« 2Fお薦め中古品! | トップページ | Kたんより、Let’s豆まき! 今日は節分! »

2007年2月 2日 (金)

世界初にして世界最高峰の両雄がここに集う!!

The highest sound of GOLDMUND

Goldmund_telos2500full_epilogue_1 2007年2月2日遂にやってきました!! 搬入開始からセットアップして第一声が出るまでほぼ4時間。その後FULL EPILOGUEのトップに位置するEPILOGUE 1のポジション設定。EPILOGUE 1とEPILOGUE 2のミッドハイの出力バランス調整。この両者は通常EPILOGUE 2内蔵のネットワークでクロスオーバー周波数110Hzで交差させ、そのスロープは-18dB/octとなっているが、今回はMIMESIS24MEにプログラムされたデジタルフィルターで-24dB/octに設定した。この両者を3dB違いでセットすることの重要性を確認。これは設計者の推奨ポジションに大いに納得。

この両者のセットアップの後にEPILOGUE 3のローパスフィルターとレベルのセッティングを行なう。これが大変だ!! EPILOGUE 3内蔵フィルターのターンオーバー周波数は5Hz刻みで25Hzから50Hzまでを微調整する。持ち込まれた時には40Hzだったが、40Hz→25Hz→50Hz→40Hz→30Hz→25Hzと何度も聴きながら調整する。それもオーケストラとスタジオ録音の両方で数枚のディスクを聴きながらのことなので大変だ。特に最後の30Hz→25Hzの変化の大きさには驚く。ターンオーバー周波数から上に向かっては-18dB/octでロールオフするのだが、ここで考えて頂きたい!! 何と、EPILOGUE 2は110Hzでハイカットされるが低い周波数に関しては自然減衰の形で26Hzで-3dBという再生帯域を持っており、ほとんどEPILOGUE 3と重複する低域をフォローしているのだ。このバランスをとる作業に4時間以上かかってしまった。

さて、EPILOGUE 3にはMIMESIS29.4相当のハイパワーアンプが内蔵されているが、この出力レベルは本体後部のコントロールパネルにあるレベル調整スイッチで行なう。これは精巧な二連ボリュームとなっており、0から99%という選択でボリュームをコントロールするが、持ち込まれた時には23%だったが、そこからが大変だ。結果的には23%→10%→15%→20%と変化させながら上記のターンオーバー周波数の個々の周波数との組み合わせをいく通りも試していくという根気の要る作業を繰り返す。これは完成度が高く50Hz以下の帯域で正確な再現性をもつEPILOGUE 3だからこそ可能であり、かつ重要なセッティングなのだ。オーケストラでは足りない、スタジオ録音では出過ぎる、こんな繰り返しを何度も何度も聴きながらチューニングしていく。これを出来るのは私くらいか…!? ユーザーへの納品とセッティングもここまで緻密な経験をしておけば予習は十分というもの!! そして、最後には出力20%と内蔵アンプのレベルを固定し、リモコンで微調整できるようにして演奏する曲目によって私が最適値を設定する範囲を特定するということでやっと…(^^ゞ

しかし、このFULL EPILOGUEは私も以前にここで演奏したことがあるが、今回の組み合わせで特にTELOS 2500の物凄いドライブ能力、そしてMIMESIS24MEが可能にしたデジタル領域の超精密なコントロール機能という近代化されたGOLDMUNDのテクノロジーに対して、見事に反応するFULL EPILOGUEは何と素晴らしいことか!!  そして、私の記憶にあるFULL EPILOGUEから完全に世代交代したと断言できる再生能力の素晴らしさは私をうっとりさせた…。このままずっと置いておきたい(^^ゞ

さあ、こんな素晴らしいFULL EPILOGUEを導入するということは昨日までのレギュラー陣をしばらくはどかしておかなくてはならず、そういうことであればアメリカの最高峰のスピーカーにも再びステージを提供しようと次のシステムでセットした!!

ESOTERIC G-0s(税別\1,200,000.) *Rubidiumオンリー
      ↓
ESOTERIC 7N-DA6100 BNC(Wordsync用)
      ↓
ESOTERIC P-01 (税別\2,200,000.) + TRANSPARENT PLMM+PI8+PIMM(税別\996,000.)
      ↓
ESOTERIC 7N-DA6300 XLR 1.0m  Dual AES/EBUで二本使用(税別\560,000.)
      ↓
ESOTERIC D-01(税別\2,200,000.) +TRANSPARENT PLMM+PI8+PIMM(税別\996,000.)

      ↓
ESOTERIC 7N-DA6300 MEXCEL RCA 1.0m (税別\560,000.)
      ↓
HALCRO dm8(税別\2,200,000.)
http://www.harman-japan.co.jp/products/halcro/dm8_10.htm
      ↓
ESOTERIC 7N-DA6100 MEXCEL RCA 7.0m
      ↓
HALCRO HALCRO dm88 ×2 (税別\7,600,000.)
      ↓
Stealth Dream Speaker Cable 3.5m (税別\2,258,000.)
    ↓  
Wilson Audio Alexandria X-2 (税別\18,900,000.)

Goldmund_telos2500full_epilogue_2 さあ、2007年スタート早々のビッグイベントとして、この両者が威風堂々として立ち並んだ!! 一応は2月11日までという期間限定だが、この機会にぜひ聴きたいというリクエストが続けば延長も検討しようと思っている。一生のうちに一度聴けるかどうか、輸入元でも実現していなかったTELOS 2500を4台使用するという今回のシステムの音は私の経験からしても「半端じゃありません!!」これを聞き逃すと後悔すること請け合いの一週間がスタートします!! ハルズサークルの皆様にはご案内を配信しておりますが、一般の方々はどうぞ ここからご予約の上でご来店下さいませ。込み合った際には譲り合いの精神でよろしくお願い致します。なんと言っても私がチューニングしたベストポジションはひとつだけですから!!


|

« 2Fお薦め中古品! | トップページ | Kたんより、Let’s豆まき! 今日は節分! »