« Today's lunch!! Vol.54 | トップページ | H.A.L.3・本日の試聴室☆07/06/12 »

2007年6月11日 (月)

天ノ視点 NO,35

天ノ視点 NO,37

「オーディオラックの必要性」

良い音にする為の人間の探究心は果てが無い。トランスポートやアンプ、はたまた、DACやマスタークロック、ケーブル、そしてスピーカー。音に直接かかわるこれらの重要性が高いことはほぼ素人の自分が見てもわかります。まだ、この世界に足を踏み入れて間もないわけですが、彼らは僕に価値観を180度変えてしまうほどの驚きを体験させてくれたからです。それこそケーブル一本にしても何千円~何百万円の違い。材料や技術、情熱に雲泥の差があり、良いケーブルで音を鳴らしたときの幸福感はオーディオの面白さを僕に教えてくれました。

そして、先日、上司の手伝いでお客様のご自宅に配達&セッティングに伺いました。以前にも一度お邪魔させていただいたお宅でした。今回は、オーディオボードのセッティングということでした。

例のごとく、アクセサリーによる音質の変化に対する疑心暗鬼を抱きつつ…。

以前よりお客様はQUADRASPIREの横に長い二段のラックをお使いでした。今回は同じくQUADRASPIREの横に短い四段のラックに変更。そして、パワーアンプの下にMUSIC TOOLS/ISOstatic floorampを新規導入。作業は順調に終わったものの、セッティングにお客様、上司ともども必死のご様子。僕の入り込む余地はありませんでした。そして、全作業終了。

まず、見た目にも美しいMUSIC TOOLS/ISOstatic floorampを導入したことで、高級感が以前より格段にでて、横長のラックに比べて、すっきりとして無駄が無い!!これぞ、機能美!!そして音も、以前の印象より低音にしまりがでて、音像がはっきりと聞こえて、トランペットの音色がなんとも気持ちよかったです!!またしても仕事を忘れて音楽に聞き入ってしまう天野でした。

ラック一つとっても種類の数は数え切れないほどあり、それぞれに特徴があり(一つ一つを聞き比べしたわけではありませんが…)より良い音を生み出そうとして、オーディオボードにこだわる皆様の気持ちがわかったような気がします。

amano@dynamicaudio.co.jp  7階 H.A.L.1 天野天ノ視点 NO,37

|

« Today's lunch!! Vol.54 | トップページ | H.A.L.3・本日の試聴室☆07/06/12 »