« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月23日 - 2006年7月29日 »

2006年7月22日 (土)

もう一度「TAMINO」

TAMINOMetronomeCD3」「MT100.5」を組み合わせました。

Teminome「TAMINOME」

シンプルですねぇ。

シンプルは強い。

シンプルはカッコいい。

シンプルだからこそ置く位置、角度といった基本的な部分に気を配ると効果抜群。

みるみる自分好みの音で鳴ってくれます。

こういう瞬間が楽しいんだなぁ。

うまく決まったらあとは「音楽」のご褒美が待ってますよ。

6F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

Kたんと、ケータイ特訓!!

こんばんは、Kたんですっ (-ω・`人)-☆★

今日は曇ってるのに、なんだか蒸し暑い!
湿度満点の、ジメジメしたお天気でした。。。

さてさて、Kたんは、母にケータイ電話
買ってあげることにしました!
今、はやりのカンタンケータイ!ですvv

使い方を、Kたんが教えているのですが、
なかなか覚えてくれません…

電話を掛けられるようになるまでに、
2日かかりました…(-o-;)

お次は、メールが打てるように、
特訓です!!

理想は、片手で、軽やかに、メールが打てること!
Photo_211

↑こんな感じ…

母の友人はみんな、左手で携帯を持って、
右の人差し指で、1つづつ、ゆっくりボタンを押すそうで…

母は、「私は絶対、片手でケータイを操れるようになってみせる!!」
と、意気込んでおります。。
さてさて、どうなることやら…(^。^;)

◇+◆+◇ DR.IGARASHI  Today's Photo_12  Eye ◇+◆+◇

さて。独断と偏見による?
Beers_11
☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 100% !!☆
「ビール飲みたい !! いっぱい冷やせ!!」

    < ECLIPSE TD-712Z 展示品を販売します!!>

Td712z_1  Td712z_sub_img

発売以来、当クリニックにて好評なECLIPSE TD-712Zですが、
決算期を前に致しまして展示品を販売します!!
アッシお気に入りの ★Photo_14 ☆ ってゆーヤツだ。
これは特例!!ってワケ。

TD-712Zはプロ用モニター・スピーカーとして、
海外と国内のミュージシャンの間でも多く使用されているだけあって、
音像定位は勿論のこと空間表現が素晴らしい。
音作りに於いて、素材の音をそのまま表現出来る特徴がある。ってワケ。

■今回に限りまして、展示品を特別価格にて販売致します!!
定価\588,000  > 展示品特価\388,000税込

■詳細は下記へアッシ迄メールお願い致します。
5F  担当  五十嵐 (火曜定休)
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

超!個性派スピーカーが、お求め安くなってます!
これって、手に入れる大チャンス!
ゼッタイ見逃せません!お問い合わせは、お早めに♪

以上、Kたんでしたっ(>ω<`*)/☆

|

2006年7月21日 (金)

マイスターの宝物・・・第3弾。

週末恒例の今週の「モーツァルト・アワー」。
今回のご紹介はこちら・・・

Etc_1 「モーツァルト:交響曲第38番『プラハ』&第39番」
  ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)
  イギリス室内管弦楽団
  1977年録音 CD(XRCD24)ソフト

今回は「XRCD」ソフトでパイヤールのモーツァルト「プラハ」です。
礼を持って流麗、真を持って自由な演奏をご堪能下さい。


|

バリリ

今年。

西暦2006年はモーツァルト生誕250周年ということわけで、DYNAMIC AUDIO 5555では週末の二日間。

開店から二時間「MOZART HOUR」と題して、各階それぞれにこだわりのモーツァルトを再生しております。

さて今週6Fでは今からおよそ50年前。1955年に録音された音源をご紹介します。

BARYLLI QUARTET Recordings on Westminster

Barylli

半世紀前ということを考慮するまでもなく、素晴らしい録音。

安心して音楽に身を委ねることができます。

異なった時代を生きた人間達と関ることができるというのは、

イイものですね。

想像力が膨らみます。

6F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

LINN MAJIK SYSTEMとmozart hour

◆ 5555 開店5周年記念 夏のロング・パフォーマンス!! ◆
       2階・3階・5階合同イベント!!  LINN MAJIK SYSTEM

5555 開店5周年記念イベントを開催5555 の3フロアー合同企画進行中です。

■日時:7月7日(金)~ 7月28日(金)迄の
 3週間に亘る初の夏のロング・パフォーマンスです!!
■使用機器:
LINN  MAJIK CD        定価\420,000 税込  CDプレーヤー
LINN    MAJIK  KONTROL  定価\420,000  税込 プリ・アンプ
LINN    MAJIK 2100       定価\409,500  税込 パワー・アンプ
*詳細は下記にて。
http://www.linn.jp

と言う事で最終回は2階フロアにてLINN製品を独自に選んだスピーカーで
鳴らしてしまいます。現在セッティングも終わりテスト中ですが、LINNと
JMLABの組み合わせは中々良いですね~。音が厳しくなくそれでいて芯があります。
ジャンルは限定せず試聴してみてください。

