« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

お買い得品のご連絡

何だか忙しい毎日ですが、いかがお過ごしでしょか?
(暑いので無理は禁物です。)
本日は朝からAVALON DIAMONDの中古品を出荷の準備で
1人で3本梱包、汗ダクダクでした。
それでもきれいに梱包完了しまして、
3本並びますと中々壮観です。自己満足ですが。

+++++++++++++++++ お買い得品 +++++++++++++++++

本日は電源ケーブルのお買い得品の御連絡。
ヨーロッパの規格の変更に伴うモデルチェンジのため、
現行品の生産終了に伴い、展示で使用しました
該当ケーブルを処分いたします。

KimberKable PK-10 PALLADIAN 定価\210,000(税込)

傷などはほとんどございません。
販売価格\136,500(税込)1本のみのになりますので
早い者勝ちになります。ご決断はお早めに

御成約

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「プログレ」イベントも来週の日曜日に迫って来ました。
コンダクト上田氏も先日御来店されまして、
先週のラジオ番組のお話をされていましたが、
6月23日の放送内容はプログレ特集です。
その時に

「やっぱり放送時間2時間欲しい今後の目標は
放送時間の拡大だね、時間全然足りないんだもん」

との事、1曲目に20分の曲をかけて
放送時間使ってしまったのは秘密です。
何はともあれ、来週は楽しいイベントになること間違いなし!
収容人数に限りがありますので、ご予約はお早めに。

東郷

|

WILSON AUDIO「SYSTEM8」とQRDの魅力 & dCS新製品発表会★少しだけレポート

こんばんは。
最近、当フロアに、蝿のような蚊のような微妙な虫が飛んでいて、気になっている、宮川です。

さて、本日は午後1時より、大場商事主催のイベントを行っておりました。
超ハイエンドプレーヤーシステム&クロックのdcsScarlatti シリーズ」+JEFF ROWLANDのプリ・パワーコンビで、当フロアではお馴染みのWILSON AUDIOSYSTEM 8」を鳴らし、更に、ルームチューニングQRDの効果も実感頂き、その魅力を、オーディオ評論家・小原由夫 氏に解説して頂く、という主旨の豪華な内容です。
今回も12名の方にご参加頂きました。ご来店頂きましたお客様、ご講演頂きました小原氏、ご協力頂きました輸入代理店・大場商事の鈴木氏には、この場をお借りしまして、深く御礼申し上げます。

_070628_1 ←試聴会用セッティングの室内。
dcsは、この試聴会後、すぐ引き上げてしまいますので、おそらくこの試聴室での、聴き納めになる事でしょう・・・昨晩は、色々実験的な試聴もしてみました。

P1020784P1020786←試聴会時の様子。
小原氏の面白いお話と共に、それぞれの製品を詳しく解説して頂きました。
また、試聴に使用するソフトも、普通の、所謂「試聴用ソフト」とは一味違う、幅広い変わったセレクトとなっており、 とても聴き応えがありました。帰り際に、「使用したソフトを買って行きたいから、ソフト名教えて」とお客様からお問合わせを頂くほど、興味深い内容の選曲でした。JEFFのアンプや、QRDは小原氏も実際にご使用との事で、大変分かり易く、楽しい講演でした。

「Scarlatti」の物凄い情報量と精度に、「SYSTEM8」の広いステージ感の組合せは、本当に「エキサイティング!」という感じでした。こちらまで迫ってくる様な迫力があり、定位もしっかりとしていて、「さすがだ・・」という感じです。この「Scarlatti シリーズ」は、これまでのdcsとは、少し違った感触の音色の様です。

ゴージャスな音楽と楽しい講演、一粒で二度おいしいイベントでした。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

オヤジ炸裂

昨日、ダイハード4.0を一足お先に見てきちゃいました。

前作から12年ブルース・ウィルスも52歳になりましたが

パワーの衰えは感じませんでした。

個人的には、ダイハード1に匹敵するか、それ以上に楽しめました。

オススメなのが野沢那智がブルース・ウィルスを演じている

日本語吹き替え版です。たびたびテレビで放送されるシリーズで

聞きなれているため、より一層楽しめました。(実は両方見ましたが)

ソフト化されたらまちがいなく、ブルーレイ版で買います。

ブルース・ウィルス52歳 野沢那智69歳 オヤジのパワーを感じた

非常に熱い1日でした。

                                      野原

|

天ノ視点 NO,52

天ノ視点 NO,52

天ノ視点 NO,41」でもお伝えしましたSP。

YG Acoustics  Voyager"Anat_ii_parts_layout

彼が最近、巷で噂になっているらしい…。本日も「Voyager聞けますか?」というお客様がおりました。あまり大々的な宣伝を行わなかった為、実はあまり触れてはいけない商品かと思いきや、ネットを観たお客様からこんなにもご反響があるとは!!

ご存知の通り”Voyager"の名付け親は店長川又です。名前の由来は「船舶で後悔を行う者」「航海者」。デザインとして曲線的ではなく惑星探査機のようなメカニカルなイメージを連想させるもの。そして、未知の領域を開発し調査していくという冒険心と好奇心を連想させ、それが高音質を追求していくYG Acousticsのポリシーにつながるものと考えた。インパクトあるデザインから、自然界や神話からの引用や、華麗なイメージとは違う発想とした。-H.A.L's Brief Newsより

そして、世界中でも一般的に展示してあるのはここH.A.L.1のみ!!日本に住んでいてよかったですねぇ…

本日、ESOTERICシステムにG-03Xを追加してみました。前回は同じくESOTERICのG-0sを入れていましたが、dCSのシステムに導入した為、clockがなにもつながっていない状態でした。そして、本日、店長のアドバイスでG-03Xを繋いでみようとので早速、導入してみました。

さすがにG-0s \1,200,000に対しG-03X ¥300,000では音質の差はありにしろ、導入前とでは音の締り具合や臨場感に違いが!!やはりclockの存在は大きいのでしょうか…

amano@dynamicaudio.co.jp 7階 H.A.L.1 天野

|

2007年6月29日 (金)

Second impression

第1ではなく第2印象。
個人的には前回聴いたのは1ヶ月前だから
限りなく第1印象な感じなのですが。

Dsc00765

当HALLオーナー野田に感想を求めたところ
『前と比べて低域がめっちゃ出てる!!』
との事。たまたま居合わせた方も同意見でした。
私の個人的な意見ですと、当たりが柔らかく
まろやかになって聴きやすくなったかと。。。
以前よりも心地よさが増した感じです。

イベントでこの心地よさを味わっていただけらと
思っております。

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~*・~

日時:7月1日(日) 15時~17時
場所:ダイナミックオーディオ 5555 3階 S.A.HALL
解説:株式会社ノア 成田氏

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~*・~

ご予約・お問い合わせは担当:野田まで
お願い致します。

3階 末廣

|

天ノ視点 NO,51

天ノ視点 NO,51

きたる7/6は、「Friday concert vol,27」の開催日です!!

今回の「エフコン」は…

「Hi-END CD Transport battle royal!!」

と題しましてTransportの比較を行うわけですが…今回エントリーしている主賓は彼ら!!

Photo_556 dCS Scarlatti Transport (税込\4,150,000)

言わずと知れた、H.A.L.1最新機種にして新進気鋭のTransport!!その実力はいかに!!

Metronome20kalista Metronome Kalista with Silent Bese (税込\4,450,000)

ダイナミックオーディオでは現在6階に展示中!!まるでTransportの概念を打ち破るかの如く、画期的なデザイン!集められたTransportの中で最高額の鳴らす音とは?!

969 Burmester 969 (税込\3,900,000)

美しい光沢の仕上げに見とれた人もいるのでは?!7階H.A.L.1の実力者であり、ダークホース!!当日は彼から目が離せません!!

P01_2 ESOTERIC P-01 (税込\2,200,00)

H.A.L.1のreferenceTransportとして長い間君臨していた実力は確かなもの!!元祖VRDS-NEOを搭載した彼の音は進化の頂点なのか?!?!

いつもはそれぞれの音を違うSPでしか聞いいないだけに今回の比較バトルは皆さん興味を持たれるのでは??もちろん僕もです。しかも、今回は普段H.A.L.1にはない顔ぶれも…!!一瞬たりとも気が抜けません!!

amano@dynamicaudio.co.jp 7階H.A.L.1 天野

|

2007年6月28日 (木)

サイレント&マカロニ・フェア開催!

梅雨真っ只中!?
不快指数はテンションの高さでぶっ飛ばせ!!

・・・という訳で、雨を忘れて夏を先取りの今日この頃、如何おすごしでしょうか。

サウンドパーク・ダイナでは外の暑さに涼を求めず、『暑さには熱さで対抗!!』をモットーに濃厚なDVDソフト・フェアを開催いたします。(SHC会員の方はお得度UP!

ズバリ、《サイレント&マカロニ・フェア》 (~7月20日まで)

◎紀伊国屋DVD、半分以上がサイレント映画をフェアにエントリー。(開催中!)

◎SPOからは、マカロニ・ウエスタン32作品をエントリー。(こちらは7月4日からスタート)

先ずは、映画史に燦然と輝くこの作品Photo_555
『メトロポリス クリティカル・エディション』('27製作/独)監督:フリッツ・ラング

 1920年代、ドイツ映画の絶頂期に製作された伝説的な超大作。映画史上もっとも有名なSF無声映画。本DVDは最新デジタル復元版「メトロポリスをフペルツ作曲の原曲伴奏付で収録。

◇フリッツ・ラング作品から次のタイトルもフェアにエントリー!◇

『ドクトル・マブゼ クリティカル・エディション』('21-'22製作)

『怪人マブゼ博士』('32製作)

『恐怖省』('44製作)

『扉の影の秘密』('48製作)

『ニーベルンゲン』('22-'24製作)

~・~その他、ベンヤミン・クリステンセン監督『魔女 クリティカル・エディション』、邦画からは、内田吐夢監督『たそがれ酒場』、清水宏監督で『小原庄助さん』そして、伊藤大輔監督の『下郎の首』などなど。売り切り数量限定での大放出。

       ☆ この機会をお見逃しなく!! ☆

次回予告、「エスピーオー」のどこまでも熱(苦し)く、容赦なくハード(すぎ)なマカロニ・ウエスタンのご紹介は次号にて・・・・

     

|

天ノ視点 NO,50

天ノ視点 NO.50

なんと…なんと…50回目を迎えました!!

いや、ホント、皆様にこんな文章を50回も書いていたかと思うと申し分けなくなってしまいます!!50回を記念してなにか特別なプレゼントを…とか…何もないっすけど……すみません…。

しかし、50回を迎えていっそう気合の入った天野です!!

MOSQUITO NEO

Mosquitoneo 50回を迎える今回のブログにはやはりこのスピーカーの事を書きたいと思いました。というのも、7階のreferenceSPはMOSQUITO NEOだと思いますから。実際、現在、最新機種のdCSのScarlattiを鳴らしているのはNEOですし!もちろんご要望がございまいしたらシステム変更させていただきます。

なんと言っても、日本中でも展示してあるのはH.A.L.1のみという事!

音の良し悪しはお客様に決めていただきたいのですが、僕が始めてH.A.L.1の越して来たときにまず驚いたのがNEOでしたから…。今まで聞いたどのスピーカーよりもフラットで、吸い込まれるような音色。下から上まで非の打ちようがないその音は僕に新しい音楽の扉を開かせてくれました。見た目も他に類を見ない独特の雰囲気。スピーカーとは実に自由なんだと知りました。しかし、やはり、このデザインも計算されてのカタチなんだろうなぁ…とオーディオの奥深さに酔いしれたことも…。

お客様の評判も上々。「始めてみました」「これがMOSQUITO NEOかぁ…」「MOSQUITO NEOを観る為に秋葉原まで着ました」という遠方のお客様もしばしば。

これからも、H.A.L.1のreferenceSPとして君臨しつづけてくれる事でしょう。

amano@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1 天野

|

着々と

イベントの用意が整ってまいりました。

Td350

          ・*本日入荷*・

アナログプレーヤー THORENS TD350/TP250 \577,500
プリアンプ      Burmester 808 MK5  \4,567,500
パワーアンプ     Burmester 911 MK3   \3,255,000

スピーカー ELIPSAは明日入荷予定です。

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~*・~

日時:7月1日(日) 15時~17時
場所:ダイナミックオーディオ 5555 3階 S.A.HALL
解説:株式会社ノア 成田氏

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~*・~

ELIPSAは以前店頭に置いてあった時よりも
鳴らし込みが良い具合に進んでいるらしいですョ。
どんな変化があるのか??個人的にも楽しみです。

お申し込み・お問い合わせは担当:野田までお願い致します。

3階 末廣 aki@dynamicaudio.co.jp

|

H.A.L.3・本日の試聴室☆07/06/28

こんばんは。
蒸し暑い季節に、おでんを食べて汗をかいてしまいました、宮川です。

さて、本日の試聴室です。

_070628 一見、普段通りの試聴システムですが・・・

Photo_554 ←話題の新製品 dCS「Scarlattiシリーズ
・Scarlatti Transport ( 4,357,500/税込)
・Scarlatti DAC (\3,076,500/税込)
・Scarlatti Clock (\1,417,500/税込)

明後日、当フロアにて行われます、大場商事主催のイベントの為に、当フロアに期間限定展示となりました。本日セットしたばかりです。総額にして、約880万のプレーヤーシステム・・・凄いモノが登場致しました。G.W企画で展示しておりました、GOLDMUNDの“Ultimateシリーズ”の時もそうでしたが、異次元の音です。鳴らしてみた瞬間の、圧倒的なスケール感で、思考が停止してしまいます・・・SYSTEM8の空間が、より一層広がって、朗々と鳴っています。

先程まで、大場商事の担当の方と、ご講演下さいますオーディオ評論家小原氏が、奥の試聴室で、我が上司と、イベントに向けての準備を行っておりました。入念です。

当日のプリ・パワーは、JEFF ROWLAND「Concerto Pre」と「Model 501」となりました。
さて、どんな試聴会になりますでしょうか・・・楽しみです。
お席はまだ若干の空席がございますので、興味のある方は是非、電話かメールにてお申し込み下さいませ。

ダイナミックオーディオ5555:03-3253-5555(4F 島宛て)
メールアドレス:shima@dynamicaudio.co.jp

Scarlatti ←Scarlattiリモコン
タッチパネルになっており、一台でプレーヤー・DAC・クロックの操作が出来ます。dcsらしい、高性能な感じがします。

4F  H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年6月27日 (水)

イベントのお知らせ

先日の鬱陶しい天気とは打って変わって外は晴天、
空を見ていましたら、学食横の芝生の木陰で昼食を取り、
昼寝していた頃を思い出していました。
60年代後半70年代のイメージを聞かれますと、
貧しい!けど熱い!そのエネルギーが好きなのかもしれません。
(ものすごく勝手な意見ですが)

先日お伝えしましたプログレのイベント、
詳細決まりまして、御連絡です。

-----------------<イベント情報>-----------------

■ 7月8日(日) イベント開催。のご案内 ■

昨年11月26日に開催しました、
試聴会「ビートルズを最新のシステムで聞く」の第2段です。
今回のテーマは、「プログレッシブ・ロック」です。
詳細は、以下の通りです。

*日時
7月8日(日)
第一部:13:00~14:30
第二部:15:30~17:00

使用機器

SACD Player  :GOLDMUND      EIDOS 36-2ch Reference
Analog Player :ROLFKELCH      The Reference DD
Tone Arm    :Graham Engineering Phantom
Tone Arm    :Helius       Omega MK2/Long Type
Cartridge   :Van Den Hul     Black Beauty spx
Cartridge   :Van Den Hul     Frog
Phono Equalizer:BOULDER       2008
Pri-AMP    :GOLDMUND      MIMESIS 22 Signature
Power AMP   :GOLDMUND      TELOS250
Speaker    :JBL         EVEREST DD66000 MA

上記のラインナップによる演奏予定でおります。

オーディオ評論家 大橋伸太郎氏、サエクコマース北澤氏、
コンダクト上田氏が、懐かしのプログレDISC持参で、
思う存分に堪能しましょう。

参加ご希望の方は、(第一部)(第二部)どちらか選択の上
メールにてご連絡願います。

プログレ・ファンのご来場を心よりお待ちしています。

連絡は東までお願いいたします。
mailto:azuma@dynamicaudio.co.jp

--------------------------------------------------

中途半端はイカンとの事で、
揃えうる最高の機材を準備いたしました。
ただ肩肘を張ってても疲れますし、
この日は純粋に楽しみましょう。

東郷

|

天ノ視点 NO,49

天ノ視点 No,49

「天ノ視点 NO,47」でお伝えした「Z-board」ですが、現在7階ではESOTERIC G-0sの下に敷いています。

実は、先日、店長と実験&セッティングを行った際、最後にこの音は聞いていたのですが、最初の電源に使用したときの印象が大きすぎて印象にあまり残っていませんでした。

G0sz しかし、最近、せっかく7階H.A.L.1に籍を置いているのですから音を聞かなくてはもったいない!!ということで、お客様がいないときに試聴室にこもっているんですが、dCSが入ってからというものもっぱらdCSで気になるディスクに酔いしれているわけです。日に日に音が良くなっていくdCSが面白くて…。現在dCSには以前にも申し上げたようにESOTERIC / G-0sのRubidiumをScarlatti clockに入力しています。そのG-0sの下に「Z-board」を敷いてからというもの、dCSのシステムで音楽を聴くことが楽しくて仕方ありません。気が付くと仕事を忘れて聞き入ってしまうこともしばしば…。個人的に録音があまりよくないと思っていたCDが不思議なことに鮮明聞こえてくるんですよ…。今では、お気に入りのディスクを押しのけて手が行ってしまうようになりました。この麻薬的な音はdCSの音なのでしょうか…それともG-0sの?もしくは…!!

