« Kたん、突然の結婚宣言!!② | トップページ | »

2006年8月25日 (金)

5555 MOZALT HOUR in H.A.L.3 vol.17

こんばんは。
本日からパソコンが変わり、新しいキーボードに戸惑っている、宮川です。

それでは、今週のモーツァルトです。

0825_1 ・フルート四重奏曲第1番ニ長調
・フルート四重奏曲第2番ト長調
・フルート四重奏曲第3番ハ長調
・フルート四重奏曲第4番イ長調

フルート:エマニュエル・パユ
ヴァイオリン:クリストフ・ポッペン 他
EMI CLASSICS / 1999年9月録音

今回は、元ベルリンフィルの主席フルーティスト「パユ様」こと、エマニュエル・パユのモーツァルト・フルート四重奏曲全集です。
モーツァルトの室内楽曲の中でも、フルート四重奏曲は、社交の場で愉しめるようにと書かれたものが多い為、とりわけ娯楽色が強いと言われています。いかにも貴族的で、明るい気品に満ちた曲です。軽やかに歌っているフルートは楽しげです。
大仰な感じになってしまうフルートが多い中、パユのフルートは心地良く、自然に流れて行きます。「清楚な」とか「清潔感のある」という感想が出るのは、そういう所からなのかな・・と思ったりします。

フルートの貴公子による、朝一番に聴くにはピッタリの、清々しいモーツァルトです。

4F H.A.L.3  宮川 いより

|

« Kたん、突然の結婚宣言!!② | トップページ | »