■日時と会場:各フロアーの使用スピーカー: 

◆5555 2階 7/22 ~ 7/28
JM LAB Electra 1027 定価\966,000税込ペア
*詳細は下記でど-ぞ。
http://www.noahcorporation.com/jmlab/electra1000/ele1007_1027.html

■注:この期間にお買い上げ頂きました方へ特典をご用意しております!!
①記念品の贈呈
②8月20日までの特価条件
  MAJIK CD+MAJIK KONTROL+MAJIK2100
   通常価格\1,150,000税込 > \1,000,000税込

  MAJIK CD+MAJIK KONTROL
   通常価格\850,000税込 > \765,000税込 

   MAJIK KONTROL+MAJIK2100
   通常価格\700,000税込 > \630,000税込

   MAJIK CD 単体の場合
  販売価格\450,000税込 
   *SILVER CABLE SI-12UB定価\36,750税込をプレゼント。
             
*注:都合により商品の変更する場合が御座います。
   ご了承お願い致します。

■セールの詳細は下記へメールお願い致します。
mailto:akatsuka@dynamicaudio.co.jp
2F  担当  赤塚 (火曜定休) 

さらに☆今週のmozart hour☆として
上記のイベントシステムにて演奏いたします。
今週の曲目は全集から
『ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第42番 イ長調 K.526』
をお送りします。LINNとJMLABのコラボにてお楽しみください。

|

Kたんと、みんなの夏休み☆★

こんばんは、Kたんですっ(o*′ω`*)/☆ 

あんなにひどかった、暑さは一体ドコへ~??
雨降り続きで、ちょっと暑さが恋しくなってきた、
今日この頃です(^。^;)

さて、明日からはお待ちかねの、モーツアルト・アワー
今週のディスクはこちらですっヾ(uωu*o)

   ★★★ DR.IGARASHI のPhoto_10 視点 ★★★

さて。独断と偏見による?
Beers_10
☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 90% !!☆
「ビール飲みたい !! 冷やしておこー!」

「5555 Mozart・Hour」

21

今週の選曲
今週のウルフィーは、フルート。

「モーツアルト:フルート四重奏曲全集/オーレル・二コレ」
オーレル・二コレ(フルート) ジャン・ジャック・カントロフ(ヴァイオリン)
ウラジミール・メンデルスゾーン(ヴィオラ)藤原真理(チェロ)
DENON 33CD-1019 1983年発売

DENON(旧コロムビア)DENON/PCMデジタル録音シリーズの1枚。
DENON/PCMデジタル録音シリーズってゆーと。
1970年代後半にアナログ・レコードで発売されて、
オーディオ・マニアの間で評判が良く、
クラシック/ジャズ/民族音楽等のカタログが有り当時カナリ売れていた。
この演奏は1986年だカラ。CDの時代になってからのDENON/PCMデジタル録音。

DENON/PCMデジタル録音は、独特の分解度を持った録音。
このモーツアルトのフルート四重奏曲は、なんといっても
無条件にリスナーを楽しませてくれる。
第一番 二長調 KV285 からして実に延びかで、明るく晴朗そのもの。
他の楽器との美しいアンサンブルが聴きもの。ってワケ。 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

暑さも、雨も、へっちゃらなクリニックで、
フルートの調べに酔いしれてくださいませ~o(^-^)o
お待ちしておりますっ!

さてさて、巷ではいよいよ、夏休み!ですね♪
電車の中とかでも、小さいお子さん達を、
よく見かけるようになりました。。

Kたんは、電車の一番先頭車両、
運転席のちょうど真後ろに、いつも陣取っているのですが、
ここが、子供たちにとっての人気スポット!

いつも、Kたんの座ってる横から、
たくさんの子供たちが覗き込んで、
運転席からの景色を眺めています☆

子供ばかりかと思ったら、中には大人の方の姿も…(^。^;)
いくつになっても、電車の旅は、ワクワクするものですね♪

以上、Kたんでしたっ(*αωα)/☆

|

mozart hour

何だかパソコンの調子が悪く画像が上手く載せられないので簡単にCDの紹介をします。

MOZARTO Viorin Sonata K.454

演奏:: ヴァイオリン 堀 正文 / ピアノ 清水 和音

N響のコンマス、堀正文さんのソロCDデビューアルバムです。

デュオの醍醐味が堪能できる一枚です。

使用機器は前回同様、ARCAMとHARBETHです。

3階 アシスタント 末廣

|

H.A.L.Ⅰ MOZART HOUR

今週のH.A.L.Ⅰ モーツァルト アワーは

Mozart722

・ピアノ協奏曲 第9番 変ホ長調 K.271 <ジュノム>

・ピアノ協奏曲 第25番 ハ長調 K.503

アルフレッド・ブレンデル(ピアノ)
スコットランド室内管弦楽団
指揮:サー・チャールズ・マッケラス

巨匠アルフレッド・ブレンデルの名演が
DSD録音による高音質で楽しめます。

今週もStradivari Homage&GOLDMUNDの
システムにてお楽しみください。

7階 担当 野田 noda@dynamicaudio.co.jp

|

5555 Mozart HOUR in H.A.L3 vol.12

こんにちは。
最近、喉の調子が芳しくない為、「大根飴」でも作ってみようかと思っています、宮川です。

それでは、今週のモーツァルトです。

P1010113_1 交響曲 第40番 ト短調 / 第41番 ハ長調 「ジュピター」
オペラ・セリア《イドメネオ》から フィナーレ・バレエの音楽

レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル / 指揮: マルク・ミンコフスキ
録音:2005年10月 グルノーブル / ARCHIVレーベル