皆様のご来店、ご試聴をお待ちしております。

amano@dynamicaudio.co.jp   7階H.A.L.1 天野

|

2007年6月26日 (火)

「私のコーナー(仮)」Autograph Mini+NeoClassicoシリーズをセッティングしてみました

こんばんは。
給料日後の休日の前日の今日が嬉しい、宮川です。明日はお休みを頂くので、張り切って本日2回目の更新です。

さて、先日、我が上司より課題を頂いておりました「私のコーナー(仮)」の右側エリアのセッティングを行いました・・・

Area_2_070626 ←セッティング(一応)後の「私のコーナー(仮)」です。
以前と大して変化が無い様に見えると思いますが・・・色々細かく動かしております。小さいシステムは、セッティングし易くて良いです。それでも、相変わらず時間は掛かってしまいます。

最初、いつも通り、左右均等に測って、シンメトリーになる様にセッティングしたのですが、試聴していると、何かアンバランスに聴こえます。左側に寄るというか、左が強く聴こえる感じがしました。

_left_right もしかして・・・・壁のせいでしょうか!?
左のスピーカーは壁際ですが、右の方は抜けています。比較試聴エリアのセッティングの時も、状況的には同じだったのですが、その時はあまり気になりませんでした。スケール感を大きく出せるシステムは、やはり凄いです。

という訳で、左右対称にはしない感じにしてみました。
右側を少し、前に出して&中央に寄せみて・・・全体的には少し後ろに下げて、低域を出せる様にして・・・等々

色々試しまして、力尽きて、上の写真の状態に落ち着きました。まだまだですね・・・

0626 ←今回の試聴に使用しましたソフトです。毎度の事ながら、次々増えていってしまいます。
ちなみに、プリメインアンプはラインストレートモードにして、トーンコントロールは通さない状態でセッティングしました。

休み明けで出勤して来たら、全然変わっていたりして・・・
上司の審判を待つ事に致します。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

H.A.L.3・本日の試聴室☆07/06/26

こんにちは。
ようやく梅雨らしい気候になってきまして、多湿で不快指数は高そうですが、少し安心している、宮川です。

さて、H.A.L.3、本日の試聴室の様子をご報告致します。

_070626 本日は、B&W「802D」とGOLDMUNDのプリ・パワー+SONY「SCD-DR1」の組合せで鳴らしております。当フロアの定番システムでもあり、それぞれ一番人気のスピーカー、アンプ、プレーヤーでもあります。
ルームチューニングを変えてみて、改めて聴きますと、やはり凄い臨場感です。楽しいですね。

B&Wと言えば、只今大変お得なキャンペーンを実施中です。
6月末日までに「802D/801D/800D」のいずれかのモデル1ペアご購入頂きますと、もれなく、純正スパイクキット(\54,600/8個)と、サウンドアンカー社のコーンコースター(\33,600/8個)をプレゼント!!(配送料・取付料は別途となります。)

802d_3 ←当フロアの802Dにも、しっかり取付けております。
元々はボール状の足になっておりまして、移動は楽なのですが、やはり、音質的にはスパイクで「点」で受けてあげた方が良いです。ここではイルンゴのボードにそのまま突き刺して、移動はボードごと行います。これで、足固めはバッチリ、という訳です。
キャンペーンで付属されますインシュレーターは、裏がフェルト状になっておりますので、床がフローリングでも傷つけず、フェルトが滑ってくれますので、移動も楽です。私でも動かせます。

キャンペーン期間も残りわずかとなりました。ご検討中の方は、この機会に是非!
オールマイティーで鳴らし易い上に、音楽性も兼ね備えた、言う事無し!のスピーカーです。

~キャンペーンは現在終了しております~

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年6月25日 (月)

天ノ視点 NO,48

天ノ視点 NO,48

開店直後に店長より課題を与えられました。

Pc9100_image

ESOTERIC 7N-PC9100 MEXCEL

7100ESOTERIC 7N-PC7100

上記の二種類のケーブルの違いを見極める。もとい、聴き極める。

まず、最初の検証。

ケーブルの情報が一切ない状態で試聴開始。(名前や価格帯等…)

一度目の試聴では、細かい解析をせずどちらのケーブルが気持ちよく聞けるかを前提としました。結果では9100 MEXCEL。しかし、7100も間違いなく良い音楽を聞かせてくれました。

この違いはなんなのか!?何度か試聴しているうちに、僕の耳がまだ出来上がっていないのか双方の良いところが混ざってしまって頭の中をぐるぐると…。(情けない話ですが…)

「これはなかなか厄介だ…」

これではらちがあかないと思った僕は一度試聴を止めて情報を整理することに。

見た目の違いでは9100MEXCELはケーブル自体が赤い。7100は銀色。ケーブルの太さもさほど変わらない(710016mm910015.5mm)。コネクターにも違いは見受けられない。ならば、名前は?71009100。それと「MEXCEL」。価格は7100200.0009100MEXCEL→¥350.000。この価格、名前の差からするとグレードが違うのでは??いや、主な主要を見るかぎりほぼ同じ。では何が違うのか?やはり「MEXCEL」の文字。

「宇宙関連ケーブルトップシェアにあたる三菱電線工業()の導体素材技術から生まれた電着絶縁方式のMEXCEL絶縁素線」 -TEAC hpより。正直な所、僕はこれについて勉強中です…。が、この違いが音に現れているのでしょうか!!

二度目の試聴。

情報をもとに聞いてみると、なるほどの納得。全体の空間表現や低域の厚みは9100MEXCELが一枚上手。しかし、7100にも捨てがたい所が…!!双方ともすばらしいケーブルであることは間違いありません!!

皆様の耳でお確かめください!

本格的に梅雨入りしたのでしょうか…。雨の日が続きます。涼しいかと思いきや、湿気で蒸し暑いですね。油断して風邪などひかないようにしたいものです…。冷房は切って寝ます!!では、次回の天ノ視点で。

amano@dynamicaudio.co.jp  7H.A.L.1 天野

|

Today's lunch!! Vol.61

20076251 中央通りからUDX・クロスフィールドの真ん中辺りを目指してゲームセンターと何とかの虎の穴とかいうアニメ関係の間の路地。このように赤いラーメンの看板が見えますが、目指すはここではなく、この路地を抜けたところに隣り合うラーメン屋さんが昨年出来ました。 “麺屋きわみ”という屋号でご覧のように屋台のように外にもカウンターがあります。これまで三回ほど食べたことはありましたが、紹介はしていませんでした。今日も何を食べようかと迷っていると、梅雨時のしのつく雨のせいかラーメンでも食べようか~、でも遠出はしたくないし~ということでこの店へ。20076252二時過ぎに行ったのでピークは過ぎていたのか、直ぐに座れました。食券を買うのですが、ここのメニューは品数が少ないので悩まないで済みます(笑)「特製味噌ラーメン全部のせ」というので900円。まあ普通のお値段でしょうか。中に入って驚いたのは黒いTシャツ姿の男たちが五人もいて「いらっしゃい!!」と20076253一番奥のカウンターを指され、すごすごという感じで着席。でも、なかなか流行っているのか次から次に客が来て繁盛している様子。 さあ、出てきました、全部のせ。見た目はこってりしていそうですが、これが意外にあっさりしたトンコツベースのスープです。しかも、最初の一口からけっこうまろやかで口当たりがいい。麺は太麺で私でもけっこうボリューム感を味わえるもの。私はラーメン屋を研究しているわけではないので専門的なことはわかりませんが、アキバの他のラーメン屋さんのトンコツスープは濃厚なところと淡白なところがわかるようになった程度。で、ここのスープはというとジャスト中間くらいかな~。ということでリピートしています。これまでは普通のラーメンでしたが、今回初めて味噌ラーメンを食べました。この味噌の風味と味、それに濃い色はどこかで…、そうだ!! 八丁味噌じゃないかな!? と尋ねると「うちのオリジナル味噌です」と若いお兄さんが答える。私は八丁味噌じゃないの~、聞くと、恐らくこの店のオーナーと思しき年配の男性が「そうですよ、色々とそれに練りこんであるんで!!」と笑顔で教えてくれました。やっぱりそうか~(^^ゞ甘さを抑えたコクといい風味といい、ちょっとした辛味加減が多分そうでは・・・という推測が当たったようです。いや~、スープまで飲み干して満腹です。またウエイトが増えそうですが(笑)

|

2007年6月24日 (日)

INDRA上陸。

上陸は大袈裟ですが。

Indra_1

遂にAVALON新製品、INDRAがココS.A.HALLに導入されます!
明日商品が到着予定なので、運の良い方は明日出会えるかもしれませんね。
今回はお披露目ということで木曜には旅立ってしまいます…。
1週間ほどで戻る予定ですが、7月15日(日)にはイベントも
行いますのでお楽しみに♪
詳細はオーナー野田の発行するメールマガジン&このブログにて
掲載いたします。

また、そのイベントの前にはELIPSAの試聴会も行います。
詳しくはコチラ

イベントのお問い合わせは担当:野田までお願い致します。

お客様からのお問い合わせも非常に多く
どんな商品なのか、気になるところです。
新しい商品が入ってくると思うと、ちょっとワクワクしますネ。

3階 末廣

|

天ノ視点 NO,47

天ノ視点 NO,47

昨日、店長の実験に参加しました。

Z-board

これが何者か、皆様ご存知ですか?ハルズサークルの方々は親しみのある名前だとおもいます。

オーディオボードです。当フロアに全面的に採用しているラック「ZOETHECUS」の質を向上させる目的で開発されたボードです。もちろん名付け親は店長川又ですし、H.A.L.1オリジナル商品です。材料組成はセメントセラミックスと鉄微剛粒粉による複合材。セメントと鉄だけに厚さ25mm398mm奥行き520mmでも19.1gという重量感!しかし、その効果のほどは!以前よりハルズサークルの方々の評判やレポートを拝見させていただいておりましたが…。

昨日の実験では色々なことをやっていましたが、その中で僕が印象深かった実験を報告したいと思います。

PS-1500P-01(電源部)の下に敷く。

敷いていない時より明らかに全体が引き締まり、ボーカルの口元がより鮮明になり、まるで映像を見ているかのよう。ギターのカッティングや弦と弦がぶつかる音が明確に、臨場感をおびてきました。リバーブの伸びが気持ちよく聞こえる。例えるなら毛糸がピアノ線になったイメージ。スピーカーノイズも軽減されていました。

続いてちあきなおみ。

P-01(電源部)に2枚敷く。今回、使用したスピーカーはモスキート・ネオ。一番初めに感じたことを素直に書きます「いつものモスキートじゃない!」  天野ノートより抜粋。

リアル感が段違い!!実物のちあきなおみを観たことのない僕ですが、目の前では紛れもなくちあきなおみが歌い始めました。歌声の質感は水のように透明感があり、雰囲気と合い混じって上等な水あめのように滑らか。ストリングスが華やかに色をつけたと思えば、

その後入ってくるベースが、ただ低音を鳴らす道具ではなくアーティストが指で弦をはじき、指先の本人にしか感じる事のできないであろう微妙な弦の震えが伝わってくる。いつも聴き慣れている曲なのにまるで違う曲のように新鮮でした。

まだまだ報告終えない事が沢山あります、「Z-board」の効果は絶大でした。

Z-board恐るべし!!」  天野ノートより抜粋

amano@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1  天野

|

「Autograph Mini」常時展示致します

こんばんは。
最近、再び日本酒の魅力に目覚め始めた、宮川です。

さて、先日お伝え致しました、LUXMAN「Neo Classicoシリーズ」の相棒として展示しておりますTANNOY「Autograph Mini」ですが、あまりの相性の良さに我が上司も気に入り、常時展示する運びとなりました。

Autograph_mini_1Area_2_070624←写真左 )TAOCのスピーカースタンド「EST-60HL」(\36,750 / 税込)を取り寄せて、乗せてみました。こうすると、TANNOYの定石セッティング、「スピーカーの間隔を広く取って、壁隅に寄せる」という形に近付ける事が出来ます。
そこで早速、セッティングを変えてみました。
始め、間隔を広げた為に、フロアを仕切っているパーテーションの外側にスピーカーが来ました。そうすると、やはり低域が薄い感じになってしまいます。スピーカー背面が何も無い、抜けた状態は厳しい様です。
・・・という訳で、エコーバスターを置いてみました。(写真右)

セッティングはまだまだ大まかな状態なのですが、ゆったりと、優しく温かい雰囲気は、心地良いです。
先程、我が上司より「ここをビシッとセッティングしなさい」との課題を頂きましたので、チャレンジしてみようと思っております。まずは、6F“H.A.L.2”に展示してあった感じをお手本に・・・目標は高く持たなくては!!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

Today's lunch!! Vol.60

2007624 今回は結論を先に!! (^^ゞ 「高菜漬と豚肉の醤油炒め」に「ハーフ坦々麺」のセットで1,100円なり、ということでこの品数。行ったのはToday's lunch!! Vol.58で紹介している本格派四川料理の店“天府”でした。最初に口にしたのは前回同様で坦々麺ですが、そのスープを後で飲むつもりで麺が延びないうちに細麺をつるつると頂く。そして、炒め物ですが、高菜の味が勝ってしまう料理が多い中で、たくさん入っている刻んだ竹の子が塩加減を和らげてくれ、比較的小さく切られた豚肉のボリューム感とマッチして中々のもの。街中は雨だというのに人出が多いものの店内はがらがらで空いていました。

しかし、JR秋葉原駅の出口ではメイド服を着た大勢の女の子が、まるで年末の赤い羽根募金のように駅から出てくる人々を待ち受けてビラ配りをしていました。そして、それを高そうな望遠レンズを付けた大きなカメラで撮っている男性もいれば、複数の女の子からチラシをもらっていく人もいる。でもね~、ビラ配りする彼女たちも相手を見て配って欲しいもの。どうして私に渡そうとするのか(笑) かと思えば、若い関西芸人がなんとパンツ一枚の姿で雨だというのに路上ライブとばかりマイクを使ってトークショーに精を出しているが、道行く人の反応は冷ややかなもので盛り上がりがない。見ていると、自分のCDを自分で売り込むための営業らしく、パンツ一枚でお辞儀しながらお金をもらっていました。(^^ゞまあ、梅雨時とは言え、週末のアキバはいろんなことがありますね~。

|

2007年6月23日 (土)

LP12 SE System イベントレポート

外は晴天、梅雨はどこへやらって感じですが、
本日はイベントのレポートを致します。

Lp12lp12se





今回のイベント、目的はといいますと、
LP12アップグレードキットの効果検証、
旧タイプLP12(旧とはいっても良いプレーヤーです)と、
KEEL+EKOS SE搭載LP12 SE Systemを用いまして比較を行いました。

皆様が驚かれたのは、旧タイプのLP12からEKOSを外し、
KEEL搭載のLP12に載せ変えた時でしょう。
お客様から一言「アンプ同じものですか?」
との質問が出るほどの変わりよう。
アップグレードにも色々ありまして、
悪くなる事もまれにありますが、
(あんまり大きな声では言えませんが)
今回のアップグレードは確実に
良い方向に行っていると思います。

イベント開始時に東の言った、
「今回のアップグレードは静けさが違う。
ノイズにまみれていた音が、今回のアップグレードによって、
出てきた音を聞いた時の驚きを感じて欲しい。」
との言葉を再度思い出していました。

最後はEKOSをEKOS SEに取り替えまして、
皆様とLP12 SE Systemを思う存分視聴しまして、
イベントは終了いたしました。

LP12 SE Systemは常時展示しておりますので、
今回日程が合わなかったお客様も是非視聴に御来店ください。
旧タイプの物も数日置いてありますので、
聞き比べしたいお客様は御申し出ください。

東郷

|

天ノ視点 NO,46

天ノ視点 NO,46

behold

皆様はこのブランドをご存知でしょうか?

