« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »

2006年7月15日 (土)

椅子までも。

先日レイアウトを変更して、格段に
音質面でグレードアップをはかれたと
思っているのですが、それに伴って試聴用の
椅子までグレードアップしちゃいました。

今までは↓

Chair1

それが・・・・

Chair2

今まではイベント用に使用していた
椅子でしたが、豪華なウッドチェア
になりました。座った感じもかなりグッド!

このウッドチェア、匠のCH-1と言うらしい。
詳しくは当店の2階で扱っておりますので
ご興味ありましたら、2階スタッフまで
お問合せ願います。

椅子が変わっただけなのに、
音が3割増で良くなったかも・・・。
とか思ってしまうのでした。

ではまた。

7階 担当 野田 noda@dynamicaudio.co.jp

|

kたんと、恐怖!の熱帯夜… (´Д`)

こんばんは、Kたんですっ (-ω・`人)-☆★

今日も頭痛がするほど、暑かったですね…(人д`*)〃

そういえば、灼熱の暑さで、
すっかり通り越してしまったように思っていたのですが、
梅雨明けって、まだでしたよね('_'?)

今日の秋葉原は、昼間、
突然のにわか雨と、激しい雷に襲われました(((*人´Д`)

DRのお話では、一発ドカーン!とおっきな雷が鳴れば、
それは梅雨明けのサインなんだとか。
ジメジメ季節とはさようなら、
いよいよ本格的な夏、到来です☆★ 

さてさて、今日は衝撃的なニュースからお届けします!

「な、なんと…あの!人気商品がついに現役引退宣言!?」
気になるニュースの全貌は、早速↓をチェック!!

    ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★

さて。独断と偏見による?
Beers_3

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 135 % !!☆
「ビールが美味いぞ!! Hotter than yesterday!!」

          
      < ソフト・コレクターの必需品 >
Rd2

ディスク消磁器ACOUSTIC REVIVE  RD-2 が生産完了。ってコト。
ソフト・コレクターの必需品ともゆーべき逸品。
残念!!

そもそもCD/DVDディスクはプラスチック製だカラ。
それだけで静電気を起こす。ましてや、コレクターで
数多くのCD/DVDディスクを棚に収納していると、
隣同士、上下同士で帯磁してしまう。
Bitを刻まれた内部アルミ・ディスク自体が磁性体ダシ。

さらに。CD/DVDプレーヤーで再生する際、ピックアップ部の強力なマグネットと
モーターが回転する際に発生する磁束により帯磁してしまう。ってワケ。

そこで。常に音楽/映像をイイ状態で再生する為にも、
アッシらコレクターにとってディスク消磁器は必需品。ってワケ。
毎回の再生時は勿論のこと、長く棚に収納しているディスクは
必ずこのディスク消磁器ACOUSTIC REVIVE  RD-2を使いたい。

帯磁したもっこり曇った音が、
RD-2使用後 → 透明度の高いクリヤーな音が甦ります!!

実はこのRD-2は二世代目で、一世代目より消磁の時間が20秒に延びた改良型。
三世代目RD-3はマイナス・イオン発生で音に変化を?
また。裏技でケーブルの消磁にも役立ち効果覿面!!
コレクターの方には、お安く買える朗報。ってワケ。
是非、お手元に!!

■ACOUSTIC REVIVE  RD-2 定価\32,550税込 > 展示品\22,785税込
詳細は下記でどーぞ。
http://www.acoustic-revive.com/dd.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コレクター必須アイテムは、今がゼッタイ買い!
お求めは、お早めにどうぞ~♪

さてさて、今朝、Kたんはこ~んな、恐怖体験をしてしまいました。。。

Kたんは、昨日徹夜して、頑張って描いたイラストに、
うっかり絵の具をこぼしてしまいました…(≧д≦`人)

慌てて拭き取ったものの、絵は台無し…
「せっかく頑張ったのに、ムダになっちゃった…」
と、Kたんは嘆き、カンシャクを起こして、
絵の具をぽいぽい、壁に投げつけました…

すると…

ぐしゃぁぁあああ…

絵の具があたりに飛び散って、
Kたんの買ったばかりのワンピースや、お気に入りのぬいぐるみやらに、
べったり!!色がついてしまいました…
Photo_203 ぎゃあああああ!!!

どうしよう、どうしよう~( ̄○ ̄;)
慌てて、半分泣きながら水で洗いました…
後悔先に立たず。。。夢なら早く覚めて~!!