今週のセレクトは、恐らく誰もが、どこかで一度は耳にした事がある、モーツァルトの曲の中でも、特に有名な3曲です。
交響曲40番、41番は、モーツァルト最晩年の曲であり、39番と共に、「三大交響曲」と呼ばれている、壮麗な2曲です。モーツァルトは短調でも、明るく美しい曲を作った、と言われますが、40番に関しては、何か物悲しい雰囲気が、曲全体に漂っている様な感じがします。哀しみに浸り切っているとか、暗いと言うのではなく、霧がかったような、そんな感じです。
41番「ジュピター」は,、モーツァルト最後の交響曲です。これを聴いた人は皆思うでしょうが、本当に、まるでこれが最後だと、自分でも知っていて、その人生のフィナーレを、自分自身の曲で、見事に飾ったかのようです。スケールの大きさは圧巻です・・・・モーツァルト最後の曲という事での、先入観、だけでは無いような気がします。
オペラ・セリア「イドメネオ」は、冒頭部から、勇ましい、華々しい曲です。オペラ・セリアとは、「真面目な内容のオペラ」という意で、同じオペラでも「ドン・ジョヴァンニ」や「フィガロの結婚」はオペラ・ブッファというジャンルになっています。

演奏は、現在、「最も進歩的で革新的なモーツァルト演奏」として名高い、マルク・ミンコフスキ。

壮麗であり、躍動感溢れる、モーツァルトです。

4F H.A.L.3   宮川 いより

|

一瞬の出来事

先日お伝えした新製品情報、GRADOのGS1000なのですが、
昨日入荷いたしまして、即日完売いたしました。
週末を心待ちにいしていたお客様には、本当に申し訳ないです。
次回入荷は、8月初旬を予定していますが、
詳しいところはまだ未定です。
次回入荷時には、試聴機も入る予定ですので、
楽しみにしていてください。

じつのところ、私も一目見ていつの間にやら売られてしまい、
音も聴けずじまいで・・・次回に期待しましょう。
(勝手に開けて聴くんだった・・・)

東郷

|

5555オープン5周年イベント IN HAL3 VOL3

いつもご愛顧頂き有難うございます。

5555オープン5周年イベント IN HAL3 VOL3が決定致しました。
さて3回目はオーディオという視点を変え、その大元にあるソフトに注目してみました。そのソフトをつかさどる録音エンジニアを迎えてのイベントを行います。

比較的新しいレーベルですが、録音の良さには定評がございます。オーディオファイルならご存知のクラシックレーベル
fine NF

当初は長岡京室内アンサンブルの録音を出掛けておりましたが、活躍の場を広げております。このfine NFのこだわりは創立以来、3種信号入りSACD HYBRID DISCを一貫して制作している所であり、完全にオーディオを意識しているのではないでしょうか。そのfine NFのエンジニアである福井 末憲氏を迎えて録音現場の視点にたって講演していただきます。

オーディオはソフトがあってこその世界ですので、その裏側を知ることもひとつの勉強になるのではないでしょうか。

こういうイベントはあまりございませんので、クラシック好きなお客様以外でも楽しめるイベントになるのではないかと思います。

それでは、fine Nfのプロフィールをご紹介いたします。

fine NFのNFの由来はfine は、ラテン語の「究極の」が語源で、そこから「完成された」→「純粋な」→「精巧な」→「すばらしい」という意味に使われるようになりました。
fine にはもうひとつ、われわれの思いが秘められています。
1981年、日本フォグラムがTELARC社(アメリカ)と契約した際、創立者で現会長のジャック・レナー氏の指導を受け、ローラ・ボベスコ(ヴァイオリン)のレコーディング(LP5枚分)を行いました。それがわれわれ西脇、福井
のレコーディング・コンビの始まりでした。 
その後、PHILIPS Classis のオノ・スコルツェの指導を受けながら、PHILIPSのサウンド・ポリシーとレコーディング技術を学びました。
 TELARCもPHILIPSも実はその源流をたどると、アメリカのマーキュリーのレコーディング・ポリシーとテクニックに行き当たるのです。マーキュリーはステレオの1960年代から70年代にかけて、Hi‐Fiサウンドで世界に驚異的な衝撃を与えつづけました。
 ステージ上にセットされたわずか3基(Left、Center、Right)の集音マイクロフォン・システムから成るレコーディング方式を開発し、
オーケストラ録音に画期的な革命をもたらしたのが、当時の名バランス・エンジニア ROBERT FINE というわけです。 ROBERT FINEは、妻であり名プロデューサーであった WILMA COZART FINE とコンビを組み、「MERCURY LIVING PRESENCE」シリーズなど歴史的な音楽遺産(LP約3
50枚)を世に送り出しました。
 われわれは両氏の偉業に敬意をはらい、アドバンスド・テクノロジーの師と仰いで、われわれの音楽制作の原点がここにあるという意味で、fine NFを我々のトレード・マーク=レーベルとすることにいたしました。

