« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

天ノ視点 其ノ弐拾八 …TEN-NO-SITEN NO,28…

天ノ視点 其ノ弐拾八 …TEN-NO-SITEN NO,28

今日の秋葉原は、今朝方の雨が嘘のように晴天に恵まれていました(夕方から雨ですが…)。まだ早いかも知れませんが、梅雨の前の雨を「走り梅雨」と言うらしいです。そして、今朝の雨のように、晴れているにもかかわらず降る雨のことを「狐雨」といいます。ご存知でしたか?なぜ狐雨かといいますと、まるで狐に化かされているような天気。から由来しているようです。昔は雨や風や自然現象に色々な名前を付けていたそうです。なんてロマンチストなんでしょう…!!

http://www2.cosmo-oil.co.jp/dagian/42/05.html

本日はS.H.W(サウンド・ヒヤリング・ウォーキング)最終日ということでご試聴希望のお客様が大勢いらっしゃいました。中にはCDをご持参される方もいて、楽しい時間でした。

S.H.W.対象機器の他にも、先日入った、SPIRAL GROOVEConnoisseur 3.0ESOTERICシステムも合わせてご試聴いただきましてありがとうございました。もちろん、S.H.W.終了後もご試聴いただけます。

話は戻りますが、梅雨の時期になるとオーディオ機器にも良くありません。湿気や夜露は精密機器の大敵です。末永くご愛用いただく為にも、除湿機や毛布などを活用して、万全の体制で梅雨をお迎えください。

梅雨が過ぎるとあっという間に夏がきます。夏といえば何かとアクティブになる季節ですので、今からハラハラドキドキしています。海に山に…花火にスイカ…楽しみですね!!

加えて、先日、知人にゴルフクラブを一式もらいました。今年の夏から、また一歩、大人の階段を上ろうとしている天野でした。

|

しばし熟成まち

昼の3時過ぎ頃から御来店いただきました
お客様には大変申し訳ございませんでした。
いつも御来店いただいておりますお客様ですと
すぐにお分かりになるかと思いますが、

Eastactive_1




JBL DD66000 EVERESTの展示が入れ替わりっております。
ローズウッドからメープルに
雰囲気も変わりまして、少し違和感がありますが、
音と共に馴染んでいくことでしょう。

御来店いただいたお客様には
つい今しがた出したばかりの新品ですので、
新品の音が聞けるんだ、ぐらいの気持ちで
楽しんでいただけますと幸いです。

また本日でサウンドヒアリングウオークが終了になります。
会員のお客様には、別のフロアには中々来ないので、
この機会に色々な音が楽しめたと大変好評でした。
キャンペーンは終わりましたが、
明日からも変わらぬ音でお待ちしております。

東郷

|

2007年5月30日 (水)

天ノ視点 其ノ弐拾七 …TEN-NO-SITEN NO,27…

天ノ視点 其ノ弐拾七 …TEN-NO-SITEN No,27

本日は、あいにくの雨模様ですね。…明日も雨らしいですけど…凹。もう、梅雨ですか?

まだですよね…。以前、天野視点で書いたかもしれませんが、雨の情景というのは嫌いではなく、雨の日にしかできないすごし方があり、実は好きなほうなんです。しかし、切実な悩みとして洗濯物や部屋の中の湿気などを考えると、正直なところ、梅雨まで晴れていてほしいと願う天野でした。

今日の7階H.A.L.1にすごい機材が入ってきました()。というより僕が入る前にはあったようですが…。

LYRA  / Connoisseur 3.0

すごいっす!!LPってすごいんですね!?この迫力!!今までいい音だなぁ…って思っていたのに…底が知れません!!残念ながら、生産終了してしまったとの事です。

もちろんご試聴いただけます。期間は定かではありませんが…。

先日、入ったSPIRAL GROOVE / System SG1 Phantomとご一緒にお楽しみください。

実は、今日もお客様がいらっしゃらない時にH.A.L.1のシステムで視聴していました。そして、本日の僕はそれでは終わりませんでした。6階のシステムも同じCDを持っていきました。機材のことや音に関しては僕が語るより、皆様に聞いていただいた方が良いと思いますので語りませんが、僕は…なんて…贅沢な環境に身を置いているのだろうと…すみません…汗。

思わずにやけてしまう天野でした。

|

Today's lunch!! Vol.49

連続でイタリア料理を楽しんだが、さすがに三日目はご飯が食べたくなりました。しかも、お代わりが出来てお腹一杯になるお店に行きたい!! ということで、小雨そぼ降るアキバの中央通りを末広町方向へと歩いていきました。すると…20075301 なんだ~、このおばさんは!?いや、失礼(^^ゞこんなご婦人から声をかけられました。何と早口なことか!!「ビールのアンケートです、お時間10分ほど、おいくつですか、食事はしましたか、このあと運転しますか?」と、立て続けの質問に「あ~、う~ん、そうですね~」と答えると、こちらへと連れて行かれたのはすぐ近くのビルの地下室。そこには折りたたみテーブルと椅子が並べられ、数人の人たちがアンケート用紙に記入している。「では、この用紙に…」と違う女性があれこれと説明に現れ、一杯のビールを飲むことに…。まあ、食前酒としてちょうどいいか~、というノリでちびちび飲みながらアンケートに記入していきました。「まずい、香りは良くない、キレはまあまあ、コクなんてないでしょ、」と私の採点はひどいもの。だって美味しくないから(笑)アンケート用紙は裏面もあって、よく飲んでいるビールの銘柄を書け…、う~ん近年はアサヒが多いかな~。何々一週間で何リットル飲むか? 毎日缶ビールは飲むけどリットルで聞かれても(笑) 缶のままかグラスについで飲むか? そりゃ~、グラスに注ぎますね~。一ヶ月間に自由に使える金額はいくらか? おいおい~、そんな質問って酒代のことか~? (笑) と、さんざん悪い評価を書いて謝礼の図書券をもらって出てきました(^^ゞ でも、どこかのメーカーさんがやっているんでしょうね~、かなりシビアなことを書きましたけどやっぱり味が勝負。それは私のビジネスも同じですから(^^ゞ さて、私がご飯を目的に行こうとしたのはToday's lunch!! Vol.820075302でも一度紹介している「新宿ねぎし」です(^^ゞその入り口のとなりに何と新しい店が!!カレー屋さんだが、かなりお安くメニューが豊富。食べたことがない種類まであって「トリカワ・カレー」なんていう焼き鳥屋さんみたいなものまである。どうしようかな~、としばらく迷っていると、中からインド人らしい女性が呼び込みの声を上げた。だめです、そう呼び込みされるとしり込みしちゃって逆に入れない私です。ということで当初の目的地「新宿ねぎし」に行きました。おや、今日は空いているな~(^^ゞ20075303 牛タンと麦とろの店なのにBGMはいつもジャズヴォーカルがかかっていて、この店のスタッフはかなり教育されていて対応がいい。麦飯はお代わり自由で、時には四杯、五杯とお代わりしている豪傑もいる。注文したのは前回と同じ「ねぎし定食」最近は価格も安定して1,200円ということと、他のお肉の味付けが濃いので今日はあっさり塩焼きの牛タンにしました。20075304 前回とは写真の出来が違うので再度ご覧下さい。少ない量でも脂っこいと胃がもたれますが、ここではどんなに大食いしても夕方になると不思議とお腹がすいてしまう。店内にも自然と健康という額縁があり、健康食を意識したもので消化が良いのでしょう。もうすぐ閉店という時間帯にやっと本日の更新をしていますが、そろそろお腹が空いてきました(笑)そうか~、食事前にビールを飲んだせいか!! (笑) またアンケートに行って食前酒を飲んじゃおうかな~^_^; 

|

1F 中古&新着アクセサリー情報!!

Interconnect CARDAS 「Neutral Reference」 中古

アメリカハイエンドケーブルの御三家のひとつ、CARDAS のRCA インターコネクトケーブル1.0mペアです。高域もキツクなく、つくり出す音場感の良さに特徴があり、高い評価を得ているケーブルです。

メーカー定価 ¥84,000(税込)⇒¥44,100(税込)                   

               ¥42,000(SHC会員価格)

そして今回は、CSEの電源ボックス関連の新製品入荷情報です!!                  

①CSE C-6                                          ボディのイタリアンレッドカラーが、眩しいNOISE FILTER付コンセントボックスです。低損失3.5スケアケーブル2m付きです。

②C-66R                                          同じくボディのイタリアンレッドカラーが、眩しいNOISE FILTER付コンセントボックス。超低損失銅板結線プラグインクレット固定金具付き、ロジウムメッキコンセント仕様です。

③C-2N                                           スタンダードタイプのNOISE FILTER付コンセントボックスです。

ぜひ一度新製品、中古アクセサリーを御覧に、ご来店下さい。お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田                                 

|

2007年5月29日 (火)

「私のコーナー(仮)」☆お勧めシステム・part1

こんばんは。
そろそろ髪の毛を切りたい、宮川です。

さて、今回は「私のコーナー(仮)」より、手軽に楽しめるシステムのご提案という事で、話題の一体型レシーバー・Aura「note」と色々な小型スピーカーの組合せをご紹介致します。

Note_4←Aura「note」(\283,500 / 税込)
これ一台をスピーカーに繋ぐだけで、音楽が聴けます。 一体型レシーバーの中では、特にパソコンとの接続に特化しております。USBポートにメモリーカードを差し込んで、録音・再生が可能です。パソコンでの音質も、癖のない、透明感のあるスッキリとした音色です。

Notecm1note+B&W「CM1」 トータル価格:\405,300(税込)
オーディオ雑誌でも「推奨システム」として、良く取り上げられる組合せ。解像度も高く、量感も豊かなCM1との組合せですと、中低域はしっかりと、高域は元気良く、音楽を「楽しく」聴けます。ジャンルを選ばない、オールマイティーなシステムです。

Notebs203anote+ELAC「BS 203A」 トータル価格:\441,000(税込)
こちらも小型ながら充分な低域と、繊細で綺麗な高域のスピーカーです。CM1と比較すると、少しタイトな印象でしょうか。音離れが良く、澄んだ音色のシステムです。ポップスやフュージョンも気持ち良く聴けそうですが、弦やピアノも美しいです。

Notedtk10note+onkyo「D-TK10」 トータル価格:\451,500(税込)
楽器メーカーとのコラボで生まれた、変り種スピーカーです。ギターと同じ素材・工程で作られております。筐体を思いっ切り響かせて鳴る、このスピーカーとの組合せは、落ち着いていて、温かみと渋みを持ち合わせた音色です。アコースティック楽器を、しっとりと聴きたい感じです。

コンパクトなシステムですが、それぞれ異なった音楽性を発揮して、しっかりと鳴ってくれます。小さいけれど、ステージを感じる音楽は、ラジカセやミニコンポ、携帯型プレーヤーとは一味違った、より豊かな感動を与えてくれると思いますよ!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

Today's lunch!! Vol.48

昨日はバタバタしていて更新できませんでした(^^ゞ今日は二日分のランチをまとめてご紹介します。でも、行った店は同じところ(笑)ここです!! osteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」 でした。20075291 というのもメニューを見て、あれこれ食べたいが一日では食べることは出来ないので…。先ず昨日は好物のペペロンチーノ、それも「手長エビと青マメのペペロンチーノ」を注文しました。思えば最初にこの店で食べたのもペペロンチーノでToday's lunch!! Vol.28 Today's lunch!! Vol.32 Today's lunch!! Vol.39 Today's lunch!! Vol.44と、もう四種類も食べてきたことになります。私も好きですね~(^^ゞこの店のペペロンチーノはニンニクの利かせ方がさほど強くないので食材の風味がきちんと表現されて美味しいのです!!そんなことを考えていたら、ふと私の隣の席にかけられた方から「あの~、失礼ですがダイナの川又さんですか~?」という声をかけられてしまいました。はい、とご返事すると「川又さんのBlogを見て食べに来たんです。今日で二回目です。」という。あら~、これはこれはありがとうございます<m(__)m>オーディオも食べ物もこだわりがなくっちゃ~、やっぱり美味しいところがいいですね~、などと最近のお薦めスピーカーなどのお話しもして食後には当店に試聴に来て頂きました。いや~、驚きました(^^ゞ20075292 さて、これが手長エビのペペロンチーノです。想像よりもたくさんエビと青マメが入っていて、相変わらずの大盛りのボリューム感はいいですね~。エビの下味も上品でプリプリした食感はさすが。そして、この青マメが逆にもちもちっとした食感で自然な甘さが口の中に広がりエビと好対照でありながら味わいとしてはマッチングしています。う~ん、いいね~とバクバク食べてしまいました。するとご近所にある取引先の営業マンも現れたり、仕舞いにはこの店を私に教えてくれた当店の東までもがやってきて賑やかに。東はまだ二回目ということで、私の方がリピーターになってしまいました。さて、パスタもいいですが、もう一つ気になったメニューがお肉料理。「お肉と野菜のポリトーミスト」というメニューです。それを今日は食べてきました!!20075293 今日は一階は満席なので二階へ案内されました。支配人とおぼしき男性が階段から二階に向かって大声でイタリア語で指示を出していました。多分日本的に言えば「ご新規さんお一人ご案内いいですか~」という感じ。二階に上がったのは二回目ですが、ご覧のように他のお客様が引けてしまったので私一人で貸しきり状態。窓辺に飾られた植物は本物でしたね~(^^ゞで、確認のためにcamerieraに「お肉と野菜のポリトーミスト」のスープはトマトベースですかドミグラスかコンソメですか、と質問したらどれでもないという。素材のダシで煮込んだものだとか。ではお肉とは牛肉ですか豚肉ですか? と尋ねたら色々なお肉が入っていますという。う~ん、ますます想像できない(^^ゞでも、結局は注文しました。今日は給料日あとなので奮発して(^^ゞ Cセットです!!20075294 おー!! この前菜は何なんだ!? ウエイターさんが「…でございます」と言って給仕してくれましたが「すみません、もう一度言ってくれますか」と思わず聞き返してしまいました。“フリッタータ”というお料理でイタリア風のオムレツだとか。でも卵料理とは思えず、ひんやりしていてパスタも入っていて、それ自体には味はなくあっさりしたトマトソースで頂くものでした。私がイメージしたのは和食で言う「にこごり」という感じ。ただしゼラチンは全く使っていないものですが雰囲気がそんな連想をさせました。さっぱりした料理で、これからのシーズンにはいいですね~。しかし、二階に一人きりというのは落ち着けます。このお店に来てからランチを楽しむということが出来るようになりました。パパッと食べて急いで帰るというランチから、ちょっぴりゆとりが出来たような。なんてことを考えていると出てきました!!20075295 おー!! これか~。ポトフのようなものですよ、と説明されましたがなるほど。お肉はベーコンとチキンのレッグ、それに卵まで入っていますね~。皆好物ばかりです(^^)v で、最初に口に運んだのはベーコン。おー!! これは柔らかい!! とろけるようなベーコンを食べたのは初めてのことです。そしてチキンも簡単にほぐれて美味しい!!スープは、なるほど食材のダシが引き出されていてこれも美味い!! これはお代わりしたいな~(^^ゞ キャベツとジャガイモも美味しくて文句なし。うっすらとした塩味だけで食材の旨味がミックスされたスープがたまりません!! (^。^) で、最後は卵ですね~(笑) 我が家の家庭料理でおでんを作ると卵はごろごろと入っています。同じように味のしみた卵は最後にとっておきました!! イタリア料理は濃厚なものが多いというイメージがありましたが、こんなシンプルで繊細かつ私の好みにぴったりの料理に大満足です。しかし、こんな手間のかかるランチを出す店は他にはないですよ!! 20075296 お後はデザートです。この写真に見覚えがあるぞ、という方には毎度ご愛読ありがとうございますと申し上げなくてはいけませんね。二回目の登場となる…「クレマ・ディ・コッタ」でした。このデザートはクセになりそうです(^^ゞ ちなみにイタリア語ではデザート(dessert)のことをドルチェ(dolce)というらしいです。「Uno dolce」とキッチンにオーダーを入れているので覚えてしまいました。(^^ゞ 今日のランチメニューをレシートの裏に書いて下さい、とお願いしたらキッチンでシェフがわざわざ直筆で書いてくれました。イタリア語で!! そのフォントがカッコイイー!! こんな字体ですらすらと書けたら、しかも達筆というか横文字メニューを自筆で書いて様になる文字です。へ~、本格的だ!! さて、余談ですが、支払いをしようと年配のご婦人がお二人レジの前に来て…「二人いっしょでいいわ」と、そしてcameriera大枝さんが「2,400円です」と言うとご婦人は、「だから二人分ですって!!」再度大枝さんが「はい、お二人で2,400円です」と言うと「あら、こんなに美味しかったのに、それでいいの?」というやり取り。お見受けしたところ60代後半と思われる上品なご婦人はメニューの値段はあまり気にされていなかったご様子。それもそうでしょうね~、と思っていると二人のレディーは私に微笑みかけてお帰りになりました。このお店は夜のメニューではどんな世界を味わわせてくれることでしょうか!! 私もきっといつかは!! と誓うのでした(笑)&(^^ゞ

|

2007年5月28日 (月)

天ノ視点 其ノ弐拾六 …TEN-no-SITEN No,26…

天ノ視点 其ノ弐拾六 …TEN-no-SITEN No,26

H.A.L.1で聞くクラブミュージック。

お客様のご持参なさらたCDを後ろで聞かしていただきました。

クラブミュージック。俗に言うところの「ダンスホール」のナンバーでした。

失礼かと存じましたがご一緒させていただきました。普段、僕も良く聞く音楽でしたので、大変興味が湧きまして…汗

H.A.L.1の可能性。

やはり、低音を重視して録音している事もあり迫力満点!かつ、中高域に関しても鮮明で、上品に聞こえました。良くも悪くもその音楽のイメージが覆された感じです。こういうH.A.L.1の聞き方もいいなぁと感じるひと時でした。

JAZZclassicは普段からH.A.L.1のシステムにて視聴していてすばらしい音で演奏してくれるのは知っています。ですが、本日聞いたような音楽はあまり演奏しないので貴重な体験になりました。

そして、H.A.L.1のようなHi-ENDの機材をお使いの人にも、こういう音楽を聞くお客様がいらっしゃる事に少し嬉しく思いました。

7階 H.A.L.1 アシスタント 天野

|

2007年5月27日 (日)

進化?真価?神歌?

