« 天ノ視点 其ノ拾参 | トップページ | 天ノ視点 其ノ拾四 »

2007年5月14日 (月)

Today's lunch!! Vol.38

初めて口にしたもの、生まれて初めて食べたもの。新鮮であり未知の味に遭遇すると感動もひとしおというもの。そして、本当に美味しいものを食べると幸せな気分になれるというのはオーディオと同じかもしれない。仕事の合い間のランチタイムという限られた時間とご予算(^^ゞの中で、こんな出会いがあろうとは…。「感動の大きさと文章量は比例する」という私の法則に照らして、またまた平日のランチが始まる月曜日はやっぱりここに行かなくっちゃ~、と初体験の味を求めてosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へ!!20075141 昨日の神田祭の喧騒が嘘のような秋葉原は今日もいい天気。予報によると東京地方の気温は17-24℃ということで、シャツ一枚で出かけられる。すると、これまでと違って更に一階のもう一面の窓もご覧のように開け放たれ、間近に草花を見ながら食事が出来る雰囲気が気持ちいい。で、早速今日のメニューを見せて頂くと…20075142 、好物のペペロンチーノもおいしそうだか、「地鶏胸肉のモッツァレラチーズ詰め」というのが興味を引いた。鶏肉の料理ではソテーしたものがランチでは普通で、他の店でも見かけるが、あくまでもご飯のおかずというもので一品料理という雰囲気ではない。それを、ここのシェフはどうやって料理するのかが気になった。この段階ではお肉料理でのボリューム感はあまり期待していなかったものでした。20075143 で、今回もデザートが食べたくなったので1,200円のCセットを奮発した。その前菜がこれ。「野菜のマリネ」ということで、まるで果物かと思える色鮮やかな野菜が程よい酸味と甘さでしゃきっとした食感で美味しい。むしろ、今日のメニューとのバランスを考えたものか、あっさりとした前菜が後に続く期待感を募らせる。20075145_2  20075144_1   さあ、メインがきました!! この見た目の第一印象があまりにも意外であり驚いてしまった。まだ口にしていないのに、ちょっぴり興奮さえ覚える光景に思わずアングルを変えて写真を二枚撮ってしまった(笑) cameriera 大枝さんが「温泉卵を割って、絡めて食べてください」という。でも、最初は卵のまろやかさは後のお楽しみにとっておいて、写真の左側にナイフを当てた。たいして力を入れずとも、すんなり切れる柔らかさで、ソースだけで食べてみた。「これは美味い!!」胸のうちで唸り、次はパルミジャーノ・レッジャーノがかけられている写真の右端にフォークを刺してまた一口。薄い衣をつけてオーブンで焼いたものだろうが、端の方でも柔らかい。そして、トマトベースのソースがなんとも美味しい。写真では解りづらいが、このお肉の厚みはゆうに5センチ以上はあってボリューム満点。いつものように最初からパンは二つ出してくれるので、料理のボリューム感と相まって満腹コースで食が進む。そして、温泉卵とソースを混ぜて食べ始めると新たな感動が!! ソースの酸味をまろやかに変化させ、脂身のない胸肉の味わいを奥深いものにしてくれる。そして、お肉と野菜を同時に口に運ぶと新たな食感と野菜の風味が加味されて新たな美味しさが広がる。「いいね~、でも詰めてあるはずのモッツァレラチーズはどこにあるのかな?」と、思いつつ次第にお肉が小さくなっていくと…「あ~、これだ!!」チーズだから黄色か白か、という見方をしていましたがグレーのパテ状のものが出てきました。お~、そういうことですか!! モッツァレラチーズをそのまま詰めたのではなく、マッシュルームとからめて下味をつけたものがじわっとこぼれ出てきました。このパテだけをそのまま食べてみると、これがまたなんとも美味しい。これをパンに乗せて食べて、あ~幸せ~(^^ゞという感じ。鶏肉料理で、しかもランチでこんなに手の込んだ料理を食べたのは初めてでした!!20075146 いいですね~、満足感・満腹感というのは単純に量的なものではないですね。美味しいものだと量感を気にしなくても心が満たされる感じです。さあ、デザートですね~(^。^) 前回はデザートの内容を確認するために、会社に戻ってから大枝さんに電話して色々と問い合わせしてしまいましたが、今日は大枝さんに「これ何だかわかりますか?」と逆に言われてしまいました。「え~、とスイカですよね、これ」と間の抜けた答えをして、スィーツにうとい私は降参してしまいました。(笑)「有機人参のババロアです」と大枝さんから教えられて、へえ~人参ね~? と半信半疑でまずスイカを食べて…、あっ、このスイカがまたまた美味しかった(笑)プルプルしたババロアを一口舌に乗せたら…「えー!! これは!!」濃厚でさっぱりしていて、果物のように酸味はなく、かつ乳製品のようなしつこさもなく、この甘さがとろける時間が終わって欲しくないと願うほど美味しい!! こんな美味しいデザート、いや意外性というか、クリームたっぷりのケーキもいいですが、人参ベースのババロアとはこんなにもオジサンを感動させてくれるのかと参ってしまいました(^^ゞ オードブルにメイン、そしてデザートと三回も未知との遭遇で大満足のランチでした!! 私も皆さんに美味しい音楽をお出しするようにがんばらなくっちゃ!! と元気を出して会社に戻りましょう!! ご馳走様でした~<m(__)m>

|

« 天ノ視点 其ノ拾参 | トップページ | 天ノ視点 其ノ拾四 »