ああ~どうしよう、洗っても洗っても、絵の具が落ちない~人(д≦`○)

と思ったら、
目が覚めました…夢でよかった~…(^。^;)

ぬいぐるみも、ワンピースも無事でしたvv

こんなに暑いと、ついイライラしちゃいますが、
短気を起こしちゃダメってことですよね。。

何事もゆとりを持って、大きな心で臨みましょう♪
そんな教訓を得た、今朝の恐怖体験でありました………(・o・)

以上、Kたんでしたっ(>ω<`*)/☆

|

音色の力

Burmester_2 BURMESTERの専用ラックがやってきました。

目映いクロムを収めるラックは落ち着いた深い色の木目。

個性的で目立つルックスですが、一箇所にまとまると統一感からか穏やかに見えます。

音の方も一段と部屋に馴染んでまいりました。

HRS-120から溢れ出る「CAETANO VELOSO」の声。

とても気持ちが良い。

このスピーカーはガンガン音量、音圧が出るタイプではないが、

小音量でも濃い音が背骨を突き抜けるような鳴り方をする。

Hrs120_2 微細な音の「ひだ」に体を撫でられるような快感。

これは最も贅沢なオーディオの鳴らし方のひとつです

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

足跡、道行き、まほろば・・・「明日の記憶」

只今、熱く盛り上がっている邦画劇場作品、「LIMIT OF LOVE 海猿」や「有頂天ホテル」(DVD絶賛発売中)、今なら「DEATH NOTE」などなど・・・
そんな中で、身近に誰にでも起こりうる出来事に重きを置き、人を見つめた秀作がいよいよDVDソフト化との情報が入ってまいりました。まずはこのブログをご覧の皆様へお知らせいたします。

□ 10月21日 DVD「明日の記憶」リリース □
Photo_202    キャスト:渡辺謙、樋口可南子ほか
    原  作:荻原浩
    監  督:堤幸彦

荻原浩氏(原作)の1冊の本との出会いは俳優・渡辺謙を大きな運命へと導いて行った。
原作を手に「明日への記憶」の映画化に動いた渡辺謙は、初主演ながら、エグゼクティブプロデューサーをも担当。その熱き思いは堤(幸彦)監督や樋口可南子等キャスト陣の心を揺り動かし、原作に劣らぬ最高傑作が完成。〈東映作品紹介文より抜粋〉

現在、社会問題として取り上げられる機会も多くなった「若年性アルツハイマー病」を題材に夫婦の絆を綴る。 
下記のアドレスにてDVD化の詳しい情報がご覧いただけます。

         ↓ こちらです ↓
http://www.toei-video.co.jp/DVD/sp21/ashitanokioku.html

空を飛ぶヒーローや火を噴く怪獣、未来の道具は出てきませんが、日常の灯火に感じてみてはいかがでしょう。

|

2006年7月14日 (金)

ニューズウィーク誌(日本版)が大特集!!

今、海外TVドラマが熱い!!

7月12日発売の「ニューズウィーク日本版/丸ごと1冊海外ドラマ」で、全米で話題沸騰のTVドラマ・シリーズ2作品の各1話を完全収録したDVDが付録で付いてました。
「デッド・ゾーン」と「4400 -FOURTY FOUR HOUNDRED-」がそのタイトルだったんです。
お試しと思っていたのですが、見てビックリ! 「デッド・ゾーン」の原作は“シャイニング”や“グリーン・マイル”のスティーヴン・キング。それだけでも何か怪しげな期待を持たせてくれますが、内容はそんな思いも吹っ飛ぶくらいに壮大(・・・な風呂敷?)!!
まだ、観賞できるチャンスはこれだけですが、そりゃもう人間の本質が・・・っと、この先が気になるところですが、とりあえずは9月に発売予定があるとの事。もんもんと待つことにして、今は軽くリラックス・・・

・・・と、言う訳で「今週のモーツァルト・アワー」はこちらの1枚です。

2012 「モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第12番」(CD)
 /ルドルフ・ゼルキン(ピアノ)
  ロンドン交響楽団
  指揮:クラウディオ・アバド
 
