« DLA-HD1 | トップページ | Kたんイチオシ!! タマゴ型の優秀スピーカー、強力プッシュ!! »

2007年2月11日 (日)

夜配レポート~オーディオボードのセッティング (2)~

こんにちは。
ここの所、「私のコーナー(仮)」への試聴も多く、ご注文も頂けるようになり、「嬉しい・・・」と思っている、宮川です。

さて、昨日はフロアを少し早めにクローズさせて頂きまして、千葉県のN様宅まで、我が上司と共に、夜配にお伺い致しました。

今回の内容は、お馴染みとなりました、B&W「802D」専用イルンゴボードの納品・セッティング、そして、プリアンプをご検討との事でしたので、候補を挙げて頂いたものを3台、持込試聴という形で行いました。

≪持込させて頂いたプリアンプ ≫Mimesis27_s1Mimeisis30me_s1No326s_ph1
左から順にGOLDMUND「MIMESIS27ME」、「MIMESIS30ME」、MARK LEVINSON「NO326S

まず、イルンゴのボードを802Dの下に敷いて、スピーカーの位置を決め、それからプリアンプの比較試聴を行いました。私が夜配の助手を務める場合はほぼ、このボードのセッティングの為ですので、これに関しては、少しコツを掴んで来た様な気がします。
Ptsf ←ちなみに、この作業をする際、いつも使うのがTAOC「PTS-F」( \5,800/4個一組・税別 )。下面にフェルトが貼ってありますので、ボードや床を傷つけずにセッティング出来て便利です。N様含め、三人での作業でしたので、スムーズに終える事が出来ました。
プリアンプの比較は「27ME→326S→30ME」の順で行いました。ジャズヴォーカルとクラシックを2,3曲での試聴でしたが、N様はご自身の好みの音というのを、しっかり把握されている様で、この比較もスムーズに行えました。セッティングもきちんとされている上、802Dという優秀スピーカーですから、音の変化も分かり易かったのかもしれません。(途中、ケーブルのアースからの発信音が出たりもしましたが・・・)
結論と致しましては、当初のN様の予想通り、「MIMESIS27ME」に軍配が上がりました。GOLDMUNDらしい、華やかな響きのサウンドがお気に召したご様子。「良かった良かった」という感じで、無事に楽しく、夜配を終える事が出来ました。

N様の試聴室は、とてもスッキリとお洒落にまとまっていて、ブラックのクアドラのラックに、GOLDMUND「TELOS400」、ESOTERIC「X-03SE」といった、シルバー系のシステムが収まっていました。最後には、美味しい紅茶もご馳走になりました。

N様、遅くまでお邪魔させて頂きまして、有難うございました。
色々と、とても勉強させて頂いた配達でした。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« DLA-HD1 | トップページ | Kたんイチオシ!! タマゴ型の優秀スピーカー、強力プッシュ!! »