                      音楽創造家 西脇義訓
                       録音家  福井末憲   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実際のところマルチチャンネルシステムでイベントを行いたいところですが、イベントとなるとマルチチャンネルの効果は数人のお客様にしかご理解いただけませんので、2チャンネルステレオでデモさせていただきます。ご了承下さい。
それでは、イベントの概要は以下をご覧下さい。

イベント概要

日時    8月5日 (土) 13時~14時半            
     
場所    5555 4F 試聴室

定員     15名 早いお客様順にさせていただきます。

進行    fine Nf プロデューサー西脇 義訓 氏 

             録音家    福井 末憲 氏  

協力    (株)日本マランツコンシュマーマーケティング 
      
    

皆様からのお申し込み心よりお待ち申し上げます。 

*今回のイベントは会員のお客様以外もお申し込みをお受付いたしますので、お気軽にお申し込みください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////

    4F H.A.L.3 

   島 健悟(火曜定休) mailto:shima@dynamicaudio.co.jp

     宮川 いより      iyori@dynamicaudio.co.jp

////////////////////////////////////////////////////////////////// 

|

2006年7月20日 (木)

Kたんと、神秘のパワー。

こんばんは、Kたんですっ (-ω・`人)-☆★

今日は①日曇り空…ちょっと肌寒いお天気でしたね。。
いつになったら、梅雨明けしてくれるのでしょう…??
こんなに長いと、ついついヤキモキしちゃいますね(*>д<人)

さあ、今日は梅雨なんか吹き飛ばす!
カラカラに晴れ渡った、クリニックの灼熱砂漠から、
こんな話題です。。

Photo_207 じゃん
クリニックの一角にそびえ立つ、ピラミッド。。

両側にはスフィンクスと、ナイルの守護神が構え、
宝を盗もうとするものに、罰を下すとか…

その名は[NAGRA PSA]。
この不可思議な形の、アンプが奏でる音楽は、
まさしく神秘の ピラミッド・サウンド

ジメジメ陽気をもきっと吹き飛ばしてくれること、うけあい。
クリニックにて、ゼヒゼヒご試聴を…。

さて!お次は、DRよりの伝言です!

    ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★

さて。独断と偏見による?
Beers_9
☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 95% !!☆
「ビール飲みたい !! 冷やしておこう!!」

    < ELAC社 設立80周年記念モデル発売!! >

Photo_208 Photo_209

2006年、ドイツ ELAC社は設立80周年になります。
記念モデルとしてスピーカー2機種が発売になります。

■ELAC BS-203A 定価\157,500税込ペア
   *STANDは別売り LS-STAND70HB 定価52,500税込ペア
2ウエイ・バスレフ型/JET Ⅲツイーター/ウーファー150mm
パルプ・アルミ・ハイブリッド・コーン/4Ω/バイ・ワイヤー
サイズW170H285D232mm/5.2Kg 1本

■ELAC FS 210A 定価\682,500税込ペア
3ウエイ・バスレフ型/トール・ボーイ/JETⅢツイーター 同軸ユニット
ウーファー180mmアルミ・ハイブリッド/ミッド50・105mm同軸ユニット
サイズW286H1114D348mm/31Kg 1本

近日中に入荷致しますので、
試聴レポートをHP「名機/珍品講座」へ掲載致します。
乞うご期待を!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新製品が大登場!
早くも注目度バツグンです!
クリニックでは、総力をあげて大特集!していきますvv
ご期待くださいませ~♪

以上、Kたんでしたっ(>ω<`*)/☆

|

2006年7月19日 (水)

アイスの食べたい季節です。

何となく、梅雨明けの予報が気になったので調べてみました。
関東甲信越、7月20日前後
らしいです。

そろそろ明けるんですね?、本当かどうかは判りませんが。
梅雨ってこんなに長かったかなーってのが正直な感想です。
そんなこんなで今日は、変な新製品情報

***** 新製品情報 *****

GRADOの新製品GS1000の情報です。
ん?んなの聞いたこと無いよ。
と言う方は正解かもしれませんね。
↓こんなの出ます。

Gs1000



GS1000 (GRADO)

実は先月の頭ぐらいに本国のHPに
いきなり掲載されたらしいのですが、
全く持って情報ナスな状況で、代理店からの紹介も無く。
格闘し、奮闘し、今日まですっかり忘れてた。
ここ1ヶ月のやり取りになります。