まずは一聴、お試しあれ。

|

レイアウトを変えてみました

何となく納得が出来ない部分があったので
レイアウトの変更を行いました。

以前に比べて、スピーカーの間隔が広がり
また、スピーカーの間が多少すっきりとしたおかげで
グッと良くなった気がします。

Room1 変更前→Room2 変更後

単なる自己満足だけでは無い、と思っていますので
以前ご試聴頂いた方々も、もう一度楽しんで頂けると思います。

皆様のご来店をお待ちしております。

7階 担当 野田 noda@dynamicaudio.co.jp

|

【Mozart Hour】

Mozart_sonatasforpianoandviolin_1 今週の【Mozart Hour】もモーツァルト大全集から第12巻『Sonatas for Piano and Violin』です。
先週と一緒じゃんと言われそうですが、しっかり今週も流します。
もちろん7枚組なのでまったく同じではありませんから大丈夫です。

今週かけるのは1枚目の『ピアノとヴァイオリンの為のソナタ 第1番から第7番』までです。
この『Sonatas for Piano and Violin』をかけていて思ったのですが、普段R&BやSOUL、ROCKを聴いてる僕でもとても心地よく聴けるものだと思いました。

これでクラシックにハマるという事はないでしょうが、少しだけ良さというものを感じれたのではと思います。
5555で【Mozart Hour】をやっているこの土日にお店に来られた普段クラシックを聴かないお客様たちにも僕と同じように意外と聴けるよねと思えてもらえたら良いかなと思います。
是非【Mozart Hour】を体験されに来られたらいかがでしょうか?

   2F    takebayashi

|

5555Mozart・Hour Vol.12

Bissacd1263_72_150 これ素晴らしい音してます!!

Wolfgang Amadeus Mozart
Concerto in A major for Clarinet and Orchestra, KV 622   1. I. Allegro 12'12

Clarinet Quintet in A major, KV 581   4. I. Allegro 13'09

Martin Frost, clarinet
Vertavo String Quartet, ensemble
Amsterdam Sinfonietta, orchestra
Peter Oundjian, conductor

特にマッチングしたスピーカーはオーストリア生まれのlumenwhite Silver Flameです!!

いや~、これはお聴かせしたいな~(^^ゞ どうぞご来店を!!

|

MAJIK SYSTEMイベント!

こんにちは。Mr.INOSEです。明日より2階、5階フロアー合同イベントのLINN、MAJIK SYSTEMが3階へまいります。Mr.INOSEお薦めのKRIPTONのVigore KX-3との組み合わせにてデモを行います。シンプルなLINNのサウンドにKX-3の緻密なサウンドを組み合わせるとどうなるか・・・。Majik 詳しくは“貴方の耳でご確認下さい!きっと素敵な出会いがありますよ。3階ではMAJIK CDのブラックバージョンも展示を行っておりますので、デザインでお悩みの方は、是非店頭でお確かめ下さい。ご来店お待ちしておりま~す。

Kx3_2 LINN MAJIK CD  標準価格  \450,000(税込)

LINN MAJIK KONTROL 標準価格 \400,000(税込)

LINN MAJIK 2100 標準価格 \300,000(税込)

KRIPTON KX-3 標準価格 ¥252,000(税込)

◆ 展示期間  7月15日 ~ 7月21日

3階 猪瀬  

|

kたん、うっかり大ピンチ!!

こんばんは、Kたんです(o*`≧ω)o!!

今日は、昨日にも増して蒸し暑くって、
まるでサウナの中を歩いているみたいでした…。

外に出るのが本当にユーウツです…( ̄○ ̄;)

さてさて、明日はお待ちかねのモーツアルト・アワー!!
今週は、涼し~いクリニックで、コチラのディスクをどうぞ♪

    ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★

さて。独断と偏見による?
  Beers_4

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 130 % !!☆
「ビールが美味いぞ!! もっと暑くなれ!!」

「5555 Mozart・Hour」
今週の選曲

14

今週のウルフィーはピアノ。

「MOZART PIANO SONATAS No.5&8 / STEFAN VALDAR」
ソニー・クラシカル1991年発売 SK-46700

ピアノはベーゼンドルファー使用。
1990年10月15-18日 ウイーンにて、20-Bit デジタル・レコーディング。
比較的ONマイクにて収録されているケド、
指が鍵盤を叩く音、鍵盤のマットが弦を叩く音が
直接的でなく嫌味がナイ。

ピアノの胴の響きが演奏会場のホール・トーンとなって、
リスナーへと回り込んで来るのではナイ。
家屋の響きを最小限に抑えて利用し、
指が鍵盤を叩く音、鍵盤のマットが弦を叩く音を
見事に表現している。ってワケ。

演奏者の技術と録音技術が一体化された作品。
両者ともモーツアルトを良く理解しているのだろー。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

思わずウットリの、かっちょboyが弾くピアノは一聴の価値アリ!
クリニックのオススメシステムが奏でる音色に、
ゼヒゼヒ酔いしれてくださいませ~(^∀^)

お話は変わりまして、お腹まわりのゼイ肉が気になりだしたKたんは、
ついにジム通いを決意!!

よ~し、今日入会しに行くぞ~!!
印鑑持ったし!
申し込み書持ったし!
カンペキ!!

と思いきや…

おサイフ忘れた…( ̄○ ̄;)

あああ~おサイフには、
入会に必要な身分証明書と、会費が入ってるのに~(人д`*)〃
入会金無料のキャンペーン、今日までなのに~!!!

せめて、お金だけでも何とかならないかな…?
と思い、ポケットを探ってみたら、、

5円玉が15枚…

足りない…

う~ん、どうしよう…

以上、Kたんでしたっヾ(ω<`**)

|

6F MOZART

Moz_art

「MOZART SONATAS CIPRIANI & CIOMEI」

二人の名人による息のぴったりと合ったピアノとヴァイオリンによるコンビネーション

稚気」とでも言うべきものを音楽の中で活き活きと躍らせる。

私がモーツァルトに期待しているのはそういう音。

聴く者のなかの未開の部分を刺激する音。無垢なる激しさ。

エリック・サティやリチャードD・ジェイムスの音楽にもそれがある。

彼らはしばしば天才とか狂人とか呼ばれたりする。

では、彼らを天才だとか狂人だとか言ったりする「我々」は一体何者なのでしょうか。

6F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

mozart hour & more

623今週のモーツァルトはコレ。
SINFONIA CONCERTANTE K.364・CONCERTNE K.190
演奏:Israel Pilharmonic Orchestra・Zubin Mehta
使用機器:ARCAM CD192ST・A90 スピーカー:Harbeth HL Compact7ES/2
ブリティッシュサウンドでお楽しみ下さい。


モーツァルトとは全然関係ありませんが、最近テレビやCMなどでよく耳にする曲で
とても好きな曲があるので紹介したいと思います。
864
Sunmin Than X Kubota/Keep Holding U
日本沈没という映画に使われています。
久保田利伸と歌っているのは韓国人アーティストSUNMIN。18歳とは思えない声をしています。
お店でかけようと思っていたのですが、隣の石○さんでがんがんかかっていたので辞めました。

気が向いたら聴いてみてくださいね。

3階 アシスタント 末廣


|

5555 Mozart HOUR in H.A.L3 vol.11

こんにちは。
7月も半ば、そろそろ夏・到来の気配、冬生まれの身には辛い季節が来たな・・と感じております、宮川です。

それでは、今週のモーツァルトです。

P1010094 ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 《 戴冠式 》
ピアノ協奏曲第23番 イ長調

ピアノ:フリードリヒ・グルダ / ニコラス・アーノンクール指揮
アムステルダム・コンセルトへボウ管弦楽団 / 1983年9月録音

今回は、モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも、特に有名な2曲。
第26番《 戴冠式 》は、モーツァルト晩年の作にしては珍しく、下降の一途を辿る人気に歯止めを掛けるべく、聴衆の好みを意識して書かれた作品と言われています。モーツァルトが歳を重ね、その作風に深みが増していくに連れ、当時の聴衆の理解のレベルを遥か超えたものとなってしまい、人気が落ちて行ったというのは、何とも皮肉な話です。「戴冠式」の名の通り、華々しい祝典的雰囲気のある曲で、ピアノソロパートにも華麗な技巧が用いられ、聴いていて、曲に巻き込まれて行くような感じがします。
第23番は、ゆったりと流れるような、柔らかな第一楽章から始まり、やや憂いを感じさせる曲調を、フルートやクラリネットと美しく絡ませて奏でる第二楽章、華やかな主題から、いくつもの魅力的な副題を展開して行く第三楽章まで、全体として、優美で洗練された雰囲気の曲です。

演奏は、ウィーン三羽烏の一人、アルゲリッチの師匠でもある巨匠、フリードリヒ・グルダ。この上なく優美で、神がかったように美しい、モーツァルトです。

4F H.A.L.3    宮川 いより

|

2006年7月13日 (木)

Kたん、汗びっしょり…(-.-;)

こんばんは、Kたんですっ(o*′ω`*)/☆ 

ブログのメンテナンスも無事終ったようなので、
今日からまた、更新します~♪
毎日更新を目指していますので、どうぞこれからも、
「Kたんのぶろぐ」をよろしくお願いしますっm(цωц*m)

今日は、本当に暑かった!ですね…( ~っ~)

Kたんは今日、お昼やすみにお買物に行ったのですが、
お目当ての場所を探しているうちに、どんどんヘンな方向へ行ってしまい、
結果、道に迷ってしまいました…。

Photo_198 ここはどこ~??