正直なところ、僕は7H.A.L.1に転属してくるまで知りませんでした。

beholdはオーディオ帯域はもちろん、通信帯域からDSPテクノロジーに至るまで最新の測定技術を装備し、開発におけるすべての段階でこれをフルに活用しています。

beholdは文化的遺産である音楽はコストを無視しても最良の方法で保存され、再現されるべきであるという信念のもとに設立されました。また、最新テクノロジーと設計思想によって実現したbehold製品は、家庭における音楽再生のクオリティを著しく改善するものと確信しています。音楽を本物のように再生することに常にこだわり続け、その根底となる理念は、精密な測定器のように製造された。behold製品はアナログ・レコード、CDSACDDVD、などのメディアに保存された音楽データをデリケートなニュアンスに至るまで生々しく引き出すことができなければならないということです。」

webより

Cdplayer CD-player630,000

Apu768_s APU768    ¥2,650,000

Bpa768_s BPA768×2  ¥9,400,000

現在、7H.A.L.1では先日ご紹介したYG Acoustics / Voyager」とご一緒に楽しんで頂けます。奮ってご試聴ください。

amano@dynamicaudio.co.jp  7階 天野

|

2007年6月22日 (金)

イベント告知

久々の雨ですが、微妙な降りかた、
おもいきってドバーッと降ってくれますと、涼しくて良いのですが。
それはさておき明日のイベント、最終の告知になります。

-----------------<イベント情報>-----------------

■LINN LP12 SE Systemによる音楽鑑賞会■

日時6月23日(土曜日) PM1:00~PM2:30
場所 6F HAL2
進行 私とLINN JAPAN 山口氏と楽しくLPを聴いて頂く。
定員 10名位。

一番の興味はKEEL+TRAMPOLIN2による期待度。
当日は、LP12+EKOSを1台用意致します。
もう一台は、LP12(KEEL+TRAMPOLIN2装着)にEKOSを取り付けて
一聴して判断できるものと思います。
特に、LP12オーナーはこの機会に体験されてみてはいかがでしょうか?
メールにてご連絡をお待ちしております。

連絡は東までお願いいたします。
mailto:azuma@dynamicaudio.co.jp

--------------------------------------------------

先日イベント用のLP12が店に来まして、
その時にLINN JAPAN 山口氏より、
明日はEKOS、EKOS SE、KEEL有、無し
それぞれの効果を実際に試せますし。
中々出来ないイベントだと思いますので、
期待してくださいとの事。
楽しいイベントになるとおもいます。期待大でお待ちください。
また明日はそれ以外にも、山口氏オススメ。
ちょっとした裏技披露も出来たらなーとの事です。
お楽しみに。

東郷

|

Today's lunch!! Vol.59

やっと梅雨時らしい雨模様の東京です。こんな日は近場にしようと思いつつ、これはというお店が浮かばない時もあるもの。特にここ!! という思いもなくUDX・クロスフィールドに向かってみることにしました。そうしたら、紹介したつもりが今まで掲載したことがない店で一度食べていたことが…、というよりも他の店のおまけとしてToday's lunch!! Vol.10で紹介していたのがここでした。「鳥つね」です。前回のエピソードはVol.10でも述べていますが、今日は久しぶりに入ってみました。あれから新メニューも出来ているようで、平日限定の「鳥カツ丼」というものに心惹かれました。2007622 BGMも一切なしという老舗を思わせる雰囲気で、相変わらず特上親子丼の注文を若い客たちが平然とするのだから私よりリッチだな~、と思ってしまいます。(笑)で、しばらく待たされて出てきたのがこれ。要は鶏肉料理なのだから、と思っていても印象はちょっと新鮮なものでした。卵の閉じ方がお上手で割り下もさっぱりしたもので、甘いものが苦手な私も難なく食べられました。お吸い物は鳥のダシでシンプルそのもの。割り下の甘みを時折お吸い物で口直しして短時間で食べてしまいました。まあ、老舗だけに本店の方がいい味だというご意見も耳にしますが、私はまだ本店の方には言ったことがないもので(^^ゞ客を呼ぶのは看板だ!! とでも言いたそうな頑固者の店ということでまずますではないでしょうか? でも積極的にリピートしたい気持ちにはなれなかったかな~。また思い出した頃にでも行ってみましょう~(^^)v

|

天ノ視点 NO,45

天ノ視点 NO,45

本格的に梅雨入りしましたか…。まだまだ晴れの日はこの後も続くのでしょうか…。

雨が降らないことによって水不足になることがとても心配です。どっと一雨ほしいところです。

Pqs402GERMAN PHYSIKS」 PQS402

ジャーマンフィシックスのフラグシップモデル。

H.A.L.1の中でも存在感は抜群!後部にある低音用エンクロージュアとジャーマンフィシックスのこだわりであるDDDユニットを二基搭載した姿は初めて見る方にとってはとても音を発する機器には見えないのでは?(事実、僕は初めて観たとき半信半疑でした)

上記にも書きましたがジャーマンの一つのこだわりである「DDD」。

DDD=「ディックス」「ダイポール」「ドライバー」の略。

水平方向完全無指向のユニットから奏でられるのはまるで草原の真中にいるような透き通った壮大感。

25cm口径のコーン型ウーファー1基と20cm口径のパッシブラジエーター2基から作られる迫力の低音は草原にしっかりと足をつけている事を認識させてくれます。

この音を始めてお聞きになった方が一聴でほれ込んでしまうのも納得行くかも!!

http://www.zephyrn.com/products/germanphysiks/pqs402.html

amano@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1  天野

|

2nd EVENT

sonus faber 新製品『Elipsa』試聴会の詳細が Elipsa_1
決定いたしましたのでお知らせします。

** 使用機器 **

ターンテーブル THORENS TD350
ユニバーサルプレーヤー BLADELIUS Gondul
プリアンプ Burmester 808 Mk5
パワーアンプ Burmester 911 Mk3
スピーカー sonus faber Elipsa

日時:7/1(日) 15:00~17:00
場所:ダイナミックオーディオ 55553階 S.A.HALL
解説:株式会社ノア 成田氏

今回はアナログプレーヤも使い
色んなソースでELIPSAの魅力を引き出そう!!
という流れで行う予定です。
アナログプレーヤーをちゃんと聴いた事がないので
いい経験が出来そう…と、個人的には思っております。

前回、ちょっとだけ展示していましたが
聴き逃した!!という方も、そうでない方も
奮ってご参加ください♪

ご予約・お問い合わせは担当:野田までお願いいたします。

3階 末廣

|

2007年6月21日 (木)

フランスの空気

どんな匂いがするんでしょうね。フランスの空気。

Aero audio Aeroは1997年フランスで産まれたオーディオメーカーです。

今、その最上位機種であるところの「Prestige SACD」が5Fにあります。

グノー?ビゼー?サティ?それともポルナレフ?ピアフ?ヴァルタン?

期間限定ですので、ご試聴はどうぞお早めに!

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 NO,44

天ノ視点 NO,44

少し個人的な話になります。

今年で僕は24歳になる若輩者です。

先日、父の日がありました。以前の「天ノ視点」でも書いた通り、僕の父はオーディオが好きです。…というより音楽が好きです。自分でギター弾きながらビートルズやサイモン&ガーファンクル、カーペンターズなんかよく歌ってくれたような気がします(小さい頃なのでうろ覚えですが)

もちろん洋楽だけではなく邦楽も歌ってくれました。時代が、フォーク全盛期なだけにかぐや姫やフォーク・クルセイダーズなど70年代の曲ばかり。今聞いてもすばらしい曲が多いです。これは、父の影響もあるでしょう。そして、これらの曲を今の録音機器と、技術でレコーディングしなおしたらどんな音楽になるのか興味を持ったことはありませんか?

この曲録音がもう少し良かったらなぁ…なんてことが!!

そんな方には、ハイこちら↓

Uuch1055 福山雅治 / FUYAMA ENGINEERIG GOLDEN OLUB BAND

僕らが子供の頃に聞いたことがあるような懐かしい名曲を福山雅治が今の録音で歌い上げます。

http://www.universal-music.co.jp/fukuyama/

|

2007年6月20日 (水)

「私のコーナー(仮)」☆TANNOY「Autograph Mini」期間限定展示

こんばんは。
先日、友人がめでたく可愛い男の子を出産し、お祝いは何にしようかと考えている、宮川です。

さて、「私のコーナー(仮)」にお洒落に渋く仲間入り致しましたLUXMAN「Neo Classico シリーズ」ですが、このシステムに、まさに打って付けのスピーカーを合わせてみました。

Autograph_mini ←TANNOY 「Autograph Mini」 (\315,000 / 税込)
私が「インターナショナル・オーディオショウ」なるものに初めて行った一昨年、その会場でデビューを飾ったスピーカーです。ティアックのブースで、小さいながらも、大勢のお客様を前に、頑張って鳴っていた印象があります。
エンクロージャーのフォルムと言い、同軸2ウェイのユニットと言い、コンパクトでもしっかり「TANNOY」です。

Area_2070620_1 ←部屋の隅に置くTANNOYならではのセッティングをイメージして置いてみました。
背面のQRD「DIGIWAVE」の効果も相当あるとは思いますが、スピーカーの存在を全く感じさせない、見事な鳴りっぷりです。こんなに小さいのに!
ギタースピーカー「D-TK10」との組合せでは、素朴な落ち着きが魅力でしたが、「Autograph Mini」の場合は、この落着きや温かみに、更に上品な艶が乗った様に感じます。ステージ感もかなり広がります。さすが、mini でもAutograph!!
このシステムは、温かく品良くまとまっています。貴婦人の音色。

TANNOYのスピーカーに、LUXの真空管アンプ・・・何だか、古き良き、ではないですが、オーディオ全盛時代の、往年の名コンビ復活、という感じです。しかしながら、このコンパクトさと、お洒落さは現代的。オーディオの今と昔の、見事な結晶です。

この「Autograph Mini」ですが、24日(日)までの、期間限定展示となっております。
またまた全く違う魅力のある、コンパクト・システムが出来上がりました。是非一度、ご試聴にいらしてみて下さい!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 NO,43

天ノ視点 NO,43

本日は、Reference CDのご紹介。

41nwzmldf5lAUDIOPHILE / VOCAL RECORDINGS

このアルバムは男女Vo.が多彩に録音されているコンフィレーションアルバム。Vo,好きにはたまらない一枚です。

特にこの中で試聴に使う曲が…

Livingston Taylor / Isn’t She Lovely

沢山のアーティストがカバーしているこの曲。歌い手の表現の仕方でどんな表情も見せてくれます。原曲は「STEVIE WONDER」。最初の娘、アイシャのことを歌ったらしい。この歌は某飲料水メーカーのCMに使われています。カバー曲も某自動車メーカーのCMに使用されるなど、とてもポピュラーなナンバー。

Livmonthphoto2 そして、Livingston Taylorが歌うと、なんともやさしく力強い!そして、どことなく寂しげな歌声に何度心動かされたことか…。

それもやはり、H.A.L.1で聞くと、Livingston Taylorの感情がそのまま入り込んでくるよう。曲の冒頭に入っているピン!と一瞬の口笛が頭の後ろ側に抜けていく感覚はたまりません。少しクールなAGのキレとノビ(リバーブ)。あくまでやさしく、しかし、曲をしっかり支えているBassの低音。比較要素が所々にあって毎回楽しませてくれる一曲です。

他にもこのアルバムには多数の名曲が入っています。どうぞお試しください。

このCDHYBRID CDです。

amano@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1 天野

|

2007年6月19日 (火)

1F特選アクセサリー中古品情報!!

Akgk1000 どうも、こんにちは。この商品をよくご存知のお客様方々より、1Fにて飾ってある展示品を御覧になって「あれは、販売してないの?」と、ご質問を受けていましたが…大変お待たせ致しました。

AKGのフラッグシップモデル AKG K1000                            販売済です。           

        特選中古品      

入荷しました!! 価格、商品の状態など、お気軽に5555 1Fまでお問い合わせください。めったに入荷しない貴重なAKGのフラッグシップモデルです。簡単にご説明いたしますと、アンプ等のスピーカー端子に直接接続するタイプです。真空管タイプのアンプと組み合わせると面白いかもしれません。とにかく他とまったく違う開放的なエネルギッシュな透明感ある音を奏でてくれるAKG K1000です。独特な音場感を創りだしてくれます。

気になった方は、こちらまでお問い合わせください。                        → shimizu@dynamicaudio.co.jp

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

2007年6月18日 (月)

H.A.L.3ショウケースより☆お勧めアクセサリー

こんにちは。
今日、昼食をとりに行きました所、注文した品がどうやら忘れられていた様で中々出て来ず、悲しい思いをしました、宮川です。(最近こういう事が多いです・・・)

さて、本日はお勧めアクセサリーのご紹介です。

beginS 「CP-1( 内径14mm×25mm / 2個1組・\5,250 / 税込)
「カーボンアクセサリー」と言うと高価なイメージがありますが、リーズナブルな価格と、多彩なラインナップが魅力のアクセサリーブランド「beginS」より、H.A.L.3お勧めの一品をご紹介致します。
Cp1Cp1_1  「ピンコードシールドカバー」。RCAプラグの先端に被せて使います。写真は試聴室での実際の使用例。プレーヤー・プリアンプ間のケーブルに使用しています。前段機器に使用した方が、効果が分かり易い様です。

そして、その効果の程は、と申しますと、これが驚くほどハッキリと違いが出ました。CP-1有り・無しの比較試聴をしてみましたが、曲のほんのさわりの部分だけで「あっ」と分かる程です。音がスッキリとして、丁度良い感じで落ち着きます。「大人しくなる」というのではなく、伸びやかな所はそのままに、綺麗過ぎて「火花」みたいだった部分が無くなった様なイメージでしょうか・・・
「ノイズが排除される、無駄な振動を防ぐ、S/Nが良くなる」というのは、なるほど、こういう感じを言うのでしょう。驚きです。

Photo_553 そういえば、当フロアではお馴染みGOLDMUNDも、カーボントップになっているものがあります。大まかには、こういった効果を狙っているのでしょう。納得。

「綺麗だけど、少し耳について、きつい部分があるな~」という時に、お試し頂きたい一品です。
お問合わせ・ご注文はメール、またはお電話にて、お気軽にどうぞ!

4F H.A.L.3  宮川 いより < iyori@dynamicaudio.co.jp >

|

VPIその後

梅雨なのに雨が降りませんね。
暑くてじめじめとした日が続いております。
明日は休みですので、明日も晴れて欲しいです。
暑いのは結構大丈夫ですので。

先日お伝えいたしましたVPI本日暇が出来まして
じっくりと視聴してみました。
感想は、情報量はしっかりしているなと、
アームも非常に動きが滑らか。
ふと見ますとアームにNordostの文字。

Photo_552




内部配線Nordostかー、と情報量の多さを納得しました。
とは言っても、詳細伺っておりませんので判りませんが、
全体的には音が厚いです。
また、こちら視聴しておりましたところ、
営業の方が来られまして、今日明日で引き上げるとの事、
次いつ会えるかは判りませんが、特徴の有る音ですので、
一度はどこかで聞いてみるのも良いかもしれません。

------------------- 中古情報 -------------------

 H.A.L.2ではHPにて中古情報をご連絡しております。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/6f/value.html

NO.311に記載ありますVerity Audio Fidelio
本日より値下げしております。

詳細はHP及び、メールにて御問い合わせください。

------------------------------------------------

東郷

|

天ノ視点 NO,42

天ノ視点 NO,42

先日の、店長川又によります「エフコン」ことFriday concert Vol,25が盛況のうちに幕を閉じました。有難うございました。次回のエフコンでは店長川又がどんなプレゼンをするのか、アシスタントながらに楽しみにしています。

G0s そして、今回のエフコンで僕が驚いたことの一つにESOTERIC / G-0sの存在。

もちろん、dCSの新製品scarlattiの基本性能はお伝えするまでもなくすばらしいものですが、イベントの進行の中に店長が見せた裏技、「Scarlatti clock」にESOTERIC G-0sRubidiumモジュール、超高精度の発振信号を入力するというもの!!