・初日のやり取り。

アホ店員「GS1000ってのが本国のHP載ったんですが入荷の情報有りますか?」
電話先1「なんですかそれ?全く判らないですー。」
アホ店員「・・・、そうですかー」

・3日後

アホ店員「GRADOのGS1000の入荷情報ありませんかー?」
電話先2「あーGRADOの、在庫あと2本ありますよー」
アホ店員「え・・・(何で3日でこんなに状況変わる・・・しかもさらっと言ってる・・・)」
アホ店員「それで・は・、定価いかほどになります?」
電話先2「んーちょっと待ってねー」
電話先2「大体1万5千円ぐらいかな?」
電話先2「まだ細かいことは決まってないみたいですー。」

アホ店員「そうですかー(ちょっ、一桁間違ってる・・・)」
アホ店員「ぞれじゃ在庫あるだけくださいなー」

何かノリで値段間違ってるの半分気が付きつつ、
あるだけ注文しちゃいまして、アホですね。
本日確認してみまして、定価はやっぱり15万円ぐらいになるそうです。

品物の方は、明後日には入荷いたします。(残り一本)
急な事なので、試聴機はちょっと先かもです。
細かいことは、電話かメールでお尋ね下さい。

電話番号:03-3253-5555

東郷

|

kたん、SWIM!SWIM!SWIM!

こんばんは、Kたんですっ(o*`≧ω)o!!

今日は1日、雨に降られちゃいましたね( ̄○ ̄;)
とっても暑かったり、肌寒かったり、
コロコロ変わって、変な気候です。。。

こんな時は、特に風邪を引きやすいので、
健康には要注意!です。。。

ぐずついたお天気は、夏本番前の充電期間だと思って、
この機会に、エネルギーを溜めれるだけ溜めちゃいましょう!!

さてさて、今日はフレッシュな新製品の話題が、届いております~♪
早速チェックチェック!です↓ どうぞ~☆★

   ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★

さて。独断と偏見による?
Beers_8
☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 90% !!☆
     「ビール飲みたい !! 冷やしておこう!!」

 < 伊AUDIO ANALOGUE社より新製品!! >

19

伊AUDIO ANALOGUE社より新製品が届きました!!
プリ・アンプ   BELLINI VB        定価\399,000
パワー・アンプ  DONIZETTI CENTRO  定価\399,000 
100W+100W

今回の特徴はプリ・アンプBELLINI VBにある。ってワケ。
①ヴァーチャル・バッテリー・システム
 R CH x 8個 L CH x 8個の充電池を搭載して、
 本体内においてセルフ・チャージをしている。
②PHONO MM/MC 入力搭載 MCは53db-79db間のゲイン調整可能。
ゲインはディップ・スイッチで。インピーダンスの調整は、
抵抗プラグの差し替えで行える。各カートリッジの適合値
10-200Ωの間可能。
③旧モデルより継承している高級感溢れる金属製リモコン付属。

シンプルなアルミのデザインは、AUDIO ANALOGUE の個性そのもの。
これからセットして聴こーと思う。
試聴レポートは、後日HP「名機/珍品講座」に掲載します。
乞うご期待を!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

期待のニュー・フェイス、実力やいかに!?
DRのHP「名機/珍品講座」にて、近日大特集!
乞う!ご期待!!

さてさて、昨日Kたんはいよいよプール通い開始!
気合充分!で挑んだのですが…

○スタミナがなく、泳ぎが続かない
○すぐ「ちょっと休憩」と言って休む
○ビート板などの浮き具に頼ろうとする

などの弱点が早くも判明!!
結局、お友達と談笑しながらのトレーニングで、

水泳→30分
お風呂→①時間

という脱力メニューに…(・_・;)
もっと頑張らなければ、理想体型には程遠いです(ToT)

と、言うわけで、また頑張ります!!

以上、Kたんでしたっヾ(ω<`**)

|

2006年7月18日 (火)

Kたん、うっかりフライング……(-"-;)

こんばんは、Kたんですっ (-ω・`人)-☆★

今日も、昨日に引き続き、雨降り…(-"-;)

雨もイヤだけど、暑いのもイヤ…(人д`*)〃
なかなかちょうどいい気候には、なってくれないものです…

さてさて、お話は変わりますが、今日からKたんは、
ジムに通います!!

初日の今日は早速、クリニックの帰りに、ジムに寄って、泳いで帰ります!
今から楽しみですっvv

ハリキリすぎて、朝から水着を着て来てしまいました…(((*人´Д`)
うううぅぅ、暑いです。。。

その割には、うっかりして、ゴーグルとキャップを
忘れてしまいました…(*>д<人)

困った…けど頑張って、お腹周り-5cm、目指しますっ!!

さてさて、今日のDRの伝言は、
珍しい、こ~んなレコードの話題です!

    ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★

さて。独断と偏見による?
Beers_7
☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 105 % !!☆
『ビールが美味いぞ!! 沢山冷やそう!!』

   

    < コステロのカラーLPレコード >

Photo_17

今回はエルビス・コステロのカラーLPレコード!!
1977年メジャー・デビューから数えて11枚目の作品。
(ジ・アトラクションズとソロとを含めて)

「BLOOD & CHOCOLATE / ELVIS COSTELLO & THE ATTRACTIONS」
1986年RYKODISC(原盤)発売なのだケド。
アッシの所有は、
西ドイツIMP/LINE レーベル1986年発売で白のカラー・レコード。

カラーLPレコードってゆーと。1960年代頃から出現して、
色はレッド/ホワイト/イエロー/グリーンが記憶にある。
当時の流行でサイケ調ってゆーレコードも有った。
ゆーまでもなく。サイケ・ロック・バンドの
ジェファーソン・エアプレインのレコードだったケド。

CDの時代になってカラ。デイスクそのものがトレイに載って
CDプレーヤー本体の中へ入って行ってしまうカラ。
ディスクが見えない。

アナログ・プレーヤーはディスクの回転を見ながら聴くカラ、
不思議と?演奏者のパワーや感性が伝わり易いのカモ。
聴き手も「さあ!! これから音楽を聴くぞ!!」ミタイな気合をいれて聴く。

そして目に見える 遊び感覚 として、
色がキレイなカラー・レコードの存在が有ったのだと思う。
夢のある時代だった。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Kたんも見てビックリ、真っ白なレコード…
昔、雑誌の付録とかについてた、ソノシートを、
思い出しちゃいました。。。
カラフルで、とってもキレイでしたよね(*^_^*)

色とりどりのレコード、探してみたら、意外と近くに、眠ってるかも…。。。

以上、Kたんでしたっ(>ω<`*)/☆

|

透き通るぬくもり~OCTAVE~

こんにちは。
先日、昔発表会で弾いた、ベートーヴェンのピアノソナタ「告別」を久々に弾いてみたのですが、指が全然鍵盤の位置を忘れていて、超スローテンポになってしまい、ガッカリの、宮川です。

さて、最近、何故か、真空管アンプが気になります。
当フロアにも、2ブランドの真空管アンプがありますが、とても美しいです。トランジスタの、スマートでクールな筐体の間に、真空管の、円筒形の硝子に、照明が反射して光って見えると、何だかほっと、癒される感じがします。
そのせいか、真空管の音はしっとりと、温かく優しく聴こえます。

そんな中、少し違った感触をうけたのが「OCTAVE」のアンプです。Octave_pre Octave_2
・Pre amplifier : HP300 \682,500(ラインレベル)
・Power amplifier : RE 280MKⅡ\924,000
 ※価格は全て税込

真空管から受ける、あの温かみはもちろんあるのですが、それと、透明感と言うか、爽やかさと言うか・・涼しげな、綺麗めな音色が加わる様な感じがします。・・・自分が聴いた音色の感触を伝えるのは、こういう時、とても難しいと感じます・・語彙が貧困なので、上手く表現出来なくてもどかしいのですが・・・

外見も無駄のない、薄型のスッキリしたボディ、ちょっとメカっぽい造りが、かえってお洒落な感じがします。

温かさと清涼感の、絶妙なバランスです。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

2006年7月17日 (月)

レクイエム

部屋が片付かないのでギターを一本捨てることにした。

少しずつ減らして今何本あるか数えていないが、

最も多い時で12本あった。

そんなに持っていても一度に弾けるのは1本なのだが。

最も一般的な楽器であるため挑戦する人が多く、また挫折する人も多い。

友人、知人、親戚がギターをやめる度に引き取ってきた結果なのだ。

今回捨てることにしたのは無銘のガットギター。

ペグが砕けてネックも曲がっている。

修繕できないことはないが、直したところで納得できる音は出そうにもない。

とはいえ、楽器を捨てるのは心が痛む。

エレキギターの場合はパーツごとにバラバラに分解して、なるべく元の形が分からない状態にしてから捨てるのだが、ガットはそうはいかない。

ごみ捨て場に立てかける瞬間心のなかで念仏を唱えて踵を返すも、背中に視線を感じる。

そのままの姿でこちらを見ているような気がする。

すまぬ。

Guitar_toka_yubi

6F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

海の日と言うよりは雨の日

梅雨はいつ明けるんだ。
最近そんなことばかり考えています。

この3連休、蒸し暑いは、雨には降られるはで、
散々でしたが、いかがお過ごしでしょう今日で最終日ですね。
明日からは・・・なんて方も多いと思いますが、
私は明日休みです。(聞いてませんね)

***** 新製品情報 *****

アコリバの新製品情報をとも思ったのですが、
Blogを見るとここ連日、DrとKタンが紹介していましたので、
とりあえず、両方とも1Fに在庫ありんすということで。
(いつもいいかげんですみません。)

本日はちょっと違うものの御紹介です。
NanotecSystemsのGoldenStradaと言えば、
切り売りのスピーカーケーブルとしてご存知の方も、
多数おられると思いますが。

↓こんなの出たみたいです。

001_7








GoldenStrada #201 Dual Core Shield Cable

ケーブル自体はGoldenStrada #79と同じ材質で、
同軸構造になり、少し細めになっています。
詳しくは↓をご覧下さい。
http://www.nanotec-systems.jp/

最初見たときに、プラグの付いてない状態で、
こんなの作ってみました!!!と意気揚々とケーブルだけ渡されて、
ん、んんん?
変に短いけどシールド付きの細身のスピーカーケーブル?
とか言って、嫌な顔されたのはヒミツです。
最初見た時、プラグがまだ出来て無いとかで、
ケーブルのみだったんですよ・・・。

東郷

|

Kたんと、キョーフ!弱肉強食!!

こんにちは、Kたんですっ(o*`≧ω)o!!

今日もまた暑い!朝から汗だくだくです( ̄○ ̄;)

そんな日は、DRオススメ!のこのディスクを聴いて、
暑さもエネルギーに変えて、盛り上がっちゃいましょう~♪

    ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★

さて。独断と偏見による?
Beers_6
☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 105 % !!☆
 「ビールが美味いぞ!! Hotter than yesterday!!」

     < JAZZの老舗が贈るラテンJAZZ >

Latino_blue

こー毎日暑いとアッシ的には気分もラテン・モード。
で。音楽も愛するラテン音楽が聴きたくなる。ってワケ。
この暑さ中で最近GETしたCDが、
JAZZの老舗 BLUE NOTE レーベルが贈るラテンJAZZ。

「LATINO BLUE 」オムニバス盤 2000年発売。
BLUE NOTE 7243-5-21688-2-8
全13アーティスト/14曲収録

ウイリー・ボボ/マチート/キャンディド/サブー/ケニー・ダーハム
クレア・フィッシャー/ソニー・スティット/JAZZクルセダースe.t.c.
ラテン界とJAZZ界の有名どころより全13アーティストの14曲を収録。

アッシ的には。CD店でCDジャケットを眺めていて気になったのが、
ラテン界のアーティスト達よりむしろJAZZメン達。
どーゆー風にラテン風アレンジをして演奏するのか?
特にJAZZクルセダース(現クルセダース)。

曲AGUA DOLCE は1965年録音。昔からこーゆー下地があったからコソ、
近年までTOPクラスのフュージョン・バンドと君臨しているのだろー。
ラテン音楽とJAZZの融合。元々JAZZにはラテン音楽の要素が、
ふんだんに取り入れられているカラ。
「別に今さら? 何をゆーか?」って。
自問自答している。ってワケ。

オムニバス盤って、あまり買わないんだケド、
「LATINO BLUE 」は、これ1枚でカナリ楽しめた!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1枚でお腹いっぱい、大満足なこのディスク!
情熱の音色に、酔いしれてくださいませ~(^∀^)

さてさて、昨日Kたんがお家に帰ると、
玄関の扉に、特大のゴキブリが!!!

Photo_205 じゃん。
(怖くてこれ以上、接写できませんでした)

うわぁ、どうしよう~…!!!
ふと下を見ると、そこにも、何と特大のクモが!

このまま扉を開けたら、家の中に、
クモとゴキブリが1度に入ってしまうことに…

そんなコトになったら、お家の中は、大パニックです!!
何とかそんな事態は避けようと、
Kたんは威嚇のために、扉をちょっと、蹴っ飛ばしました。。
どっかいけ~!!

すると、その衝撃でゴキブリが下に落ちました!
おお!!と思ったその瞬間!

ガブッバリッギャッ○×※∞◇△×○×※∞◇△×…

ものすごいイキオイで、クモが落ちてきたゴキブリに飛び掛り、
そのまま喰らいついたではありませんか…!!

うぎゃああああ!!!
しかも、Kたんは動転のあまり、
ゴキブリを咥え込んだクモのちょうど真横に、
玄関のカギを落っことしてしまいました(●'Д`人)〃

まるで漫画みたいな展開…どうしよう、カギがないとお家に入れません…

Kたんは勇気をふりしぼり、扉を断続的に蹴っ飛ばし、
威嚇音波を、クモへと送りつづけました、、、(・_・;)

すると、クモは、ゴキブリを決して放すことなく、
抱えたまま、闇夜に消えていきました………。。。。。。

まさに弱肉強食!自然界はサバイバル!!
そんな現場を目撃して、食欲のなくなったKたん…
タイミングの悪いことに、晩ご飯のおかずは大好物の、
ハヤシライスでした…(ToT)

真夏の夜の、悪夢のような出来事、
早く忘れたいです…

以上、Kたんでしたっヾ(ω<`**)

|

2006年7月16日 (日)

kたんと、ほんわか。電車の旅。

こんばんは、Kたんですっ(o*′ω`*)/☆ 

毎日毎日暑くって、気付くと「暑い~…」って、
ついつい、口に出してしまっています…。。
今からうだっていたのでは、暑さ本番!の8月は乗り切れません!
気合を入れて、頑張っていきましょう~!!