思えば、最初に「こっちへ行ったら近道に違いない」と
かたく!信じていった道が、じつは全然違う方向に続いていて、
第6感(カン)だけでずんずん進んでいったら、
ついにもと来た道が解らなくなり、帰れなくなってしまったのです…。

どうしよう~クリニックへ帰りたいよ~ (人д`*)〃
半分泣きながら歩いていたら、あれ、見たことある看板が…

Photo_199 じゃん。

ここは、淡路町だ~!!
やっと、知ってる通りに出て、無事帰ることが出来ました…(-.-;)

外はとっても暑くって、ヘンな汗やら、普通の汗(?)やら、冷や汗やら、
いっぱいかいて、汗びっしょり…

お買物も出来ず、げんなりな午後でした。。。

さて、気を取り直しまして、今日のDRの伝言は、
W杯で大盛り上がりのあの!国からの話題です~♪

  ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★
  
     < ブログ本日より再開致します!! >

  Beers_1  ☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 120%!!☆

Photo_201

この度、サーバーの都合によりまして中2日間、
初めてブログを休刊させて頂きました。
読者の皆様にはご迷惑をおかけ致しまして、
大変申し訳有りませんでした!!
今回よりK-たんもアッシも毎日の更新を目指し頑張ります!!
今後とも宜しくお願い致します。

で。W杯 イタリア優勝おめでとー御座います!!
タイミング良く? イタリアのユニゾン・リサーチ社より
新製品 真空管プリメイン・アンプが発売になりました。

その名は PRELUDIO で、サイズがW374H170D350mmってゆー小サイズ。
前段増幅とパワー・ステージ・ドライブは双三極管ECC82でピュアA級動作。
出力段にKT-88シングル。出力トランスを搭載。このサイズで14W+14Wを実現。
この小サイズでもパワー感を望める。ってワケ。

ユニゾン・リサーチ社の個性でもある木材の使用。
温もりのあるデザイン性を演出するだけでなく、
金属シャーシによるレゾナンスを抑える効果がある。ってコト。
同社旧モデル 名機SIMPLY TWO 後を引き継ぐ頼もしいヤツ。
でも?未だ聴いてない。(笑)

■UNISON RESERCH   PRELUDIO  定価\367,500税込
真空管プリメイン・アンプ/純A級14W+14W/デュアル・モノラル/
シングル・エンド・リニア/入力4系統/使用真空管KT-88x2,ECC82x2
サイズW374H170D350mm

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

期待の新製品に、胸膨らみます!
乞う!ご期待ですvv

夏のひと時は、暑さ知らずの、涼しいクリニックで
ゆっくりとご試聴を、お楽しみください~☆★

以上、Kたんでしたっ(*αωα)/☆

|

ARTIKULAT

Artikulat350

LINN ARTIKULAT 350 \3,000,000(税込)

ARTIKULAT 350を1週間の期間限定で
メーカーよりデモ機をお借りしました。
7階にてご試聴可能です。
350はベース部のみ500Wのチャクラパワーを
搭載したモデルです。
明日にはフルアクティブタイプのARTIKULAT 350A
も入荷予定。アクティブ、パッシブの比較試聴も可能です。

是非一度、ご試聴ください。

7F 担当 野田 noda@dynamicaudio.co.jp

|

『REVOLVER』

最近多いのが紙ジャケットのCD。
アナログ盤のミニチュアみたいで可愛らしいしカッコイイ!ついついジャケ買いしてしまったり・・・
何よりもCDになっていなかったり廃盤になったようなアルバムが以外と紙ジャケットで復活してるのが多いですよね。
凄い貴重な音源とかもあったりそれはそれは嬉しい事だし数枚なら飾ってもお洒落にみえるかもしれない。
しかし・・・これがどんどん枚数が増えてくると大変な事になってくる。
CDが並んでいる棚に一緒に並べたいのだが微妙に背が高くてCD専用の棚の中には高さがギリギリだったりする場合がある・・・
買った時についてくる保護用のビニールに入れたまま並べてしまうと、どれがどのアーティストのどのアルバムかも判らなくなってしまう。
判りづらいからとビニールを外して並べても紙ジャケットの薄さは僅か数ミリ・・・
・・・・・・と言うわけで最近紙ジャケットのCDをなるべく避けたいと思いながらも欲しいCDが紙ジャケットで発売してくる事に密かにイライラしています。

さて愚痴はともかく今日はあまり知ってる方も少ないのではないかと思うスピーカーの紹介。
Rw16 『REVOLVER』【R16】です。
特に新商品って訳ではないのですがちょっと気になるスピーカーという事で今回取り上げてみました。
ユニット部分が特徴的でグラスファイバー製になっています。
見た感じよりもずっと量感もあって以外にもやさしく丁寧な印象をうけました。
低域もブックシェルフという事で「出てるなぁ」って感じこそありませんがとてもタイトでしっかり鳴ってくれます。
意外にも素敵な空間を創ってくれるこのスピーカー。あなどれません。
ちょっとしたコーナーを作りました。
是非自分の耳で聴いてみてください。

   2F   takebayashi

|

2006年7月10日 (月)

「AVALON DIAMOND」現る

新しいスピーカーがやって来るとワクワクする。

初めて音を出す瞬間はドキドキする。

さて!どんな音楽を聴かせてくれるのか!

今日6Fにやってきた「客人」はAVALON ACOUSTICS DIAMOND

http://www.ohbashoji.co.jp/products/avalon/diamond/index.html

Avalon すごいハンサム。VIOLASpirito」+「Bravo」との相性バツグン。

いきなり調子が良かったので、来て早々ひと暴れしていただいた。

明日から試聴していただけます

お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

H.A.L.3 ☆ 7月11日新着情報

いつもご愛顧頂き有難うございます。

《 展示情報 》

お待たせ致しました!
GOLDMUND の新製品パワーアンプ、「TELOS 400」の展示を開始致しました。価格差もございますが、MIMESIS 18.4MEとはまた異なった趣のサウンドで、「B&W 800D」と組合わせると、その本領を発揮します。

802DにはMIMESIS 18.4ME、800DにはTELOS 400。

一味も二味も違う、B&WとGOLDMUND のコラボレーションをお楽しみ下さい。

詳しい製品情報はこちらをご覧下さい。
GOLDMUND TELOS 400:\3,465,000(税込)
B&W 800D: \3,150,000(税込)

///////////////////////////////////////////////////////////////////

    4F H.A.L.3 

   島 健悟(火曜定休) mailto:shima@dynamicaudio.co.jp

     宮川 いより      iyori@dynamicaudio.co.jp

////////////////////////////////////////////////////////////////// 

|

アナログ事始

こんばんは。
約2ヶ月間、数々の白熱した闘いで魅せてくれたサッカーワールドカップも閉幕・・それよりも、中田選手の電撃引退の方にショックを受けております、宮川です。(中田選手とは、誕生日が一日違いなので、勝手に親近感を抱いておりました・・・)

さて、我が上司が発行しておりますメールマガジンでは、既にご報告済みなのですが、この度、当フロアでも、アナログプレーヤーを展示する事になりました。

Tt15s1_14

marantz: TT-15S1(\262,500 / 税込)
スモークホワイトのアクリルの、美しいターンテーブルです。
・・・ターンテーブル・・アナログレコード・・・・
私などは、1、2歳の頃、母親がカーペンターズのレコードをかけていたのを、おぼろげに記憶している程度・・・

前に、6Fの奥の視聴室で、HAL 2 フロアマスターにアナログを聴かせてもらった事があります。アナログって、一昔前のもの、懐古趣味的要素の強いだけのもののような、CDより不便で音も良くないような・・・そんなイメージだったのですが・・・
私が間違っていました。
「こんなYMO聴いた事ない!」というような、ライディーンを聴いてしまいました。カルチャーショックです。

また、音だけではなく。
レコードをかける一連の動作というか、針を落とすまでの所作が、かっこいい。真剣で繊細な、洗練された、「オトナ」の趣味の世界です。

私にとっては、まだまだ未知の世界。
いつかは、こういうものを、ちょっとした自分なりのこだわりで語れるような、味のある、オトナの女性になりたいものです。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

PMC

W杯が終わっちゃいましたね。
とてもあっという間に終わってしまったという感じがします。
最後はイタリアの優勝という形で幕を降ろしました。
みなさんの予想はどうでしたでしょうか?
僕が応援していた国は決勝トーナメントには残ったものの見事に次々と敗退していきました・・・

毎回なのかもしれませんが今回の大会で現役引退や代表引退をしてしまう選手、もしくは年齢的に次の大会に選ばれるのが難しい選手っていうのがとくに凄く多いような気がします。
色々な有名で素晴らしい選手がもうW杯で見れなくなる大会だったと思うととても切なくなってしまいますね。
しかし今後世界で活躍してくれるであろう若い選手が活躍していた大会だとも思います。
4年後にはもっともっと活躍して僕達サッカーファンに感動を与えてくれる事を期待しています。
後は全日本、正式に次期監督が決まりました。
とても残念ですが本当に素晴らしい選手が引退表明をしました。
本当に残念です・・・
彼の抜けた穴をどう埋めていくのかも含め次期監督が4年後に向けて僕達にどんな期待をさせてくれるのか今から楽しみではあります。
色んな思いはあるでしょうが僕達に出来る事は間違った批判やネガティブな発想ではなく信じて応援する事なのですからこれからの日本もしっかり応援していきましょう。

前置きが長くなりましたが、さて本題です。
今、当フロアには以前ブログでも紹介した【PMC】のスピーカー『IB2S』(写真・左)
『IB1S』(写真・右)の両方のスピーカーが展示されています。
Ib2s_3 『IB2S』は日本中探しても当店にしかないスピーカーなのですが、よく試聴にこられて『IB1S』と比較したいと言われたりどのくらい違うのかと聞かれる事が多かったものです。
今回メーカーさんの協力を得て展示が可能になりました。
この機会に聴き比べをされてみてはいかがでしょうか。Ib1s_sm
大きさ見た目などほぼ変わらないのにここまで音が違うのかと僕は凄い感動しました。
フラッドウーファートランスミッションラインによるスピード感のある歯切れの良い低音と限りなく生音に近く量感のある中高音が聴いてもらえるお客様に驚きと感動を与えられると確信しております。
是が非でも聴きにきてもらえたらと思っております。
お待ちしております。

     2F takebayashi

|

Kたんと、絶不調・・?ブログ。

こんにちは、Kたんですっ (-ω・`人)-☆★

ブログの調子が、何だかよくないみたいです…(人д`*)〃
さっきも、完成した記事をアップしようとしたら、
エラーで全部消えてしまいました…( ̄○ ̄;)

もう号泣ですっ(((*人´Д`) 

画像もなかなか表示されないので、
表示されるのを待っていたら、
ついつい、夢とおとぎの世界に旅立ちそうになってしまいました…

来週、メンテナンスをするみたいなので、
ブログの更新ができない日があります…
(ブログ自体は閲覧できるみたいです)
毎日、皆様におもしろい情報をお伝えしたい!と、
DRと日々頑張っておりますので、
お休みするのは、何だか寂しいです。。。

ブログがちゃんと治ってくれましたら、
またここで、皆様をお待ちしておりますね♪

さてさて、今日の話題は、こんな陽気なディスクのご紹介ですvv

       ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★
            < 南仏のジプシー・スウイング!!>

Photo_197

ジプシー・スウイング(今はジプシーでなくロマだけど)
ってゆーと。JAZZ界でも有名なジャンゴ・ラインハルト、
ステファン・グラッペリの存在がある。

聞き手をノリにノラせてスイングさせてしまう。
ってゆー底抜けに明るいリズムと、
その反面にヨーロッパ特有の哀愁とを合わせ持った音楽。
ってワケ。アッシの好きな音楽の一つでもある。

ここで紹介する南仏のジプシー・スウイング・バンド
ラッチョ・ドロームは、そんなジャンゴやグラッペリを
彷彿とさせるホットなアンサンブルをパフォーマンス!!