これによる音質の変化には僕だけではなく、お客様も驚きを隠せないご様子!!

思い起せばESOTERIC二十周年モデルSPの「MG-20H.A.L.1に導入したときも、彼の存在は大きかった。全体が締り、音像はよりリアルに!!まるで歌い手の口元まで見えるかのよう。マスタークロックという存在が半信半疑だった僕にとって革命的な瞬間でした。

それを今回、「Scarlatti clock」に…!!

Rubidium恐るべし!!

…結果はH.A.L.1にて皆様の耳でご確認ください!!

amano@dynamicaudio.co.jp  7H.A.L.1 天野

|

Today's lunch!! Vol.58

リピーターになるには次に食べてみたいものが見つかっているという理由もあり。前回ご紹介した本格派四川料理の店“天府”ここのランチメニューで試してみたかったのがこれ「生ホタテと青しそのふわふわ卵炒め」というもの。今日は入ってみて驚きました。お客さんがいっぱい(笑)いや、これは失礼(^^ゞ前回と打って変わって近隣の勤め人がどどっとランチにやって来るのですから当然でしょう。で、前回同様にサービスの点心が先ず出て20076162きました。このシューマイがホントに美味しい。そして、何と200円の追加で「ハーフ坦々麺」が食べられるというので、それも頼んでしまいました。 ということでランチメニュー900円に200円を加算してのランチですが、結果的には出てきた品数はご覧の通り。納得のボリュームです!! 先ず坦々麺のスープを2007618レンゲで頂きましたが、何と微妙に黒酢が入っていてちょっぴり酸味が感じられ、見た目の濃厚なイメージとはちょっと違います。そして、トッピングの青梗菜も青々して新鮮、更にチャーシューも200円メニューとは思えない本格的なもの。細麺で食べやすく、あっさりしたスープにも合います。本当に同じ坦々麺でも店によって大分違いますね~。これまでにご紹介した中では上海バール万豚記はとっても濃厚でこってりしていましたが、本場四川料理という看板のここは意外にあっさりしてスープだけでも美味しく頂けます。でも、麺はハーフというだけあって少量でしたが、その後の展開を考えるとそれでよかったかも(笑)というのは、写真の見た目よりも炒め卵のボリュームが凄いのです。生ホタテは確かに風味豊かで美味しかったですね~。今日もお代わりしましたが、二杯目のご飯を食べきれるかどうか心配になってしまいました。こんな満腹感は久しぶりです。今日は賑やかな店内で中国人の団体が大声で盛り上がっているかと思えば、私が座ったカウンターには一人で来たOL風の女性が二人も隣同士になって、年頃の女性をちらちらと視界の中に納めてランチするのも乙なもの(^^ゞあ~、おじさんですね~^_^;ということで、今日も味良しボリューム良しで満腹のランチでした!!

|

2007年6月17日 (日)

再生完了

5Fのイベント「達人の話芸を聴く」無事に終了いたしました。

Photo_551

いわゆる「オーディオ店らしく」ないイベントであり、

結構無茶かもな…と自分でも思っていたのですが、

最後までお付き合いいただいたお客様。

まことにありがとうございました。

「間」のつくりだす緊張感。

擬音の面白さ。

個々の技術が築き上げる世界。

聴くことで見えてくるものがあります。

また催し物の際にはこのブログでお知らせいたします。

最後にもう一度。

ご静聴ありがとうございました!

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

天ノ視点 NO,41

天ノ視点 NO,41

こんにちは皆様、梅雨入りが伸びたそうですね。これだけ天気がいいと気分も明るくなりますよね。

本日はご試聴希望のお客様が多く来店されました。有難うございました。中でもやはり、先日導入しましたdCS / Scarlattiはやはり皆様気になるご様子。VDRS-NEOを搭載した初の海外モデルと、元祖VDRS-NEO搭載ブランドにして日本が世界に誇るHi-End機種ESOTERIC / P-01との比較試聴は一聴の価値ありです!!

http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/496.html

Anat_ii さらに、”YG Acoustics”Voyager」。

このスピーカーはYG Acousticsがプロフェッショナル用スピーカーとして開発したもの。これまでのYG Acousticsはアルミの美しいボディーをイメージする方が多いのでは?しかし、このスピーカーはプロ用ということで黒く凹凸のある表面は7階H.A.L.1の中でも異端を感じます。しかし、音は透き通り、音源に忠実。試聴してくださったお客様の反応も上々でした。

しかも、この「Voyager」、名づけ親が、なんと、7階H.A.L.1店長川又なんです!!

元々、このスピーカーにはAnet2という名前がついていましたが、店長川又とYG Acoustics社長Yoav氏の意向で変更されることに!!詳しくはH.A.L.’s Brief Newsをご覧ください。

試聴できるのは世界中でH.A.L.1だけです。皆様、ふるってご試聴ください。

7階H.A.L.1では他にも沢山のHi-End機器が皆様のご試聴をお待ちしております。

amano@dynamicaudio.co.jp 7階 H.A.L.1 天野

|

VPI Super Scoutmaster

レコードクリーナでおなじみのVPIがこの春より、
Esoteric取り扱いになりました。
それに際し、アナログプレーヤも扱う事になりました。
現在、期間未定でVPIのアナログプレーヤを展示しております。

Vpi




VPI Super Scoutmaster 価格 1,155,000円(税込)
トーンアーム JMW-9 Signature 付属/カートリジ別売り
http://www.teac.co.jp/av/import/vpi_indu/vpi_att0705.html

EastPassiveにてデモを行っております。
カートリッジはマイソニックラボ、エミネント
不定期ですので、気になっていましたお客様は御早めに。
モーター部分が独特の構造になっております。

TEAC Esoteric:VPI

-----------------<イベント情報>-----------------

■LINN LP12 SE Systemによる音楽鑑賞会■

日時6月23日(土曜日) PM1:00~PM2:30
場所 6F HAL2
進行 私とLINN JAPAN 山口氏と楽しくLPを聴いて頂く。
定員 10名位。

一番の興味はKEEL+TRAMPOLIN2による期待度。
当日は、LP12+EKOSを1台用意致します。
もう一台は、LP12(KEEL+TRAMPOLIN2装着)にEKOSを取り付けて
一聴して判断できるものと思います。
特に、LP12オーナーはこの機会に体験されてみてはいかがでしょうか?
メールにてご連絡をお待ちしております。

連絡は東までお願いいたします。
mailto:azuma@dynamicaudio.co.jp

--------------------------------------------------

東郷

|

「私のコーナー(仮)」☆真空管オーディオシステム「NEO CLASSCOシリーズ」展示開始!

こんにちは。
まるで真夏の様な暑さの週末の秋葉原、こんな日は海にでも出掛けたくなってしまう、宮川です。

さて、「私のコーナー(仮)」に久し振りに新製品が仲間入り致しました。

Neo_classico←LUXMAN 「Neo Classicoシリーズ」
CDプレーヤー「D-N100」(\126,000)
真空管プリメインアンプ「SQ-N100」(\189,000)
※価格は全て税込

LUXMANより、コンパクトでお洒落なオーディオシステムの登場です。
ここ最近、各メーカーは小型システムを続々リリースして来ておりますが、ここはさすがLUXMAN、真空管プリメインでのシステムになっております。時流に乗り、スタイリッシュでコンパクトなシステムを提案しつつも、長年携わって来た「真空管」を採用する辺りが、オーディオメーカーとしての心意気を感じます。

Sq_n100 プリメインアンプには、MM対応のフォノ入力が搭載されており、トーンコントロール機能もございます。写真はアンプのフロント部分ですが、右側の二つがトーンコントロールのつまみ、その下のボタンはラインストレート・スイッチです。左側は入力切替のセレクター。デザイン的にも、シンプルでカッコイイです。
プレーヤーはCD専用機となっており、30曲までのプログラム演奏が可能です。

Area_2070616_2 真空管らしい、優しく落ち着いた、陰影を感じる音色です。弦や女性ヴォーカル等を、ゆったりと静かに、深く聴きたい、という感じでしょうか。「私のコーナー(仮)」では、右側のスペースで、DALI「TOWER」やオンキョーのギタースピーカー「T-DK10」と合わせてしっとりと鳴らしております。一体型の方は、どちらかと言うと、シャキッと元気な現代っ子システムですが、こちらは少し渋めな大人の音、という感じです。タンノイの「Autograph mini」などを合わせても、良さそうです。
トーンコントロールもついていますので、曲によって調節が可能なのも嬉しい機能です。

聴いていると、心が穏やかになりそうな癒し系システム。雨の続きそうなこれからの季節は、こんな音楽と共にお部屋で過ごす、というのもアリなのではないでしょうか。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

お買い得品情報

買って半年も経たないパソコンが急に壊れました。
心優しい上司がノートパソコンを貸して下さったので
何とかこうしてブログを書けるわけですが…。

今日はお買い得品の情報をお伝えしたいと思います。

Qavl
QUADRASPIRE QAV-L   
旧タイプのモデルなので奥行きがあります。
中古品なので状態の気になる方はお問い合わせ下さい。

S400
JBL S400WG+STAND
こちらは展示品です。生産完了品なので
これを逃すと買えないかも…?!

Turnberryse
TANNOY TURNBERRY/SE
こちらも展示品ですが、展示してからの日が浅く
状態も良いと思います。

Ps1500
ESOTERIC PS-1500
こちらも展示品となります。

気になるお値段と他の商品達はコチラでCheck!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/3f/okaidoku.html

その他、お探しの中古品などございましたらコチラまで
お問い合わせください。

3階 末廣

|

2007年6月16日 (土)

天ノ視点 NO,40

天ノ視点 NO,40

昨日は、店長川又によります「エフコン」こと「Friday Concert」が催されました。

今回の「エフコン」は…

◇“Friday concert”Vol.25 dCS vs ESOTERIC Comparison system Vol.1◇

と題しまして、「dCS Scarlatti」を主賓に迎えての比較試聴になりました。

Dcs_4 やはり、話題の機種ということもあり総勢23名と沢山のお客様にお越しいただきました。

目玉は、元祖にして「Scarlatti」と同じくVRDS-NEOを搭載したESOTERIC / P-01との比較!!同じドライヴを搭載した機種でもこれほどの音の違いが現れるとは…!!

もちろん、どちらが優れているという表現はしかねる両名機ですので、皆様の耳でP01_1 お確かめください。

CSVerdi Encore」「Elgar plus」「Verona」との比較や、G-0sを用いての検証…etc盛り沢山の2時間にお客様はご満足の様子。今回も僕は例のごとく、お客様に混じって店長のプレゼンを聞き入ってしまいました。

Encool_1Scarlatti」は引き続きH.A.L.1にてご試聴いただけます。

本日は30度を越える夏日となりました。「梅雨ってもう明けたの?」「いやいや、昨日入ったばかりですよ」この会話を本日3回ほどしました。確かに、今日は暑かったですね!!

そして、天ノ視点が40回目になりました。こんなブログを40回も書いていたと思うと…。精進します…。

amino@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1 天野

|

Today's lunch!! Vol.57

梅雨入りしたのに晴天続き…(^^ゞ猛暑の夏という予報で水不足が予想されるという今年は適当な雨が降ってもらわなければ困るのですが、こればかりはどうにもなりません。土曜日のアキバは日中から強い日差しで食欲減退のシーズン? いや、「腹が減っては戦はできぬ」のたとえ通りランチは重要です!! と言いつつ、何を食べようか迷ってしまうのが常。リピーターになってもいいなと思っていたToday's lunch!! Vol.55でご紹介した秋葉原駅前プラザビルの入り口まで来て、数日前と同じランチメニューを見上げてどうしようか~? と迷うことしきり…。このビルのテナントで入ったことのない店は…? そうだ、ここにしよう、ということで6Fへ。20076164本格派四川料理の店“天府”ここのランチメニューが目新しく見えて入ってみることにしました。 週末だというのにがらがら(笑)いや、これは失礼。秋葉原の街中はえらい人出なのに、大きなビルの中に限ってこんなに空いているというのはUDX・クロスフィールドと同じ現象なのでしょうか? 入ってみると、窓際の半個室で円卓を囲む英語圏のツーリストの団体さんがいて、20076161私の座ったテーブルの隣では中国語で話しているのだからインターナショナルなことは間違いない。座ってメニューを見ていると注文もしていないのに蒸し器に入ったシューマイがサービスです、ということでいきなり出てきた。 メニューは豊富で興味深い料理もいくつかありましたが、ここは四川料理の王道「陳麻婆豆腐」の定食を注文してみました。サラダ・スープ、ザーサイがついてライスはお代わり自由というのがうれしいです。20076162で、甘めのドレッシングのかかったサラダとサービスのシューマイがこれ。実は、このサービスだというシューマイが中々美味しい。 夜だったら間違いなく単品で注文したくなるような味でした。私は地元の中国料理の店で昔「料理の鉄人」に登場したシェフがいる“知味斎”には休日に家内といっしょにランチを食べに行くことが多く、麻婆豆腐といえばこの店の味が一番気に入っているもの。そして以前にもToday's lunch!! Vol.30では土鍋麻婆豆腐というのを食べたことがありました。果たして、陳建民の伝統の味とはいかなるものか!? と待っていると出てきました!! ぐつぐつと音がする大きな土鍋というか土皿!?20076163 いや~、この大きさと真っ赤なラー油がぐつぐつと音を立てている迫力はーに私はちょっとたじろいでしまいました。凄いボリューム、しかも辛そう^_^; これにご飯とスープが付いてきました。スープはコーンスープにかき卵が入っているもので甘さもありしょっぱさもあるという感じ。しかし、今回は完食できるだろうか、とさすがの私も心配になってきました。地元のお店“知味斎”では家内とランチを二つ注文して二種類の料理を分け合って食べるので麻婆豆腐も半分ずつなので適量なのですが、このボリュームは私にとっても大変なもの。一口食べると美味い!!しかし、辛いー!! (T_T) 麻婆豆腐の辛さをご飯で薄めて食べているような感じで、とてもこれだけは食べていられません。まあ、ビールがあったらそうではないでしょうが(^^ゞ ご飯もお代わりをもらい、何と水のお代わりは四杯も頼んでしまいました(笑)いや~、満腹です!!ここではランチメニューで目新しいものもあり、リピートしてもいいかな~と思いました。でも、麻婆豆腐はもういいかな~(笑)

|

本日開催です

Tm_ms_3 パブロ・カザルスのチェロ

バーデン・パウエルのギター

徳川夢声の語り

今日と明日の17:00~18:00

ダイナミックオーディオ5555の5Fにて開催しております。

ご予約は必要ありません。どうぞお気軽に覗いて行ってください。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

ユニバーサルアームの情報です。

ハイエンドショウにて参考出品しておりました。
GyroDecのアーム情報が入りましたのでご連絡です。
REGAのテクノアームとは別に7月頃予定で、
ユニバーサルアーム換装タイプの発売予定との事。
写真は下記になります。

Gd001
Gd002_2 Gd003



Gyro SE/UNV(ユニバーサルアーム)
*アームは最終形ではございませんので、
多少変更の可能性ありとの事です。

型番:ポールスター・PS-UNV(仮称)
スタティックバランス型トーンアーム
全長:約305mm
実効長:228mm
有効長:212mm
オーバーハング:16mm
オフセットアングル:23°
針圧調整範囲(直読):0~3g
アームベース取り付け中心径:Φ21~22mm
付属ヘッドシェル重量:15g
総重量:約600g

インサイドフォース、アームリフター付き、

価格:予価¥16万前後(本体価格、税抜き)
発売予定:H19年6月末~7月上旬

製品価格(PS-UNV搭載モデル)
 GyroDec/UNV 予価¥53万~54万(本体価格)
 GyroSE/UNV 予価¥46万~47万(本体価格)

またこちら、アームだけの単売可能との事です。
最近現行のユニバーサルアームのラインナップが
あまり有りませんでしたので探していた方は御一考されてはいかがでしょうか、
製品に付きましての詳細は上記しか判っておりませんので、
詳細判りましたら追々ご連絡いたします。

東郷

|

2007年6月15日 (金)

天ノ視点 NO,39

天ノ視点 NO,39

本日、ここ7H.A.L.1では、店長川又によります「エフコン」こと、「Friday Concert」が開催されます。今回も、僕はアシスタントとして参加させていただきます。

今回は…

◇“Friday concert”Vol.25 dCS vs ESOTERIC Comparison system Vol.1◇

と題しまして、あの「dCS Scarlatti」を主賓にお迎えしての公演となります。

H.A.L.1でも導入以来、試聴希望の方が後を絶たないほど注目されているこの「Scarlatti」をシェフ川又がどのように調理し仕上げたのか!今回のメインタイトルとなっております「Scarlatti Transport」と同じく、また、店長川又が名づけたVRDS-NEOを搭載した「ESOTERIC P-01」との比較!こちらも見どころとなっております。

加えて!同じく、「dCS」のリファレンス機種である「Verdi Encore」「Elgar plus」「Verona」。この三機種との比較もあるとか…。…楽しみです…。

しかも、今回の「エフコン」はこれだけでは終わらないみたいですよ!!後日の天ノ視点にてレポートしたいと思います!!

http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/

http://www.teac.co.jp/av/esoteric/p01_d01/index.html

今回は仕事を忘れないように集中してアシスタントしたいと思います!!毎回、演奏を聞き入ってしまってしまうんですが…。

最近、暑くなってきましたね。先日、お休みを頂いた際に、千葉の浦安にある某テーマパークに遊びに行ってきました。一日中外にいたせいで腕や顔が日焼けで真っ赤になりました。最近、店内にこもりっきりなので余計に…。

それでは、また。

amino@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1 天野

|

1F特選ヘッドフォン新着中古品情報!!