Allegria_1









SONICS Allegriaが入りましてはや5日、
最初の心配はドコ吹く風、良いです。
これは今年の新製品の中でもピカイチです。
バランス、浸透力、奥行きの深さ、表現力。
ジャンルを問わず、クラシック、ソウル、何でもこなしますし。
圧巻なのは、大音量で眠れます。

でも良さの反面、セッティングの重要性も再認、
3日目に東が微調整を行っておりましたが、
その後、激的に音の抜け、バランスが良くなり、
恥ずかしくも、あまりの良さに、
思わず何をしたのか聞いてみましたら、
「ん~トータルで5mmかな」
詳細はお店で聞いてくださいな。

東郷

|

天ノ視点 其ノ弐拾五 …TEN-no-SITEN No,25…

天ノ視点 其ノ弐拾五 …TEN-no-SITEN No,25

「スピーカーの存在が消えてしまうほど音がスムーズ。音楽だけがそこにある」

                        ―Stereo sound No,160より

H.A.L.1にはHi-ENDスピーカーが展示してあります(あたりまえですが…)

その中で一際、美しさを放っているスピーカーといえばAVARON / Isis

その木目の美しさもさることながら、まるで抽象像を思わせるような容姿。

完璧なまでの面取りは先代に「Diamond」と名のつくスピーカーがあるのもうなずけます。

(Diamond」はダイヤモンドダイアフラムツィーターからきているようですが…)

加えて、ステレオの2本ペアの外板までも模様合わせされているらしいです。

もちろん釘などは使わず接着剤のみで組み合わせられるほどの精巧な作りになっている。

日本の木工職人の技術は世界的に評価が高いが、米国の職人も確かな職人魂を持っていることがわかります。

Isis(イシス)は古代エジプトの豊饒の女神の名前。音の豊饒を聞き手にもたらしてくれます。

上記のStereo sound誌のコメントにもありますように、目を閉じるとそこに映るのはコンサートホール、もしくはライブハウスの情景。Hi-ENDならではのリアリズムをお楽しみください。

http://www.ohbashoji.co.jp/products/avalon/

と…今回の「天ノ視点」はなんだか少しまじめになりました…怪。しかし、本日、感動した事と言えばコンビニで買ったプリンがとてもおいしかったことです…。最近のコンビニのスィーツは少しお高めですが、品質の良いものが多いですね!甘いモノ好きの僕としてはとてもありがたいことです。

天野でした。

|

Today's lunch!! Vol.47

好天に恵まれた東京は初夏の日差しでうっすら汗ばむほどです。今年は水不足が懸念されるというニュースを耳にして、これからの梅雨時には降るべき雨に恵まれますようにと逆の思いがあります。さあ、混み合う歩行者天国を目の前にして今日はどこへ行こうかと考えてしまいましたが、結局あれこれ選べるUDX・クロスフィールドに向かうことにしました。最近はランチタイムにはカメラを持っていくのが習慣になっていますが、それだけにどの店に行こうかとこのブログを意識してしまうものです。で、週替りメニューが新しくなっているのを見つけてこの店に!! Today's lunch!! Vol.26で紹介した「築地越一」にしました。ビルの中のサラリーマンで平日は混み合うものの日曜日は逆に空いているのが助かります。今日の注文は「牛ハラミ肉のスタミナ焼き定食」というもの。20075272 このような焼肉のメニューで私がいつも躊躇するのはタレが決まって甘すぎること。スーパーマーケットで売っている家庭用の焼肉のタレに近い味が多いので、ちょっと私の好みではない。ちょっぴり心配していましたが、出てきたものは…!?あら汁が美味しかった店ですが、今日の味噌汁はあっさりとしたダシと味付けで板さんが変わったのかと思わせるもの。薄切り大根と豆腐という具のおつゆはさっぱりしてよかったです。そして気になっていたお肉の味付け。これは当然のことながら和風の自家製という感じで醤油ベースにちょっぴりミリンの隠し味でぴりっとした口当たりと塩加減でまずまず。ハラミという部位の牛肉はその昔には焼肉屋でもなかったものですが、牛の横隔膜というのを知った時にはちょっと驚いたものです。でも、10年以上たつとハラミも当たり前になってきたようでスーパーでも売られるようになってきました。そのハラミも前歯で噛み切れるような柔らかさと焼き加減で中々のもの。しっかりお代わりをして付け合せの野菜もたいらげて腹八分目という感じ。無難にこなしたランチでした!!

|

音楽を聴きたくなる

…のはどんな時ですか?

お酒を呑んだとき?

素敵な女の子に出会ったとき?

その娘にふられたとき?

ひたすら疲れ果てたとき?

家族でのひととき?

仲間が集まったとき?

やっとひとりになれたとき?

僕は目覚めた直後に聴く音楽が好きです。

何も考えていない寝ぼけたあたまに、妙に沁みてくるんですよね。

Nujabes

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

2007年5月26日 (土)

同じラインを聴いてみる。

昨日CREMONAを入荷し、今日から4機種の比較試聴が
出来る様になりました!

やっぱり、上級機種と比べるのはELIPSAが可愛そう…
ということで、同じラインのCREMONAと比較してみることにしました。

Dsc00721

CREMONAの方が明るめな感じがします。
ヴォーカルの後ろに聞こえるホーンセクションなんかは
コチラのほうがしっかりしてて、いい感じ。。

ELIPSAは大きさもあるのでたっぷりとした量感が楽しめます。
CREMONAと比べると若干優しい感じでしょうか。。

どちらが良い、悪い、ではなく後は個人の好みといったところでしょうか…。

是非一度確かめに、足をお運びいただければと思います。

3階 末廣

|

美しい言葉

フランス語が世界で最も美しいだなんて

どうせフランス人が言ってるだけだろ

…と思ってました。

Tétéの歌を聴くまでは…。

Tete_

Tété [A la faveur de L'automne]

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 其ノ弐拾四 …TEN-no-SITEN No,24…

天ノ視点 其ノ弐拾四 …TEN-no-SITEN No,24

今日、朝、電車に乗っていると男子高校生が、妊婦の方に席を譲っていました。

それを見ていた、男性のヘッドフォンの音量が小さくなったのを感じて、まだまだ日本人も捨てたもんじゃないな!と密かに思った天野です。小さなことですが、人間としてのマナーを守れる人を見れて嬉しくなりました。

7階H.A.L.1について…。

皆様は音楽をどのような環境でお楽しみ頂いておりますか?オーディオルームを作ると言っても、設計段階から…とはいかないと思います。ご自分の自室にコンポーネントを作りオーディオアクセサリーを購入なさって、それらを駆使し、理想の音に近づけていく。という方が多いと思います。

今回、僕がH.A.L.1にて感じたことは…というより、視聴室に入ると必ず気づくボコボコしたもの。QRD / Sky Lineですよ!

ご存知ですよね…。僕はこの世界に入るまで知りませんでした…汗。

知った後も、その効果は信じられませんでした。「板置いただけで…」

「あれ?」その効果を知ったときは思わず「すげぇ」といってしまいました。汚い言葉ですみません。

根数理論に基づいた全方向2次元ディフューザーです。…といっても正直よくわかりません…汗。勉強…勉強…。少々お時間をください…謝。…しかし、その効果は身をもって体験してしまったわけですから、信じるしかありません。皆様にも是非、ご体験していただきたいです!

H.A.L.1にはSky Lineが計65枚と贅沢に使ってあります。他にも、DigiWaveDiffactal

QRD BaseBADなどが所せましと実演展示してあります。

是非、ご閲覧ください。天野でした。

|

VanDenHul値上がり残り僅か

HPのNEWS、NO.133でもお伝えしておりましたが、
6月1日よりVanDenHulが値上がります。(凄いです。)

Bbspx





VanDenHul BlackBeauty-SPX

VanDenHul値上げ詳細

*BB-SPX  旧価格\560,000 新価格\740,000
 COLIBRI 旧価格\600,000 新価格\820,000
*FROG   旧価格\250,000 新価格\330,000
 MC-10S  旧価格\135,000 新価格\185,000

HAL.2ではBlackBeauty-SPX FROGの2つをお勧めしております。
両方とも視聴可能です、31日までは大丈夫ですので、
是非とも愛聴盤と共に視聴に訪れてください。

VanDenHul

東郷

|

H.A.L.3試聴室これで良いのか・・・~ルームチューニング編・part2~

こんにちは。
弟が生け花を習い始めたので、対抗してお茶を習おうかと思っている、宮川です。

さて、奥の試聴室のルームチューニング&セッティングですが、ここ最近ずっと手を加え続けています。昨日も、少し大掛かりな改造を施しました。

05180526←写真 左)改造前、右)改造後
どこが変わっているか、お分かりになりますでしょうか・・・?今回手を加えた所は、色々と試聴を繰り返し、試行錯誤の上、どうしても変えたかった箇所です。

Photo_540_2_11 ←正面の壁一面ディフラクタルの上部、 こちらを改造しました。実は後ろに吸音のグラスファイバーが貼ってあったのですが、それを剥がして、分厚いカーテンも取り外しました。そこにスカイラインとBADを嵌め込みました。割と大変な作業でした・・・

QRDに関しては、その変化率にはいつも驚かされますが、今回のこの試聴室のルームチューニングは、意外な方向への変化の連続で、本当に面白いです。

今回、改造したこの上の部分に、相当吸音されていた様です。ディフラクタルで拡散した音が、廻り回って溜まっていた所を吸われていたのでしょうか・・?そこの吸音材を剥がした事により、低域の量感が増えて、開放感と温かみが出て来ました。これは、良い方向に行きそうな見通しが出て来た様に感じられます。次はもう少し、ヴォーカルがフッと浮いてくる様な、奥行感が欲しい所なのですが・・・まだ、先は長そうです。

こうして、ルームチューニングをしていると、実はこれで、幾らでも音を造る事が出来るのではないかと感じてしまいます。機器を一切変えなくても、部屋を変えると、そこから奏でられる音楽は、雰囲気が一変してしまうのです。奥が深いです・・・

0522 しかしながら!オーディオは、こんな風にシビアに追い込む事も、非常に楽しいですが、手軽に良い音で、出来ればカッコイイシステムで、大好きな音楽を聴く・・という楽しみ方も大有りです!!
入口には、そういう提案のシステムがございます。「私のコーナー(仮)」。
小さくても、良く鳴っております。

オーディオの、色々な楽しみ方を提案して行きたいと思っておりますので、ご来店、お待ちしております。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

Today's lunch!! Vol.46

昨日の雨模様から一転して今日の東京は初夏のいい天気です。こんな土曜日はアキバもたくさんの人出で賑わっていますが、毎度ランチをどうしようかと考えてしまいます。しかし、新規開拓は今日は止めておこうということで馴染みの店へ。Vol.4とVol.24でも紹介しToday's lunch!! Vol.35でも食べに行った“DELI  BROWNIE”に直行しました。20055261 で、やっぱり手書きのメニューが日々入れ替わっていて、今日はパスタにしようかな~、ということで「ベーコン・ホーレン草とゴマの塩味」というのを大盛りで注文した。Today's lunch!! Vol.39Today's lunch!! Vol.44で紹介した本場仕込みのパスタもいいですが、日本人のためにアレンジされた庶民的なパスタもありがたいもの。他のメニューにもあるように醤油味などはお薦めのパスタです。あんな小さな厨房でよく短時間で色々な料理を出すものだと感心しますが、週末はマドンナは休みなのでマスターの奥さんが手伝いに来ています。8人しか座れない店なので毎回隣には色々な客が座りますが、今日は若い男女のカップルで女の20055262_1子はいささかミーハー調の舌足らずの話し方。まあ、人間観察もほどほどに本を読んでいると出来てきました。これです!!  ゴマのかかったパスタというのは珍しいものですが、風味がいいのでバクバクと食べてしまいました(^^ ペペロンチーノとは違ってオイルはほとんど使っていないので、あっさり目の塩味でベーコンを一緒に食べてちょうどいいくらい。お代は大盛りにしても700円と庶民的。日曜日は休みの店なので土曜日にここで済ませ、明日は明日の風が吹く~ということで次回もお楽しみに。さあ、仕事だ~(^^ゞ

|

天ノ視点 其ノ弐拾参 …TEN-no-SITEN No,23…

天ノ視点 其ノ弐拾参 …TEN-no-SITEN No,23

先日、点検の為、入院していたUZ-1AS-1×2が戻ってきました。再び、MG-20と組み合わせて鳴らしています。このESOTERICシステムを少し掘り下げてみました。

UZ-1           

8N-PC8100(生産終了)               

7N-DA6000(RCA 1.5m)    

AZ-1    ×2               

8N-PC8100(生産終了)

Stressfree 8Ncu(I link)   

7N-S9000 (2m)        

MG-20           

     Zoethecus×2

     Z-board ×2

昨日は、戻ってきた彼らをいろいろなCDで視聴して一日が終わってしまった感じですね…汗。そして、この音楽を耳に焼き付けてから、5555の他のフロアを視聴しに行こうかなぁなんて贅沢な事を考えている天野です。

7階H.A.L.1のニュース「H.A.L's Brief News」にてより深く記載されています。

他にも7階には新しい機材が導入されています。…といっても、実は他のフロアでも展示してありますNagra CDC(プリアンプ機能付きCDプレーヤー)です。

入ってすぐ左に展示してあります。お立ち寄りの際は是非、ご視聴いただきたく思います。

天野でした。

|

2007年5月25日 (金)

Today's lunch!! Vol.45

今朝は早朝会議があった私は自宅で朝食を食べてきたものの空腹では頭が回らないということで、開店前にドトールコーヒーでデニッシュ一個とコーヒーを補充しておきました。(^^ゞでも、やっぱりきちんと昼時にはお腹が空いてしまうものですね~。せっかくの給料日(笑)なのに雨降りの東京です。こんな日には近場で済まそうとしましたが、結局この店に(^^)v 既にToday's lunch!! Vol.12で紹介したことのある有名なとんかつ屋「まる五」に入ってみました。20075251 前回は「ロースソテー」を注文しましたが、今回はオーソドックスにひれかつ定食にしました。ここも店主のこだわりが強い店で、まずご飯は美味しい、赤出汁も美味い、付け合わせのおしんこもさっぱりして美味い、更に刻んだキャベツはとんかつソース以外にも独自のドレッシングがあるので美味しく頂けるというもの。客に出している味がわからない店がよくありますが、伝統ある店は基本がしっかりしているものですね。さて、私はもうおなじみなので、ひれかつで感動した!?ということはないのですが美味かった~という満足感はいつものこと。この写真を見てのとおり、分厚いひれかつはジューシーに仕上がっています。コーンサラダ油九割にごま油一割という配合の揚げ油で、なんと130℃という低めの温度でゆっくり時間をかけて揚げるのが特徴。お肉の中央にかすかに赤いところが残っているのですが、不思議なことに食べていく間に余熱で火が通り均一になってしまうもので、それだけじっくりとゆっくりと火を通すというのがミソ。揚げ物は俗に言う“キツネ色”の揚げ加減が良いなどと言われますが、とんかつは火加減が強いとパン粉が揚がりすぎて苦味が出てしまうし、第一芯まで火が通らないこともあります。私は、このお店の火加減には大賛成です!! 私はこれにたっぷりとレモン汁を振りかけて塩をかけて食べるのが好み。偶然にもカウンターの私の隣に座った紳士は特上ロースを注文しお酒も…、興が乗ったのかおちょうし三本もお代わりしてゆったりとお食事を楽しんでいました。いいですね~、私もあやかりたいです~(^^ゞ 私も対抗してご飯をお代わりしましたが…(笑)では、また次回をお楽しみに!!

|

天ノ視点

天ノ視点 其ノ弐拾弐

九月に兄に三人目の子供が生まれます。まだ男の子か女の子かきいてませんけど、今から楽しみです。兄はオーディオには興味ないみたいですが…小さい頃からいじめられてばかりでしたが、よく兄の部屋に侵入してCDを借りたのを覚えています。返し忘れてまた怒られるわけですが…笑。

少し昔話に付き合って頂けますか?

小さい頃、僕は、いわゆるわんぱく少年でした。遊びに出かけては夕方暗くなるまで遊んでいました。その頃は何に対しても興味を持っていました。だから、父の大事にしていたオーディオも僕にかかれば秘密基地のコンピュータに早変わりでした。そんなに精密な機械だとは知らず…。

いつものように父の真空管アンプやカセットプレーヤー(当時は何も知りません)を通信機器にして遊んでいると…「パキッ」…とてもとても小さい音でした。

腕の下を見てみるとレコードの針が…でも、見た目はなにも変わらずいつもの通信用スイッチでした。夕食後に、よく父はアコギを弾いてくれたりレコードをかけてくれたのを覚えています。父はいつものようにレコードをかけようとしました。しかし、音楽は流れません。針が折れているんですもの。

僕はなんてことをしてしまったのでしょう…ただただ悔いるばかりです。

しかし、小さい子はいたずら好きです。お父様方、くれぐれもお気をつけください。

天野でした。

|

ELAC「FS 609X-PI」☆期間限定展示!

こんにちは。
今朝は生憎の雨ですが、「水不足」という噂もあり、恵の雨になれば・・・と思っている、宮川です。

さて、期待の新製品、期間限定展示のお知らせです。

Fs609xpi ←ELAC 「FS609 X-PI
4.5ウェイバスレフ型 / \2,310,000(税込)
昨年、創立80周年を迎えましたドイツのスピーカーブランド・ELAC社の、81年目のスタートを飾る、新フラッグシップ・モデルの登場です。
ELACと言えば、無指向性リボンツィーター「4Pi」、同軸ユニット「X-JET Coax」、アルミとパルプのハイブリッド・ウーハーユニット「LLD」という、一目見ればすぐそれと分かる、斬新なユニットを次々開発し、それぞれを組合せて、多数のモデルを送り出して来ました。
今回、新たに発売される、この「FS609 X-PI」は、これら全てを搭載した、まさにフラッグシップ・モデルに相応しい製品です。

Fs609xpi_1 ←ツィーター&ミッドレンジ部の「4PI」と「X-JET Coax」。
上に帽子の様に乗っているのが「4PI」、そのすぐ下の同心円状のユニットがツィーターとミッドレンジを兼ねている同軸ユニット「X-JET Coax」です。繊細な音色のリボンツィーターは、無指向性になる事で、自然な広がりを持ち、耳当たりの良い聴き易さが出るようです。それぞれのユニットが、独自の技術でしっかり役割を果たして、あまり装飾的な音楽では無く、きちんと鳴らしている、という印象です。解像度が高く、楽器一つ一つが明確で、定位もしっかりしています。それぞれ個性的なものの集まりですが、バラバラにはならずにまとまっている辺りは、「さすがドイツ!」という所でしょうか?スピード感があって、シャープでクールな音色の、現代的なスピーカーという感じがしました。

Fs609xpi_gaincross ←背面には「4PI」のゲインやクロスオーバーの設定が出来る、切替スイッチが装備されています。

Fs609xpi_2 ←スピーカー端子はこれまで同様の、バイワイヤリング・ターミナルとなっています。Van Den Hal製のジャンパーケーブルも付属しております。

6月中旬までの展示予定となっております。
ご試聴希望の方は、お早めに。

ご来店お待ちしております。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年5月24日 (木)

NEW FACE

昨日ココ、S.A.HALLに到着したNew Face elipsa。
cremonaラインの上級機種です。
形はstradivariのミニチュアといった感じですが
色や質感はcremonaと一緒。

3機種並べてみました↓↓↓(右端がelipsaです。)

Sonuselipsa

肝心の音はといいますと、homage collectionと比べてしまうと
響きが少ないように感じますが、音色は明るく陽気な感じで
ボサノヴァやBGM的なジャズなんかが気持ちよく聴けちゃいます♪
sonus faber=クラシックというイメージを持っていたので
意外な気もしましたが…。

今週の土日はcremonaも導入されますので
4機種の比較試聴が可能です!!

滅多に無い機会ですので、是非お気に入りのCDを持って
遊びに来てくださいネ☆

3階 末廣

|

天ノ視点 其ノ弐拾壱

天ノ視点 其ノ弐拾壱

今日は、暑かったですね。しかし、これからもっと暑くなるんでしょうね…。まだ心と体の準備ができてませんよ…。

今年の夏は例年以上に暑くなると小耳に挟んだような…汗。しかし、その猛暑の中にいても美白を保っていこうと心に決めた天野です。

本日は、開店前と閉店後に二度、違うお客様ですが配達の手伝いに行ってきました。

お客様の数だけオーディオがあり「音」があるというおもしろさを改めて実感しました。実際、使用なさっているオーディオの価格は甲乙つけがたかったですが「音」に個性があってとても良い体験をさせていただきました。

先日、ある言い争いに遭遇しました。というのは「自分の好きなジャンルが世界一だ」というものでした。かたや、ロック。

かたや、ヒップポップ。双方ゆずらず、相手の音楽に罵声をかわしていました。とても悲しい思いでした。確かに、自分の好きな音楽はその人の中では世界一なのかもしれません。が、人の音楽を愚弄することは許されるのでしょうか…。

とはいえ、それだけ音楽を愛しているが故の言葉なのかもしれませんね……難しい……。

すべての音楽に良い所はあるんでしょうね。お客様がご視聴用に持参なされたCDを聞いていると面白いです。ジャズやクラシックはもちろんのこと、ロックやポップスや歌謡曲…etc

何が良い、何が悪い、と僕には語れないなぁ…と思う一日でした。

というわけで皆様の心に響いた音楽を是非、H.A.L.1にてご視聴ください。申し訳ありませんが、僕もご一緒させていただくかもしれません…願。

では、陽の光に負けないで良いオーディオライフを…。

|

2007年5月23日 (水)

H.A.L.3 ☆ 5月23日新着情報

いつもご愛顧頂き、有難うございます.

