« 「Autograph Mini」常時展示致します | トップページ | INDRA上陸。 »

2007年6月24日 (日)

天ノ視点 NO,47

天ノ視点 NO,47

昨日、店長の実験に参加しました。

Z-board

これが何者か、皆様ご存知ですか?ハルズサークルの方々は親しみのある名前だとおもいます。

オーディオボードです。当フロアに全面的に採用しているラック「ZOETHECUS」の質を向上させる目的で開発されたボードです。もちろん名付け親は店長川又ですし、H.A.L.1オリジナル商品です。材料組成はセメントセラミックスと鉄微剛粒粉による複合材。セメントと鉄だけに厚さ25mm398mm奥行き520mmでも19.1gという重量感!しかし、その効果のほどは!以前よりハルズサークルの方々の評判やレポートを拝見させていただいておりましたが…。

昨日の実験では色々なことをやっていましたが、その中で僕が印象深かった実験を報告したいと思います。

PS-1500P-01(電源部)の下に敷く。

敷いていない時より明らかに全体が引き締まり、ボーカルの口元がより鮮明になり、まるで映像を見ているかのよう。ギターのカッティングや弦と弦がぶつかる音が明確に、臨場感をおびてきました。リバーブの伸びが気持ちよく聞こえる。例えるなら毛糸がピアノ線になったイメージ。スピーカーノイズも軽減されていました。

続いてちあきなおみ。

P-01(電源部)に2枚敷く。今回、使用したスピーカーはモスキート・ネオ。一番初めに感じたことを素直に書きます「いつものモスキートじゃない!」  天野ノートより抜粋。

リアル感が段違い!!実物のちあきなおみを観たことのない僕ですが、目の前では紛れもなくちあきなおみが歌い始めました。歌声の質感は水のように透明感があり、雰囲気と合い混じって上等な水あめのように滑らか。ストリングスが華やかに色をつけたと思えば、

その後入ってくるベースが、ただ低音を鳴らす道具ではなくアーティストが指で弦をはじき、指先の本人にしか感じる事のできないであろう微妙な弦の震えが伝わってくる。いつも聴き慣れている曲なのにまるで違う曲のように新鮮でした。

まだまだ報告終えない事が沢山あります、「Z-board」の効果は絶大でした。

Z-board恐るべし!!」  天野ノートより抜粋

amano@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1  天野

|

« 「Autograph Mini」常時展示致します | トップページ | INDRA上陸。 »