« 随筆「音の細道」第55話「VIVID AUDIO K-1」遂に完成!! | トップページ | モノはMONOで »

2006年7月 3日 (月)

Kたんと、ナゾの研究所…!?

こんにちは、Kたんですっ ☆ヾ(ω≦`○)

さてさて今日は、オススメディスクの話題から!
暑さも吹き飛ばす、異国情緒あふれるサウンドを、どうぞ~♪

         ★★★ DR.IGARASHIより伝言 ★★★

      < インディアン・ポップの歌姫 30Cmシングル盤?>

Photo_181

インディアン・ポップって言っても、実際はU.K.のクラブ・シーンで
ブレイクした歌姫 シエイラ・チャンドラ のコト。

1980年初頭頃のU.K.クラブ・シーンでは、DJ用に30Cmシングル盤が
流行った。LPサイズだケド、回転数は45回転でA面B面とも1曲づつ。
通常の17Cmシングル(ドーナッツ盤)と比較して何処がメリットか?
ってゆーと。

・回転数が早いから音が良くなる。
・片面1曲のロング・バージョンを演奏出来て、客は長くダンスを踊れる。
 DJにとっては演奏しやすい。ってワケ。

で。アッシ的にも、もの珍しい物が好きなので当時何枚かの
30Cmシングル盤を買い集めた時期でもあった。
通常のディスコやクラブ・ミュージックはあまり興味が無いので、
面白そーなもの?を探していたところシェイラ・チャンドラとの
出会いがあった。ってワケ。

当時の彼女は弱冠20歳で モンスーン ってゆーグループで活動。
その30Cmシングルにはビートルズの「トゥモロー・ネバー・ノウズ」
がA面。オリジナル曲「シャクティ」がB面に入っていた。
勿論、アレンジはインド音楽そのもの。

で。何が言いたいのかってゆーと。
インド音楽をポップス化してクラブ・シーンでブレイクした。
ってゆーイギリスってゆー国のアイデアもさる事ながら、
その音楽シーンの奥の深さには驚きを隠せなかった。ってゆーワケ。
これはかつて七つの海を制覇していた占領国による
戦利品の一つに、音楽も含まれる。ってゆーコトだろー。

これは通常LPで33回転10曲入り。
「アウト・オン・マイ・オウン/チェイラ・チャンドラ」
NARADA WORLD 1984年発売

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

クリニックでも、絶賛ヘビー・ローテーション中ヾ(ω<`☆)
特大のオススメディスクです♪

さて、Kたんはまたもや、ヘンな夢を見てしまいました…

Kたんが、イベントの準備で5555店 3階に入ろうとすると、
入り口に、怪しい人影が…

3f じゃん。

Kたんを手招きするので、おそるおそる近づいてみると、
人影はMr.INOSEでありました…

何でも、聞く所によると、3階は今日から
「増毛研究所」その名も「ドウモリアイナマイク」に生まれ変わったのだとか。

「誰にも研究の秘密を言わないのなら、中に入れてやる」
というMr.INOSEの言葉に、Kたんはこわごわ、3階フロアーに入っていきました… 

フロアー内は、オーディオなどがすべてなくなっていて、
一面実験施設になっていました…

そこでMr.INOSEは、研究成果と称して、自分の腕を見せてくれました…

Photo_182

それは、大きな声では言えないけれど、
多分、テレビのCMで見たことがある、腕から髪の毛が生えていて、
それをひっぱっているあのシーン。

Mr.INOSEは、これは自分が開発した技術だと言います…

Kたんは「それCMでやってましたよ」という言葉が、
喉元寸前まで出かかって、飲み込んだのでした…

う~ん、ヘンな夢だ。。。
予知夢、にならなきゃ、いいなあ… (*αωα)/☆

以上、Kたんでしたっ(>ω<`*)/☆

|

« 随筆「音の細道」第55話「VIVID AUDIO K-1」遂に完成!! | トップページ | モノはMONOで »