VOL.1 「価格改定情報」

フューレンコーディネート取り扱いブランドOVTAVE、PIEGA、TRIGON 、QUADRASPIERですが、6月1日より一斉値上げいたします。QUADRASPIREに関しましては割引率も変わってきますので、かなりの値上げとなりますのでご検討中のお客様はお急ぎください。

新しい価格はこちらをご覧ください。

ご検討中のお客様はお急ぎください。

OCTAVE HP300に関しましては展示処分品もございます。価格はこちらをご覧ください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////

    4F H.A.L.3 

   島 健悟(火曜定休) mailto:shima@dynamicaudio.co.jp

     宮川 いより      iyori@dynamicaudio.co.jp

////////////////////////////////////////////////////////////////// 

|

Allegria

新しいスピーカー情報を見まして

東「このスピーカ試しに入れてみるけどどう思う?」
私「あ、これ気になってたんです、何か良さそうですよね。」
東「そう?このイカニモってところが怪しいんじゃない」
私「そうですけど、このイカニモってところが良いじゃないですか。」

先日から展示しております。

Allegria






SONICS Allegria

代理店HPにはまだ情報がございませんが、
そのうち詳細出てくると思いますので、

もすこし馴染ませないとって感じですが、良いです。
週末にでも是非視聴に訪れてください。

スキャンテック販売:SONICS

東郷

|

1F 新着アクセサリー情報!!

Inter252087_1今回は、入荷したて展示したて「WIRE WORLD 新シリーズ」SILVER ECLIPSE 5-2 インターコネクトケーブルSEI5-2(アンバランス)/SBI5-2(バランス)のご紹介です。ご存知、ゴールドエクリプスに次ぐモデルです。ケーブルの構造を、前シリーズの同軸構造から、平行フラット導体構造に変更になり、さらに音楽の再現性を向上させ引き立てています。構造が変わっても、WIRE WORLDの音のキャラクターをうしなわず、密度が濃い透明感のある厚み、ハイスピード、力強いエネルギー感など、スケール感の大きい色づけのない音楽性を再現してくれます。そしてお持ちの機器の能力を最大限に引き出します。オールジャンルに対応してくれますが、JAZZやROCKなどのベース、ドラムなどは、気持ち良くグルーヴしてくれますよ。ぜひ一度ご来店お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

Today's lunch!! Vol.44

今日の東京は最高気温は28℃という予報で夏日になるという。半袖シャツを着るのは今シーズン二回目ですが、今日は大丈夫そうです。さて、今回は予告の上でのランチなので、前置きなしにosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」 に向かいました。20075231 このお店は道路から幅1メートルちょっとの小道を入っていく、いわばビルとビルの中間に挟まれた奥まったところにあります。路面に面していた方が商売としては有利なのに惜しいな~、と思っていたのですが、今日はそのイメージを撤回しなくてはと思いました。今日案内されたテーブルは初めてのところですが、このように玄関先で窓を開け放したテーブルがあります。天井もガラス張りになっていて上からも光が入り、ビルの狭間にあるということを忘れさせてくれます。そして、今日の席に座ってみて改めて感じたこと…!? そう!! 静かなんです!! 車の騒音も遠くに聞こえるだけで、会話を楽しむにはちょうど良い雰囲気。もしも路面店の軒先をこのようにオープンにしていたら、車の排気ガスと騒音でこんな静かなお店にはならないでしょう。これもいいですね~(^^ゞ20075233 さて、今日は予告通りチョリソーと春キャベツのペペロンチーノをBセットで注文して、先ずはサラダ。「おいおい、野菜だけのサラダなんかいちいち写真撮るなよ~」というご意見もあるでしょうが、今日はドレッシングが変わっていたのと海草が添えられ、かつ野菜の種類も変わっていて女性には関心があるのではとバッチリ撮影してきました。(^^ゞで、今回のサラダもおいしく頂いてきました。さあ、大盛りパスタが早く来ないかな~^_^;20075232 私がチョリソなる辛いソーセージを初めて食べたのは多分25年位前のことだったような。当時は世田谷に一人暮らしをしていて外食ばかり。今ではすっかり街の風景も変わってしまった渋谷の駅の近くにあったステーキ屋さんで初めて食べたことを思い出します。それまではチョリソなんてへんてこな名前のソーセージは食品店にも売っていなかったものです。キャベツとチョリソが豪勢に盛られたペペロンチーノは私の期待通り!! 美味しいので黙々と食べることに専念してしまいました。まあ、いつもたいていランチは一人なので、てきぱき食べて自分のデスクに早く戻らなくてはという心理がついつい食べるペースを早くしてしまいます。(^^ゞこの美味しさと満腹感で980円なのですから、リピーターになってしまうのも無理はないでしょう。週の半分はここで、あとの三日間は他の店というペース。明日の木曜日は定休日を頂きますので、金曜日からの展開にご期待下さい。ちなみに、このお店はランチは平日だけですが土日もやってますよ~!! どうぞご利用下さいませ!! お腹が一杯になったら次は私のフロアーへどうぞ!! ご来店お待ちしております<m(__)m>

|

2007年5月22日 (火)

5月27日までEB1展示してます

田中です。 今日は待望の新製品 PMC EB1のデモ機が到着しました。スタジオでも使用されることの多いIB1Sをベースにしたフロアスタンディングスピーカーです。 Eb1 写真で判りにくいも知れませんが、意外と大きさがあります。 音はまだまだエージング途中という感じです。 音質は思ったより直進してくる感じで、定位感は良いです。 奥行き感もあり、MB2やオリジナルのIB1Sと比べると違ったメーカーの音色に思えてきます。 27日まで展示予定ですが期間の延長もあるかもしれません。週末までにエージングが進み、音色が変わるとも思えませんが、できる限りセッティングをつめていきたいと思います。 

Eb1_1 サイズの比較にならないかもしれませんが、奥のパイオニアS-1EXと比べても高さや大きさに関しては引けをとりません。 標準定価¥1,974,000税込みで色はチェリーのみです。PMCに興味のある方は、OB1やFB1も展示中ですので、比較も可能です。一度体験してみてはいかがです。 同じモニタースピーカーでも違いがかなりあります。今でしたら、SHARP SM-SX300でドライブしております。 今後中古のSM-SX200も入荷があるかもしれません。 200と300の比較も検討中、興味がございましたら、田中まで問い合わせ願います。

なお6月よりヴィジュアル、PMC スピーカー、アナログレコードなどのイベントを行う予定です。

5555 2F 田中 tanaka@dynamicaudio.co.jp

 

|

BLUE BOSSA

先日紹介したSTINGのENGLISHMAN IN NEW YORK。
どちらかというとちょっと冷たい感じのする曲調だと思うのですが
コレをボサノヴァアレンジで演奏している人たちが居ます。

Blue_bossa

私は管楽器が好きなせいか、どうも聴く曲もそちらの方に偏りがち…。
騒がしい曲が苦手な方にはお勧めできませんが、個人的には初夏を感じられるこのアルバムが一押しです。
1曲目はうっすら聞き覚えがあったので、おそらく吹奏楽でも演奏されているのでは??
9曲目のWAVEは個人的に思い入れのある曲で最近しょっちゅう聴いています。
そのせいか、上司がなんとな~く口笛で吹いていたりいなかったり…。

最近、自分の好きなCDをちゃんとしたシステムで聴ける環境があるって
凄い事だなぁとしみじみ感じるようになりました。
気付くの遅すぎですが…。

3階 末廣

|

Today's lunch!! Vol.43

20075221 今日行ったお店の玄関の壁にはこのような額が掲げられていました。なにやら「il Presidente italia」のサインがある認定書らしきもの。イタリア大統領のサインですと~^_^; この店のシェフであり料理長の木下春男氏の名前が読み取れました。聞けば、あのフレンチの鉄人 坂井宏行氏 のお弟子さんの一人ということで多方面で期待され活躍しておられるとか。「えー!! そんなシェフのお店がアキバにあるの~?」というのも無理のないことで、アキバの街中よりは御茶ノ水との中間点にあるのがこの店!!osteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」 なんだ~、またあの店か~(^^ゞはい確かにその通り。昨日は980円のお薦めランチを食して新規開拓に失敗した? 私は同じお金を払うんだったらやっぱり美味しいところに行かなくっちゃ損だ!!ということで、安心できるここにやって来ました。今日は10人くらいの団体客もいてかなり込み合っています。大丈夫かな~、待っているといつものcameriera 大枝さんが奥の方のテーブルに案内してくれました。20075222 で、メニューを見て…^_^;いや~悩みましたね~今日は。チョリソーと春キャベツのペペロンチーノがおいしそうだ!! しかし、お肉料理にも気が引かれる。「特大」の文字が食いしん坊の私には魅力的でした。パスタは一週間ほど変わらないのですが、お肉とお魚料理はいつメニューが変わってしまうかわからない。今日食べておかないと明日は変わってしまうかも知れないので「特大ロールキャベツ玉子入り」をCセットで注文しました。20075223 前菜はメニューには書かれていないので、出てきてから初めてわかるお楽しみ。今日は「こちのエスカベッシュ」というお料理でした。お魚こちを細切りにして衣を着けて揚げたものをマリネにした感じというお料理。まあ日本で言えば南蛮漬けというもので、揚げたお魚をタレに漬け込んでゆっくりと時間をかけて冷ましながら味をしみこませたもの。いけますね~、これ!!美味しく頂き、メインへのつなぎとして食欲をそそってくれました。20075224 ほぼ満席なので少し待たされるかな~、と思っていたら前菜を食べ終わって入れ替わりのようにメインのお料理が出てきました。おっとー!! 特大というふれこみは伊達ではありません。このロールキャベツの厚みというか高さは10センチくらいはありました。どこから箸をつけようか…、いやナイフを入れようか、と考えて「どっちの料理ショーでやっている“断面ショー”というのをやってみるか!!」と思いつく。シェフの盛り付けを壊さないように卵がどこに入っているのか、真ん中にナイフをぐぐっと入れてみました!!20075225 おー!! ということで思わずカメラを近づけて撮影したのがこれ。見た目で期待できそうもないものはここまでやりませんから、目の前で湯気を立ち上らせているコイツは相当期待してのこと。「もう写真はいいだろう、早く食べさせろ!!」と内心で舌なめずりしながら、とにかく最初の一口を…(^^ゞ 実は、私の家内はロールキャベツをコンソメスープで作ることが多く、独身時代に彼女の部屋でそれを食べた時には感激したものでした。(これで騙されたのかもしれませんが(-_-;)…)ですから、私は外食のロールキャベツがトマトベースなのが不思議というかなれていないというか…。ですから今日も注文するときにスープはトマトベースですか~? と尋ねていたものです。ところが、今日のスープはトマトベースではありますが、これがまたあっさりしてコクがあり、塩加減はほどほどなので単品のスープとしても頂けそうな美味しさ!! これはいい!! そして、キャベツの柔らかさも程よく、これほど大きく包んでいるのに破けていないテクニックと神経の使いようもお見事。で、玉子を少しずつ崩してお肉とスープと一緒に食べると、トマトベースの酸味がほんのりまろやかになって美味い!! そして、このボリュームは満腹を保証してくれます。最後に崩したキャベツと玉子とお肉にスープを馴染ませて、残しておいたパンにじっくりしみこませてお皿を拭き取るように白くなるまで食べてしまいました(^^ゞ20075226 さあ、次ぎのお楽しみはデザートです!! 今日のケーキは「マスカルポーネチーズケーキのアマレット(アーモンド)風味」という私も初めてのもの。初めてなのに名前をよく覚えられたな~って!? ^_^; はい、二回聞き直しましたが、覚えられないので大枝さんに紙に書いてもらってきました。当然これも美味しい!! チーズケーキといっても、チーズの香りと風味がツンとくるようなことはなく、アーモンドを散らして焼いた表面の風味と中身が交じり合って程よいバランス。そして、甘さも控えめで口の中でゆっくり溶かして頂く。このデザートは今までで一番長持ちしました(笑)

しかし、私は考えました。一昨日ご紹介した炒飯は中に入れる具を次々に一つの皿に集め、中華鍋にご飯と一緒に放り込んで鍋をあおるだけというシンプルで短時間で調理してしまうもの。昨日のお薦めランチも作り溜めた料理を加熱して出していたような雰囲気もあったかな~。いずれにしても千円以下の御代でした。しかし、今日のロールキャベツにかけた手間ひまとこだわりが単品で850円で食べられるというのは何なのでしょうか。ランチタイムは宣伝効果と夜の客層を獲得するためのサービス効果を期待してのもの、という割り切った考え方もあるでしょうが「オステリア・ラ・ピリカ」 のランチはこだわりの極地でしょうね~。だから私も通ってしまうのでしょう。だって、明日のランチは早くもチョリソーと春キャベツのペペロンチーノにしようと心に決めているのですから(^^ゞ&(笑)

|

2007年5月21日 (月)

天ノ視点 其ノ弐拾

天ノ視点 其ノ弐拾

コーヒーについてこだわりはありますか?豆から水や、コーヒーメーカー、温度や時間にこだわって煎れたコーヒーはどんな味がするのでしょう。今度こだわってみようかなとちょっと考えている庶民派新人天野です。

今日は、システム変更してのご視聴のお客様が多くご来店されました。僕としては、普段あまり体験しない事だったのでとても楽しかったです。

スピーカー以外のシステムをGOLDMUNDで組んでパワーアンプを変えてみたり、先日、展示を始めたMG-20を移動して同じくESOTERICP-01HALCROMG-20のシステムで鳴らしてみたりと驚き()の連発でした!いやぁ…よかったっすねぇ…悦。それで、やっぱり音が変わりお客様のお顔から笑顔がうかがえると最高ですね!

突然のシステム変更はご遠慮いただいておりますが、事前のご予約を入れていただければ喜んでセッティングさせていただきます。どうぞお気軽にご連絡ください。

そして、僕もお客様の斜め後ろでご一緒させていたただきました。申し訳ありませんが、一人の世界に入り込んでしまい、曲が流れている間、感動しっぱなしの新人天野でした…。

と、本日は色々な事を体験してブログに何を書こうかまとまってない天野でした…。

おっと…忘れていました。今回でこの「天ノ視点」も20回目を迎えました。ありがとうございます。

これからも僕からみたH.A.L.1をなるべく楽しく伝えればと思い続けさせていただきます。

これからもよろしくお願いします。

|

Today's lunch!! Vol.42

今日の東京もいい天気。開店一番から試聴のお客様がおみえになり、初物としてESOTERIC MG-20のご注文を頂戴しランチの前に売上げが上がって気持ちいい~(^^ゞで、どこに行こうかな~、と思いつつ何でもありのUDX・クロスフィールドにとにかく行ってみよう…ということに。この中も私の好みの店には結構入ったので、今日は初物にちなんで新規開拓をということで、足が止まったのがここ。20075211 980円のお薦めランチというPOPを見20075212て、まあいいか~(^^ゞというノリで入ってみることに。 入るとアキバの町並みが見下ろせる開放感ある店構え。内装は店名American Diner Bar&Grillのようにモダンアメリカンという雰囲気ですが、どうもデニーズのようなファミレスを連想してしまいそうな感じ。そして、注文したのは店頭にあったPOPのお薦めランチというもの。20075213 パンとライスは大盛り、お代わり自由というのはちょっぴり救いかな~。チキンはまあまあという感じで、黒豚のスパイス煮込みというのはほとんどカレーという感じ。特に感動的なものはなく、インテリアも落ち着ける感じではないので、いそいそと食べてしまった^_^;最後にフライドポテトまで残さず食べましたが、どうもこの付け合せは私の好みではないかな~(笑)リピーターになりたいか? と聞かれたら、もういいです~(-_-;)と答えてしまいそうなランチでした。やっぱり新規開拓は当たり外れがありますね~。ではまた~

|

2007年5月20日 (日)

H.A.L.3☆5/20新着中古情報

こんばんは。
最近、ブログの内容がマニアックになって来たと良く言われ、少し焦っている、宮川です。

さて、本日はあまりマニアックではない、新着中古情報です。

Witt←WILSON AUDIO 「WITT」 / 3ウェイ3スピーカー
税込定価 :\1,680,000
販売価格 : \650,000(税込 /送料別)
・エンクロージャー:バスレフ・フロアスタンディング型
・ドライバーユニット:ウーファー 30cmコーン/スコーカー 15cmコーン/トゥイーター 2.5cmドーム型
・能率:90dB ・インピーダンス:8Ω
・外形寸法:W40.0×H107.5×D42.5cm
・重量:107kg  ・ブラックカラーペイント仕上げ

当フロアの王様「SYSTEM 8」の先輩、「SYSTEM 5」と同時期に発売されていたモデルです。今で言うと「SYSTEM8に対するSOPHIA」という位置づけではないでしょうか。

Systen8witt←SYSTEM 8との2ショット。
並べて見ると、ウーファーの大きさの違いが良く分かります。 この大きなユニットから送り出される低域の迫力は圧巻です。音がグンと前に出て来て、音圧を体で感じる心地良さがあります。かといって、中低域で落ち着いている、という感じでは無く、高い所も伸びやかでノリが良く、聴いていて楽しくなってくるアメリカンサウンド、という感じでしょうか。ざらついた感じもあまり無く、適度に洗練されている印象を受けました。

Witt_1←サランネットは、目の粗いウレタンシートの様な感じです。本体とはマジックテープで留める形になります。

Witt4Witt_2_1

←古い製品の為、本体の継ぎ目のペイントが白くなっております。両サイドの、ピアノフィニッシュになっている部分は目立った傷は特にありません。

SYSTEM 8 とは、また違った魅力のWILSON AUDIO「WITT」。
ロックやジャズを、気持ち良く体に浴びて聴きたい方には、特にお勧めです。

お問合わせは、電話またはメールにてお願い致します。
ダイナミックオーディオ5555:03-3253-5555(4F 島宛て)
メールアドレス:shima@dynamicaudio.co.jp

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 其ノ拾九

天ノ視点 其ノ拾九

暖かいですねぇ。洗濯物が良く乾きそうでうれしいですね。お一人暮らしを経験なさったことのある方や、主婦の皆様はこの気持ちを解って下さるとおもいます。洗濯物がなかなか乾かないと大変なんですよ。

7H.A.L.1のシステムは本日も良い音で歌っていますよ。IsisMOSQUITO NEOetcはもちろん、先日新たに展示を始めたアナログプレーヤー「SPIRALGROOVE /System SG1Phantom」や、すべてをESOTERICでそろえた「ESOTERIC reference booth()」も好評頂いております。しかし、後者に致しましては展示期間がまもなく終了してしまいます(予定)。ご希望の方はお早めにご来店ください。

さて、先日、とあるお客様がご来店の際にLPCDの聞き比べを行いたいとご希望なさいました。音楽ソースはお客様がご持参なさってくださいました。

お客様曰く、「学生時代に買ったこのレコードのリメイク版がCDで出たからH.A.L.1にて比較したい」との事でした。

僕も、興味はあったものの試したことが無かったもので…とても、楽しみでした。

お客様が軍配上げたのはLPでした。

その理由は「CDの音もよかった。最新の処理が行われていて聞きやすかった。が、心に響いたのはレコードでした。」

もちろん再生した機材はもちろん。マスターは同じであれ、録音時期、環境、エンジニア…違いはありますから、音に変化があっても納得できますが…当時より進化したレコーディングを行っているのに実際にお客様が感動したのはLPだったという事実をとても興味深く感じました。

「アナログを始めようかなぁ…やっぱり、親父のプレーヤーを拝借してこようかなぁ…」

と、考える天野でした。

|

Today's lunch!! Vol.41

五月晴れの東京、そしてアキバは中央通りの歩行者天国で大変な人出で賑わっています。今日は、どこへ行こうかと考えながら、ふと先日のランチを思い出した。Vol.37でご紹介したあの「タコイカにんにく唐辛子炒飯」です。にんにくと唐辛子入りの炒飯は結構美味いぞ、という発見と同時に思いついたのが、この上海バールと炒飯対決で比較したあの店。当店を出てから気持ちいい風に吹かれて私の足で7分程度でたどり着きました。Vol.16でご紹介したヨドバシカメラの8Fにある万豚記です。5312今日は一人なのでカウンターに座りましたが、とにかくこの厨房は忙しい、というか賑やかです。私の頭越しに中国語の大きな声が飛び交い、中華鍋を振るう音、それを叩く甲高い音、オーダーをとった店員の大声などなど活気ある店内は日曜日ということで客も大入りでテンションも高くなっていました。で、私が同様なものはないかとメニューを探すと、ありました!!「にんにく唐辛子炒飯」 で20075201す。タコイカは入っていませんが、比べてみるにはこれしかない。注文すると私の目の前で調理が始まった。 中華料理は炎の料理と言われるように、この厨房は専用コンロが四台くらいずらっと並んでいて、威勢のいいコックさんが次々に注文を裁いていく。その様子が私の座ったカウンターからちょうど見られたので、豪快な火の勢いと中華鍋の扱いを眺めていると、あっと言う間に出来上がってしまった。さすが本場の職人は違うな~、と思っていると厨房から運ばれてきた皿が私の前に…おおー!! この店で大盛りを注文して懲りている私はボリューム感には満足しているが、久し20075202ぶりに来てみると見ただけで満腹という感じの盛り付けが目を引く。レンゲでご飯をすくうとパラパラとした仕上がりはさすが。火力がものを言う本場の炒飯はこれが魅力。上海バールの炒飯は唐辛子の色がご飯を赤く染めていましたが、こちらはそれほど赤くない。しかし、口に入れて噛みしめると次第に辛さと旨味が広がって良し!! そして、こちらの方が唐辛子の辛さは後からぴりっと来るようで、口の中は次第にひりひりしてきました^_^;そして、ご覧のようにニンニクがたくさん入っていて、食感をそそりあっという間に完食。俗に言うラーメン屋さんの炒飯は日本人に合わせて独自の料理になっていますが、本場のコックさんが中華鍋をあの火力であおって作る炒飯はやはりどこか違う。ご飯も唐辛子もニンニクもみんなたっぷりという大陸的豪華さの炒飯で満腹でした。このお店は麺類の味付けはとても濃厚なのですが、炒飯は逆に薄味で食べやすいのがお薦め。アキバで炒飯が美味しい店が他にあったら教えてください~(^^ゞ ではまた次回にご期待下さい。

|

2007年5月19日 (土)

2F中古品新着情報!

