« ≪ STRADIVARI homage ≫到着! | トップページ | kたん、やっぱり二酸化炭素でしょ!? »

2006年7月25日 (火)

5Fをみる

本日私佐藤は一日5Fにおりました。
他のフロアの音をじっくり体験するチャンスなのです。

5Fは皆さんご存知「DR.IGARASHI」のフロアであります。
「DR.IGARASHI」はハードはもちろんソフト(特に南米系)にも非常に詳しく、
ブラジルモノが大好物の私にいつも大変興味深いディスクを紹介してくれます。

このフロアには「ミドルクラスオーディオ」と呼ばれる商品群が並んでおります。
「ミドルクラス」という言葉は何だか質的に「中途半端」なものを連想してしまいかねませんが、このラインには「価格を抑えつつ、いかに品質を維持するか」という商品としての宿命的な要請に各メーカーが挑戦したアイテムが揃っているように思います。
「ハイエンド」という圧倒的極限技術を競い合うフィールドで鍛え上げられたメーカーはやはりイイモノ造ってます。
「JOB」などはシンプルでコンパクトな筐体にとてつもない実力を秘めてますよ。http://www.zephyrn.com/products/job/index.html
恐るべしMicheal Reverchon。

小型で駆動力のあるパワーアンプをお探しの方にはとても良い選択ですよ。

6F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

« ≪ STRADIVARI homage ≫到着! | トップページ | kたん、やっぱり二酸化炭素でしょ!? »