« NEW FACE | トップページ | 天ノ視点 »

2007年5月25日 (金)

ELAC「FS 609X-PI」☆期間限定展示!

こんにちは。
今朝は生憎の雨ですが、「水不足」という噂もあり、恵の雨になれば・・・と思っている、宮川です。

さて、期待の新製品、期間限定展示のお知らせです。

Fs609xpi ←ELAC 「FS609 X-PI
4.5ウェイバスレフ型 / \2,310,000(税込)
昨年、創立80周年を迎えましたドイツのスピーカーブランド・ELAC社の、81年目のスタートを飾る、新フラッグシップ・モデルの登場です。
ELACと言えば、無指向性リボンツィーター「4Pi」、同軸ユニット「X-JET Coax」、アルミとパルプのハイブリッド・ウーハーユニット「LLD」という、一目見ればすぐそれと分かる、斬新なユニットを次々開発し、それぞれを組合せて、多数のモデルを送り出して来ました。
今回、新たに発売される、この「FS609 X-PI」は、これら全てを搭載した、まさにフラッグシップ・モデルに相応しい製品です。

Fs609xpi_1 ←ツィーター&ミッドレンジ部の「4PI」と「X-JET Coax」。
上に帽子の様に乗っているのが「4PI」、そのすぐ下の同心円状のユニットがツィーターとミッドレンジを兼ねている同軸ユニット「X-JET Coax」です。繊細な音色のリボンツィーターは、無指向性になる事で、自然な広がりを持ち、耳当たりの良い聴き易さが出るようです。それぞれのユニットが、独自の技術でしっかり役割を果たして、あまり装飾的な音楽では無く、きちんと鳴らしている、という印象です。解像度が高く、楽器一つ一つが明確で、定位もしっかりしています。それぞれ個性的なものの集まりですが、バラバラにはならずにまとまっている辺りは、「さすがドイツ!」という所でしょうか?スピード感があって、シャープでクールな音色の、現代的なスピーカーという感じがしました。

Fs609xpi_gaincross ←背面には「4PI」のゲインやクロスオーバーの設定が出来る、切替スイッチが装備されています。

Fs609xpi_2 ←スピーカー端子はこれまで同様の、バイワイヤリング・ターミナルとなっています。Van Den Hal製のジャンパーケーブルも付属しております。

6月中旬までの展示予定となっております。
ご試聴希望の方は、お早めに。

ご来店お待ちしております。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« NEW FACE | トップページ | 天ノ視点 »