに、LUXの真空管アンプ・・・何だか、古き良き、ではないですが、オーディオ全盛時代の、往年の名コンビ復活、という感じです。しかしながら、このコンパクトさと、お洒落さは現代的。オーディオの今と昔の、見事な結晶です。

この「Autograph Mini」ですが、24日(日)までの、期間限定展示となっております。
またまた全く違う魅力のある、コンパクト・システムが出来上がりました。是非一度、ご試聴にいらしてみて下さい!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« 天ノ視点 NO,43 | トップページ | 天ノ視点 NO,44 »