田中です。 本日LINNのUNIDISK1.1が入荷しましたので、お伝えします。今現在の定価は¥1,764,000税込みで、Unidisk11 リアの写真を見ていただければ判る通りDVI出力です。現在はHDMI出力です。映像にこだわりが無ければ、トータル面でよく出来たプレーヤーだと思います。 11 最近中古で、販売するのは珍しいと思いますし本体の程度もまあまあ良好といった具合です。 ただしリモコンは裏の部分に傷が多いのでご了承を。価格については、お問い合わせ願います。

続いて、DENON DVD-A1XVA 定価¥451,500税込み販売価格¥258,000となっております。Dvda1 程度良好です。 買い替えですが、あまり使用していないと思います。 画質音質共にこだわったモデルです。  ご成約済みです。

詳しくは田中まで宜しくお願いします。  03-3253-5555 tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 其ノ拾八

天ノ視点 其ノ拾八

晴れたり、曇ったり、時々雨になったり…気まぐれですね!天気は。振り回されっぱなしですよ。こんな日はご自宅でゆっくりとオーディオですね。

「アメリカ製造版と日本国内製造版のCDの音の違いはあるのか。」

今日、7H.A.L.1のシステムにて上記の検証をしてみました。

あくまで僕の見解ですのであしからず…。

使用したディスクは…

THE BEATLES / “LOVE”

COME TOGETHER

まず、僕が聞いたのは国内版。全体的に綺麗にまとまっていてとても聞きやすい印象でした。低音も出すぎることなく、しかし、存在感があり曲の中での役割をしっかり果たしていました。

そして、海外版。低・中・高が一つ一つはっきりしていて、迫力が伝わってきました。特に低域の強みは海外版の特徴なのでしょうか?

海外製造版と国内製造版。双方によいところがありはっきりとどちらが良いとは、とうてい言えません。

マスター音源は同じであってもマスタリングのエンジニアや工場が違えば音は変わりますね。

といっても、僕の文才が乏しいこともあり、詳しい違いについて述べてません。

やはり、皆様がおこし下さってご視聴なさるのが一番です。

「百聞は一聴にしかず」です。

皆様のおこしを心よりお待ち申し上げている天野でした

|

伝説の再来

天気が悪く朝油断してましたら、急な大雨
ビショビショになり駅に着き、
到着駅の階段を上がっていましたら
同じくビショ濡れ頭の方と対面で目が合いました。
何事にも備えあればって事です。

入荷の滞りにより、御連絡が遅れておりましたが、
NAGRA CDCが聞けます。ボーカルが良いです。

Cdc




NAGRA CDC(プリ内蔵CDプレーヤ)

先日より常時展示となりましたが、
事情により無い場合もございます。
御了承ください。

大場商事:NAGRA CDC

東郷

|

2007年5月18日 (金)

2F中古品新着情報!

田中です。 中古のスピーカーが入荷しましたので、新着情報としてお伝えします。Elac_1 ELAC BS203.2B定価¥126,000(ペア) 販売価格は¥63,000税込みです。本体の角に傷があります。ブラックは今現在販売しておりません。貴重なモデルだと思います。N803_5 N803定価¥840,000(ペア) 販売価格\350,000税込みです。 オリジナルの箱がないため、送料等は別途相談いたします。 N803は適度な大きさとクウォリティーの高いサウンドが人気でした。今現在のモデルと比べると音色が明るいので、派手なサウンド求める方にお薦めです。 次にNHT VT1.4 定価¥315,000(ペア)Vt14_1  販売価格¥69,800税込みです。オーディオ用とヴィジュアル用としてフロントに切り替えスイッチがついており、ウーハーの出力等を変更でき、 立ち上がりが良いスピーカーです。  これからオーディオを楽しむ為には、丁度良い商品だと思います。 1点しかない為、お早めにご連絡願います。 また、商品の取り置きは行っておりませんので、ご理解いただければと思います。  以上、田中でした。

tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 其ノ拾七

天ノ視点 其ノ拾七

今日は、とても過ごしやすい天気でしたね。暑くも寒くもなく。

しかし、なにかと動き回ることが多くて僕は汗ばんでしまう天野です。…一ッ風呂浴びたい気分です。

なので、今日は視聴室でゆっくり音楽は聞けないかなぁと…思いきや!夕方頃にお客様のご来店がない時に店長より視聴室に呼ばれてある体験しました。

その体験とは、スピーカーの上にウエイトを乗せると音は変わるのか?というもの。

行う前の僕の予想は特に変わりはない…というのもウエイトを乗せたからといってスピーカーの本質は変わらないわけですし…。

し…しかし…またしても……甘かった!!浅はかでした!!!

もう、本当、オーディオとはわからないものですね。音が変わってしまうのですから驚きですよ!!

今回僕が視聴に使った機材は、先日のブログでも少し書いたESOTERICシステムです。

UZ-1 AZ-1×2 MG-20

視聴ディスクmichael buble / feve

全体的により締りがでます。(もっとも表れたのは低音でした。)

中・高域は輪郭をくっきりと感じました。

さらに、残響感は色合いを強めました。もともとリバーブの強い曲でしたが…。

と僕の中では良い事だらけだったんですが、逆になぜ皆さんがやらないのか考えてみました。

あまり見栄えがよろしくありません。

音ははっきりしていましたが、滑らかさが弱くなってしまった印象があり長い時間聞くのであれば…また、お部屋のBGMのような鳴らし方をするのであれば、ウエイトをのさせない方が聞き疲れしないように感じました。

と、今日も改めて感じましたオーディオの奥深さ。まさかウエイトをスピーカーの上に乗せるだけで…

しかし、考えてみれば、オーディオボードを設置するだけで音は変わりますし…そう思えばなんとなく納得できますが…汗

これは、勉強してみる価値あり!

今後の天野視点にて…汗苦笑。

では、また次回の天ノ視点を…。

P.S.「天ノ視点」←は「テンノシテン」と読みます。

|

Today's lunch!! Vol.40

今日は夏日になるという予報なので今シーズン初めて半袖シャツを着てきたら何だか風が冷たく感じる東京です。さて、一昨日もランチはとりましたが感動しなかったのでお休み20075181していましたが、やっぱり今日はここへ行こうかとosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へ!!  メニューを見るとお肉料理が新しくなっていたので「豚肩ロースのカツレツ」というのをCセットで注文しました。今日は結構にぎわっていて女性客が多いのも特徴でしょうか。一人でも静かに食事が出来てお値段も手頃で美味しいということであれば人気が出るのもうなづけますね。もっと通りに面した店構えだったら良かったのに、と思う反面目立たないところが穴場として面白いところかもしれません。20075182 そして、前菜は「自家製の野菜ピクルス」ということで、アスパラ、玉ねぎ、人参、カブなどが酸味の効いた漬け込みでさっぱりした涼感があり、これからのシーズンには良いマッチングでしょう。このお店の接客は大変優れたもので、camerieraの皆さんは客のテーブルに絶えず視線を飛ばして次はどうするか、何を客が求めているかを正確に把握しておられるので感心してしまいます。人材教育もお店の実力のうちということでしょうか。20075183 さてさて、お待ちかねのメインが出てきました。カツレツということで想像の範囲内のお料理でしたが、盛り付けがご覧のように大変きれいで豪華な印象です。見たところソースがかけられている気配はないので、見えるところからお肉に手をつけてみました。で、下味だけで、やはりソースが必要な感じですが…。盛り付けられた野菜は以前から述べているようにちょっぴり岩塩がかけられているようです。大きなサイズのカツレツは二枚あり、ランチはたっぷり食べたい私にはうれしいところ。あっという間に一枚を食べてしまいました。すると、皿とカツレツの間にトマトベースのソースがありました。これが美味しかった~(^^ゞカツレツの衣であるパン粉とソースが混じって馴染み、それを野菜と一緒に食べると二度美味しい。でも、贅沢を言えば最初からこのソースがお肉の上にかかっているとうれしかったな~^_^;20075184 さあ、今日もCセットにしたお楽しみはデザート。いつも今日のデザートは何かをcamerieraさんが教えてくれるのですが、今日は思わず名前を聞き返してしまいました。最初は覚えたつもりでも、また忘れてしまって、最後には紙に書いてもらってきました(^^ゞ&(笑)そうなんです、今日のデザートは正確にご紹介しなければ…「クレマ・ディ・コッタ」と言うそうな…(^^ゞパンナコッタのもっと濃厚なもの…、という説明でしたが、いや~、これがまた美味しかった~(^^)v確かに濃厚なのですが、いつまでも口の中に残ることはなく、トロ~と舌に絡んで溶けていってしまう後味さっぱりで濃厚な味わいは相反する表現ながら私のようなおじさんでも食べやすく美味しい!! 矛盾した表現なので“なんのコッタ~”ということで、お後がよろしいようで~<m(__)m>

|

2007年5月17日 (木)

H.A.L.3☆最新展示情報

こんばんは。
試聴室のルームチューニングにはまっている、宮川です。

さて、本日は、来るもの・去るもの入り乱れの、展示情報です。

Comp0517 お待たせ致しました!
PAWEL ACOUSTICS「ELEKTRA」、ようやく展示開始する事が出来ました。恐らく、しばらくは居てくれる予定ですので、前回聴き逃した方、もう一度聴きたい方、是非この週末に、この、包み込まれる快感・麻薬的音色をご堪能下さいませ。
只今ですと、当フロア中央エリアにて、Sonus Faber「guarneri memento」、ACUSTIK-LAB「BOLERO NUVO」との比較試聴をお楽しみ頂けます。

奥の試聴室には、新製品のプレーヤーがお目見えです。Emmlindemann
←写真上段より
Emm Labs 「CDSA SE」 \1,680,000(税込)
LINDEMANN 「822」 \1,459,500(税込)
これで、試聴室では、ほぼ同価格帯のSACDプレーヤー、SONY「SCD-DR1」・ESOTERIC「X-01D2」との、比較が可能となりました。(5月20日まで)

どうしてこんなにそれぞれ違った音楽を奏でるのか。
聴いていて楽しくなってしまいます。

TRIGON「ENERGY」とPIEGA「TS 3」は、本日引上げと相成りました・・・

そして、奥の試聴室のセッティングですが、とても凄い事になっています。
詳細は、我が上司のメールマガジン&次あたりのブログで・・・お届けできたら、と思います。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 其ノ拾六

天ノ視点 其ノ拾六

はっきりしない天気ですね…あ…もう晴れてますね。

このまま晴れていてくれれば良いですね。

以前、僕はコンサート音響をやっていました。いわゆるPA(Public Address=音を拡声する)ですね。

いろんなイベントやライブのPAをやりました。室内もあれば野外も…やはり野外のコンサートでは天気が大きく左右します。

もちろん養生などしてなんとか音を出しますが、コネクターもしくは機材が濡れると、とても厄介です。最悪、音が出ない…なんてことも…。今のこの民生のオーディオの世界からするとまったく信じられないことですよね。スピーカーを雨ざらしにしておくなんて!いくら拭いたとしてもユニットはどんどん壊れていきます。機材はラック(ハードケース)に入っていても修理品が後を絶ちません。加えて、「搬入」「搬出」時は気を使っているものの扱いは荒くなります。毎日帰ってくるとチェックが欠かせません。

風が吹けばマイクは倒れますから…。

そして、僕はPAをやっていた頃、この民生の世界をなめていました。やっぱり…って。とんでもない!!

業務的に仕事をしているよりよっぽど楽しいですね!奥が深いし、なにより音楽を愛している。

実は、音楽が好きでPAの世界に飛び込んだものの、少しずつ不信感を抱くようになっていました。

ですが、あるきっかけで5555に入りお客様やスタッフと接しているうちに、再び、音楽に対する喜びを感じました。

…感想文でした。天野でした。

|

2007年5月16日 (水)

天ノ視点 其ノ拾五

天ノ視点 其ノ拾五

もう初夏っすね!いろいろ行動範囲が広くなる季節ですね。私も昨日、お休みを頂きましたので久しぶりにお買い物(日用品)と散歩と洗濯とお買い物(食品)と…。いろいろアクティブに動いてみました。午前中は小雨が降っていましたが、正午あたりから晴れ間も見え始めて、なかなかの休日になりました。

本日は、視聴室に新しいシステムが入りました。川又店長からもお知らせがあるかと思いますが、簡単にかかせていただきます。

ESOTERIC / UZ-1

      

ESOTERIC / AZ-1×2

   ↓

ESOTERIC / MG-20

ESOTERICづくしです。電源やラインケーブルに至るまで…(SPケーブルは明日)

価格は店長よりお知らせがあると思います。

「いい音出してますよ」(ニヒルな笑顔と共に…)  メーカーさん談

正直な所、ここ三週間ほどH.A.L.1にいるせいか、価格的なところで判断していました。すみません。

P-01等と比べると価格も下がるし…(といっても僕にはすぐに手が出る価格ではありませんが…)

とんでもない!覆ります!考えを改めさせていただきました!!

是非、ご視聴にお越しください。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げている天野でした。

|

1Fアクセサリー掘り出し物情報!!

8147a

どうも、こんにちは、1Fアクセサリーフロアーより  特選中古情報!のお知らせです! 

オーディオ銘機賞受賞モデル 

山本音響工芸 HA-01 販売済みです。

Vacaum Tube Headphone(真空管タイプのヘッドフォンアンプ真空管独特の深みと響きを奏でてくれます。そして、さすがに山本音響工芸さんだけに、インシュレーターも凝っていて素晴らしい作りです。)

メーカー定価¥71,400(税込)                               ⇒¥31,290(税込)¥29,800(SHC会員価格)                                                                 

【SPEC】●定格出力:180mW ●周波数特性:30~50kHz ●残留ノイズ:0.1mV以下 ●適合ヘッドホンインピーダンス:30~200Ω ●感度:0.26V入力で1mW出力(50Ω負荷) ●外形寸法:136W×53H×268Dmm ●質量:1.6kg

Kingcobra次は、ハイスピード、ニュートラル、キレ、力強さ、透明感など抜群のコストパフォーマンスを誇るケーブル。                        

audioquest KING COBRA」です。

メーカー定価¥24,150(税込)                     ⇒¥14,700(税込)¥14,000(SHC会員価格)

ぜひご来店ください! お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田 

|

H.A.L.3 ☆ 5月16日新着情報

いつもご愛顧頂き、有難うございます.

VOL.1 「新製品情報」

SONUS FABERの新製品の情報がはいりましたのでご連絡いたします。

SONUS FABER 「elipsa(エリプサ)」
        3WAY・3スピーカー
        定価 ¥2,730,000(税込)
        発売日 2007年7月10日 発売開始

詳細は「elipsa.pdf」をダウンロード をご覧ください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////

    4F H.A.L.3 

   島 健悟(火曜定休) mailto:shima@dynamicaudio.co.jp

     宮川 いより      iyori@dynamicaudio.co.jp

////////////////////////////////////////////////////////////////// 

|

2007年5月15日 (火)

Today's lunch!! Vol.39

今日の東京はちょうど昼時に雷雨に見舞われ、めまぐるしい天気でした。さて、昨日見たメニューで食べたいものがあり、やっぱりosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へ!! どうも月曜日から水曜日までがこの店で金曜日から日曜日にかけては他の店というペースになりつつあります(^^ゞ「なぜリピーターになるのか?」というと、それは“飽きないから” というのが私の答え(笑)B型の私は、どうも凝り出すと飽きるまで一筋になってしまう悪癖があるようです(笑)20075151  さあ、今回は写真は一枚だけ(笑)昨日のメニューにもあった「エビと水菜のペペロンチーノ」が食べたかった。しかも、大盛りで…。いや~、当たりでした!! 最初の一口で美味い!! と内心で喝采しています。エビはブラックタイガーというから、ランチの価格を考えれば当然のコストのものだろうが、その新鮮さと食感は素晴らしい!! 近所の中華屋さんでもエビの料理は色々ありますが、このプリプリ感と下味のほんのりした塩加減は絶妙です!! やっぱり名人が調理すると素材を生かすというものでしょうか。そして、エピの数がたっぷりあるので、パスタと毎回のように一緒に食べてもまだまだあるという満足感。最後の一口のパスタが残ったときにもエビはまだ二つありました(笑)しかし、ここの大盛りはほんとにボリューム満点です。私がリピートする理由の一つかも(^^ゞ で、明日は魚料理か~(笑) そうそう、今日のエピソード。cameriera 大枝さんが、このblogをキッチンの女性スタッフに見せたところ…「これって、女の人が書いてるんですか~」と言われたそうな(^^ゞなぜって聞いたら「可愛いから…」というコメントありとか。どうでしょうね~、私のblogは可愛いかな~(笑) イメージが壊れるといけないので、次回からは厨房から見えないように隠れて行かなくっちゃ~^_^; ではまた次回にご期待下さい<m(__)m>

|

H.A.L.3試聴室これで良いのか・・・~セッティング編・PART1~

こんばんは。
先週末に開催されていた「神田祭」を、ベランダから眺めて楽しんでいた、宮川です。

さて、QRDを追加して、スケール感・開放感は申し分無く、これでもかという程の美音系試聴室となった訳ですが、新たな課題も見えて参りました・・・本当にシビアな、誤魔化しの効きそうにない部屋です。

拡散効果により音が明瞭になった分、システムやソフトによっては、多少きつく感じられたり、量感が物足りなくなる、という問題が出て来ました。
しかしながら、これで手に入れた広く奥行のあるステージ感や、透き通る様な美音も捨て難く、どうにかならないか・・と悩んでしまいます。
我が上司曰く、「セッティングに問題があるのでは?」との事。部屋が変われば、当然、セッティングも変更しなくてはならない、という訳です。

そして昨日、取り敢えず一次段階、という事で、「試聴室のセッティングをしてみる」という課題を我が上司より頂き、大まかな順序や方法を教えて貰い、試聴室に籠もる事となりました。

0514 ←取り敢えず、セッティング後の試聴室。
まず、広いスケール感はそのまま残す事を頭に置いて、低域の量感を増やす事を考えました。その次に角度を決めて、奥行や立体感の調整。我が上司より教わったコツを色々試し、動かしては聴いて、そしてまた動かして・・・の繰り返しです。この部屋は少し何かを変えるだけで、すぐ音となって現れます。

Cd_13←今回、セッティングに使用したソフトの一部です。
いつも以上に、何枚も取り替えて試聴しました。このソフトは良いけどこちらはダメ、とか、このプレーヤーは良いけどこちらはダメ・・・というのが何回もあります。

3、4時間程、籠もっておりましたが、限界が来ました・・・「もうココ」という場所で一旦、我が上司の意見を仰ぐ事にしました。何故か、物凄くドライアイになっていました・・・

Photo_535「今足りないものは何か、次はどうしたいか」という事を整理して、我が上司は次々と対策を施して行きます。電源ケーブルを変えたり、TAP45を使ってみたり・・・
Photo_537Photo_538←ラックのデカップラーの位置を変更したり、プリアンプの下に敷いていたインシュレーターを外してみたり・・・

と、色々試していたら時間はあっという間に過ぎ、閉店時刻となっていました。

難しい!難しいです!!
しかしながら、「こうするとこう変わる」という様な事が少しずつ、摑めて来た感じがします。疲れましたが、何だか充実感を感じました。

Bad←最後に、ディフラクタルベースをBADで覆ってみて、少し落ち着きを持たせてみました。 (他のスピーカーの位置も、若干変えてあります。)取り敢えずの第一段階の終了です。しかし、すぐに次の課題が出て来てしまいました。
またすぐ、どこかが変わっていると思います。発展途上です。

セッティングの難しさと楽しさを、実感した一日でした。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

1F 新着アクセサリー&中古情報!!