さてさて、Kたんは、東京で唯一の路面電車である、
都電荒川線に乗ってきましたよ~♪

Kたんの通っていた学校が、池袋の近くだったので、
池袋王子間は、何度か乗ったことがあるのですが、
今日乗ったのは町屋~終点の三ノ輪間。
母にお使いを頼まれて、行ってまいりました☆★

Photo_206 2_17 じゃん。

Kたんは、うっかり間違えて、
1回、行き先の違う電車に乗ってしまったのですが、
1駅目で気付き、あわてて降車!!
何事も、確認ってダイジです。。。(^。^;)

所変われば、やっぱり同じ路線でも、
車窓からの景色は違います~(‘o‘)ノ

池袋巣鴨王子なんかは、
車がびゅんびゅん通る大通りを電車が走り抜けたり、
繁華街は結構人通りもあってにぎやかな感じですが、

町屋から終点までは、まさに住宅地の真まん中!
住んでいる人達の息づかいまで聞こえてきそうです…ヾ(uωu*o)

この電車の特徴は、とにかく、お年寄りの乗客が多いコト!
車内では、シルバーシートと明記されていない席でも、
若者がお年寄りに、当たり前のように席を譲っています。。

席を譲るという、ちょっとした事なんだけど、
恥ずかしかったり、言いづらかったりと、
なかなか出来ないことが、自然に出来る、
とってもステキな空間だと思いましたo(^-^)o

どうぞ」「ありがとう
こんなやり取りに、ちょっと心が温まった、朝でありました…(^_^)

さてさて、本日のDR's伝言は、あの大ヒット商品の姉妹品のご紹介!
効果バツグン!早速チェックチェック~♪
 
   ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★

さて。独断と偏見による?
Beers_5
☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 105 % !!☆
「ビールが美味いぞ!! Hotter than yesterday!!」

      <アコリバより、もーひとつのGoods発売!! >

Photo_204

アコリバことAKOUSTIC REVEIVEより好評発売中のショート・ピン 、
SIP-8(RCA用)とBSIP-2(XLR用)だケド。
入力端子専用なので、出力端子用も待ち望んでいた。ってワケ。

各機械の空いているデジタル/アナログ入力端子はほこりやゴミ
だけでなく、ノイズの混入の原因となっている。
そこで入力端子をショートさせることによってノイズ混入を防ぐ。
分解度の高いクリヤー・サウンドが生まれる!!
真鍮と2017航空機レヴェル・アルミ合金を採用。
振動制御効果もある。ってワケ。

新発売 IP-2 はSIP-8のセンター・ピンにテフロンを採用。
ショート機能を排除して、出力端子用の防振プラグ。
材質はSIP-8と同様。

アッシ的には。GOLDMUND MIMESIS SRP2.3ME に差込んで、
その効果にタマゲタしだい。ってワケ。
早速試したい!!

Sip8bsip2
■ACOUSTIC REVIVE IP-2 定価\3,990税込(2個1組)
*注:写真はSIP-8とBSIP-2

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新発売で、早速大ヒットの予感ぎゅんぎゅんです!
もうコレは、買って試さずにはいられません!

以上、Kたんでしたっ(*αωα)/☆

|

中古情報

7月16日現在のAccessoryMallの中古情報です。

ケーブル

・Model-02DB 1m AES/EBU (HIRO MUSIC)
             \128,800(税込)

・7.8N‐AC780 1m (Ortofon)
             \10,500(税込)

スピーカーケーブル

・MAXIMUS‐BI・WIRE 1.5m (PuristAudioDesign)
             \71,400(税込)

ヘッドホン

・HD-600(SENHISER)
             \41,790(税込)

・ATH-A7X(audio-technica)
             \6,800(税込)

コードレスヘッドホン

・ATH-DCL3000(audio-technica)
             \52,290(税込)

***** 開封特価品 *****

HDMIケーブル

UHH 3.0m (WireWorld)
             \27,720(税込)

変換アダプタ

HDMI(M)-DVI(F) ADAPTER
             \4,800(税込)

電話及びメールでの問合せ、電話でのお取り置きも可能です。

電話番号03-3253-5555 (営業時間 11:00~20:00)
Mail:shimizu@dynamicaudio.co.jp

東郷

|

イベント情報

梅雨はいつになったら明けるのか、
昨日はお湯みたいな雨が降っていましたが、
今日も微妙に天気が悪く、雨がぱらついたりしています。
天気は暑かったり雨だったり、ですがいつもと変わらずお待ちしております。

話しは変わりますが、現在イベントを行っております。
期間は7月15日~25日の10日間
詳細は1Fのホームページのほうにありますので、
下記を参照してください。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/1f/event5555.html

この機会に、狙っていたアイテムを手に入れてみては?
おまちしております。

東郷

|

« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月23日 - 2006年7月29日 »