26ce5297f26de2bd2881   2209b78ff3f314188a20 どうも、こんにちは。本日入荷仕立て、新着中古情報です。まずは、「ULTRASONE PROLINE 750」です。1台限りの入荷です! こういった中古良品は、すぐ2、3日で売れてしまうので、本当に、早いもの勝ちの世界です。少し前に、Edition9がリリースされ注目され、気にかかったお客様も数多くいらっしゃったと思いますが、このPROLINE 750は、そのEdition9の前作Edition7の技術を投入した完全密閉型のヘッドフォンです。

メーカー定価¥42,000(税込)→                                中古価格¥19,800(税込)SHC会員価格¥18,857(税込) 販売済 

つづいては、コンデンサー型タイプ 一般の音楽ファンから、海外のスタジオ、放送局等のエンジニアさんからチェロ、ヴァイオリン等のアーティストに至るまでたくさんの支持ファンを持つ「STAX」の中古情報です。007s  

STAX SR-007 (OMEGAⅡ)                    究極の繊細感、力強さでは、世界一のヘッドフォンかもしれません。

メーカー定価¥194,250(税込)                                 中古価格¥115,500(税込)    販売済                       SHC価格¥110,000(税込)    

Srm717_1

STAX SRM-717                           A級動作、ピュアバランスDCアンプのドライバーです。 

メーカー定価¥126,000(税込)                     中古価格¥59,800(税込)    販売済                               

       SHC価格¥56,952(税込)

にてご提供中です!! 今でも昔、この組み合わせで、初めてSTAXを聴いた時の驚きと音の感動は、消えず残ってます。そんな素晴らしいめったに出ないこのSTAXの組み合わせを見逃す手は、ありませんよ。父の日のプレゼントにも良いかもしれません。

追記 ※ 上記、中古3点の商品は、即日完売致しました。 

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

イベントのご連絡です。

イベント第二弾の概要が決まりました。
コンダクト上田社長と「音楽を楽しむ」を目的に、
前回の「ビートルズ」に続き、今回は「プログレ」となりました。
最新のハイエンド機器でプログレをとことん聞こうとの事
セッティングも機材もとことんやります。日程は7月8日
詳細が決まりましたら、再度ご連絡いたします。

話は変わりますが、コンダクト上田社長
鎌倉のラジオで企画を組み、プロデューサー兼DJで、
1時間ほど番組をやられているとの事、
明日の特集は「プログレ」、御興味がある方は是非とも、
面白いおぢさんですので。

で今日、話をしていましたら、
上田社長、北九州の某所での先輩だったことが発覚。
今回であそこの出身者に会うの3人目だよーとの事。
ものすごくピンポイントな場所なので、かなり驚きました。
今日はおかしな昼下がりでしたが、
第2弾イベントもお楽しみに。詳細は後日。

東郷

|

Today's lunch!! Vol.56

休み明けの金曜日はメールが溜まっているので何かと忙しく、また今日はエフコンの準備もあったりしてランチタイムはついつい遅くなってしまいました。で、どこに行こうかと思っていたら、一昨日に食べた炒飯が事の他美味しかったので、今日は手早く済まそうとあまり考えずに上海バールへと向かい、さっさと注文したのが「ネギとひき肉チャーハン」でした。一昨日と同じものを食べに行くなんて…、と思いつつも実はそれだけ美味しかったという事。チャーハン対決としてはToday's lunch!! Vol.16で“万豚記”とここをよく比較しますが、“万豚記”でのネギチャーハンは本当にネギとご飯が同量ではないかと思わせるほどネギがたくさん入っていました。2007615 そして、“万豚記”ではワケギというか万能ネギというのか細いネギが濃厚な風味でしが、今日のチャーハンは長ネギを千切りにしたものが入っていて程よい風味でした。そして、ひき肉というのが凝っていて、少し甘辛に煮込んで味付けしてあるようでした。それがチャーハン本来の塩加減と相反する旨味が口の中で交じり合って食をそそります。一昨日はとても美味しかったので今日は大盛りで頼んでしまいました。(^^ゞリピートしている店でもメニューによって感動あり、ということで速攻の更新でした。さあ、今夜のイベントに備えてエネルギーが充電できました!! がんばらなくっちゃ~(^^ゞ

|

2007年6月14日 (木)

セッティングさらに変更中

先日のブログに付いて、何したの?
と、若干反響がありまして、聞かれるとじらしたくなる性分ですが、
あまりじらしてもしょうがないので、詳細をお伝えいたします。

先日、単線の細いスピーカーケーブル(BlackRhodume:T-90)

T90




を見つけましてSONICS Allegriaにサブウーファーを足してみました。
元々サブウーファー用の細い線を探していたってのもありまして、
東、推奨は細い単線のケーブルが一番との事、
そそくさと、お客様が少ないのを良いことに、作業を進めまして、
(暇なのはあまり良くないのですが、天気が天気ですし。)
セットアップ完了しております。
サブウーファーはAcustik-Lab Stella Novusを使用
以前、東にセットアップのコツを伺いましたところ、
要約すると、エロい音との事でした。←勝手な解釈です。
ゴメンナサイ判らないですね。
つまるところ、低音を追加する機械ですが、
サブウーファーが鳴っております的なセッティングではなく、
そこにサブウーファーがあると感じさせずに、
無いと寂しい、そんなセッティングがベストとの事。
要約すると、そう言う事です。

いつも驚かされますが、ちょちょいとセッティングを決め。
「聞いてみて」の一言、これが経験の差なんだなと思いつつ、
いつもながらスゲーです。

イベントが近づいてきましたので、再度告知です。

-----------------<イベント情報>-----------------

■LINN LP12 SE Systemによる音楽鑑賞会■

日時6月23日(土曜日) PM1:00~PM2:30
場所 6F HAL2
進行 私とLINN JAPAN 山口氏と楽しくLPを聴いて頂く。
定員 10名位。

一番の興味はKEEL+TRAMPOLIN2による期待度。
当日は、LP12+EKOSを1台用意致します。
もう一台は、LP12(KEEL+TRAMPOLIN2装着)にEKOSを取り付けて
一聴して判断できるものと思います。
特に、LP12オーナーはこの機会に体験されてみてはいかがでしょうか?
メールにてご連絡をお待ちしております。

連絡は東までお願いいたします。
mailto:azuma@dynamicaudio.co.jp

--------------------------------------------------

東郷

|

天ノ視点 NO,38

天ノ視点 NO,38

以前にも書きましたが、オーディオのあり方について。

最近、オーディオをインテリアとして考える人が増えているそうです。

特に若年層(20代)の方に…。家具をそろえるように、オーディオを揃える。

ご自宅の雰囲気に合わせたコーディネートを。

実際、僕も最近オーディオを本格的に始めようと考えている所ですが、今ひとつピンとくるものが無く…というのも、もちろん予算の関係はありますし、音でもなるべく良いものを選びたい。そして、部屋の雰囲気を崩さずに…。

例えば、マッキントッシュ / MVP861→マッキントッッシュ / MA2275JBL / 4428

ウッドスタイルのお部屋と合わせて80年代USAを思い浮かべるようなイメージで…

http://www.mcintoshlabs.jp/

http://www.harman-japan.co.jp/product/jblhome/4428.html

例えば、ESOTERIC / SZ-1ESOTERIC / AZ-1PIEGA / C3.

メタルで近未来な雰囲気を演出。

http://www.teac.co.jp/av/esoteric/sz1_uz1_az1/index.html

http://www.piega.jp/products/pro_ts3.html

…しかし、僕は、ここ7H.A.L.1に展示してあるESOTERIC / MG-20を何とか低コストで使いこなしてみたいと思っているんですが…。 

悩みますね…。

梅雨に入りましたね。これからこんな雨の日が続くわけです。洗濯物が干せないですね。

梅雨が明ければ、夏本番!!ですよ!!皆様、心と体の準備はよろしいですか?(僕はまだできていません)

では、今日はこの辺で…。

amino@dynamicaudio.co.jp 7階 H.A.L.1 天野

|

2007年6月13日 (水)

セッティング変更中

九州は梅雨に入ったそうですが、先日電話がありまして、
梅雨入り宣言の後、一度も雨が降ってないそうです。
そしてこちらは、強烈な雨と、猛烈な暑さ、
環境がーどうとか言い出しそうなネタですが、
そんな年もありますって事で、行きましょう。

以前お伝えしましたSONICS Allegria大変好調ですが、
不在時にまたセッティング若干変更になっておりました。
不在の度に微妙に判るか判らないかの変更に対して、
音が格段に良くなる為、毎回驚かされます。

Pas002Pas001_1




左が現在、右が以前のセッティングになりますが、
お判りになりますでしょうか?
今回は若干前に出し内振りに、それだけ。
スピーカーが消え、音の抜けがスッキリと、
前回と比較しますと、音像の広がりはタイトに、
低音の量感が出過ぎていた所が納まり、
中低域がスッキリとストレス無く出てくるようになりました。
部屋に対して最適な位置にスピーカーがあるんだなと感じております。
さらにちょっとしたイタズラもしてますので、詳細は後日。

東郷

|

1F最新ヘッドフォン情報!!

K414p_ph どうも、こんにちは。今回は、前シリーズも好評だったAKGのK26PをベースにしたNEWモデル「AKG K414」のご紹介です。基本的にベースになったヨーロピアンなデザインは変わらず、試聴にて再生した音の感じも、このミニヘッドフォンタイプのこの価格帯では、バイオリン、チェロなどの弦楽器を美しく、ジャズヴォーカルなんかも色気のある表情をしてくれます。SOUL、ROCKなどを再生しても力強いエネルギーある低域を鳴らしてくれます。気になる方は、ぜひ!一度ご来店にて御試聴ください。

07bedt440e_a001   07bedt660e_a001   07bedt860e_a001_1 今度は、beyerdynamic Headphone の2007年NEWモデルのご紹介です。写真左からDT-440、DT-660、DT-860Edition2007モデルは、デザインも,前シリーズを、さらに一新したNEWデザインとなっています。高いインピーダンスだった今までのモデルと比べ、インピーダンスも35Ωに設定されており(NEWモデル全機種)ポータブルでも充分な駆動力と音を再生してくれます。試聴した感じでは、DT-440Edition2007が、力強いエネルギーを持った低域が特徴に感じました。その上のDT-660Edition2007は、もう少し密度が濃く、音場感も1ランク上がり、低域も強めではないですが、充分な力感を持っているのが特徴です。最後のDT-860Edition2007は、DT-440とDT-660のモデルの特徴の良さを集約した素晴らしい音場感を創り、音楽の世界に引き入れてくれます。古くからのbeyerdynamicのHeadphoneのデザインを知っているものにとっては、以前の古く、味のあるクラシックなデザインもとても懐かしいですが…。

ぜひ、一度お気軽に遊びに来る感覚で御試聴にいらしてください。お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

2007年6月12日 (火)

perfume

オーディオとは一切関係ありませんが
最近『この部屋、良い匂いするけど何か使ってるの?』
とお客様に聴かれることが多いので、使用してるものを
ちょっとだけ紹介します。

O_fs_eivy_l2_1

いわゆる匂い袋というやつですね。
私はフレグランス雑貨が好きで、部屋に置いたり
集めたりしているのですが、その中の一つを持ってきて
使っています。
香りの系統は一言で表すとフローラル系なのですが
調べてみたところジャスミンとすすらんのブレンドとの事。

香りはかなり強めなので香りに敏感な方にはお勧めできませんが
香水などが好きな方は一度試していただきたい一品です。

好きな香りに包まれて、好きな音楽をお気に入りのオーディオで
聴く。なんていうのも素敵だなって思います。
ちょっと、こじつけっぽいですかね…?
でも、自分にとって心地よい空間で聴く音楽はまた格別だという
思いは本物ですので。。。

興味のある方は『サシェ』で検索すると
色々な種類の物が見れますのでお試しくださいネ。

3階 末廣

|

期間限定展示☆ESOTERIC「MG-10」

こんばんは。
本日は珍しく二度目の更新をしている、宮川です。

Mg10 さて、先程のブログにてお知らせしておりました、新しく届いた展示スピーカーというのは、こちら。
←ESOTERIC「MG-10」(\420,000 / 税込)
専用スタンド「STD-MG10」(\210,000 / 税込)

ブランド創立20周年記念モデルであり、ESOTERIC初のスピーカーシステムです。 最大の特徴は、新開発のマグネシウム振動板を搭載している、という事です。

Mg10_1 Mg10_2←背面の円形スピーカーターミナル部分。バイワイヤリング対応で 、中央下の端子はアース線を接続する場合に使用します。ジャンパーケーブルは付属品です。Yラグ・バナナ両方に対応していますが、Yラグは内径8ミリのものをお使い下さい。
シングルで接続する場合は、メーカー推奨の方法としては写真の様な、HF(高域用)端子での接続です。(VIVID「B1」と同じですね。)

Mg10_3 ←セッティング後の比較試聴エリア。
本日は悲しい事に、お客様が少なかった為、セッティングには非常に専念する事が出来ました・・・・
試聴しては動かして・・・を繰り返し、タイムリミットも迫り、「ここの辺りかな・・・」という微妙な感じが、写真の位置です。後程、我が上司に手直しして貰う箇所が多々有るでしょう・・・

ESOTERICのスピーカーだけあって、スピード感や解像度はさすが!という感じです。一音一音がクッキリハッキリとクリアで明るく、定位もしっかりしています。濃厚さや湿度感はあまり無いのですが、透明感あふれる、活きの良い音色、という感じがしました。

金曜日までの、期間限定展示となっております。
日本が誇るプレーヤーブランドの雄、ESOTERICのスピーカー、ご試聴希望の方はお早めに!

4F H.A.L.3  宮川 いより.

|

Today's lunch!! Vol.55

梅雨入りが例年よりも遅くなるというニュースもあり、今日の東京は本当にいい天気です。今朝は恒例のウォーキング、まあ~散歩ですが一時間ほど歩いてきたのでランチタイムには健康的な空腹感が…。昨日の反動ではないですが、こんな日はご飯をしっかり食べたいと思いながら、頭の中であれこれ考えてもここだ、という店が浮かばない。では、今まで一番行ったことのないところを目指そうということでJR秋葉原駅前まで出かけました。どこ20076124かというとここ、Today's lunch!! Vol.1で紹介した秋葉原駅前プラザビルという飲食だけの建物。ここは久しぶりです。入り口の各フロアーの案内を眺めていると「牛の炙りステーキ定食」ご飯のお代わり自由!! というのが目に付きました。早速エレベーターで9階までノンストップで上がると… と、いきなり夜景の写真ですが、これはリンクのために貼り付けたものです(^^ゞそこは私も初めて入りました火楽 ~Karaku~ 秋葉原店とな。20076121 どどーんと景観が開けましたが、こちらの方が昼下がりのアキバというもの。数日前にはお向かいのヨドバシカメラまで行ったな~なんてことを考えながらメニューを念のために確認していました。しかし、ここの女性スタッフは皆さんハキハキしていて、接客態度もいいし容姿も中々いいし気に入ってしまいました(^^ゞ私が行くのはランチタイムのピークを過ぎた頃なので、客数はそれほど多くなかったで20076123すが、私の二つとなりのテーブルにいたOL三人組の一人が中々の美人で、どうしても視線がちらちらと行ってしまうのには困ったものです^_^;  夜のメニューも見せてもらいましたが、シンプルな料理が適度な価格で飲みに行っても良さそうな感じです。さて、注文してから最初に出てきたのは山盛りのおしんこと何やらとろろ芋のような小鉢。そして「牛の炙りステーキ定食」の本体が^_^;が別のお盆で運ばれてきました。つまり、一度に盆に乗せられないということか。さて、この写真の左上が山盛りのおしんこ。あっさりと塩もみした程度でキャベツ、きゅうり、カブなどがたっぷりで、20076122おしゃれで上品なサラダよりも食べ応えがあるものです。右上の小鉢は何かと尋ねるとご飯にかけて召し上がってくださいという。これは何ですか~と尋ねると若くてチャーミングな女性スタッフが「自然薯です」という答え。でも自然薯はもっと粘りが強いはずだけどな~、と私が言うと後ろからちょっぴり年上の女性が「ダシとミソでのばしてあるんですよ」というフォローが入る。なるほど~。さて、味噌汁もご覧のように大振りのお椀でたっぷり、これを最初に頂いた。わかめ、油揚げ、もやしが入っていて白味噌仕立てであっさりしたもの。出足は中々。そして、ステーキ…。でも脂がしたたるという感じではなく「炙り焼き」ということで淡白な食感で味付けはほとんどなし。小鉢に大根おろしが入ったタレがあったのですが、これがまた甘口で私にはどうも…^_^;で、女性スタッフに塩をもらって自分で味付けして食べてしまいました。しかし、この山盛りおしんこはいいですね~。ご飯を食べる合間に口に運ぶとさっぱりして食が進みます。お肉が半分も残っているのに一杯目のご飯はなくなってしまい即お代わり~(笑)二杯目には自然薯をかけて二度美味しい!! お腹にもたれる脂分で満腹というものではなく、野菜が多く全部食べ終わったらさすがの私もお腹一杯です。そして、この店はBGMに中国の楽器、二胡の演奏が流れていますが、食事中にロックグラスに氷といっしょに注がれた濃い緑のお茶が出てきました。これはなに? と尋ねると「中国の茶葉茶です」ということで、濃厚な緑茶を冷たく頂いてお口直しとなりました。そして、ありがたいことにテーブルには灰皿もあり、久々に新規開拓で当たりの店を見つけました。自然食で健康的な満腹感というか、しっかり落ち着けるランチでしたね~。ここはリピーターになってもいいです!!(^。^)

|

H.A.L.3・本日の試聴室☆07/06/12

こんにちは。

何だか今日は、梅雨は本当にやって来るのだろうか・・・と思わせる様な気候です。水不足は困りますが、子供の頃から、夏の到来はわくわくして来ます。

この様な日は、スカッとしたサイダーの様な、あの音色が聴きたくなります。
070612←VIVID AUDIO「B1」 。GOLDMUNDのプリ・パワーとSONYのプレーヤーで鳴らしています。
かけるソフトは、透明感のあるヴォーカル「EDEN」。外の暑さを忘れさせてくれます。

つい先程、新しい展示スピーカーが届きました。(実は、本体の方は週末に到着していたのですが、スタンドが無くて展示が出来なかったのです)
これから、組み立てとセッティングをしようと思っております。メーカーさん曰く、なかなか曲者のようなのですが・・・頑張ってみます。

時間が間に合えば、本日中にまた、ご報告出来ればと思います!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年6月11日 (月)

天ノ視点 NO,35

天ノ視点 NO,37

「オーディオラックの必要性」

良い音にする為の人間の探究心は果てが無い。トランスポートやアンプ、はたまた、DACやマスタークロック、ケーブル、そしてスピーカー。音に直接かかわるこれらの重要性が高いことはほぼ素人の自分が見てもわかります。まだ、この世界に足を踏み入れて間もないわけですが、彼らは僕に価値観を180度変えてしまうほどの驚きを体験させてくれたからです。それこそケーブル一本にしても何千円~何百万円の違い。材料や技術、情熱に雲泥の差があり、良いケーブルで音を鳴らしたときの幸福感はオーディオの面白さを僕に教えてくれました。

そして、先日、上司の手伝いでお客様のご自宅に配達&セッティングに伺いました。以前にも一度お邪魔させていただいたお宅でした。今回は、オーディオボードのセッティングということでした。

例のごとく、アクセサリーによる音質の変化に対する疑心暗鬼を抱きつつ…。

以前よりお客様はQUADRASPIREの横に長い二段のラックをお使いでした。今回は同じくQUADRASPIREの横に短い四段のラックに変更。そして、パワーアンプの下にMUSIC TOOLS/ISOstatic floorampを新規導入。作業は順調に終わったものの、セッティングにお客様、上司ともども必死のご様子。僕の入り込む余地はありませんでした。そして、全作業終了。

まず、見た目にも美しいMUSIC TOOLS/ISOstatic floorampを導入したことで、高級感が以前より格段にでて、横長のラックに比べて、すっきりとして無駄が無い!!これぞ、機能美!!そして音も、以前の印象より低音にしまりがでて、音像がはっきりと聞こえて、トランペットの音色がなんとも気持ちよかったです!!またしても仕事を忘れて音楽に聞き入ってしまう天野でした。

ラック一つとっても種類の数は数え切れないほどあり、それぞれに特徴があり(一つ一つを聞き比べしたわけではありませんが…)より良い音を生み出そうとして、オーディオボードにこだわる皆様の気持ちがわかったような気がします。

amano@dynamicaudio.co.jp  7階 H.A.L.1 天野天ノ視点 NO,37

|

Today's lunch!! Vol.54

20076111今日は朝から曇り、そして小雨模様、昼過ぎには快晴というめまぐるしい天気の東京です。さて、今日はどうしようか?このメニューを見て、もうお解かりのように久しぶりにosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へ行ってみました。ご飯をしっかり食べたいという日が続きましたので、この辺で馴染みではあれど20076115未体験の料理を食してみたいという思いで雨の中を歩いていきました。さすがに今日はランチタイムが一段落する一時過ぎと言えども空いていましたね~。cameriera大枝さんに言うと私が近場のとんかつ屋さんに行っていた昨日はもっとお客様が少なかったということでしたが、アキバの繁華街からちょっと離れていますから雨の日は大変ですね~。さて、今日は何にするか? ペペロンチーノも良さそうだが、お肉料理のCセットにしよう!!と早々に注文は決まりました。前菜は「豆とチコーリアのフリッタータ」でした。これ前にも食べた覚えがあるな~、と思ったいたらToday's lunch!! Vol.48で以前にもご紹介していました。20076112 さっぱりしている、というよりもお料理そのものには味付けは殆んどしていないので、ひんやりしたフリッタータをソースに絡めて頂くというもの。チーズとトマトベースのソースが何とも涼感がありさらっと食べてしまいました。東京ではこれから入梅というシーズンでイタリア料理での季節感というと展開がなかなか想像出来ませんが、出てきたお肉料理「地鶏胸肉のポリート」を先ず20076113 見た瞬間になるほどね~、と感心してしまいました。ツナソースということは大枝さんから聞いていましたが、まさかこんなお料理とは予想していなかったのですが、一口食べて直ぐにわかりました(^^ゞ中華料理でもありますが、これ俗に言う“蒸し鶏”のイタリア版というもの。蒸した鶏の胸肉を冷やしてソースをかけたものでした。しかし、このツナソースがぴったりで食欲をそそり、バージンオイルをからめて頂くと正に未体験の味!! いいですね~、これからのシーズンにぴったりです!! 結局パンもお代わりしてお皿に残ったソースをきれいにパンで拭き取るようにして完食しちゃいましたー!! (^^ゞ20076114 こうなるとデザートの季節感はどうなるんだ!? と楽しみにしていると出てきました!!「マスカルポーネのセミフレッド」というもの。平たく言えばアイスケーキか!? セミフレッド? 半凍結? デザートなのにナイフとフォークが添えられました。では…と、ほんのちょっぴりフォークでこそぎ落として口に入れると…。お~、そういうことですか!!(^。^)これは多分カップかセルクルに中身を詰めて凍らせてから型抜きしたものでしょうが、お皿との間にはビターチョコレート、上半分にはコーヒーの風味がありシャキシャキっとして半分凍っています。これはナイフがないと切れないほどですが、下半分のマスカルポーネのほんのりした甘さを辛口チョコとシャーベット状のコーヒー風味が混じり合ったところをカラメルソースと一緒に食べると「あ~、幸せ~」(^^ゞという感じ。なるほど!!これから本格的な夏場に向けてもイタリア料理のお楽しみはいっぱいというランチでした(^。^)

|

2007年6月10日 (日)

天ノ視点 NO,36

天ノ視点 NO,36

湿気が多いですね…じめじめしますね…布団が干せなくて困ってます。すぐにカビが生えてしまいますから…。

さて、H.A.L.1 Brief Newsや天ノ視点で少しご紹介した。製品です。

dCS / Scarlatti   Transport  ¥4,150,000

                         DAC          ¥2,930,000

           ・Clook         ¥1,350,000

その金額もさる事ながら奏でる音は7階H.A.L1のスピーカーとベストマッチ!!ちなみに今はMOSQUITO NEOにて演奏していますが、ご要望がございましたら、事前にご連絡いただければコンホーネントのセッティングを変更いたします。お気軽にご連絡ください。

Photo_549

Photo_75  オウムガイとオリジナルノーチラス。

  

 お恥ずかしい話なんですが、未だにオリジナルノーチラスの音

 を聞いたことが無いんです……。

 

 N800シリーズやDシリーズは何本か試聴したことがあるんです

 けど…。配達やセッティングそお手伝いの際、お客様に聞かし

 てください!!…の一言がなかなか…汗。

 

 …というよりH.A.L.1にもあるんですよね…今度、機会があっ

 ったら店長にお願いしてみよう!と前向きな天野です。

 

来たる6・15(金)は上記したdCS / Scarlattiを用いたイベント「エフコン」こと、「Friday concert」があります。今回も恒例のごとく僕もアシスタントとして参加させていただきます。

店長がdCS / Scarlattiをどのように鳴らし、他の機材との比較にどんなコメントをするのか!!

楽しみですね!!

さて、本日は夕方から上司のお手伝いでお客様のご自宅にセッティングに出かけてきます。以前にもお邪魔させていただいたお客様なのですが、本日はどんな音を聞かせてくださるのか、こちらも楽しみです。では、本日はこの辺で!!

amano@dynamicaudio.co.jp  7階H.A.L.1 天野

|

Today's lunch!! Vol.53

今日は天気予報が見事に当たって昼ごろから雷雨になった東京です。こんな日は近場で済ませようと思いつつ、デスクワークが長引いてランチタイムが遅くなってしまい空腹の絶頂(^^ゞ今日はしっかり飯を食いたい!!(笑)ということで、ご飯が美味しい店でボリュームのあるものを食べようと思い立ったのがこの店。Today's lunch!! Vol.2で紹介している“とんかつ冨貴”に行くことにしました。もう、この店とは15年目のお付き合いで、新規開拓で失敗するよりはなじみのアレを食べたいという時に行きます。創業何十年などと看板の歴史を語るにはちょっと庶民的過ぎるかな~(笑)という雰囲気ですが、何と今年で開店40周年だとか!!今日は二人の女将さんの妹さんのお嬢さんがお店を手伝いに来ていました。お年頃のお嬢さんですが、ずっと前に私が行ったことを覚えていて下さったとか。今日のランチもブログにアップしますから、前回のもいっしょに見てくださいね~と名刺をお渡ししてきました。で、今日は何を注文しようかということは前もって決めてありました。何といっても、この店のメニューは全部食べ尽くしているので行く前から食べたいものが決まっています。近場のとんかつ屋さんでもう一軒、良く行くのがToday's lunch!! Vol.12Today's lunch!! Vol.45でご紹介した「まる五」ですが、このVol.12で紹介していた「ロースソテー」と同じソテーがこちらにもあります。お値段は1,550円と庶民的ながらボリューム満点。2007610 さあ、出てきたのがこれです!! 味付けは昔から知っているので今更感動ものということはありませんが、お袋の味という感じて早速ばくばく食べ始めました(^^ゞ昔はこのソテーでどんぶりめしをお代わりしたものですが、さすがに近年はほどほどに…(笑)でも、しっかり満腹になって幸せ~という感じ。さて、話は変わって話し好きな女将さんですが、開店以来の40年間で無銭飲食、食い逃げはあったのかと質問してみました。「あら~、そう言えばそんなお客さんはいなかったわね~」と泰然としたお答え(^^ゞそうでしょうね~、この雰囲気だったら悪いお客さんは来ないだろうな~と、Vol.12の最後に述べていることを思い出しました。そうです、友達のお母さんにご馳走になってしまったようなものですから(^。^)

|

2007年6月 9日 (土)

天ノ視点 NO,35

天ノ視点 No,35

本日、H.A.L.1に例の彼らがやってきました!!

そうdCS / Scarlatti!!

しかも、Trans port / DAC / ClockScarlatti一式!!

本日はお客様が多く見えられていて僕自身、まだ音をしっかり聞いてない状態です…。しかし、お客様や店長の反応は上々ということで楽しみにしています。

Photo_546

Photo_547

Photo_548

さて、話は変わりますが、僕もそろそろオーディオをしっかり始めようかなと空想を立てている今日この頃です。…といっても、もちろんH.A.L.1にあるような機材は買えませんが、オーディオショップの店員になってから得た知識と先輩や上司のアドバイスを聞きながら試聴に試聴を重ねて吟味していこうかなっと考えているわけですよ…。

そして、いくつか候補が上がっているんですが…

Mg20_pair_1ESOTERIC / MG-20

これまでの天ノ視点でも触れてきたここ7H.A.L.1にも展示してあるMG-20ですが、

この音は\700,000の音ではないっすよ。これが自宅にあったら寄り道しないで帰れそうですよね。しかし\ 700,000ですからねぇ…

    

TANNOY / Autogrh mini

Autograph_3言わずと知れたAutogrh:nの小さいモデル。彼らが展示してある頃に一度試聴したことがあります。そのサイズからは想像できない幅の広い音を僕に聞かせてくれました。

…っと悩んでいるわけですが、まだまだ僕の知らない機材があるはずだ!!オーディオ探しの旅に出ている天野でした。

|

夜配レポート☆SYSTEM7&GOLDMUNDシステムを聴きに・・・

こんばんは。
先日、久々に美味しい日本酒と泡盛を堪能致しました、宮川です。

何故、日本酒と泡盛を堪能する事が出来たか・・・。
当フロアのお得意様・練馬区のO様宅へ、我が上司がサウンドチェックにお伺いするとの事で、私も勉強の為&「聴いてみたい・・・」という訳で、連れて行って貰ったのですが、その時に、O様がお持て成し下さり、ご馳走になったという訳です。(もちろん電車で行きました。)

O_1_5 ←O様のシステムです。
O様は、当フロアHPのお客様訪問記「ちょっとおじゃましま~す」にも、過去2回、ご登場頂いております。その頃との大きな変更点は、「イルンゴのボードが、ラックとパワーアンプの下に追加してある」という点と、「スピーカーとの間にQRD・DIGIWAVEを設置してある」という点です。

Osystem7 O_4 私は、以前の音を聴いていなかったのですが、イルンゴで足回りを固めた事で低域の量感と厚みが増して、スピーカー中央のルームチューニングが加わったという事で音が上手くほぐれて耳辺りも良く、立体感が出て来た、という様な変化ではないのでしょうか?QUADRASPIERのラックのポール部分も、あまり締め付けないようにして、開放感を出している、との事です。

ややもすれば、「綺麗だけれども少しキツめ」という傾向になりがちなシステムだと思うのですが、高域は品良く響き、低域はほど良くシッカリと、とてもエレガントなシステムにまとまっていた印象がありました。LP12で聴かせて頂いたアナログは、本当に心地良い音楽でした。

O_2_1 美味しいお酒とお食事の後、デザートまで頂きながら、明かりを落としてムーディーな雰囲気の中、最後に聴かせて頂いたのが、お馴染みの徳永英明の「VOCALIST」。 Ocd
この日は本当に、五感フル稼働で、楽しませて頂いてしまいました・・・
O様、今回は誠に有難うございました。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