どうも、こんにちは。5555 1Fアクセサリーフロアーから                  新着アクセサリー情報です!

超スピード、高解像度、低歪率、優れた位相特性、抜群のS/Nの良さとノンカラーレーションのナチュラルな音楽を奏で、最大限に機器の能力を引き出すことのかけては、他に追随を許さない「WIRE WORLD」のシリーズ5-2の新スピーカーケーブル入荷致しました!! ソリスタス、オアシス、エクリプス、エクイノックスなどのモデルです。

(シングル、バイアリング共に対応ケーブル入荷してます。)

Dp352060_1 Sp452059 Sp552060_1

Sp652060_1

               ※ 新着特選中古品情報もお知らせします!

上記、同メーカー「WIRE WORLD」のエクリプスシリーズ5

ECI5RCA1.0m   ¥32,000(SHC会員価格)

       ¥33,600(税込)

お気軽に遊びに来店する感覚で、ぜひご来店ください!                   お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

お勧めセット

田中です。今日はセット販売の提案です。 まずSHARPのSM-SX10、PMCのFB1-BK、マランツのDV9600、以上の3点セット。 i-linkやデジタルケーブルを上質にするだけで、CDやDVDを小音量から大音量まで楽しめます。展示処分の特別価格です。 次にSHARP、SM-SX300とマランツSA-7S1に、スピーカーがPMCのMB2もしくはPIEGAのTC70Xのセット。PIEGAとPMCとの組み合わせは、去年のマラソン試聴会でもおなじみです。こちらもそれぞれ特別価格にて案内中、どちらも1点しかございません。またご予算があれば、ヨルマデザインのデジタルケーブルとのセットが特にお勧めです。 このケーブルは、歪み感が少なく、音場を正確に再生すると思います。このSM-SX300はアナログやデジタル入力でも十分、格の違いやケーブルの良さが判ると思います。  それぞれのアンプやスピーカーなど、少しづつ変えていくのもオーディオの楽しみの一つかもしれませんが、思い切って今回のセットのようにすべて変えてしまうという考えはいかがですか? もちろん機器の下取りも行ってますので、いつでも相談承ります。  問い合わせについては、電話03-3253-5555 2階の田中もしくは中村に、もしくはメールにて問い合わせお願いします。

tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

2007年5月14日 (月)

NO TITLE

期間限定でLeft side HALLにSYMPHONYが2台置いてあり
ブリッジ接続でAmati anniversarioを鳴らしております。

3froom2_1

以前McIntoshが置いてあった時もそういう接続が出来るんだよ
と、当時の上司に聞いていましたが実際に聴いた事は無く
せっかくの機会なので聴いてみる事に。

試聴ディスクはコレ↓↓

Jmxr24013_1

スペイン奇想曲の2曲目Variazioniは弦や木管が活躍する
非常に穏やかな曲です。雰囲気的にスピーカーに似合っているかな
と、思っていたのでコレで聴き比べてみることにしました。

結果は、ブリッジ接続のほうが気持ちの伝わる演奏だったように感じました。
迫り来る感じ、というと大袈裟になってしまいますが音の厚みも増し、より滑らかに。
しかし、傾向が変わるわけではないので一番簡単なグレードアップ方法の様です。
アイデア次第で色々な変化が楽しめるのだな、と実感しました。

いつ居なくなってしまうのか分かりませんので、試聴ご希望のお客様は
お早目のご来店をお勧めいたします。

3階 末廣

|

天ノ視点 其ノ拾四

天ノ視点 其ノ拾四

本日、3F野田の手伝いで午前中~正午までお客様のご自宅に機材の配達にいってきました。

これまで配達のお手伝いは何度か経験しているものの、本日のお客様は圧倒しました。

ソフトの数に!

もちろんご使用なさっている機材もすばらしかったのですが、それ以上にソフトの数に圧倒されました。LP盤の枚数はもちろんのことCDDVDがところ狭しと並べられており、すべてのソフトを聞いたら何年かかってしまうのだろうと思いました。そして、これだけオーディオや映像に情熱をかけられる環境をうらやましく思いました。

話は変わりますが、「音」「音響」は兵器になり得る事を皆さんご存知ですか?「音響兵器」は外部的なダメージではなく、内部…つまり聴覚、もしくは精神的なダメージを与える目的としているらしいです。戦闘意欲を軽減させ暴動などの鎮圧に使われている。催涙ガスなどでは呼吸器官などに障害を与えてしまうため導入されたとか。しかし、「音」はご存知のとおり空気の振動なわけで耳に障害が残ってしまいそうな気がしますが…。その他にも、潜水艦のソナーは音を発信し、反射してきた音で物体の位置を把握するもの。また、近年では、豪華客船が海賊に襲われた際、設置してあった非殺戮兵器「LRAD」の活躍で海賊を撃退したそうです。最大音量は約150dB。飛行機のエンジン音を間近で計ると約120dBらしく、想像を絶する音が発せられたことになりますね。

実はこの「音響兵器」が身近なところに存在するようになってしまうかも知れないみたいです。

夜のコンビ二。若者(10)が深夜のコンビ二に集まっている光景をご覧になったことがありますか?とても威圧感があって、気楽に買い物もできない雰囲気を作り出しています。

そこで、Howard Stapletonという方が開発したのが「十代にだけ聞こえる音撃兵器Mosquito」奇しくもH.A.L.1にある「MOSQUITO NEO」と似ている名前ですが、まったく違う代物で高周波ノイズを発生させて止まっていることを不快にさせることが目的らしいです。人間の聴覚は年齢を重ねると比例して衰えていき、十代の人にしか聞き取れない帯域があります。その音を流し続けると耐え切れないという理屈、実際にその音に対し若者が不快に感じコンビ二の前に集まらなくなったとか、しかし、聴覚の衰えには個人差があり年齢を重ねても聞こえる人もいます。そのことに対して発明者は「その年齢の人は店頭に居座ったりしないので大丈夫」との事。確かに!

僕らも安心してコンビ二にいける日が音響兵器によって訪れるのでしょうか。

「音」もしくは「音響」とはいろいろなところにあります。もちろん、音楽の本質は純粋に楽しむものだと思います。

しかし、音が及ぼす危険性というものもあるということも事実。実際、以前僕はコンサート音響の世界に身を投じていましたが、そこで突然の大音量に驚いたスタッフが足を滑らせ落下事故なんてこともありました。

やはり、きちんと機材のことを把握して音楽ライフを楽しむ事が大事なんだと考えさせられました。

今回の「天ノ視点」は「音」「音響兵器」について考えてみました。

|

Today's lunch!! Vol.38

初めて口にしたもの、生まれて初めて食べたもの。新鮮であり未知の味に遭遇すると感動もひとしおというもの。そして、本当に美味しいものを食べると幸せな気分になれるというのはオーディオと同じかもしれない。仕事の合い間のランチタイムという限られた時間とご予算(^^ゞの中で、こんな出会いがあろうとは…。「感動の大きさと文章量は比例する」という私の法則に照らして、またまた平日のランチが始まる月曜日はやっぱりここに行かなくっちゃ~、と初体験の味を求めてosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」へ!!20075141 昨日の神田祭の喧騒が嘘のような秋葉原は今日もいい天気。予報によると東京地方の気温は17-24℃ということで、シャツ一枚で出かけられる。すると、これまでと違って更に一階のもう一面の窓もご覧のように開け放たれ、間近に草花を見ながら食事が出来る雰囲気が気持ちいい。で、早速今日のメニューを見せて頂くと…20075142 、好物のペペロンチーノもおいしそうだか、「地鶏胸肉のモッツァレラチーズ詰め」というのが興味を引いた。鶏肉の料理ではソテーしたものがランチでは普通で、他の店でも見かけるが、あくまでもご飯のおかずというもので一品料理という雰囲気ではない。それを、ここのシェフはどうやって料理するのかが気になった。この段階ではお肉料理でのボリューム感はあまり期待していなかったものでした。20075143 で、今回もデザートが食べたくなったので1,200円のCセットを奮発した。その前菜がこれ。「野菜のマリネ」ということで、まるで果物かと思える色鮮やかな野菜が程よい酸味と甘さでしゃきっとした食感で美味しい。むしろ、今日のメニューとのバランスを考えたものか、あっさりとした前菜が後に続く期待感を募らせる。20075145_2  20075144_1   さあ、メインがきました!! この見た目の第一印象があまりにも意外であり驚いてしまった。まだ口にしていないのに、ちょっぴり興奮さえ覚える光景に思わずアングルを変えて写真を二枚撮ってしまった(笑) cameriera 大枝さんが「温泉卵を割って、絡めて食べてください」という。でも、最初は卵のまろやかさは後のお楽しみにとっておいて、写真の左側にナイフを当てた。たいして力を入れずとも、すんなり切れる柔らかさで、ソースだけで食べてみた。「これは美味い!!」胸のうちで唸り、次はパルミジャーノ・レッジャーノがかけられている写真の右端にフォークを刺してまた一口。薄い衣をつけてオーブンで焼いたものだろうが、端の方でも柔らかい。そして、トマトベースのソースがなんとも美味しい。写真では解りづらいが、このお肉の厚みはゆうに5センチ以上はあってボリューム満点。いつものように最初からパンは二つ出してくれるので、料理のボリューム感と相まって満腹コースで食が進む。そして、温泉卵とソースを混ぜて食べ始めると新たな感動が!! ソースの酸味をまろやかに変化させ、脂身のない胸肉の味わいを奥深いものにしてくれる。そして、お肉と野菜を同時に口に運ぶと新たな食感と野菜の風味が加味されて新たな美味しさが広がる。「いいね~、でも詰めてあるはずのモッツァレラチーズはどこにあるのかな?」と、思いつつ次第にお肉が小さくなっていくと…「あ~、これだ!!」チーズだから黄色か白か、という見方をしていましたがグレーのパテ状のものが出てきました。お~、そういうことですか!! モッツァレラチーズをそのまま詰めたのではなく、マッシュルームとからめて下味をつけたものがじわっとこぼれ出てきました。このパテだけをそのまま食べてみると、これがまたなんとも美味しい。これをパンに乗せて食べて、あ~幸せ~(^^ゞという感じ。鶏肉料理で、しかもランチでこんなに手の込んだ料理を食べたのは初めてでした!!20075146 いいですね~、満足感・満腹感というのは単純に量的なものではないですね。美味しいものだと量感を気にしなくても心が満たされる感じです。さあ、デザートですね~(^。^) 前回はデザートの内容を確認するために、会社に戻ってから大枝さんに電話して色々と問い合わせしてしまいましたが、今日は大枝さんに「これ何だかわかりますか?」と逆に言われてしまいました。「え~、とスイカですよね、これ」と間の抜けた答えをして、スィーツにうとい私は降参してしまいました。(笑)「有機人参のババロアです」と大枝さんから教えられて、へえ~人参ね~? と半信半疑でまずスイカを食べて…、あっ、このスイカがまたまた美味しかった(笑)プルプルしたババロアを一口舌に乗せたら…「えー!! これは!!」濃厚でさっぱりしていて、果物のように酸味はなく、かつ乳製品のようなしつこさもなく、この甘さがとろける時間が終わって欲しくないと願うほど美味しい!! こんな美味しいデザート、いや意外性というか、クリームたっぷりのケーキもいいですが、人参ベースのババロアとはこんなにもオジサンを感動させてくれるのかと参ってしまいました(^^ゞ オードブルにメイン、そしてデザートと三回も未知との遭遇で大満足のランチでした!! 私も皆さんに美味しい音楽をお出しするようにがんばらなくっちゃ!! と元気を出して会社に戻りましょう!! ご馳走様でした~<m(__)m>

|

2007年5月13日 (日)

天ノ視点 其ノ拾参

天ノ視点 其ノ拾参

神田祭、最終日となりました。お店の中にいると祭囃子(まつりばやし)が聞こえてきます。

お祭り好きの僕としては、なんともむず痒い思いですが…。

世界各地にお祭りやフェスティバルはありますが、やはり、太鼓や笛に音を聞くと心踊るのは日本人だからでしょうか。

僕が住んでいる千葉の浦安には浦安三社祭という四年に一度の大きな祭りがあります。前回、僕は参加できなかったのですが、今回は是非とも担ぎたいです…。次回の開催は来年の夏ですが、すでに準備が始まっています。

足袋をはき、ねじり鉢巻を頭に巻き、半被にそでを通す。「まいだ、まいだ」の掛け声とともにゆれる神輿を今からとても楽しみに想像している天野です!ちなみに「まいだ」(もしくは「まえだ」)の掛け声は浦安三社祭の特有だそうです。地域によって変わるみたいですね。※なぜ「まいだ」なのかはわかりません…

祭囃子(まつりばやし)は祭りの際に演奏される音楽で、邦楽のジャンルのひとつ。単に「はやし」と呼ばれることも多いが、この場合歌舞伎神楽などの舞台芸術に付随する音楽的要素としての「囃子」は含まれず、祭りに付随した音楽をさす。  …Wikipedeより

古来より、音楽は神に僕らの声を届ける唯一の通信手段だったそうです。それが脈々と受け継がれ、新しい楽器や奏法が増えていき世界中の文化が(話が大ききなりすぎですが…)国境なく入り混じり、今の時代の「音楽」ができあがったのでしょう。

そして、その音楽をH.A.L.1にて聞く!…このすばらしい流れが出来上がるわけです!

今回はH.A.L.1についてではなく、お祭りを通して日本の音楽文化について少し勉強してみました。

|

Today's lunch!! Vol.37

20075131 祭りだ、祭りだー!! という今日のアキバはもう大変な人出。ご覧のように当店の前を本当に多数の神輿が練り歩く神田祭は今日が「神輿の宮入」ということで、朝から晩まで大変な賑わい。七階のここまで祭囃子の掛け声が響いてきて、毎年の事ながら落ち着かない^_^; 神田明神の境内に入る順番待ちで、多数の神輿が明神下の交差点に至る各道路で渋滞が続く。各町内から集まってきた神輿の担ぎ手は、そんな時には粋な褌姿で酒やビールを飲みながらの休憩を繰り返し、周辺の店はどこも一杯。当店にはトイレを借りに来る男たちが後を絶たないというのが恒例。こんな日にはどこも混んでいるので、やはりUDX・クロスフィールドにと足が向いてしまう。

20075132 今日はお客様が待っているので、早く戻らなければと行き先を考えるのももどかしく、Vol.5で紹介している“上海バール”に飛び込んだ。それにしても駅の周辺も凄い人出で、この店の前には屋外にテーブルを出していますが、祭り装束の人々がたくさん。で、もう今日は美味くなかったらやめようと思いつつ、頼んだのが「タコイカにんにく唐辛子炒飯」という初物。出てきたのがこれ!! 唐辛子色がほんのり赤くご飯を染めた炒飯で食欲をそそる。で、一口ほおばると、これがまた美味かった!! イカの食感とタコの食感がこんなに違うものかと改めて感じ、唐辛子の辛さとニンニクの風味が食が進み、あっという間に完食!!今日のランチは三時過ぎで空腹の絶頂ということもあったし時間もなかったが、これはレポートせずにはいられない美味さでした!!

|

2007年5月12日 (土)

NO TITLE

休み明け、お店に来たらRight side Hallに
DIGIWAVEが居ました。

3froom3_1

販売員がこんな事言うのもなんですが、本当に音が変わるのか・・・??
というのが心の内にあったのでとりあえず聴いてみる事に。。。
結果は、DIGIWAVEがあったほうが当たりが柔らかくなり
聴きやすい音になるといった感じでしょうか。

広がりが出る分、ガンガン来る感じではなくなりますし
ピアノの余韻も広がってはいるけれど、もたつくわけではありません。
とても聴き心地の良い空間が出来上がります。

コレだけのことで音が変わるということは、もっと詰めていくとどうなるのか・・・
今更ながらオーディオにハマってしまう方の気持ちが少し分かったような気がしました。

3階 末廣

|

天ノ視点 其ノ拾弐

天ノ視点 其ノ拾弐

最近の僕のお気に入りCDをご紹介!

Sotte Bosse / innocent view

I-depのメンバー+Vo,canaを迎えたユニットholidayテイストの強いアルバム。誰でも知っているような有名J-POPをカバー。良い意味で原曲のイメージを裏切ってます。あまり邦楽を聞かない僕ですが、店頭でかかっていて即買いしてしまいました。お休みの日に、ゆったりくつろぎたい時に、誰かに癒されたいときに…はたまた、デートやドライブのBGMに…などなど、使い方はたくさん!とにかくα波出まくりの一枚です。実はこのアルバムはSotte Bosseとしては二枚目らしく、これは一枚目を早く買わねば!と心に誓った土曜の昼下がりでした。ちなみにタイトルは…

Essence of life

是非、興味ある方はご視聴をしてみてください。

そして、もちろん僕は7階H.A.L.1のシステムでも視聴しました。一音一音輪郭がくっきりしているのに全体のゆったりとした空気は濃厚。まるでリゾートにいるかのよう!機械的なサンプリング音と楽器の音が違和感なく混ざり合い、ヴォーカルの優しい歌声が一本、芯を通しています。このアルバム自体に好印象をもっていたからかもしれませんが、H.A.L.1のシステムと組み合わせるとみごとに休日の昼下がりでした…。

本日は神田祭がとり行われています。すっかり忘れて、普通にお昼を頂いてしまいました…泣。食事を終えた後に。露店の事を思い出しましたが、すでにお腹は満腹…浪速のたこ焼きは?広島風お好み焼きは?…目先の食事に気をとられ、いつもと変わらないお昼をとってしまったことをとても後悔しました。しかし、あまりに悔しかったのでデザートのあんず飴を食べました。水飴の濃厚な甘みとあんずの酸味がなんとも言えないハーモニーをかもしだしていておいしかったですよ!お祭りの時ぐらいしか食べないですからね。

食べすぎ、飲みすぎ、使いすぎに注意ですね…。聞きすぎは大丈夫っすけど…。

では、また次回の「天ノ視点」にて、…いや、もとい店頭にてお会いしましょう。

|

Today's lunch!! Vol.36

今日は五月晴れの気持ちいい天気です。朝、JR秋葉原駅を出るとこんな風景が…!?20075121 そうです、今日明日は神田祭のフィナーレとも言える二日間。さすがのアキバも今日の街中は平均年齢がぐっと上昇する数日間となります。当店の目の前でも車道を半分ふさいで堂々と大きな神輿を組み立て中で、明日にかけて粋な下帯、つまり褌姿の男たちが闊歩して近年のオタクの街というイメージはがらっと変わるものです。私はもう何年間も仕事中に祭りを眺めていますが、神輿を担いで大声で叫び、そしてお神酒をぐぐっとやればストレス発散には最高だと思いますね~!! 一度やってみたいものですが、ちょっとこの年ではそろそろまずいかも(笑)ということでしょう。

さて、今日は天気もいいことだし土曜日で人出も多いので穴場のUDX・クロスフィールドに向かってみました。大体のお店は試してみるか、あるいは店頭で好みではないところな20075122どおおよそ見当は付くようになりましたが、余計にそうなると迷ってしまうもの。ええいっとばかり今日は初めての店に飛び込みました。 「新宿立吉」という串揚げのお店。以前から何度も通り過ぎてばかりで入ったことがなかったものですが、ランチは8串で1000円というもので、ランチタイムはメニューは一つだけ。店内に入ってみると「アキバスクエア」の広場を見下ろ20075123 す形で大きな窓があり、私が入ったときには空いていたのに急に客が入り始めてきました。すると、私の右側45度の席に女性の二人連れが…。これがまた妙齢の美女で、ちらちらと視線が行ってしまうのを止めようがない(^^ゞお食事が美味しいのと目の保養の両方が出来ればと期待しつつ、初めての串揚げランチの登場を待っていました。20075124 「お~、これは中々のものかな!!」とずらっと並んだ皿と器に期待が高まった。板さんが串揚げの説明をしてくれる。右から海老のしそ巻き、シメジのベーコン巻き、などなど、つらつらと八種類をいっぺんに言われて覚えきれませんでした。(^^ゞで、最初に味噌汁を。うん、まあまあかな~。で右から順に私の好きな塩をつけて食べ始めました。すると、これが中々美味い!!ふた串でご飯一杯20075125を食べてしまうとお代わりです!! 1本1本が丁寧な作りで変化があり、また新鮮な食感でよろしい。生野菜スティックのサラダも結構食べ応えがあり、生の人参やキャベツが甘く感じられてしゃきしゃきと食べてしまった。 品数の割りに腹八分目という感じで、やっぱり串揚げだったら一杯やりたいな~(^^ゞと思っていると、なんとデザートまで付いてきました。枇杷のシャーベットでした。ご覧のように上品な量だが、こんな一口サイズでもさっぱりして後味がいい。この辺は揚げ物のあとにというこだわりなのでしょう。ということで、ここはリピートしてもいいかも~、という新規開拓でした(^^)v

|

レコードについて昔調べたことが

田中です。 昨日部屋の本を整理していたら専門学校のときの卒論が出てきました。 レコードとレコードプレーヤーと題しているのですが、レコードの歴史と当時の録音の方法など書いてありました。改めて読んでみると忘れていたことや良く調べたと思うほど専門用語が、、、当時80年代、ハウリング対策や針圧調整に神経を注いだりと真剣に取り組んでいたように思います。お金が無かったというのもありましたけど、カートリッジ1つ買うのもやっとでしたし、レコードは何回も再生すると音が悪くなるなんて思ってました。今考えると安いプレーヤーに一番安い針を使って聞いていたと思います。 相談するにも秋葉原は遠いし?地元にはオーディオショップなんてのは無かったのですが、代わりに某有名デパートの中にあったオーディオコーナーに毎日通ってましたしが、定員と話をするのでなくただ機械を眺めて音を聞いただけでした。Ph10 帰りにはレコード売り場と当時有ったレンタルレコード屋に寄って何枚かいつも借りて帰ってました。学生だった当時借りていたレコードを見つけると衝動買いしてしまいます。当時のレコードはいろいろな形でCDとなって再発されていますしリマスターやSACDが出るとつい買ってしまう。音質の追求の次は最近TVで取り上げられていたデカジャケや紙ジャケ仕様なんてのも出てます。同じソフトが家に何枚もあるという不思議なことが起こってます。そういったCDやレコードをたまに再生してます。好みはJポーカロのサウンドが多いかもしれませんが。H_emm どんな形であれ音楽を楽しめる空間を2階で提供出来るようこれからも努力したいと思います。

tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

プラズマor液晶どちらがお好み

田中です。2階では、プラズマTVと液晶TVの展示を展開しておりますが、商品入れ替えの為今現在、展示処分を行ってます。 Pdp78 シャープアクオスの46インチ液晶とパイオニアのフルスペックモニター、パナソニックの42インチPDPなどを特別価格にて提供しております。 HPよりリストも出ておりますが、それぞれ商品については個別にお問い合わせ願います。去年の暮れよりプラズマと液晶TVのフルスペック同士を並べて比較をしておりますが、同条件での視聴環境は他店ででも少ないと思います。同じフルスペックとはいえ次世代メディアが表現豊かに再生するディスプレイを選ぶか今までのTV感覚で見る画質を求めるのか差がはっきり出るとお思います。プラズマTVと液晶TVどちらが良いのという問い合わせの答えはこちらのお店にあるかもしれません。 この機会に検討してみてはいかがですか?

tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

2007年5月11日 (金)

H.A.L.3試聴室これで良いのか・・・~ルームチューニング編~

こんばんは。
2連休を頂いて、やや休みボケの・・・、宮川です。

さて、連休明けで出勤致しました所、開店するや否や、特注サイズのディフラクタルが届きました。奥の試聴室展示用です。
そこで早速、試聴室と外の比較試聴エリアとのQRDの入替を行いました。

Qrd_3←入替後の試聴室。
以前とどこを変えたか、お分かりになりますでしょうか?
まず、センターに特注ディフラクタルが入りました。これで正面は3枚のディフラクタルです。両端はASC「タワースリム」だったのですが、これがQRD「アブフューザー」に変わっております。当フロアでお勧めさせて頂いている基本形の設置です。これで、正面の壁ほぼ一面を、QRDが覆っている状態となりました。「これぞ試聴室」という感じの、壮観!の光景です。

Photo_534←スカイラインの位置も変えました。
比較的広いリスニングポイントを取れる様に、一次反射点を大きめにカバー出来る場所に取り付けてみました。一番奥にあったものを手前に持って来て、一番オイシイ箇所に2枚並列しております。

そして試聴。
相変わらず一聴して分かる、素晴らしい変化ですが、今回は圧巻です!
まず、ステージの圧倒的な広がりを感じました。更に定位が明確になり、奥行が出ます。一音一音が滲まず、ハッキリして来ます。オペラやライブ盤を聴いておりますと、本当に目の前がステージの様で、ゾクッとする程です。中央から外れて聴いても、スピーカーの存在が消えます。
しかしながら、これでよりシビアになった訳で、次の課題も出て参りました。道程は長そうです・・・

Comp_qrd←試聴室外の比較試聴エリアも、改良されております。基本は奥と同じ。中央に3枚のディフラクタルを入れて、サイドがタワースリムに入替です。

「中央に3枚」というのが、キーワードでしょうか。どういう事かと言うと・・・?

これからも進化を続けて行くH.A.L.3に、乞うご期待!です。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 其ノ拾壱

天ノ視点 其ノ拾壱

昨日、自宅(アパート)の鍵を会社に忘れた天野です。知人に預けていた合鍵があってよかったです。焦りました…汗。

アナログは皆さんお好きですか?僕は、勉強不足なところもあり、あまり詳しくないんです…。しかし、まだまだ商品は出続けていて、専門雑誌も出ているところを見ると、これは勉強せねば!。個人的にはDJがスクラッチするときにレコードを使用しているのが印象的なんですが…。

正直なところ、プレーヤーが買えるほど金銭的に余裕はないので、近々、実家に帰った際に父のプレーヤーをいじってみようかと…あわよくば貰って帰ろうかと密かに企んでいる天野です。

そして重複しますが、アナログ専門誌「analog」等も読み、知識を深めようと最近考えています。ご愛読している方はご存知だと思いますが、オーディオのことだけではなく時計やお酒のことまで載っていて、大人の階段を登り始めている()僕にとってはとてもありがたい雑誌です。以前の「天ノ視点」でも少し触れましたが、たまに仕事終わりに雰囲気の良い大人びたお店(BAR)に少しだけ寄ってみたりします。そこで良い音楽とマスターの話を肴に過ごす時間が大好きです。今度、川又店長のToday's lunch!!に対抗して「Last night drinks!!」のようなものを書いてみようかと、これも密かに…あくまで密かに企んでいる天野でした。

今日は風が強かったですね。朝、昨日の反省をして早めに目覚ましをかけ、かなり余裕をもって家を出たのにもかかわらず強風の影響で電車が遅れていたため、いつも通りの時間に着きました…。

では、また次回の「天ノ視点」で。

|

Today's lunch!! Vol.35

昨日は夕方から深夜にかけて大荒れの天気でした。おかげで今朝の通勤電車は遅れてぎりぎりに間に合いましたが、強風に飛ばされてすっきり青空の東京です、いい天気ですね~(^^ゞ で、今日はどこに行こうかというと、午後から新製品が搬入さるというので近場で済まそうということ。でも、私はどちらかと言うと保守的なのか、新規開拓で失敗したくないので、ついつい馴染みの店に…(^^)vということで、マドンナがいる“DELI  BROWNIE”に直行しました。ここはすでにVol.4とVol.24で二回紹介しているのですが、味がいいのと熱心なマスターが新メニューを考案してくれるので飽きることのない定番の店。

2007511 一昨日はお魚のピカタを食べたので、今日はロース豚肉のピカタを食べようと思っていったのですが、残念ながらメニュー刷新で終わってしまったとか。では、と私の定番の「バター焼きビーフ」とミネストローネのSサイズを注文することに。ちょうど行ったときは空席が一つしかなく、危ないところでした。何せ8人しか座れないという小さな店なので、ランチタイムのピークでは行列もしばしばあります。ミネストローネは少し冷まさないと食べられないくらい熱いので要注意。頼んだメインが出てきてから並べて撮影して、ちょうど良い感じ。バター焼きの国産牛肉は質がよくて臭みもなく、これをわさび醤油で頂くシンプルなもの。いつも大盛りで頼んでも+50円なので良心的。知り尽くした味なので感動…というよりは安心して満腹ー!!(^^ゞというランチでした。でも、今日行ってみたら新メニューがいくつも出来ていたので、また行かなくっちゃ~。特に「カレー焼きごはん」なんていうタイトルのメニューは興味津々です。さて、新製品のセッティングが待っているので、今日は試聴室に戻らなくては!!この新製品も展示するのは私のところだけという注目のあれです!! ご期待あれ!!

|

2007年5月10日 (木)

天ノ視点 其ノ拾

天ノ視点 其ノ拾

この「天ノ視点」を書き始めて早いもので10回目を迎えました。

この7階H.A.L.1の雰囲気や私が感じた事、思ったことを拙い文章ですがお届けしています。

本日は、H.A.L.1ではあまりかけないような音楽を個人的に視聴してみました。

Fire Ball / 999 Musical Express : 999rulaz

                            : Incredible7+1

LOVE PSYCHEDELICO / Early Time: “0”

                                   : life goes on

※視聴に使用した機材は「サウンド・ヒヤリング・ウォーク」で使っている機材と同じシステムです。

まず、「Fire Ball」ご存知の方がいらっしゃるか不安ですが、HIPHOPグループです。しかし、個々の歌唱力はなかなか高く、どちらかというとポップスに近い印象です。

999rulaz」低音が強調されていて機械的なサンプリングをしている曲です。普段、この視聴室でならない音楽なだけにすこし不安でしたが、HIPHOP特有の低音を崩すことなく、全体的にすっきりとしまりました。

聴き心地良しでした。

Incredible7+1」ボイスパーカス、アフラック、ボイスベースとアカペラによる演奏にHIPHOPの要素を含んだ、とても楽しい曲です。まるで歌い手4人の表情が伝わってくるようで…お恥ずかしながらこの4人の本当の歌い方を本日、知った気がします。

次は「LOVE PSYCHEDELICO」ご存知の方も多いと思います。アコースティックな男女二人組みのユニット。

”0”」二人には珍しいとてもロックテイストの強い曲です。全体的にディストーションが効いており、特にベースが前面に出ています。全体的にまとまりが出て、聴き心地は最高でしたが。この曲の持ち味であるディストーションが綺麗にまとまりすぎて、聞き手によっては物足りなさを感じるかもしれません。

life goes on」は「”0”」とは対照的にアコースティック感の強い曲です。アコースティックギターの切れの良さ、ヴォーカルの厚み、全体のまとまり。どれをとっても文句のつけようがなく一人で視聴室にてまた仕事を忘れて聞き入っていた新人天野でした。

やはり、普段、自分が聞きなれている音楽で聞くと新たな発見があり楽しかったですね。是非皆さんも、ご視聴下さる時はCDをご持参なさるとより楽しんで頂けると思います。

今日は、朝、急いでいた為、半袖で出てきてしまいました…汗。夕方から冷えてきましたね。雨もぱらぱらと…涙。

朝はもっとゆとりがないと駄目だと痛感しました。

|

2007年5月 9日 (水)

天ノ視点 其ノ九

天ノ視点 其九

もうこのまま夏まで暑くなっていくのでしょうか。昨日、お休みを頂いた際に自宅付近を散歩しました。江戸川付近を歩いたり、公園のベンチに座ってアイスを食べたり、ご老人達と雑談したり、印象的だったのが夕暮れ時に川辺でサックスの練習をしている50~60代の男性の演奏に聞き入ってしまったことでしょうか。かっこよかったです…悦。

The [H.A.L.1] Amano impression

と仰々しく銘を打ちましたが、何のことはなく単純に私がH.A.L.1に感じたことを文章にしようかと思いまして…。あくまで新人天野が聞いた感想ですから、予めご了承下さい。また、この文章をみてH.A.L.1に対する皆様のご理解が深まれば幸いです。と言いますのも、知人に7階でお世話になっていることを伝えると、悲しいことに、倦厭なさる方がいらっしゃいます。

「本屋では、立ち読みを煙たがるが、我々は立ち読み大歓迎」 川又店長談

もっともなことです。ですから、私のこのブログを読んでH.A.L.1に対する興味をより深めていただきH.A.L.1は確かに価格こそ超一流ですが、本質はオーディオの一部だと思います。すべては良い音を追求するが故に…。

「初H.A.L.1

H.A.L.1に入ってまず目に付くのはそうそうたるスピーカーの面々。形がバラバラでまず見た目で楽しめます。

「こんな形をしたスピーカーはどんな音がするんだ」

恥ずかしながらスピーカーといえば四角い箱にユニットがついているイメージをもっていた私は、この奇抜とも言える形に圧倒されて、ちゃんと音が理解できるのか不安になりながらも音楽を聴き始めました。トランスポートにCDが吸い込まれ音楽が流れ始めると不安は瞬く間に消え去り「こういうことか…」と思ってしまいました。もっとも機材に関しては勉強中ですが、この奇抜ともいえる形は無意味に作っているわけではなくすべて計算されてなるべくしてなった形なんですね。芸術家には学者が多いことは皆さんご存知でしょうか?計算され尽くした美しさ。そして、そこから流れる音楽というものは、まるでコンサートホールもしくはライブハウス。歌い手、演奏家の表情まで伝わってくるかのようです。この感動を皆さんにも…特にこれからオーディオを始めようとなさっている方に私は是非ご視聴して頂きたいと思います。

これまでの「天ノ視点」よりH.A.L.1の音や雰囲気など深く追求していこうと思ったんですが…いつもと差ほど変わりがなくなってしまいました…汗。あくまで、客観的にH.A.L.1を観て皆様にお伝えしたいのです…。

ではまた、次回の天ノ視点にて…。

|

"オメガ来る"

月火、二日お休みでした。二日とも晴れなんてのは
贅沢な話だなと思いつつ、晴れは一日だけ、
でも二日もあると、色々と出来るものです。
やりたい事に追われて忙しかった気もしますが。

朝店に来ましたら、見慣れないものが入っておりました。

P1000556P1000550_1





Helius "Omega mkII"/LongType
Cartridge VanDenHult "Frog"

GWの目玉になればと期待しておりましたアームです
少し遅刻しての来店になりましたがそれもご愛嬌で、

こういう物は、聴いた瞬間に欲しい、欲しくない
の2択だと思います。一度お試しあれ。

STELLAVOX:Helius

TEAC:VanDenHult Frog

東郷

|

Today's lunch!! Vol.34

今日の東京は予報では最高気温28℃とか…。寒暖差が激しかった先月から較べれば東京も夏に向けて助走を始めたというところでしょうか。で、今日は予告通り性懲りもなく、またもやosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」に足を運んだのでした。玄関まで行くとなんだか今までと違う光景が!?

2007591 このように御茶ノ水と万世橋を結ぶ通りから入ってくる小道から玄関の右側に位置する窓が引き開けられていました。ちょうど私がうかがったときには二人の若い女性が窓際のテーブルで向き合っていたもので、お客様も店の風景の一部に、そして店内からは外の景色の一部に、ということで狭い空間も草花が活けられたパティオとして活用するアイデアは中々のもの。玄関に入ると、何と顔なじみの取引先の方がお二人。どうも~、と声を掛け合っていると店内にはもう一人おなじみの顔が…。あら~

2007592 この方は埼玉県幸手市 T M 様でハルズサークル会員であり、熱心な投稿も頂いたお得意様のお一人。で、これは心霊写真ではありません(笑)お連れの女性がお茶目な方で幼馴染とか。T M 様の後ろ姿を撮らせてくれますか~、とお願いしたら対面からポーズをとってくださいました(^^ゞご協力に感謝致します~。で、ご注文の大盛りパスタが来ると「すごいね~」と、やっぱり私でなくとも歓声があがっていました。楽しそうでいいですね~。TM様曰く「もしかすると、川又さんがいるかと思ってブログを見て来ちゃいました」とのお言葉。ありがたいものです。これからは行く度に顔見知りがいないかどうかチェックしなければ(^^ゞ

2007593 さて、今日こそは魚料理というお目当てできましたが、メニューを見ると何と昨日と変わっているではないですか。まあ、それだけ日々新鮮な食材にこだわりメニューも変わるのでしょう、と納得して「舌平目のピカタ」を今日は奮発してCセットで注文しました。すると、ナイフとフォークが二組セットされました!? あれ、確かデザート付きがCセットだったような気がするけど、これってデザートスプーンじゃないしな~^_^;と、考えていると…

2007594 おー!! そうですか、前菜も付いているんですね~。オードブルとデザートが加わっても1,200円なのだから、これは料理の質を考えれば安い!! で、今日のオードブルは「小エビと野菜のマリネ」ということで、まずは小エビを口に入れるとマリネの甘さと小エビの下味の塩加減の両方が溶け合っていける!! これはいい。そして、野菜は何かな~、と食感で考えるとカブと人参と小さい玉ねぎと、私が知らない西洋野菜も入っているようで、しゃきしゃきっとした食感と甘みが程よくて食欲をそそる。これからの料理にきっちりバトンタッチしてくれる美味しさでした。

2007595 さあ、アキバでは肉系の定食や料理を出す店は一杯あるが、お魚料理というと和食屋さんくらいでしかない。そうすると焼き魚定食か刺身定食ということになるので、味が見え透いていて中々注文しようという気にはなれないものでした。だから、「舌平目のピカタ」には期待しちゃうますよね~(^^ゞとうことで、出てきたのがこれ!! シェフの盛り付けを崩したくないので、そのまま撮影しましたが、舌平目はどこに? と思ってしまいますが、これが中々大きなもので、その端っこがピカタの焼き色として右側にのぞいています。卵の衣で包み焼きするピカタですが、衣の卵の内側にどのような下味をつけるかが店によってかなり違う。かかっているソースはサウザンアイランド風のケチャップとマヨネーズベースのものらしいのですが、私は最初にこのソースをまったくつけないで舌平目を頂く事にしました。「うん、これはいいね~」恐らく下味は岩塩を使っているのでしょうが、舌に刺激のないまろやかな塩加減とホワイトペッパーが適度な味付けとして私を唸らせました。それを卵の風味と一緒に頂くだけで、これはもう幸せ~(^^)という気分です!! この写真では見えない舌平目を今度はソースをつけて野菜と一緒に食べ始めると、また違う風味が美味しさを倍化させました。おー!! 野菜の葉っぱに隠れるようにして、つぶしていないブラックペッパーが噛んだ後にプチッとはぜるので益々食が進みます!! いつもパンをお代わりするので今日は最初からパンはふたつ出てきました。気を使って頂いてありがとうございます。(^^ゞ滅多に食べない舌平目が柔らかくて美味しくて、あっという間に食べ終わってしまいました。そして…

2007596

おー、デザートも手作り。当然か~(^^ゞ 美味しいのであっと言う間に食べてしまって、名前はなんというのだっけ!? あっ、そうそうパンナコッタというスィーツでした。マンゴーとゴールデンキウイが添えられていて、酸味のあるフロンボワーズソースが赤く色鮮やかです。これは甘くないのですが、きりっとした味が他の甘みを引き立てて美味しいです!!いいですね~パンナコッタ!!ランチでは滅多にデザートなど頼まない私ですが、大満足のランチでした!! で、明日は…!? そうだ、定休日でしたね~。三日連続の「オステリア・ラ・ピリカ」通いも一段落ということで、次回はどのような展開が!? でも、このお店で偶然お目にかかる確率の方が高いかも…ですね~(^^ゞということで、皆様もぜひご利用下さいませ!!

|

2007年5月 8日 (火)

H.A.L.3☆新着中古情報~KIMBER KABLE「KS9033」~

こんばんは。
明日、明後日と連休を頂き、遅れてきたゴールデンウィークを楽しもうと思っている、宮川です。

さて、昨日に引き続き、お得な中古アクセサリー情報です。

_1_4_2_8

←KIMBER KABLE「KS-9033
定価:\60,375(税込)⇒販売価格:ご成約

バイワイヤリング対応のスピーカーをシングルで使用する場合に、High・Lowの端子を接続する為に用いるのが、ジャンパーケーブルです。その様なスピーカーの場合、ジャンパーケーブルか金属製のショートバーがもとから付属している事が多いですが、この部分も手を加えてあげる事で、やはり、音は大きく変化します。

802d_2←当フロアでも、一番人気のスピーカー、 B&W「802D」に使用しております。こちらは、同じく KIMBER KABLEの「KS-9035」(定価:\115,500 / 税込)。
付属のものより、情報量は格段に上がります。音離れも良くなり、スッキリと聴きやすくなった感じです。

B&Wユーザーには、特にお勧めしたい商品です。手軽にグレード・アップが可能になります。なかなか出て来ない商品ですので、こちらも、早い者勝ちですよ!

お問合わせはお電話・またはメールにてお願い致します。
ダイナミックオーディオ5555:03-3253-5555(4F 島宛て)
メールアドレス:shima@dynamicaudio.co.jp

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

Today's lunch!! Vol.33

いや~、今日の東京はいい天気ですね~(^。^)早くも初夏を思わせる陽気でランチに出かけるのも気分がいいです。そして、今日も迷うことなくosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」に直行です。ちなみに オステリア・ラ・ピリカ というキーワードでgoogleで検索したら、このブログが14番目でヒットしました。yahoo!!では24番目、gooだと10番目でこのブログが出てきましたね~(^^ゞそれから最近カテゴリーを独立させてからのToday's lunch!!へのアクセス数では当店の各々のカテゴリーの中で一番多くなってきました。まだ独立して間もないので長期の集計はありませんが、皆様から関心を寄せて頂きうれしく思います。

2007581_2

2007582

で、ランチメニューを見ると昨日迷ったお肉料理が続いていたので、今日こそはということで早速注文。この「コートレッタ」という料理は、なんでもカツレツのような調理法だという。うん、期待して待つことにしましょう。今日は私がうかがった時には道路から入った小道でOL風の女性たちの一団とすれ違いました。今日は混んでいそうかな~、と思っていたのですが、ランチタイムのピークが過ぎた時間帯で昨日と同じテーブルに案内されたもの。で、またまたサラダがおいしそうなので、ひれも写真におさめてきました。さらっとかけられたドレッシングが輝いているのがいいですね~(^^ゞ

2007583 そして、ちょっと待ったされましたが、いよいよ登場しました!! いや~、見た目も鮮やかな盛り付けで食欲をそそりますね~。まず、うれしいのがボリューム感たっぷりなこと。鳥の胸肉ですが、叩いて伸ばされていて端から端まで20センチはありそうです。いいですね~(^^)vで、最初に口に運んだのが手前の赤いトマト。これは私が子供の頃にはなかった食材で我が家では「チビトマト」と呼んでいますが(笑)「プチトマト」とか「フルーツトマト」「ミニトマト」などとスーパーでは表示されているものです。そして、最初の驚き!! この小さなトマトはよく付け合わせに付いてきますが、大体は生のままです。しかし、これはビネガーで煮込んであり、それを冷やして付け合せにしているようです。酸味と甘さが口の中にぱっと広がり、こんな食べ方は初めてとのっけから感動してしまいました。これこそ、こだわりというものですね~(^^)

そして、いよいよチーズの溶けた鶏肉にナイフを入れると、薄い衣がほどよい食感で噛みしめると微妙な風味と塩加減がシェフの自信を表すように私を唸らせました。これはいい!! 前回のお肉料理と同じく、盛り付けされた野菜と一緒に頂くことで口の中で何通りもの味が次々に現れるので楽しさ倍増!! 鶏肉一切れをあっという間に食べてしまい、パンもお代わりをお願いした。この写真でお皿の周辺部に黒い粒々が見えますが、これは黒胡椒と岩塩が仕上げにふりかけられたもの。それをパンにつけて食べると、あっさりしてこれまた美味しい。塩コショウでパンを食べることなどありませんでしたが、前述のフルーツトマトが結構たくさん盛り付けられているので、この甘さと交互に食べると二倍楽しめました。

ふた切れめを食べ終わってから、ふと気がついて溶けたチーズをはがしてみると「おー!!なんとそういうことかー!!」そうです、チーズと衣の間にはなんと生ハムがはさんであったのです!!これが、さっきから気になっていた微妙な風味と塩加減のもとかー!! と感心してしまいました。これだけでも850円で食べられて、セットにしても980円です(^^ゞCセットにすると更にデザートが付くのですが、次回はデザートも試してみたくなりました。そうそう、早くも明日のランチを考えてしまう食いしん坊ですが、お魚料理は北海道から仕入れるという食材で「ベニエ」という調理法らしい。どんな料理かと尋ねてみると、包み揚げのようなものだとか。う~ん、それは興味津々(^^ゞ昨日のcameriera 大枝さんもにこやかに迎えてくれて大満足のランチでした。

最後に、ここを訪れたら「川又さんのブログを見てきました」と大枝さんに言ってください。そうすると…、彼女の素敵な笑顔をサービスしてくれます(^^ゞ お後がよろしいようで<m(__)m>

|

2007年5月 7日 (月)

天ノ視点 其ノ八

天ノ視点 其ノ八

今日は、皆さん仕事を再開されてか、世の中が少し慌しく動いているような気がします。

先日、いつも通っている飲み屋にいき、マスターと話をしていると、同じカウンターに座っていた40~50代の紳士と知り合いました。話が弾むうちに「実はオーディオが好きだ」というではありませんか。

私の父親の世代の方々は当時のオーディオブーム全盛期の方が多いとききます(実際に私の父もそのうちの一人です)そして、父の背を見て…というわけではありませんが、私たち若年層の人たちの中では密かにオーディオブームが再び湧き上がっているそうです。

その背景にはMP3プレーヤーの浸透や皆様の高級志向、はたまた、時計や車と同じように一つのステータスとしてオーディオと接しているようです。

形はどうであれ人と人とのコミュニケーションがとりづらい昨今において年齢層の違う方たちと共通の話題があるということはとても良い事だと思います。

若年層の方々のオーディオにおける姿勢というものは、ヒヤリングルームを作り一部屋そのものを音楽のために作るのではなく、生活空間の一部として、それこそ家具に近い感覚でオーディオを始める方が多いようです。

やはり音質だけではなくその空間、もしくは、個人の感性に適したデザインやシステムが求められているようです。

オーディオの名紙「Stereo sound」も別冊ステレオサウンドとして「SoundLife」という雑誌を出しています。是非、ご参考になさってください。

私も今は、ワンルームのアパートに住んでおりますが、ゆくゆくはマンションなり一戸建てに夢を抱いています。そのときはリビングや寝室に少し気取ったオーディオがほしいと思っております…。

余談ですが、オーディオに興味を持つ若い方々が増している事と比例してか、テレビを部屋に置かない人が増えているそうです。PCにて世の中の情報は得られるからでしょうか…。

これも、余談ですが…神田祭が来週に控えています。実は神田祭を生で見るのはこれが初めてです。今から楽しみで…!

これからの時期は各地でお祭りが多くなってきますね。あまり無駄遣いしないよう頑張ります…。

http://www.stereosound.co.jp/slweb/

|

Today's lunch!! Vol.32

ゴールデンウィークも終わって今日から仕事再開という皆様も多いことでしょう。そして、私は今日という日を待ちわびていました。そうです、今日のランチはどこに行こうか~と考えずに済みました(^^ゞ だって、昨日までお休みだった“あの店”が今日から開店しているということで心待ちにしていたのですから。交代で食事に出るので、2時まであと5分しかない…、あ~、ランチタイムが終わってしまうではないか!! と焦って(笑)わざわざ電話しちゃいました^_^; 「ランチは2時半までやってますので大丈夫ですよ」ということで、何とか間に合いました。そんなに私が行きたい店ってどこ!?

2007571 はい、そのお店の入り口がここです!! えっ!! 見たことあるって~(^^ゞはい、リピーターになります宣言をしたosteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」でした。私がカメラを向けていたらなんと・・・「ホームページには載せてくれたんですか~」と明るくお声をかけて下さったのがこの方。

20075722007573頂いた名刺にはcamerieraとありました。  イタリア語を英語に翻訳するとmaidということになりますが、ここアキバではイタリア語そのままの方がよろしいようで(^^ゞ 

はい、でこちらのチャーミングな女性が大枝愛美さんです。表情が生き生きしているので写真を二枚ご紹介させて頂きました。お料理の写真よりも多いというのは、それだけお店の人材もテイストの一部ということでご理解下さいませ(^^)v このようなお出迎えは通常はありませんので、どうぞ誤解なきようよろしくお願い致します。(^^ゞ実は、これは帰り際の写真でした(笑)

で、今日は一階のテーブルに案内されましたが、八人がけの大きなテーブルに私一人。あ~、もったいないですよ~、と言いつつちゃっかり席に付いてました。過去二回はパスタと肉料理を頂いたので今回は魚料理を、と思ってうかがったらばメニューが変わっていました。それと今日のお腹のすき加減が無言のうちに大盛り無料というフレーズに誘われてしまって2007574新メニューの「あさりと長ネギのペペロンチーノ」を注文することに。もちろん大盛りで。前回もご紹介したように、キッチンに入れるオーダーはイタリア語で大枝さんが「~チーノ」という所だけはわかりました(笑)最初はサラダですが、これがまた美味しい。 このお店のこだわりに敬意を表してサラダの写真もしっかり撮らせてもらいました。このドレッシングとても美味しいのですが、単品のボトルで売ってないのかな~? 今度聞いてみようっと!!

2007575 さあ、来ました!! 写真ではこの大皿のサイズがピンと来ないでしょうが直径30センチくらいはあります。さて、私の好きな食材のペペロンチーノで待ちかねたとばかりに一口食してみると…。おや~? ペペロンチーノのくせにニンニクの香りがほとんどしない。というよりも逆にフルーティーな香りがするのはなぜ!? おう、そうか~ネギの風味だ!! これが良い香りで口の中に甘さを広げ、これはいける!! あさりの粒も結構な数があるのでパスタをフォークに巻いてから、毎回のように一緒に食べることが出来ました。ペペロンチーノはお店の個性が出やすい料理ですが、これはまたまた気に入ってしまいました。で、最後にパンを残ったオイルを付けて完食です!! うーん、お腹一杯で幸せ~(^。^) で、今日はアフタードリンクはホットコーヒーにしました。以前はアイスコーヒーをお願いしていましたが、どうも薄くなってしまってコーヒーの香りが長持ちしない…まあ、当たり前ですが。で、今日はホットということでお願いしました。すると「ジュー、シュルシュル」という音がして、一杯ごとにスチームを使ったマシンで淹れているようです。エスプレッソではないのですが、フィルターを通過した若干のコーヒー豆がカップの底に残っている本物!!という感じの香り高いコーヒーでした。さて、実は今日はお肉料理が私の好きなチキンを使ったものだったので、それが食べられるうちに明日も行かなければと思っているところです。続報にご期待ください。(^^)v

|

H.A.L.3☆新着中古情報~B&W「Nautilus 803」~ 

こんにちは。
昨日は仕事帰りに、立飲み屋でホッピーを飲んだ、宮川です。

さて、早速ですが、お得な中古情報から。

N803●B&W 「Nautilus 803」/チェリー
定価:\840,000 (税込)⇒ 売約済み
※元箱・取扱説明書はございません
※送料は別途頂戴致します。
(都内近郊: \10,000 ・ その他地域: \30,000)
ご不明な点はお問合わせ下さい。

当フロアでも人気の高いブランド、B&Wより「Nautilus 803」の登場です。
システムや音楽を選ばない、オールマイティーなスピーカーです。自分の好みにどんどん染め上げて行く面白さを感じて頂けるのではないでしょうか?高さ約110センチ・奥行き約44センチと、サイズ的もそれ程大きくは無く、美しい木目のチェリーも、リビングに丁度良い感じです。

N803l_1N803r_1N803_3N803_4←目立ったキズ等も殆ど無く、状態は非常に良好です。

・・・・・・・・・・・・・

Photo_533 今回は、カルダスのジャンパーケーブル「JC GRS」をお付け致します。

新しくなりました「800シリーズ」とは、また少し違った味を持っております「Nautilusシリーズ」。人気商品に付き、早い者勝ちです!

お問合わせはお気軽に、お電話、またはメールにて、お願い致します。

ダイナミックオーディオ5555:03-3253-5555(4F 島宛て)
メールアドレス:shima@dynamicaudio.co.jp

また、残念なお知らせでございますが、ゴールデンウィーク明けの今朝早々に、PAWEL ACOUSTICS「ELEKTRA」が引き上げとなってしまいました・・・新品の展示が待ち遠しい所です。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2007年5月 6日 (日)

天ノ視点 其ノ七

天ノ視点 其ノ七(テンノシテン ソノナナ)

G.W.も本日が最終日となってしまいました。(この文章を読み、気を悪くされた方がいらっしゃいましたら深くお詫びを申し上げます…汗)あいにくの空模様で外に出たくない方も、おいしいコーヒー、もしくは紅茶など啜りながら。音楽、映画鑑賞などに更けているのでしょうか。

Chat Atkins & Les Paul / Over the Rainbow(適したサイトが見つかりませんでした…)

ちあきなおみ / 黄昏のビギン

Billy Taylor / I wish I knew How it would feel to be free

↑こんな日にいかがでしょうか?

私が一階Accessory Mall 5555と二階Casual Theaterにいた時よくお越し下さっていたお客様が本日、ご来店くださいました。年齢も近いこともあり、オーディオに関してお互いの意見や情報を交換しえるお客様です。再三のことで恐縮ですが、私はこの世界に身を投じて間もないく、お客様の意見や情報がとても大きな財産になります。加えて、このH.A.L.1に足をお運びいただけることを大変嬉しくおもいます。また、そういったお客様が一人でも多くご来店していただけるよう励む次第です。

H.A.L.1ではなく五階CS5555にて感じたことです。休憩を頂いた際にCS5555に少しお邪魔しました。ちょうど、五階佐藤がSPケーブルを変えていました。正直なところ、ケーブルによる音質の変化をはっきりと体験したことのなかった私は、度肝を抜かれました。雑誌を読んだり、上司の話を聞いたりしても(恥ずかしい話ですが…)今一つピンときませんでしたが、今日体験したことはオーディオに対する私の考えを改めさせてくれるものでした。

「面白い!……すごい!」

当たり前のことですが、再度、感じました。

明日の関東は晴天に恵まれるようです。暖かくなりそうですね。お仕事や学校が再開される方も多いと思いますが、帯を締め直しがんばりましょう。

|

Nothing Like The Sun

ゴールデンウィーク最終日は生憎のお天気。
Uターンラッシュにハマってしまった方も多いのでは…。

終日お店の中に居ると外の様子が分からないものですが
今日は朝から薄暗く、小雨が降っていて何となく気分も
暗くなりがち…。
こんな日は元気の出る曲を!と思う人と静かな曲を聴いていたい
という人とに分かれるようですが、みなさんはどちらでしょうか?

Sting

今日の気分は何となくSTINGのENGLISHMAN IN NEW YORK。
この人の声は雨が似合う気がすると思うのは私だけでしょうか…。

3階 末廣

|

たまには特価のご案内もいたします

楽しかった(しんどかった?)ゴールデンウィークも今日で…

というわけで、ここで特価品のご紹介。

5F展示品放出!

SONUS FABER

Grand Piano DomosBlack

名前の通りピアノの力強い表現が魅力です。

NAGRA

PSA 

ご存知「ナグラ」のステレオパワーアンプです。三角形です!

JEFF ROWLAND

Concert Int

シャキッとした歯切れの良いアンプです。

McIntosh

MA6900

プリメインだからこそマッキンの楽しさが詰まっております。

LUXMAN

L-550A

L-590A

ともに日本の老舗が誇るA級アンプ。生産完了品です。

どれも全て音楽再生準備完了です!

以上の商品を好きになってもらえたなら、価格は可能な限り協力いたします。

ご連絡下さい。

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

Today's lunch!! Vol.31

昨日の好天とは打って変わって朝から雨降りの東京です。ゴールデンウィーク最終日は明日に備えて自宅でのんびりしなさいということなのでしょうか? アキバも人出は少ない日曜日です。さて、雨降りなので遠出はしたくないし、どこへ行こうかと思いついたのは近場。Today's lunch!! Vol.19 でも紹介した“雁川” がんせんという店。

2007561 いつも日曜日は若い人たちで一杯の店も今日はこんな感じで閑散としています。やたらと声の大きなマスターとはきはきした活気あるママさんが切り盛りしているお店ですが、さぞ昨日は賑わっていたことでしょう。

2007562 いずれにしても商魂たくましいマスターのアイデアなのか、普段は週末向けのメニューがあり、ボリュームと安さで若者たちに人気があるが、何とこのようにゴールデンウィーク限定ランチセットがあった。「豚肉生姜焼きと麻婆豆腐定食というのを頼んでみた。

2007563 出てきたのがこれ。おー!! 確かにボリューム満点、しかもお代わり自由ということなので、腹ペコおじさんにはもってこいというものか(笑) で、最初にスープを飲んでみた。これがまた、いつものこの店の味と違ってあっさり穏やかな味でいける。先にスープを全部飲み干してしまいました。(^^ゞ さて、いよいよ生姜焼きということで一口、ふ~む^_^; で、麻婆豆腐も味見。ふ~む^_^; どうも両方共に甘みが気になるかな~。若い人、子連れ、ファミリー層向けに味付けを意識しているのだろうか、どうも何を食べても甘みが口に残ってさっぱりしない。贅沢言っちゃいけないが…、と思いつつもちゃっかりお代わりをもらってしまうのだから、味付けがどうこうよりも腹を満たす必要性を優先しているのだから仕方ないか(笑)でも、これで880円なのだから、とりあえず仕事のためにエネルギーは補給できたので良しとしよう(^^ゞ

|

2007年5月 5日 (土)

お待たせ致しました!PAWEL ACOUSTICS「ELEKTRA」展示再開

こんばんは。
昨晩、配達帰りに食べたピザが、思いの外大きくて驚いた、宮川です。

さて、お客様からの評価も大変高く、「入荷はまだですか?」とのお問合わせも多く頂戴しておりましたPAWEL ACOUSTICS「ELEKTRA」ですが、ゴールデンウィーク期間限定で、展示しております。

Photo_530←PAWEL ACOUSTICS「ELEKTRA
当初、新品の展示品を入荷する予定でしたが、予想外のアクシデントがいくつか重なり、短期期間展示となってしまいました・・・(新品がご用意出来ましたら、常時展示となる予定です)
しかしながら、この連休中の企画として計画しておりました、「ハイエンド・ブックシェルフスピーカー比較試聴」は、何とかギリギリ、実現です。
Photo_531←写真左より順に
・Sonus Faber「guarneri memento
・MAGICO「Mini
・PAWEL ACOUSTICS「ELEKTRA

いづれも、「ハイエンド・ブックシェルフ」の名に相応しいクオリティと、それぞれに異なる豊かな音楽性を持ち、デザインも三者三様で、面白い比較が出来ます。
このスピーカー達、「ブックシェルフ」という事で小型ではありますが、ややスペースを広めに取ってセッティングしてあげると、「小型」とは思えないスケール感で鳴ってくれます。そのスピーカーの性質に合ったセッティングのポイントや、それぞれ相性の良いアンプを上手く合わせてあげる事で、想定外のスケールで、活き活きと歌い出します。
小型ですので(MAGICOはやや大きめですが・・・)、リビングに置いてスッキリと楽しむ、というのもアリだと思いますし、追い込み甲斐も十分ありますので、拘った楽しみ方も出来ると思います。

この比較の場合は、同条件の厳密な比較、というよりは、それぞれの個性を味わう比較、という感じが楽しいなと、個人的には思います。

ゴールデンウィークも残す所あと一日、連休の締めは個性溢れる音楽を堪能し、翌日に備えて英気を養う・・・という過ごし方など、いかがでしょうか?

