« 「居る」んだ そこに | トップページ | 女神さまの訪問 »

2006年10月23日 (月)

東京インターナショナルオーディオショウ

こんばんは。
先日、生まれて初めて「焼き松茸」を食べました、宮川です。

さて、先日行われました「東京インターナショナルオーディオショウ」。私は最終日に行ったのですが、話に聞いていた通りの大盛況で、満員御礼入場不可のブースが幾つもありました。いかにも「お祭り」らしい賑わい、オーディオ業界も盛り上がって来た、という事でしょうか・・?

店の営業時間中に行ったものですから、一時間程でサーッと回った、という感じになってしまいましたが、事前にお客様から「オススメポイント」的なものも、色々教えて頂いていたので、比較的迷わず回る事が出来ました。
個人的に楽しみにしていたのは、B&WのDiamond Signatureです。メーカーのHPでは、思わせぶりな真横からの写真のみのお披露目でしたので。実物は想像よりもスマートな印象でした。ほぼ、オールハンドメイドだそうで、作るのにとても時間がかかるそうです。ツィーター部は、削り出しの楕円球型の大理石!それは・・手間がかかりそうです。見た目のライトな感じとは裏腹に、しっかりと悠々と鳴っていた印象があります。組み合わせのCLASSEのアンプも優秀です。「もっと前で見て来ていいよ」と言って頂いたのですが、あの大人数の前では、ちょっとそんな勇気は出ませんでした・・
あと、「私のコーナー(仮)」にもぴったりと思ったのが、Aura「note」。新製品の一体型プレーヤーです。ソフトの出し入れは、アクリルのフタを手動で横にスライドさせる形。少しアナログ風な所が、使うのが楽しくなりそうなプレーヤーです。デザインもかっこいい。これは音は聴けませんでしたが、USBで鳴らしても、とてもいい音だったとの事。聴いてみたかった。エレクトリブースで見たメリディアンもスマートで良かったです。
お客様から「あれはいい!」と良く耳にしていたのが、dartzeelのパワーアンプ「NHB-108」。ジョセフオーディオとの組み合わせでしたが、どちらも初めて聴くものでしたので、とても新鮮でした。
そして、大人気だった、アッカのブース。YG、HOVLAND、LINDEMANN、どれも当フロアではお馴染みですが、もう一度、STRATOSで鳴らしているYGを聴いてみたいなぁ、と思っていました・・・が、人で溢れていて、すぐに出て来てしまいました。残念。

ちなみに、本日、YG ACOUSTICS社のヨアブ・ゴンツァロフスキー社長がお見えになり、当フロアのKIPODをお聴き頂きました。ガンズや、エクストリームなどのロックを楽しんでいました!

P1010515 ←ヨアブ社長から頂いたYGプレート。5555の名前入りです。スピーカーと同じアルミ板で出来ています。YGマークはウォーターカッターで切り抜いてあるとの事!スゴイ・・・

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« 「居る」んだ そこに | トップページ | 女神さまの訪問 »