Today's lunch!! Vol.52

一週間ぶりの更新です(^^ゞその間は以前にご紹介した店ばかり行っていたので新ネタがなかったような…。まあ、同じ店でもよほど感動的な料理があればいいのですが、ちょっとその気力が起きなかったようで…<m(__)m> 最近は早起きしてウォーキングしているので朝食が美味しく、勢いランチタイムの空腹感も健康的になってきました(笑)何も考えずに食事に出かけると、店の前の歩道に出てから右に行こうか左に行こうかと考えてしまうこともままあり、土曜日の今日はどこに行こうか、と出かける前に情報収集をしました。で、何か今まで味わったことのない味はないものかとwebで探して…そうだ!!と思いついたのがこの店。ちゃぶ屋 とんこつラーメン CHABUTONです。ランチ前のウォーキングとばかり駅の向こうまで歩くことにしました。入梅前の曇り空ですが、相変わらず人出が多いアキバです。ヨドバシカメラの8Fに行くには5号エレベーターがお薦め。なぜかと言うと、他のエレベーターは地下6階まで含めて往復しているので待ち時間が長い。でも5号6号のふたつは1Fから8Fまでの専用運転なのです。そして、この店はエレベーターを降りて左手に直ぐあります。店員さんに一人です、というと食券を買ってくださいと言われ、webで調べておいたので注文は決まっていました。普通のラーメンとチャーシュー丼の二つに即決!! そして、案内されたカウンターへ。しかし、さすがにここはインターナショナルですね~(^^ゞとなりに座った若い女性ふたりは中国語、目の前のカウンターには白人と日本人が英語のやり取り。となりのテーブルでは外国人の団体さん。エレベーターの中では恐らくベトナム人のカップル、などなど。そうこうしていると、注文の品が出てきました!!200769 まずスープから…、うんいける!!美味い!! 私はラーメンは好きですが、そればかり食べ歩きして色々な店との比較でどうこう言うほどのことはないのですが、この店のスープは美味しかったです。トッピングも数種類ありましたが、初めての店であれこれ乗っかったものを食べてもオリジナルな味がわからないので最初はスタンダードな選択で。麺は細麺でちょっと固めの茹で具合。トンコツながらあっさりめのスープにマッチしています。チャーシューは見た目大きくても薄切りの方でとろける感じで淡白な味付け。右側にあるのは「チャーシュー丼」で特製のタレがかかっているというもの。麺だけでは物足りないので追加しましたが、まあこちらはほどほどというか想像の範囲内でした。そして、ふと見ると隣の中国人の女性二人は私と同じラーメンを注文したものの、見ているとカウンターにあった餃子用のラー油をどと~と入れてスープが見えないくらいに真っ赤にして食べていました^_^;まあ好き好きですが、若い女性でもお国柄があるんだな~と思ってしまいました。アキバにもラーメン屋さんは数ありますが、豚の背脂を振り掛けるようなところはちょっと濃厚すぎるので好きではありませんが、この店のスープはいいです!! でも、夕方にはお腹かが空いてしまいました(笑)消化がいいということでしょうか。ではまた次回にご期待下さい。

|

2007年6月 8日 (金)

天ノ視点 NO,34

天ノ視点 NO,34

季節の香りがします。食べ物や花々ではなく…(影響はあるかもしれませんが…)家から出た時や、街中を歩っている時にふと感じる香りってありますよね?

それがもう夏の香りになりましたね。嬉しいやら悲しいやら…

最近、一日が早く感じます。気が付けば日が落ちている…なんて日が多々。気が付けば一週間が過ぎ…一ヶ月が過ぎ…。もっと一日を大切に過ごさねば!!と一人、思っている天野です。

Goldmund_1

オーディオの世界も日々進化です。常に良い音を求めて次々に商品開発が繰り返されています。ですが、急いだからといって良い製品が作られるわけではなく…H.A.L.1にも展示してある「MIMESIS 24ME」や「TELOS 2500」などを作り出した「GOLD MUND」では開発に少なくとも三年はかかるそうです。つまり、今日開発がスタートした製品は皆様の手に渡るまで三年以上かかるということです。三年あれば、今年高校に入学した方は大学生や専門学校生に、早い方は社会人になっているかもしれません…汗。

それだけ手間をかけた機材が悪いはずがありません!!

といっても、オーディオの世界ではなにも新しいモノがすべて良いわけではなく過去の名機として今でもファンの心を虜にして止まない機材も有ります。「TANNOY / Autograph

モノーラル時代の1950年代に誕生したコーナー型スピーカーの象徴的存在。コンパウンドホーンと呼ばれる特殊なエンクロージャー構造をもつシステム。誕生から半世紀以上経った現在も多くのユーザーがおり、その人気は衰えない。  -Stereo sound NO,160より

22autograph

|

H.A.L.3・本日の試聴室☆07/6/8

こんにちは。
いつご来店頂いても、新鮮さを失わないフロアを目指しているH.A.L.3。新展示品やルームチューニングの変化など、日々変わるフロアの様子をなるべくリアルタイムでお伝えすべく、何か有る度にこのブログ上で、お知らせしたいと思います。

070608 ←現在の試聴室です。大分スッキリとしていると思いませんか?
以前までは正面後ろに展示しておりましたスピーカー達を、両サイドに並べております。メイン・スピーカー背面のQRD効果が絶大である、という事は、そこにある他のスピーカーの影響も受けるに違いない、という事で、思い切って片付けてみました。

音もスッキリとして、広いステージを感じることが出来ます。

070608_1 ←メイン・スピーカー背面の上部。
こちらも、スカイラインとBADの位置を入れ替えながら、ベストポイントを探っています。この部分は、本当に意外な事に、何かを変える事による変化率は非常に高い様です。本日は端のBADとスカイラインを入れ替えてあります。

Hegelcdcdp2amk2Hegelh200←後日談になってしまいましたが、昨日まで展示しておりましたHEGELのCDプレーヤー「CDP2A mk2 」とプリメイン「H200」。 軽やかで粒立ちの良い、厚みのある音色、という印象でした。新製品の様で、詳細はまだ分からないのですが・・・

Lindemann820s ←LINDEMANN「820S」(\2,079,000 / 税込)。新製品のSACDプレーヤーです。本日までの展示となっております(明日以降は3Fにて展示しています)。スッと落ち着いていながら透明感のある、「大人な雰囲気」の音色を感じます。

また、どこか変更している点もあるかもしれませんが・・・週末のご来店、お待ちしております。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年6月 7日 (木)

イベントに向けて

日曜日に行うイベントに向けて、使用機器が搬入されました。

*STRATOS*
Dsc00725_4

本当はもっと美しい色合いなのですが、残念ながら
私の写真をとる技術が無い為、3割減の見た目で写っています。
個人的に好きな色なので、間接照明の中に置いて
ぼんやり眺めたいなぁ…なんて思ったり思わなかったり。

肝心な音はといいますと、メーカー担当者曰く
『3時間くらいは期待はずれの音しか出ないよ~』
との事。……3時間は待てない…。
という事で1時間半程で聴いてみました。
暖かさと強さが共存しているような印象でしたが
アンプが温まればもう少し優しさが出るのでは・・と
思います。(あくまで予想ですが)
どんな音になるのか乞うご期待!!

ちなみに、イベントは予約制となっておりますので
参加ご希望の方はコチラまで♪

3階 末廣

|

天ノ視点 NO,33

天ノ視点 NO,33

朝方の雨が嘘のように良い天気ですね。少し蒸し暑くなってきそうですね…。

今日はお勧めソフトのご紹介です。

JENNIFPhoto_3ER HUDSON / AND I AM TELLING YOU I’M NOT GOING

DREM GIRLS」と言う映画をご存知ですか?

女性三人組が紆余曲折しながら夢を追いかけていく感動ストーリー。その中でBEYONCE KNOWLESEDDY MURPHYなどそうそうたる出演者がいる中、一際その歌唱力が輝いていたのが「JENNIFER HUDSON」。彼女の肉厚のある歌声が無くてはこの映画はB級映画だったかもしれません。とても、新人には思えない存在感。これからの彼女に期待大です!!

そして、彼女のソロ曲「AND I AM TELLING YOU I’M NOT GOING」。

DREM GIRLS」のサウンドトラックに収録されているこの曲は、彼氏、はたまたパートナーに見捨てられるシーン、彼女が「待って…」「行かないで…」「あなた無しでは生きていけないの」と醜くも心の底から愛を歌うバラードナンバー。ハンカチ無しではスクリーンが見えなくなってしまうかもしれません。

…といっても、実際、映画館で観た僕は泣きませんでした…汗。しかし、H.A.L.1にてこの曲を聞きました。

彼女の気持ちや音楽が作り上げた彼女の表情は、僕の中に流れ込んできて、思わず涙腺が弛んでしまいました…。恐るべしピュアオーディオ!!

|

2007年6月 6日 (水)

達人の声を聴く

「徳川夢声」をご存知だろうか?

と僕が言うのも変な話で、というのも僕が生まれたころにはもうとっくに亡くなってしまっていた人物なんですよね。

徳川夢声(1894~1971)

島根県出身。

無声映画時代の弁士であり、漫談師であり、俳優としても知られている夢声は、

日本で公共電波にその声をのせた最も古いひとりです。

その話術における、独自の“間”は聴くものを幻想の世界へと誘います。

夢声のライフワークであったのが、吉川英治原作の「宮本武蔵」の朗読です。

5Fでは新潮社によるこの朗読のCD全集(全20巻・CD77枚・¥228,000)をご用意しました。http://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/830121/ 

今回はその中から

第十巻「霧風」

第十四巻「仮名がき経典」

などを選びとって聴いていただこうと思っております。

Tm_ms_2

616日(土)17日(日)の二日間

17:00~18:00 5555 5Fにて

「達人の話芸を聴く」

戦闘シーンの緊張感はもちろんのこと、

人情溢れる場面でも「声の力」を思い知らされます。

最新の機器はこの達人の技をどう表現するでしょうか。

当日はAVANTGARDE「NANO」を中心とした組み合わせで再生する予定です。

みなさんお気軽に覗いてみてください。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

天ノ視点 NO,32

天ノ視点 NO,32

暖かくなりましたね。もう、ジャケットはクローゼットの中にしまいっぱなしでよろしいでしょうか?昨日、お風呂からあがると暑かったのでエアコンをかけました。そして…そのまま極寒の夢の中へ…

こんな過ちは二度と繰り返したくないものです。皆様もお気をつけください。これからの季節これが原因で体調を崩される方が多いようですから…。

H.A.L.1に明日、待ちに待ったあの機材がやってきます!!

dCSScarlatti」!!

H.A.L.1の「H.A.L.’s Brief News」でもご紹介のとおり、金曜日のイベント「Friday concert」にて使用する機材です。店長がイベントまでやってしまうこのシリーズはまたきっと僕の度肝を抜いてくれることだと思います。(過去何度も抜かれたように…)

しかし、明日はまだ音が聞けないんです…涙…と言いますのも、シェフ川又が明日はお休みを頂いてる関係で調理することができないんです…。楽しみは後にとっておきますか…

http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/scarlatti-transport/

http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/scarlatti-dac/

http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/scarlatti-clock/

と、この頃、新しい機材が少しずつ入ってきます、その度に心躍らせている天野です。

すごいですね!!…世界中にこんなにオーディオを楽しんでいる人がいて、それ以上に機材の種類があって、それでも満足できない人たちがより良い音を求めつ続けるかぎりH.A.L.1は…オーディオの世界は進化し続けるんですね…。

天ノ視点のカテゴリーができました。嬉しいかぎりです。ですが、より皆さんにH.A.L.1をお伝えしなくては!!と、自分を奮い立たせている天野でした。

amano@dynamicaudio.co.jp  7階 H.A.L.1 アシスタント 天野

|

1Fアクセサリー情報

07bedtx50b_a001どうも、こんにちは。今回は、ダイナ5555 1Fより、インナータイプ・ヘッドフォンで注目商品のご紹介です。それは、beyerdynamic DTX 50 です。IPOD、mp3などのポータブル機器などに最適な密閉型インナータイプ・ヘッドフォンです。 確かbeyerdynamicは、戦前からの古いメーカーさんで、ことヘッドフォンに関しては長い歴史と伝統があり、記憶にも懐かしい2002日韓W杯で使用されたとも聞いています。そういった世界規模の大会で使用が認可許可されるには、それなりの信用と信頼性と音質の良さがあります。この密閉型インナーもイヤーパッドが、シリコン製となっており、通勤、通学の間にも、耳に密着し周囲の環境音を遮断してくれ、装着感の快適なタイプです(イヤーパッドも大中小あり)。独自の筐体設計により 重低音の再現力を高め、力強く量感ある低域から繊細な高域まで充分な性能と音場を誇っています。色も写真のようにブラックとホワイトの2種類あります。07bedtx50b_a002                                            ぜひ、一度お気軽に遊びに来る感覚で御試聴にいらしてください。お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

イベントのお知らせ

これから夏にかけましてHAL2では折を見て、
イベントを行っていこうと考えております。
本日は第一弾、先日もお伝えしました
LP12 SE Systemの視聴会になります。

-----------------<イベント情報>-----------------

6月23日(土曜日) PM1:00~PM2:30 開催致します。

■LINN LP12 SE Systemによる音楽鑑賞会■

一番の興味はKEEL+TRAMPOLIN2による期待度。
当日は、LP12+EKOSを1台用意致します。
もう一台は、LP12(KEEL+TRAMPOLIN2装着)にEKOSを取り付けて
一聴して判断できるものと思います。

日時6月23日(土曜日) PM1:00~PM2:30
場所 6F HAL2
進行 私とLINN JAPAN 山口氏と楽しくLPを聴いて頂く。
定員 10名位。

特に、LP12オーナーはこの機会に体験されてみてはいかがでしょうか?
メールにてご連絡をお待ちしております。

使用機器予定
JBL     DD66000MA
Boulder   2008
Boulder    1050 or GlassMaster SD2.0
GOLDMUND   MM22SIG
LINN         LP12 SE System or LP12 System

連絡は東までお願いいたします。
mailto:azuma@dynamicaudio.co.jp

--------------------------------------------------

まだ始動して日の浅いLP12ですが、日に日に機械が馴染み
その性能を発揮しつつ感じます。
イベント開催時には最高のコンディションで
お客様をお迎えできると思います。

東郷

|

2007年6月 5日 (火)

H.A.L.3試聴室これで良いのか・・・~ルームチューニング編・part3~

こんにちは。
関東地方の入梅がいつ頃かが気になり始めている、宮川です。(梅雨は湿気で髪がうねるので・・・)

さて、細かい所を微調整しながら、見た目・音色共に日々変化を続ける、当フロア試聴室ですが、今回も細かく変化しております。

Photo_542 _2_13 070605 ←ここ最近の修正点は、主にこの正面上部です。写真は、左側より古い順で並んでいます。一見、そう大きな変化では無い様に思えますが、聴いてみると驚きです。

背面の、更に上となると、そう大きな影響も無さそうに思えるのですが、実際はこの部分で大きく左右されていたものが、「臨場感」「ステージ感」です。
中央にスカイラインを持って来た場合と、BADを持って来た場合では、音場の広がりが全く違っていました。現在はスカイラインが中央に来ておりますが、こちらの方が、音が左右まで回り込んで来るステージ感がある様です。BADですと、平面的に広がり、落ち着いた感じになりますが、スカイラインでは立体感が増す、という所でしょうか・・?面白みが出るのがこちらかな、という感じで、今の所、この様な形で落ち着いております。

最初にディフラクタルを一枚追加した時は、情報量が圧倒的に増え、スケールも広がりましたが、その分温かみが減って、中低域が抜けている感じになってしまいました。パッと聴きは華やかなのですが、長時間聴くと疲れてしまう感じだったのでしょう。しかしながら、このルームチューニングにピタッとはまる音楽やシステムもあったりして、非常に面白かったです。この辺りは、意外な発見の連続でした。

今有るスケール感を保ちつつ、前後の奥行や温かい音色、もう少し貫ける高域・・・などという様に、段階的に課題をクリアしつつ、今だ試行錯誤の最中ですが、何となく、私にも、我が上司がどの様な音色を作り出したいのか、分かって来た気がします(・・・なんて言うと、偉そうですね)。

ルームチューニング、恐るべし、です。

今回、このQRDも絡めたイベントも行います。大場商事様ご協力の下、評論家の小原由夫氏にご講演頂く予定です。
まだ、お席には余裕がございますので、興味のある方は是非!試聴室がどの様になっているかを実際にご確認頂いて、多くの方のご意見を伺いたい、とも思っておりますので・・・

厳しいご意見を頂戴したい所存で御座います。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年6月 4日 (月)