フラメンコあり、東欧のトラッドあり、ブルース迄も?
聞き手を完全にスウイングさせてしまう圧倒的な演奏力を誇る。
アコースティック楽器の魅力を、余すところ無く聴かせてくれます。

「デボラ / ラッチョ・ドローム」
ERPCD-5969 META COMPANY  2003年発売
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

以上、Kたんでしたっ(>ω<`*)/☆

|

2006年7月 9日 (日)

恐ろしい音

今朝。

開店準備のためいつものように大部屋のアンプに電源を入れ音楽が流れ出した瞬間、戦慄した。

全身の毛が逆立ち。身震いがした。

全く虚をつかれてしまった。

Peer_1 その時流れたのはEdvard GriegPeer Gynt

「山の魔王の宮殿」から逃げ出そうとする主人公のペール・ギュントに無数のトロールが襲いかかるシーンだった。

メロディーのしっかりしたパートではなく、台詞が中心のダイアログだった。

ドイツ語だったので後になって意味を調べてみると、

「耳をちぎってやろう!」

「目玉をえぐり出してやろう!」

音も怖いがやはり意味も怖い。

しかしその時鳴っていた音は、言葉の記号的な意味以上の何かを既に含んでいた。

おぞましい怪物の興奮、恐怖するペール・ギュントの表情、混乱、狂気、

音に込められた気配は言葉が分からなくても(もしかしたら分からない方が)伝わる、ということもあるのかもしれない。

そういう無意識に訴えかけるような恐ろしい音の出る装置を組んでいきたいものだ、と思うのです。

6F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

Kたんと、蜂との攻防!

こんばんは、Kたんですっ ☆ヾ(ω≦`○)

今朝、Kたんが自転車に乗って駅まで向かっていたら、
いきなり前方から、スズメバチが!

あわあわして、あわててハンドルを切ったら、
ハチもびっくりしたのか、飛び去っていきました。。。

と、思いきや、逃げ切れなかったのか、
何と、Kたんのカバンに不時着( ̄○ ̄;)!

カバンの中に入ろうとしています、
これはコワイ~ (((*人´Д`) 

顔面蒼白で自転車のスピードを上げたら、
スピードについていけなくなったのか、
今度こそ逃げていきました…

生きた心地のしなかった、ものの数秒でありました。。。

さてさて、気を取り直して、↓こちらの話題をお届け!
心躍る新製品、いよいよ大登場です!!

   ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★
  < PIEGAの新製品TC-50 聴けます!!>

Tc50_3







バック・ナンバーで告知致しましたが。
PIEGAの新製品TC-50 展示します!!ってワケ。
■期間:7月10日より7月23日まで聴けます。

写真で見るより小柄で、美しいPIEGA特有のアルミ仕上げです!!
LDRリボン・ツイーターと18Cm MOMウーファーx2の組み合わせ。
エンクロージャーは洗練されたトラぺゾイダル(台形)の
トール・ボーイ型スピーカー。
ワイドレンジで音楽性の高い音質は、やっぱPIEGAのスピーカー。
って唸れる魅力!!

PIEGA  TC-50 定価\808,500税込ペア
2 1/2ウエイ/トール・ボーイ型スピーカー/92db/4Ω
LDRリボンx1/18CmMOMウーファーx 2/ポリッシュドアルミ仕上げ
サイズW260H1020D290mm/31Kg
*詳細は下記でどーぞ。
http://www.piega.jp/20060523news/index.html
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お待たせしました~♪
いよいよ明日より、PIEGA新製品、大登場です!
ご期待くださいませ~(*αωα)/☆

以上、Kたんでしたっ(-ω・`人)-☆★

|

MVP861のお買い得品!

こんにちは。Mr.INOSEです。今週は多数のご来店をいただいておりまして、チョッとおつかれです・・・。でも皆さんの笑顔が元気をいただいておりますので、頑張ります!さて今回は、展示内容の変更に伴いましてお買い得品の紹介です。Mcintoshのユニバーサルプレーヤーの“MVP861”です。昨年よりコンスタントに販売をさせていただきまして好評をいただいている製品です。DVD、SACD、DVDAUDIO、CD等まさしく何でも再生できるプレーヤーで、DVDソフトに至っては各リージョンに対応していますので、国内未発売のソフトもお楽しみいただけます。CDのクオリティーもこの価格帯の国産に比べましても個性的で、魅力的Mvp861_1 です。もちろんデザインは文句ないと思います。輸入元より3年間の保証を付けまして、展示品1台限りのお買い得品です。地方発送も行いますので、是非お問い合わせをお待ちしてます。

  Mcintosh MVP861  販売価格 \398,000(税込み)

3階 猪瀬  

|

« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »