« Today's lunch!! Vol.27 | トップページ | 1F 新着アクセサリー中古情報!! »

2007年4月17日 (火)

スッキリ!爽快系サウンド~VIVID AUDIO 「B1」~

こんばんは。
そろそろ本気で「休肝日」を設けないと・・・と感じている、宮川です。

B1_4 「オーディオを勉強するには、まず聴く事」
私が上司達に良く言われる言葉です。書面等での勉強も大切ですが、まずは体験する事が一番・・・という訳で、今回はVIVID AUDIO「B1」を追い込んでみる事に。
←VIVID AUDIO 「B1」  (\1,890,000 /税込)
不思議なフォルムとは裏腹に、キチンとした鳴り方をするスピーカーです。まだまだ秘められた実力がありそうな予感です。

B1_5 ◆試聴システム◆
・プレーヤー:ESOTERIC「X-01D2
・プリアンプ:GOLDMUND「MIMESIS27ME
・パワーアンプ:GOLDMUND「TELOS200
・クロック:ESOTERIC「G-03X

B1sp 始めに、スピーカーケーブルの繋ぎ方ですが、スピーカー端子はバイワイヤに対応出来る様、4本付いています。後から見て右側が「High」だそうで、シングルワイヤリングの場合は、写真の様に、右側にケーブルを繋ぐ、というのが、メーカー推奨の方法です。まずは正攻法で。

B1_6 VIVID AUDIOのスピーカーは、かなり振り角度を大きくセッティングした方が良さそうです。当フロアでは、横のスケール感が減ってしまう為、あまりこの様なクロスセッティングはしないのですが、これに限っては当てはまらない様です。リスニングポイントも、結構大きく取れて、自分の移動に合わせて、音像もキレイに動きます。こういう辺りが、凄く特徴的です。
また、オーディオボードも、「ACOUSTIC REVIVE」から「クリプトン」に替えてみました。横への広がる響きが減ってしまいましたが、解像度と上への伸びが出て来ます。この辺りは「好み」にもよるかもしれませんが、どうせなら、「B1」の個性を思いっ切り引き出してみよう!という趣旨です。

さて、ここまで終えて、試聴に入りました。
凄く気持ちの良い音楽です!パウエルの包み込まれる感じとは全然違う、スカーッとする感じです。
P1020296←今回の試聴ソフト。
この、いつもとは全く違うラインナップをご覧頂ければ、お分かり頂けると思いますが、 こういう、スピード感やキレのある音楽は文句無しに、楽しく気持ち良く聴けます。ロックがお好きな方には、たまらないのではないでしょうか?
Photo_521←しかし、全く「うるささ」は感じず、ボリュームはここまで上がってしまいました。 陰影や色彩感の様なものは、あまり無いのですが、透明で美音、なおかつ、スカッとする、サイダーみたいな感じでしょうか?
好みがハッキリ分かれそうなスピーカーです。でも、これはこれで、とても楽しい!このシステムが、とても合っている様です。嬉しい発見。

自分の好きな音楽をどんな風に聴きたいのか、音楽に何を求めるのか・・・・
という様な事を、考えさせてくれるスピーカーでもありました。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« Today's lunch!! Vol.27 | トップページ | 1F 新着アクセサリー中古情報!! »