H.A.L.3☆イベント情報・pat1

こんばんは。
髪を切ってさっぱりしている、宮川です。

さて、H.A.L.3では、これから夏に向けて、イベントを企画中でございます。
まだ構想中のものもございますが、決定次第、順次ご報告致しますので、興味のある方は奮ってご参加下さいませ。

早速、イベント第一弾のお知らせです。

◆WILSON AUDIO「SYSTEM8」とQRDの魅力◆

・日時:6月30日(土) / 午後1時~午後3時
・場所 : 5555 4F【H.A.L.3】試聴室
・進行:オーディオ評論家 小原由夫 氏
・定員:20名様(先着順とさせて頂きます。)

当フロアの王様 WILSON AUDIO「SYSTEM 8」と、ルームチューニングはこの存在無しでは語れない「QRD」。
実力・魅力共に、当フロアでは十二分に認められているこの両製品ですが、今回は、輸入代理店・大場商事様のご協力の下、オーディオ評論家の小原 由夫氏をお迎えして、新たな観点から語って頂こうと思います。

小原氏は、元々ヴィジュアルの評論で著名な方でしたが、最近ではピュア・オーディオの方でもご活躍されており、また違った視点でのお話が伺えるのではないでしょうか。

お問合わせ、お申し込みはメール、またはお電話にてお願い致します。
ダイナミックオーディオ5555:03-3253-5555(4F 島宛て)
メールアドレス:shima@dynamicaudio.co.jp

皆様のお申し込み、心よりお待ち申し上げます。奮ってご参加下さいませ!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 NO,31

天ノ視点 NO,31

ESOTERIC

日本が生んだ世界に誇るオーディオブランド。言わずと知れたその名前は、「奥義」や「秘伝」

また、文学などでは「深遠な…」「難解で…」の意味を持ちます。その名の通り、最先端と技術と鮮麗されたデザイン、音への果てしない探究心は聞き手の心を掴んで放しません。

事実、世界中のHi-END機器が集うここ7H.A.L.1でも「ESTERIC」ブランドは外国の機器と並んでもまったく見劣りしません。それどころか、専用ブースができてしまうほどですから…。その「ESOTERIC」が二十周年記念モデルとして出したスピーカーがMG-20」。

価格こそ¥700.000ですが、奏でる音は一級品。是非、ご試聴を…。

過去、日本のブランドが成し得なかった領域を越えた「ESOTERIC」を日本人として誇りに思うと共に、これからもオーディオ界の向上、お客様の満足の為に進化して行くことを、不束者の僕が言うのも恐れ多いですが、期待して止まないです。

話は変わりますが、今回「天ノ視点」は三十一回目になりました。

「31」という数字を聞いて何か思い浮かぶものはありますか?掛布雅之の阪神タイガース現役時代の背番号(僕が阪神タイガースファンという事ではありません)

他にも三十一文字(みそじひともじ)と言って、短歌の五七五七七をたした数字なんです。

そこで一歌。

「はかなくも心に響くは音の道、長きを歩むオーディオイズム」

お粗末様でした。

amano@dynamicaudio.co.jp   7階H.A.L.1  天野

|

巨礫

806 Boulderの新型パワーアンプ「860」が5Fにやってきました。

期間限定の展示です。

Boulderはコロラド州にある都市の名前ですが、

どうもboulder〔巨大な岩〕のイメージがあるのです。

しばらくこのアンプの素性を探っていこうと思います。

つづく

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2007年6月 3日 (日)

FIRST EVENT 告知

S.A.HALL初☆イベントを開催いたします。

『STRADIVARI  meets  STRATOS』

Stradivarihomage_2使用予定機器
スピーカー sonus faber Stradivari Homage 税別定価 \5,500,000
パワーアンプ HOVLAND STRATOS 税別定価 \5,500,000
プリアンプ HOVLAND HP200 税別定価 \1,280,000
SACDプレーヤー LINDEMANN 820S 税別定価 \1,980,000
アコースティックパネル LABORATORIUM Flexum 税別定価 \250,000(1枚)

日時:6/10(日) 15時~17時Image_2
場所:ダイナミックオーディオ 5555 3階 S.A.HALL
解説:(有)アッカ 木村氏

尚、今回のイベントは予約制とさせていただきますので
ご希望の方は担当:野田までお申し込みください。

今回のラインナップでのイベントは、予てから当HALL オーナー・野田と
メーカー担当の間でやってみたい!と思われていたもので
遂に実現する事となりました。どんなイベントになるのか??

イベントの予約・お問い合わせは3階 野田宛にお願い致します。
TEL 03-3253-5555 mail:noda@dynamicaudio.co.jp

3階 末廣

|

天ノ視点 NO,30

昨日、自家製カレーの話を書きました。昨晩、食べました。一晩…二晩寝かせたわけですが、作りたてには出せないまろやかさがたまりませんでした。

しかし、少し怪しい香りも…汗。

Photo_1Photo_2

H.A.L.1の機材にも一晩エージングをとった機材があります。

ESOTERIC X-01 / G-0s / MG-20 

Acoustic Plan  Siter

上記のシステムを昨日新たに組みましたので、昨夜は一晩中エンハンサーディスクをかけていました。一つ一つを馴らして…全体を馴らして…じっくりことことと…耳に入る瞬間を楽しみに。オーディオのそういうアナログ的な所が好きです。手間ひまかけるとより良い音になる。そして、自分の音にしていく。

そして、今日、早速聞いてみました!

個々の特徴は崩さず、全体のまとまりが出ました。小さな変化ですが、この小さな変化にかける手間がオーディオの醍醐味ですね。

「天ノ視点」が30回目を迎えました。毎回、新人天野からみたH.A.L.15555、オーディオの世界をつたない文章でなんとなく皆さんに伝えています。これからも…いえ…これからはもっと深くこの世界を皆様に伝えていければ幸いです。よろしくお願いします。

amino@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1 天野

|

LP12 SE System

LINNのアームとサブシャーシアームボードが、
アップグレードしました。EKOS/SE KEEL
先日より新たに入荷したLP12を、ほんとにこれで良いのかいな?
(KEEL取り付けに本体を結構バラバラにします。)
とか言いながら東がセットアップしておりましたが、
針を落とした瞬間、何だこれは???みたいな
LP12ファンからすれば激変に近いものがありますが、
良い!盤に針を落として、片面聞き入ってしまいました。

Lp121 Lp122 Akiva_1




LINN LP12 SE System Total \2,840,250

EastPassive(小部屋)に展示してありますが、
エベレスト(JBL DD66000)でも聞きたいなと東が言ってましたので、
不定期でEastActive(大部屋)にあるかもしれません。
とにもかくにも、とりあえずはこの音を体験してみてください。

東郷

|

Today's lunch!! Vol.51

2007634  この週末は好天に恵まれた東京です。中央通りの歩行者天国は大変な賑わいで、色々な人達がお出ましになっていました。ドラえもんの着ぐるみを着ているおじさんもいましたが、さすがに写真を撮る気持ちにはなれませんでしたね~(笑)どこへ行こうかと悩む日曜日ですが、結局あれこれ選べるUDX・クロスフィールドに向かうことにしました。すると…2007631何やらイベントをやっているらしい。KONDOとは何ぞや!? どうやらロボット屋さんらしい。面白そうだとのぞいてみたら大の大人たちが一杯。というより子供より大人ばかり(^^ゞまあ、私も自宅ではこんなロボットを作っているので人のことは言えませんが^_^; 二足歩行のロボットがホビーとして盛んになってきましたが、専門店も増えてきたようです。そのロボットを持ち寄ってのサッカーもやってましたね。2007632 ラジコンのプロポを手にした人たちが真剣な表情で競い合っていましたが、ロボットの動きはユーモラスでありながら中々思うようには行かないようで、やはり動作を人工知能がコントロールできるようにならないと人間の小手先だけでは中々自然な動きにはならないようです。私が作っているロボットはアクションよりもコミュニケーションが出来るのが特徴で二足歩行ではなく三つの車輪で動くもの。温度センサー、赤外線センサー、音波センサーなどが搭載されていて自立走行したり会話をしたり出来ます。まだ完成は遠いですが、まあ余暇の楽しみとしてちまちま作っています。そんなイベントの人だかりを眺めていると、ある異様なものが…!!2007633 これはロボットではないです(笑)男性が持つリードの先でちょろちょろと動く動物が。あっという間に女の子たちに取り囲まれて「かわいい~!!」の連呼(笑)飼い主の男性は、これがご満悦というか関心を引くことが楽しいのでしょうか。これなんでしょうね~? おこじょ、テン、ミンク、のどれかと思いますが、可愛いのは私も認めます。でも、万一首輪が取れたり暴れて逃げ出したりしたら絶対につかまりませんよね~。ロボットと小動物にめぐり合った珍しいランチタイムです。そうそう、肝心なランチはどうするのか!? と上を見上げて… 。2007634_12007635このアキバスクエアから見上げるとモダンな外観の一角がありますが、そこの二階部分は外観と全く逆のイメージのレストランが入っています。 下町の洋食屋“須田町食堂”です。なんともレトロという入り口ですが、中に入るとモダンな外観の壁面ガラスと大きな窓になっていてインテリアはちぐはぐした感じ。実は、この店は以前にも一度入ったことがありますが、今日は日曜日にしては珍しく他の店が満席というところが多く、空腹も手伝ってボリュームのあるものを食べたいと思ってしまいました。案内されたテーブルの隣では私が注文しようかと思っていたカツカレーライスを食べている若者がいて、その料理を横目で見ていたら食べたい気持ちが薄れてしまいました。(^^ゞ2007636 それでメニューとにらめっこして決めたのが「地鶏のソテー」とランチセット。スープとサラダとライスが付いて1,480円というもの。まあ、いいか~、ということで出てきたのがこれ。最初の一口目でソースの甘さに参ったな~、と思っていたら、食べていくうちに次第に気にならなくなってきました。独特なソースでしたね~。でも感動した、というほどではなく、つつがなくランチを食べ終えたという感じ。でもな~、価格対比で言うと神田の裏通りにある古くて小さな店構えの洋食屋さんの方が安くて美味しかったような気がするな~。ということで、リピーターになりたいという気持ちにはなりませんでした。明日はどうしようかな~(笑)

|

2007年6月 2日 (土)

天ノ視点 其ノ弐拾九 …TEN-NO-SITEN NO,29…

天ノ視点 其ノ弐拾九 …TEN-NO-SITEN No,29

一昨日作ったカレーがそろそろ良い感じに熟成されているわけです…楽しみなんです。

あぁ…今日は水道水ではなくミネラルウォーターで米を炊きますか!!少し硬めにしてみましょう。あ…らっきょうを忘れずに。オプションにサラダがよろしいですかね?お酒は…置いといて…。後は相方がいればパーフェクトなんですが…。

と、こだわっていると何かに似ているような…。

オーディオですよ!!

先日より、鳴らしているESOTERICシステムのブースに変化がありました。

ESOTERIC / X-01 Limited

   

ESOTERIC / G-0s

Acoustic Plan / Siter

ESOTERIC / MG-20

     ケーブルは引き続きESOTERIC製品を使ってます。

MG-20以外はすべて変わっています。アンプもESOTERIC / AZ-1Acousic Plan / Siterに変えてみました。こちらもかなり調子良く歌っています。全体の広がりや音像の定位は以前より増しているように感じました。加えて、今回は豪華にもESOTERIC / G-0sの導入です。G-0sはマスタークロックのHi-END機器ですね。お恥ずかしながらG-0sの効果を今日、初めて体感しました!!こんなにも変わるものなんですね…機器のワールドシンクを精密に合わせえる機材と…正直?でしたが体験してしまいましたから…。

音楽全体がぐっと締まり、より生々しさがでました。特にボーカルに変化がありました。(あくまで天ノ視点ですので…)G-0s恐るべし!!ですよ。

是非、ご試聴ください。                  

天野でした。

|

生産完了になります。

sonus faberがお好きな方に悲しいお知らせが…。


『CREMONA』

Cremona_4   

『CREMONA auditor』

Cremona_auditor_1

『CREMONA』と『CREMONA auditor』が生産完了になります。
現在メーカーにある在庫がなくなってしまったら新たには手に入りません。
CREMONAい~な~と思っていた方、いつかは…とお考えだった方。

迷ってる暇はありません。

迷ってしまったらコチラまでご連絡を…。

後になって「あの時買っておけば・・・」とならないようにお気をつけくださいネ。

因みにセンターとサブウーファーは無くなりません。

3階 末廣

|

2007年6月 1日 (金)

縁の下の力持ち

本日は概ね晴天みたいです。
先日は帰宅時に大雨と、ビチャビチャになりまして。
最近何かと天気の話題が増え、季節の変わり目なんだなと考えつつ
ネタが無いのがバレナイものかヒヤヒヤですが、
それはさておき、EastPassiveのご紹介。

Kalista_1




KalistaのオプションSilentBaseが届きまた。
(Kalista専用ベース)
セットアップ完了しております。
オプション扱いになっておりますが、
基本セットだよこれは、ってのが感想で、
まさに縁の下の的な、驚きました。
あまり大げさに書くと嘘っぽくなりますので、
是非とも視聴に訪れてください。低音が違います。

東郷

|

天ノ視点 其ノ弐拾九 …TEN-NO-SITEN No,29…

天ノ視点 其ノ弐拾九 …TEN-NO-SITEN No,29

本日、僕は5F CS5555の佐藤が休みをいただいてる関係で5Fを担当させていただいております。なかなかない経験なので、この際、5Fのシステムを存分に楽しんでみようと思っているわけですよ…。

5F CS5555はトールボーイ形&ブックシェル形スピーカー主体、これらを複数の機材にてご試聴いただけるフロアーになっています。入って右手奥には5F佐藤のrecommendedスペースがあり、JBL / 4338Avantgard / NANO等が元気よくなっています。

実は、本日は7階H.A.L.1のイベントFriday concert vol,26の開催日です。今回もアシスタントとして参加します。

『アナログの可能性はどこまで行くのか!!

先日、展示を始めましたSpial Groove System SG1GrahamEngineering Phantomを使って川又店長がどんなプレゼンをしてくれるのか!!とても楽しみですね!!

6月1日という事で本日より衣替えですね。普段から室内にいる僕はあまり変化ありませんが、学生の皆様や制服を着ている方々は気分一転して半袖ですね。爽やかに初夏のやさしい穀風をお楽しみ下さい。

昨日、家に帰ってからカレーを作りました。夏野菜のかぼちゃや茄子などをふんだんに入れて…と思ったんですが…なんだかんだ迷っていたら普通のカレーになってしまいました…泣。つ…次こそは!!http://mogu.pupu.jp/natusin.htm

7階 H.A.L.1 天野

|

Today's lunch!! Vol.50

Today's lunch!! Vol.48でもご紹介しているosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へはわけあってしばらくは行けそうにないので、今週最後のお楽しみということで行ってみました。いや~、その甲斐あって新メニューが登場していましたね~(^^ゞ2007611 パスタは食べていましたがお肉料理の「仔羊のソテー」を早速注文しました。すると、cameriera大枝さんが「こちらのお客様がまた来てくれましたよ」ととなりのテーブルを示されると、お~、Vol.48でご紹介したお客様とまたまた偶然に同席となってしまいました。前回は食後に当店にお越し頂き、7Fの演奏とこの進化?真価?神歌?というスピーカーも試聴して頂き、大変気に入って頂いたということでした。まだ、オーディオを初めて間もないので…とおっしゃっていましたが、料理もオーディオもおいしいものをたくさん食べることが重要ですよ~、と私からのアドバイス。今日は当店の4Fに展示しているPAWEL ACOUSTICS「ELEKTRAを聴きたいので行ってみますとのことでした。どうぞ楽しんでくださいね~。2007612 さあ、いよいよ出てきました!! 見た目も鮮やかなルッコラが乗せられ、付け合わせはサラダ油でからっと上げた野菜の天ぷら(^^ゞ赤ピーマンに黄色いパプリカ、それにサツマイモとズッキーニとアスパラが豪勢に盛り付けられていました。特にアスパラが美味しかったな~(^^)vで、早速骨付きの仔羊にナイフを入れると当然の事ながら柔らかい。パン粉を散らしてソテーしてありますが、それにビンゴットとグリーンマスタードのソースが添えられています。甘酸っぱいソースはぶどうの風味がいやみのない甘さで、これがまたお肉によく合います!! 満足のお味が今日も楽しめました。さあ、今夜は私の所でもエフコンがあります。皆様に美味しい演奏を楽しんで頂かなくては、と張り切って戻.ることにしました!!

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »