« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »

2006年12月23日 (土)

H.A.L.3 ☆ 近況報告

こんばんは。
真冬突入だというのに、髪を短く切った為に、首筋が寒い、宮川です。

さて、(仮)はいつ取れるのか?と最近良くお問合せ頂きます、「私のコーナー(仮)」ですが、本日、また新しい仲間が増えました。
Arcam←ARCAM「SOLO」(\241,500/税込)
3Fのフロア改装に伴い、当フロアにやって来てくれました。LINN「CLASSIK MUSIC」と同じ、FM/AMチューナー・アンプ一体型。これとスピーカーを繋いでしまえばOKという、すっきりしたシステムをお望みの方にはピッタリです。CLASSIK MUSICより、少し大きめですが、 シルバーの筐体と、フロントのシンプルなデザインは、リビング・オーディオにピッタリという感じです。

P1010763 ちなみに入口すぐ右手のコーナーです。
前に、私のデスクの目の前にあったオンキョーのギタースピーカー「D-TK10」と組合せています。QRD「BAD」も効果を発揮して、この小さなシステムで、とてもいい感じに鳴っています。CLASSIK MUSICと比べると、こちらの方はスッキリとした、涼しげな音の様に聴こえます。

そして、本日、フロアの名刺も作成してみました。
P1010764デザインは何ヶ月か毎に変えようかと考えています。「コレクションアイテム」とまでは行かないにしても、来て下さるお客様に、楽しんで頂けたらなぁ、と思っています。
色々企んでいる、H.A.L.3です。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

リニューアル中の3階からお知らせ

今月21日からMcintosh、JBLルーム改め
S.A.HALLとして新しく3階を担当する事になりました
野田 です。今後もよろしくお願いいたします。

まだまだ落ち着かない店内ですが
一部セッティングも終わり、ご試聴可能な状態となりました。

今日現在で以下の機器をご試聴可能です。
sonus faber Stradivari HomageAMATI anniversario
JBL S9800SE4348
GOLDMUND MIMESIS 30METELOS 400
Mark Levinson No.326SNo.432L
MARANTZ SC-7S2MA-9S2SA-7S1
dcs VERDI ENCOREELGAR PLUAVERONA

今後も試聴機器はどんどん増えていきますので
今後 5555 3階 S.A.HALLをよろしくお願いいたします。

3froom_2

3階 担当 野田 noda@dynamicaudio.co.jp

|

2006年12月22日 (金)

HAL3 ☆ 12月22日新着情報

いつもご愛顧頂き、有難うございます。

VOL.1 「SONY SS-AR1 本日入荷」

本日SONYの新しいスピーカー SS-AR1が入荷いたしました。
展示期間は未定ですが、今週末23日、24日、25日は
試聴室でSONYのSCD-DR1とTA-DR1aとセットでご試聴可能です。
エージング不足ではありますが、かなり洗練されたスピーカーとなっており、
可能性を十分に感じます。
深みと実体感のある素晴らしいスピーカーです。

是非週末を利用してご試聴いただければ幸いです。

スピーカーシステム

SS-AR1
(受注生産品)
(1台)
希望小売価格892,500円(税抜価格850,000円)

///////////////////////////////////////////////////////////////////

    4F H.A.L.3 

   島 健悟(火曜定休) mailto:shima@dynamicaudio.co.jp

     宮川 いより      iyori@dynamicaudio.co.jp

////////////////////////////////////////////////////////////////// 

|

リニューアル中。

最近ノロウィルスが大流行しているらしいですね。当店でもKたんがノロにやられてダウンしてしまいました…。

皆さんもお気をつけ下さいませ。

3階は21日より担当者変更に伴い、商品やレイアウトを密かに変更させ始めています。

Mcinjbl_3 ←EVERESTが来る前の様子。残念ながらEVERESTの写っている写真はイベントの物しか残っていませんでした。。

061222_115601 ←プチ改装後。コレで終わりと言うわけでなくこれから少しずつ変わっていきます。

少し様子が変わったのがおわかり頂けますでしょうか??(画像が汚くて申し訳ないです・・・。)

新しくなった3階にも是非足を運んでくださいね☆

3階 アシスタント 末廣

|

2006年12月20日 (水)

冬の空気

Light_6 普段通る道もあらためて見ると案外きれいだったりするのだな、と思ったのです。

ところ…でここに注目Ever_6

ありますよ。今も鳴ってますよ。

今日も

「え?JBLでこんなにきれいな音が出るの?」

と驚かれたお客様がいらっしゃいました。

ふふふ。JBLでクラシックは鳴らない?

お試し下さい。

寒くなってきましたね。

体調を崩す人も増えているようです。お気をつけ下さい。

僕はへっちゃらです。鍛えられてるんです。住んでる部屋が一番寒いから…。

6F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

GOLDMUND「TELOS200」☆到着!

こんばんは。
年末の慌しさを感じる為に、本日二回目の更新をしている、宮川です。

さて、当フロアのNO.1人気ブランド「GOLDMUND」より、本日新製品がリリースされました。

Telos200_s1 モノラル・パワーアンプ「TELOS200」
\1,785,000(Pair/税込)
・定格出力:200W(8Ω)
・240(W)×400(D)×205(H)mm/25kg

Telos200_1_1Telos200_2_1←・・・と、こう書いている間に、TELOS200が到着致しました。 右の写真で左側に置いてあるのが「MIMESIS18.4ME-D」、右側が「TELOS200」です。やや大きめ、持ち上げた感じの重さもTELOS200の方が重いようです。

<増幅回路部分は、兄貴分の「TELOS 600」「TELOS400」をそのまま引継ぎ、 TELOS600 と同じ方向の音質の受け継いでいます。>との事。試聴はこれからの様ですので、まだ詳しい事は申せませんが、TELOS400の音色は、MIMESIS18.4ME-Dとは違うように感じますので、果たしてどうなのでしょうか?

しばらくはMIMESIS18.4MEも継続して販売するようですが、この辺りも微妙な所だとか・・・。
発売の発表も急でしたが、フロアにやって来るのも急な、何とも師走らしい(?)登場の仕方をするアンプです。

展示期間は未定ですが、今でしたら比較試聴も可能です。いつ立ち去ってしまうか分かりませんので、試聴ご希望の方はお早めに。

ご来店、お待ちしております。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

YG ACOUSTICS会員限定イベント★少しだけレポート

こんにちは。
とうとう今年もあと2週間!その前にはクリスマス!!・・・ですが、今年は何となく、師走の慌しさが身に染みて来ない、宮川です。

さて、一昨日、午後7時より、会員様限定で「YG ACOUSTICS ~KIPOD試聴会イベント~」を行いました。
当日は、YG ACOUSTICS 社社長ヨアブ・ゴンツァロフスキー氏にお越し頂き、KIPODを試聴しながら、製作コンセプトや製品の特徴等の説明、またその後は、ご参加頂いたお客様からの質問を受けてのフリートーク形式、という流れで進行させて頂きました。
ご参加頂きましたお客様、ご多忙の中お越し頂きましたヨアブ氏、輸入元アッカの本間・木村両氏には、この場をお借りして、御礼申し上げます。

驚いた事に、ヨアブ氏の講演は、なんと日本語でした。(フリートークは英語でしたが・・)
ご本人は、日本語は話せないとの事でしたが、とても流暢で、このイベントの為に準備して頂いたようで、感激致しました。氏の誠実で、真面目な人柄を改めて感じました。

Yg_2< イベント当日の試聴室風景 >
「KIPOD」の試聴には、フルGOLDMUNDシステムを使用しました。(プレーヤー:EIDOS19-2ch・プリアンプ:MIMESIS27ME・パワーアンプ:TELOS400)これは、サブウーファーの調節をGOLDMUNDで行った為です。
Yg_1_1Yg_2_1ヨアブ氏にお持ち頂いたCDをかけながら、「こういう所を聴いてみて下さい」という感じで、KIPODの持ち味を分かり易く解説して頂きました。ちなみに「KIPOD」というのは、ヨアブ氏のお嬢さんの愛称なのだそうです。(KIPODの上位機種「ANAT」は奥様のお名前です。素敵です・・)
また、世界中のYG愛好家の方々のオーディオルームやシステムの写真も見せて頂きました。国ごとに、お客様の気質にも特徴があるようで、日本人はやはり、「一人で、コツコツと真面目に、細かく追及していく」という様な感じの方が多いとの事です。
お客様からの質問も弾み、和気藹々とした雰囲気の楽しい試聴会となりました。

この試聴会を通じて感じた事は、スピーカーは、それを製作する人間の、人柄を映し出すものなのだなぁ・・という事です。KIPODの場合は、出す「音」に対して求めるものは、いかに正確かという事。それは、決して「味気無い」とか「つまらない」という事ではなくて、そのスピーカーで再生されようとする音楽の、作り手の意図を、なるべくそのまま、尊重して出したいという事だと思います。ヨアブ氏の、人に対しての真摯な姿勢と同様に、音楽に対して、誠実に向き合うスピーカー。

手に入れるのであれば、やはり、作り手の熱が伝わって来るようなものが良いなと、しみじみ思った試聴会でした。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2006年12月18日 (月)

Kたん思い立つ!そうだ!京都!行こう!⑤

こんにちは、Kたんですっヾ(uωu*o)

さてさて、今日は「Kたんの京都旅行記 第5弾!!」
をお送りします~♪
いよいよ最終回ですっ!!

さてさて、お腹が空いたKたんは、ご飯を食べることにしました!
創業70周年!京料理の老舗 「木乃婦」でおいしいお料理をいただきますっ!
Photo_393
とってもゴーカ!!
食べるのがもったいない位、キレイな盛り付けです(○′∀`*)/

そして、夜には、こちらもまたまた紅葉の名所!
圓光寺」のライトアップ「瑞雲の華」へ行ってきました。

圓光寺は、慶長6年(1601)、徳川家康が教学の発展を図る為に
設立した学校「圓光寺学校」が始まりとされています。

家康から送られた、当時の貴重な木版活字を、数多く所有しており、
それらは現在、重要文化財に指定されているそうです。

庭園には、洛北では最も古いとされている栖龍池(せいりゅうち)という池があり、
十牛の庭と名づけられています。

池の周りを彩る紅葉の木々が、ライトで照らし出せれると、
言葉では言い表せないほど、美しく幻想的な景色が浮かび上がります…!!
Photo_394 Photo_395

写真を撮るのが難しく、うまく雰囲気をお伝えできなくてザンネンです…
 
昼間の紅葉はもちろんステキですが、
暗闇に浮かび上がる、エキゾチックな紅葉にも心奪われてしまいましたvv

Kたんの京都旅行記・いかがでしたでしょうか??
美しい紅葉の景色に、少しでも癒しを感じていただけたら、幸いですっvv

以上、Kたんでしたっ(○′∀`*)/

|

2006年12月17日 (日)

Kたん思い立つ!そうだ!京都!行こう!4.5

こんばんは、Kたんですっヾ(uωu*o)

さてさて、今日は「Kたんの京都旅行記 第4.5弾!!」
昨日に引き続き、東福寺散策のもようを、お送りします~♪

Photo_391

通天橋から望む紅葉を、思う存分堪能した次は、
方丈庭園を見学しました!
ここ東福寺の方丈庭園は、方丈の四方ともに庭園をめぐらせた
他にはない珍しい形のものなのだそうです。
Photo_392
枯山水式の禅院庭園です。

続いて、国宝・重要文化財にも指定されている、龍吟庵を見学しました。

東福寺第三世住持 無関普門(大明国師)の住居あととされています。
三方を囲む龍吟庭は、いずれも枯山水の美しい庭です。

Photo_389

特に有名な西庭です。
白と黒の石で、龍の昇天を表現し、後方の竹垣を稲妻模様にしています。

Photo_386

国宝に指定されている三門です。
現存する禅寺の三門としては、日本最古のものだそうです。

三門を入ってすぐ左には、「東司」と呼ばれる建物があります。
重要文化財に指定されている、禅宗式のトイレなのだそうです。
隙間から中を覗くことも、出来ちゃいましたよ♪

歴史的価値の高い文化財を、間近で見ることができて、大感激です!!
とっても貴重な体験でした!

ただ、とても人が多く、ゆっくりと見学できなかったのが、
唯一ザンネンです…(-_-;)
紅葉の季節もいいけれど、あまり混んでいない時期に、
また訪れたいな…と思いました。

以上、Kたんでしたっ(○´∀`)/

|

« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »