« kたん、Let’s防災 総点検!! | トップページ | H.A.L.Ⅰ MOZART HOUR »

2006年9月 1日 (金)

5555 MOZALT HOUR in H.A.L.3 vol.18

こんばんは。
昨日は、帰りの電車の中でうっかり寝てしまい、反対方面から終電で帰るハメになってしまいました、宮川です。

それでは、今週のモーツァルトです。

P1010337_1
モーツァルト生誕250年記念BOX
モーツァルト交響曲選集
 (6枚組み)
エマニュエル・クリヴィヌ 指揮
シンフォニア・ヴァルソヴィア(disc1~3)
フィルハーモニア管弦楽団(disc4~6)
レーベル:コロンビアミュージックエンターテイメント
録音:1988、1989年ロンドン/1990年ワルシャワ

今回は、メモリアルイヤーに相応しい、交響曲ばかりを集めた、6枚組みの豪華ディスクです。
タクトを振るのは、フランスを代表する指揮者、 エマニュエル・クリヴィヌ。音楽キャリアのスタートはヴァイオリニストでしたが、交通事故で手に損傷を負ってしまった事と、カール・ベームに出会った事により、指揮者としての道を歩むことになったそうです。インパクトや斬新さ、というのではなく、バランスの整った、品の良い美しい音楽、という感じがします。大袈裟な表現をせずに、かと言って、決して面白みの無い演奏にはならない・・という絶妙なバランス感覚は、フランスの演奏家の特徴なのかな、と思ったりします。本当に「洗練されている」という印象を受けます。

目覚めたての、清潔な空気にぴったりの、モーツァルトです。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« kたん、Let’s防災 総点検!! | トップページ | H.A.L.Ⅰ MOZART HOUR »