« オープン5周年企画 | トップページ | 中古情報 »

2006年8月 9日 (水)

信楽の魅力

こんにちは。Mr.INOSEです。今週は台風で落雷があったり、電車が止まってしまったりと何かと落ち着かないですね。

さて今日紹介する製品は“信楽~Shigaraki”です。そうあるマニアの間で絶大な人気のある47研究所のプリメインアンプです。個人的にこのデザインに惚れて3年前より販売をしてきました。今月も私のような“マニア”なお客様へ納品させていただきました。この製品は万人に受けるわけではありませんが、じわじわと伝わる魅力があります。ステンレスのボディ、スライドボリューム、そして信楽焼きの台座と手作り感にこだわりがプラスされ、4717 シンプルに表現されています。ライン入力が3系統、出力が1系統、専用セパレート電源により、小音量でもバランス良く表現してくれます。また能率が低いスピーカーのドライブも全く問題ありません。今回はHarbethのSuperHL5と組み合わせてデモを行っています。意外とクリアーで繊細な表現力に必ず一目ぼれをされる方がいると思いますよ。ちなみに下記は海外での47LABのサイトです。中々渋いページですので、のぞいて見て下さい。

    http://www.sakurasystems.com/

     47LAB  model4717  標準価格 \196,350(税込み)

3階 猪瀬  

|

« オープン5周年企画 | トップページ | 中古情報 »