« Kたん悩む…白くてふわふわ、これって何!? | トップページ | Kたん解明!! シリーズ続々登場! その名は●●!! »

2007年1月20日 (土)

PAWEL ACOUSTICS「ELEKTRA」&GOLDMUND「TELOS 200」試聴会★少しだけレポート

こんばんは。
久々に真冬らしい、刺す様な寒さを感じております、宮川です。

さて、本日は午後一時より、「ELEKTRA & TELOS 200試聴会」を行いました。
今回も、この寒い中、多くのお客様にご参加頂きました。ご来場頂きましたお客様、当日お手伝い下さいましたステラボックス・ジャパン㈱堀川氏、イベント開催にご協力下さいました㈱ゼファン安藤氏には、この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

このイベント、H.A.L.3では一押しのスピーカーの1つになりつつある、PAWEL ACOUSTICS「ELEKTRA」と、当フロア看板ブランド、GOLDMUNDの新製品「TELOS 200」の、お披露目試聴会という事もあり、新年最初の気合の入ったイベントとなりました。

01200120_2

大まかな流れとしましては
1) フルGOLDMUNDライン+SYSTEM8にて、「TELOS200」と「MIMESIS18.4ME」を比較試聴
2) フルGOLDMUNDライン+「ELEKTRA」を試聴
3) AESTHETIXのプリ・パワーコンビ+「ELEKTRA」を試聴

という様な形で進行させて頂きました。
ほぼ同価格・サイズの「TELOS200」と「MIMESIS18.4ME」、GOLDMUNDラインとAESTHETIXラインの「ELEKTRA」、それぞれに興味深い比較が出来たのではないでしょうか。私は、イベント中は外で店番だったのですが、終了後に「ELEKTRA」をチラリと聴いてみました。試聴室内でAESTHETIXラインのELEKTRAは聴いた事が無かったもので・・・やはり、ルームチューニングの威力はスゴイものがあります。ELEKTRAの場合、何となく、あの何とも言えない空気感というか、麻薬的心地良さは、少しなりを潜めて、クリアな感じが出て来た様に聴こえました。でも、どちらにしても、包み込まれる様な気持ち良さは健在でした。

Goldmund_cd ←今回の、お楽しみのお土産。
初公開「ELEKTRA」の詳細と、GOLDMUNDのロゴ入り布製CDケース。アイボリーの風合いが、何とも可愛いです。

Pa1_1Pa1_2←アンサンブル時代のPA-1。
「ELEKTRA」の前身?

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« Kたん悩む…白くてふわふわ、これって何!? | トップページ | Kたん解明!! シリーズ続々登場! その名は●●!! »