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 其ノ六

天ノ視点 其ノ六

暖かいですね。もうすぐ夏ですね…。皆様、夏はお好きですか?私は、冬のほうが好きです。が、夏も嫌いではありません。

夏の暑さの中にも楽しみを見つけていきたいと思います。海に行ったり、花火をしたり、仕事終わりのビール…etcと、夏の暑さを敬遠される方も楽しみを見つけて乗り切っていきましょう。(其ノ伍に続き、気が早いっすね…)

さて、G.W.も残すところ後、二日となりました。残念ながら天気予報では明日は雨の予報です。ということで、今日あたり、旅行、もしくは帰省より帰宅されて明日はご自宅でごゆっくり音楽鑑賞に浸るという方も多いのではないでしょうか?

昨日は店長・川又プレゼンツ「Friday Concert Vol,24」通称「エフコン」が開催されました。前回同様、私もアシスタントという形で参加さしていただきました。日常の話から、音楽、機器の説明にいたるまで店長のお話し、プレゼンは止まることはなく、アシスタントにもかかわらず音楽に聞き入ってしまい…。と、本当に二時間があっという間に過ぎていきました。やはり、オーディオの奥深さを痛感するひと時でした。

H.A.L.1に移り早いもので一週間が経ちました。未だ、私に出来る事と言えば店長のサポートと、こうしてブログにて皆様に新人天野から見たH.A.L.1をお伝えすることぐらいですが、もっと(膨大な…)知識や技術をつけ皆様に心からオーディオ、また、音楽ライフを楽しんでいただける新人天野になりたいと想っております。そして、総じて感じたことは、二階Casual Theaterにいた時も、一階Accessory Mall 5555にいた頃も、やはり、音楽とは常に人の身近にあり、音楽がもっている力は老若男女問わず少なからず何かしらの影響をあたえており、音楽のあり方は皆様個々に違いはあれど、良い音(ご自分の好きな音)を追及するということにはステータスを向上させる良いカンフルになりえると思いました。

「理想を持ち、夢におぼれず邁進せよ。」

天ノ視点 其ノ二でも書きましたがおみくじに載っていた一節です。日々胸に秘め、精進したいと思います。

|

2007年5月 4日 (金)

お客様のブログを

田中です。  今日お客様のオーディオのブログ拝見しました。 ヨルマのデジタルケーブルについて辛口の意見です。 欲しいという要望もあるが、手が出ない。そんな葛藤みたいなものがあります。 オーディオは皆さん苦労しながら選んで購入している。私はそのように考えたいです。 ブログの内容を担当に観てもらったら.今後の参考にします」との回答でした。 普段ダイナをご利用いただいているお客様より参考になる意見をそれぞれのメーカーにぶつけてみる手助けが今後も出来ればと思ってます。 

近日中にブログで、デジタルケーブルのテスト結果とお客様の意見を書こうと思ってます。田中

tanaka@dynamicaudio.co.jp

 

|

天ノ視点 其ノ伍

天ノ視点 其ノ伍

G.W.も今日を含めて残すところ後、三日となりました。後半に入り、G.W.中に疲れと共に抜けた気をそろそろ入れなおしていきますか…(まだ早いっすか…汗謝)

さて、本日5・4()は店長川又によるFriday Concert Vol,24の開催日です。

前回のFriday Concert Vol,23は「Hi-End D/A Converter battle royal」と題しまして、各メーカーのDAC比較を行いました。

私もアシスタントとして参加さしていただきました。店長のお話もお聞きして…役得ですね。

そして、本日行われる「エフコン」ことFriday Concert Vol,24は…

「【GW特別企画全国のGOLDMUNDファンに捧げる!! 24エフコン開催!!

今回もアシスタントとして参加さしていただきますが、正直なところ私、天野はH.A.L.1に越してきて…というよりこの世界に足を踏み入れて間もないわけでして…汗。どんな音になるのか、また、店長がどんなプレゼンを行うのか、まったく予想がつきません!本番まで楽しみにしています!

前回の「エフコン」にて店長がCyndi Lauper [THE BODY ACOUSTC]/True Colorsが視聴にてかけているのを思い出し後日、センターポジションにて聞いてみました。商品のスペック等については説明しかねますが、ただ単純に涙がでました。

シンディ、エンジニア、コンポーネント、どこに対しての涙なのかわかりませんが、感動しました。この感動を皆様にお伝えしきれない私の商品知識と文章力の無さを悔いるばかりです…涙。

私事ですが、最近、肌が白くなったとよく言われます。女性の方で美白に興味がある方はオーディオを始めてみると良いかもしれません…(苦笑)

二ヶ月でその効果が!

というわけで、これからもオーディオと美白()を追求していく天野でした。

|

2007年5月 3日 (木)

機器の調子はいかがですか

田中です。 連休中に楽しもうと思った機械が突然調子が悪くなる、そういったことありませんか? たまに車を動かそうと思ってもエンジンがかからないとか、オーディオをしばらく電気を入れないと動かないといったことが良くありますよね。 私のところにも修理の依頼が何件かきております。 そういう私も、1週間以上も風邪を引いてます。 夜になりと高熱と咳が出ますので、(夜は速く寝ても咳で起きてしまうので深い眠りにならないです)皆様お気をつけて。そういう状況なので引き取りは後日に集中しそうです。 

うれしい事に今日は、今年の2月にSM-SX10を買った方が(全く商品を知らなかったようです)本日SM-SX300をSmsx300_2予約していきました。現品でも程度が良いほうです。この2ヶ月間聞いていて、その後も何度かお店に寄っていたのですが、SPは後でも買えるが、300は今しか買えないと思ったそうです。 今日も何曲か聞いた上で決断していきました。 お届けは、後日なので都合をつけて、お持ちしようかと考えてます。ちなみにダイヤトーンを御使用だそうです。 ではまた。

tanaka@dynamicaudio.co.jp

|

夜配リポート~QRDのセッティング・part.2~

こんばんは。
ここ最近、約5年程使い続けている携帯電話の調子が悪く、買い替えようか迷っている、宮川です。

さて、先日は我が上司と共に、フロアを早めにクローズ致しまして、千葉県は九十九里まで、配達へ出掛けました。以前にも、イルンゴのオーディオ・ボードとプリアンプ持込試聴の際、お伺いしましたN様宅です。

今回はQRDのセッティング。
N様には既に、スピーカーの間には「ディフラクタル・120センチ」と 「ディフラクタルベース・60センチ」を入れて頂いていました。そこで、更なるステップアップと致しまして、天井に「スカイライン」2枚、スピーカーの背面部に「アブフューザー・120センチ」と「ディフラクタルベース・60センチ」を2組、導入して頂く事に!!
もはや、数々のお客様宅で、その驚くべき効果を目の当たりにしているので、興味は「どの様に良くなるのだろう?」という点のみ。「本当に変わるのかな・・・」という不安は感じませんでした。

N_1N←QRD設置後のN様システム。
スピーカーは、B&W「802D」、プリはGOLDMUND「MIMESIS27ME」(←完全に生産終了となってしまいました・・・)、パワーも同じくGOLDMUND「TELOS400」 、プレーヤーはESOTERIC「X-03SE」、ラックはQUADRASPIRE、まるで、当フロアの試聴室の様なシステムです。

設置は、まず、スカイラインを取り付ける事から始めました。これが、意外と大変な作業。設置の基本であります一次反射点はすぐ分かるのですが、具体的にどこを基準にすれば水平になるかでかなり迷い、位置決めまでスカイラインを持ち上げていなくてはなりませんので、途中から腕が震えだしました・・・筋力不足を痛感です。目分量とメジャーを駆使して、ようやく取付け終了。両脇のアブヒューザーはベースとマウントして定位置へ。
いざ。試聴です。

N様のお部屋は、特にオーディオ用にと設計させているわけでは無いのですが、まぎれもなく「試聴室」の音です。N様は、セッティングも「ミリ単位」で追い込んでいる、熱心な方なのですが、ここに来てその効果が、QRDによってまざまざと現れて来た、という感じです。ディフラクタルのみの時点では、やはりやや散り過ぎてきつかった音が、丁度良くまとまっています。拡散と吸音&セッティングのベストバランス、という感じです。

N_2N_3

←更に、それだけではなく。
写真左)スピーカーの下には「イルンゴボード(802専用特注サイズ)」&ラインケーブルはJORMA DESIGN「NO.1」。足回りはバッチリです。
写真右)電源の下にも、当フロア大ヒット・オリジナル商品「GRANDEZZATAP45」。ぬかりがありません。ほぼ、完璧です!

Photo_529←我が上司の欠かせない、セッティングチェック ・アイテム。エクストリームのサード・アルバム「Ⅲ SIDES TO EVERY STORY」。
先程、何故「試聴室の音」と申し上げたかと言いますと、セッティングの完璧な部屋で、これをかけると、非常に面白い現象が体験出来ます。その「面白い現象」がN様宅で、まさに現れました。当フロアの試聴室以外で、これを聴いたのは初めてです。

今回も、劇的変化を見せ付けたQRD。
「これを知らない人は損ですね・・・」とはN様のコメント。この一言に、言い尽くされている感じです。

N様、今回も夜遅くまでお邪魔致しまして、有難う御座いました。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

天ノ視点 其ノ四

天ノ視点 其ノ四

G.W.日和ですね。皆様はどこかご旅行などに出かけているのでしょうか。

以前、専門学校に通っている頃に、先生がこんなことを言っていました。

「人間の耳は、五感の中で最も鈍感な器官だ」

当時は、学もなく、先生のお言葉を真に受けていました。

しかし、店長・川又の随筆「音の細道」(随筆40)を読み考えが一変したことは言うまでもありません。

人間の「耳」は繊細で、敏感で、奥が深く、何気なく毎日使っている「耳」から得られる情報が、もしなければ、それこそ極端に言ってしまえば命にかかわることになりかねない大切な器官であると理解しました。

昨今、MP3プレーヤーが普及し音楽がより身近になっています。その事に関してはとてもすばらしいことだと思います。しかし、それに伴い若年層の難聴が増えているそうです。

http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050915302.html

同じ若者(自分で言うのもなんですが…)として、自分の耳は大切にしてほしいと思います。ロックやクラブミュージックなどは大音量の迫力を楽しみたいという方が多いと思います。そこを、少し我慢して…。

逆の発想で町の「音」に耳を傾けてみるのも楽しいかもしれません。

ダンサー・イン・ザ・ダーク」という映画をご存知でしょうか?映画の内容はとてもシリアスな映画ですが、主演のビョーク演じる光を失いつつも音と音楽を心の拠り所に生きる姿がとても印象的です。考え方を変えてみれば、街中の音もミュージカルに成りえるかもしれません…()

末永く、ミュージックライフを楽しむ為にもご自分の耳は大切にしましょう。

映画つながりで…、先日「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」を観にいきました。

もう…ハンカチが…。

内容はまだ観てない方もいらっしゃると思いますので話せませんが、実家の両親に会いたくなりました。母の日も近いことですし。オーディオ好きの父には父の日に何かしてあげたいのですが…。

「耳」「音」「音楽」「オーディオ」「両親」に想いふける天野でした。

|

2007年5月 2日 (水)

天ノ視点 其ノ三

天野視点 其の三

先日、閉店後に3F野田のお手伝いにてお客様のご自宅に配達とセッティングの為、お邪魔させていただきました。

今回のセッティングはオーディオボードをスピーカーの下に入れるという作業でした。

セッティングが終わり、お客様から頂いたお茶を啜っているとセッティングしたばかりのコンポーネントでCDを聞かせてくださいました。加えてアーティストやコンポーネントの話しをお聞きして、音楽を愛し、オーディオを愛している人がいる。そして、そういう方に対して私はどんなサービスができるのだろうと考えさせられるひと時でした。とても勉強にもなりましたし、喜びをご提供できるエンターテイメントの世界に足を踏み入れたことは、間違いではなかったと改めて感じました。

No Life. No Music.」あるレコード会社の宣伝文句ですが、私の大好きな言葉です。

7階にて感じたことも一つ載せさせて下さい。

私が、食事から戻るとお客様が店長とお話をされていました。

「あのスピーカーはウルトラマンのダダに似ているわ」

と、おっしゃっていました。なるほど!

似ているかどうかはお客様方におまかせしますが、それより、オーディオ機器の世界においても容姿は大事なんですね。

昔、叔父(板前)に「食事は五感すべてを使ってするものだ」と教えられました。

まず見た目を楽しみ、その料理がどんな味がするのか大まかな予想をたてます。そして香りを楽しみ、予想をより確実にします。ナイフやフォーク、箸などを入れ「カリッ」「サクッ」「トロッ」…音を楽しみます。口の中に料理を運び、触感と共に『味』を楽しみます。その時、予想していた味を上回る味であれば幸福を得られるのではないかと思います。

やはりオーディオにおいても同じようなことが言えるのではないでしょうか。いくら音が良く、性能的に優れていても、容姿一つがその人の感性にあっていなければ意欲はそがれるのでしょうか。やはり、音楽を聴く上での環境は大事にしないといけないと考える一日でした。

|

1F特選アクセサリー中古品情報!!

どうも、こんにちは。今日は、追加特選中古アクセサリー情報です。まず最初は…。

・ Stereovox hdxv/1.0m デジタルケーブルBNCプラグ(BNC⇒RCA変換端子無し)

メーカー定価 ¥16,800(税込) ⇒ ¥6,300(税込)販売済み

・ Audio Prism TheAnalog AC/2.0

メーカー定価 ¥73,500(税込) ⇒ ¥24,000(税込)販売済み

・ Audio Prism TheAnalog AC/2.0

(Wave Guide ¥19,800付き)

メーカー定価 ¥73,500(税込) ⇒ ¥35,000(税込)販売済み

以上の特選中古品が、新入荷致しました。奮ってGWにご来店下さい。

他にも、輸入、国内の世界中のヘッドフォンアンプ、ヘッドフォンも展示試聴可です。

最近のヘッドフォンアンプでは、ドイツ、Lehmann audio(レーマン・オーディオ)のBlack Cube Linear(ブラック・キューブ・リニア)La_bcl_imageがお薦めです!!

ゼンハイザー、AKG、ベイヤー、GRADO、KOSS、相性バッチリ!です。ぜひ!一度、ご来店して、その音の感性の良さを感じて下さい!

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

Today's lunch!! Vol.30

このところ日々の天候の変化が大きな東京で、今日は今年二回目の真夏日になるという予報が的中。さあて~、どこへ行こうか~と、本当に迷った末に何でもありのUDX・クロスフィールドにとにかく行ってみよう…ということに。

2007521 二階から三階をぐるっと回ったあげく、ちょっと引き返して入り口のメニューを見て「平日のみの日替わりランチ1,300円」というのを見て、思い切って入ってみたのがここ。 “銀座 鹿鳴春” 日頃私のフロアーは敷居が高いので入りづらいと言われるのが不思議な私…、だって、いたって庶民感覚の私が気さくにやっているのに…。と、思いつつ、同じ中華の店でもVol.5でご紹介した“上海バール”という一階にある店とは違って高級そうな雰囲気で、そういう私も二の足を踏んで今まで入ったことがなかった。http://www.koritoreru.com/rokumeisyun/index.html

2007522 一歩店内に入れば何といっても天井のシャンデリアが目を引く。ふ~ん、と思いつつ、メニューをお持ちします、と言われて「あっ、日替わりランチでいいです~」と速攻の注文(^^ゞだって、他のお品書きを見たって、ちょっとランチではお高いのでは…、と思ってしまうのだから私は間違いなく庶民か!!(笑) でも、参考までにと夜のメニューを見せてもらいました。コースは一人\5,000.から二人以上で、その上には\7,000. \10,000. \12,000. と、まだその上もありましたね~。で、アラカルトで一番気になったのが「伊勢海老の豪快焼き」というやつでした。一度食してみたいものです^_^; でも単品で\5,000.は中々ね~(笑)

2007523 さて、出てきたのはこれ。土鍋麻婆豆腐、点心で海老餃子と焼売、ザーサイ、スープ、本日の料理・これは野菜と鶏肉の炒め物、という定食です。私は「ご飯はお代わりできますよね」と、ちゃっかり尋ねてしまった(笑)で、最初に口を付けたのはポットに淹れられたお茶。これがとても美味しかった。ジャスミン茶なのだが、それだけではなさそう。ウエイターに尋ねると「ジャスミン茶の他にもウーロン茶など数種類をブレンドしたもの」だという。う~む、出足は上々!! 次に箸をつけたのは本日の料理の鶏肉、これがまた美味かった!! 中華鍋に食材を放り込んでいっぺんに炒めたラーメン屋さんの料理ではなく、食材ごとに油通ししているのだろう。とにかくジューシーで柔らかく、程よく油の乗った鶏肉の美味さが口に広がる。これだけでご飯一杯はいけそう。次にスープは細かい解き卵と刻んだ野菜のスープで上品な味付け。これもいい!! 麻婆豆腐は辛いがあっさりとして、本場四川料理の味という看板の店で食べた濃厚な麻婆豆腐とは一味違う。これだけでご飯一杯はいけた。でも、さすがに三杯目のお代わりはしませんでしたが(笑)でも、ここの料理は本格的だ。推薦できます、これでランチ\1,300とはお安く感じるレベルでした。

2007524 さて、腹八分目といういい感じで一息ついていると「お食事は終わりましたでしょうか」とウエイトレスが下げに来た。で、気がつかなかったがデザートが付くという。で、この杏仁豆腐!! 冷えたグラスに結構なボリュームで、これがまた熱いお茶によく合う。するとウエイターがお湯のポットを持ってくるとテーブルにあるお茶のポットに注ぎ足してくれる。いいね~(^^ゞ

ふと気がつくと、隣のテーブルの家族連れは中国人のご一行らしい。彼らは気に入ったのだろうか!? アキバの街中が込み合っているときは逆にUDX・クロスフィールドのお店は空いている。また一軒お薦めの店が見つかりました。ではまた次回をお楽しみに!!

|

2007年5月 1日 (火)

6F入り口

店で一番良く効くシステムはと聞かれましたら、
入り口のシステムが一番聴いてます。
長時間聴いても疲れず、じっくり聴いても良い
新しくNAGRAが入っております。

P1000540 P1000543




Speaker:SONICS Allegra
CD:ESOTERIC X-01D2
Pre    Amp:NAGRA PL-P
Power Amp:NAGRA MPA

最初の印象は、Allegraが活き活きと歌いだした。
そんな表現が一番近いのかなと

小型なシステムが部屋にあり
出ている音がさりげなく良かったら
色々な事を気付かせてくれるシステムです。

MPAは数に限りがありますが、特価になっております。

東郷

|

H.A.L.3ゴールデンウィーク企画・其の3~GOLDMUND「Ultimateシリーズ」~

こんにちは。
昨日は気持ちの良い天気だったので、朝からお弁当を作り、公園で食べてから出勤致しました、宮川です。

それでは、H.A.L.3ゴールデンウィーク企画・第三弾のご案内です。

Mimesis24meTelos600GOLDMUND「Ultimate シリーズ」
←写真左)ユニバーサル・プリアンプ「MIMESIS24ME」 \6,090,000(税込)
右)モノ・パワーアンプ「TELOS600」\5,565,000(税込)

当フロアの看板ブランド・GOLDMUNDの最高峰ライン「Ultimateシリーズ」見参!!当店でも、スーパー・ハイエンドフロアであります、7F「H.A.L.1」、6F「H.A.L.2」に常駐しているモデル、このプリ・パワーだけで一千万を超えてしまいます・・・・

P1020345←今現在は、プレーヤー:metronome「T2i-Signature」、スピーカーはWILSON AUDIO「SYSTEM8」と組合せております。
プリ・パワーの圧倒的な支配力、ステージは奥に・横に広く、懐が深い感じです。いつも以上にSYSTEM8の存在が消えて、圧巻の空間表現力を見せ付けられた感があります。醸し出される空気感も異次元です。
もっとエアボリュームのある部屋で、もっと大きなスピーカーで鳴らすと、もっともっと朗々と歌ってくれるのでしょう。その潜在能力をフルに引き出すと、一体どの様な音楽を聴かせてくれるのか・・・想像は膨らむばかりです。これ以上、聴くのが少し怖くなったりもしたりして・・・・

夢の異次元空間です。
行楽疲れを感じたら、是非、当フロアへお出かけ下さい。素晴らしい音楽で、命の洗濯(・・・は大袈裟?)をどうぞ!

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »