« H.A.L.3 ☆ 9月15日新着情報 | トップページ | kたんより、モーツアルト・アワーのご紹介♪ »

2006年9月15日 (金)

5555 MOZALT HOUR in H.A.L.3 vol.20

こんばんは。
ここ最近、急に秋めいて来て、衣替えをしようか迷っている、宮川です。

それでは、今週のモーツァルトです。

P1010385 交響曲第38番  ニ長調 「プラハ」
交響曲第40番  ト短調

ブルーノ・ワルター指揮
コロンビア交響楽団
レーベル:Sony Records

今週も、先週に引き続き、ワルター指揮の交響曲です。
ワルターとモーツァルトについては、伝説的な逸話が色々あるようです。ワルター指揮のモーツァルトを実際に聴いた事のある人は、聴くのと聴かないのとでは、人生が全く変わった、とまで言います。その演奏のあまりの美しさと完璧さに、「ワルターは楽屋で、モーツァルトの霊と交信している」と言われていた程です。彼は、トスカニーニやフルトヴェングラーの様に、専制的にオケを率いて従わせるタイプの指揮者ではなかったにも関わらず、何故これ程までに、自在にオケを操り、モーツァルトの世界を創造する事が出来たのでしょう。

ワルターという人は、きっと、神様から、「モーツァルトを指揮する」という使命を与えられて、生まれて来たのだと思います。こういうのを、本当の意味での「天職」というのでしょう。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« H.A.L.3 ☆ 9月15日新着情報 | トップページ | kたんより、モーツアルト・アワーのご紹介♪ »